さいたま市見沼区の建設関連会社役員小林照忠さん=当時(31)=を殺害したなどとして、殺人罪などに問われた元暴力団組員木村康太郎被告(37)の裁判員裁判で、さいたま地裁(大谷吉史裁判長)は18日、求刑通り無期懲役を言い渡した。
 判決は「冷酷かつ非道極まりない所業」と指摘。「善良な一般市民に対し、暴力団特有の論理を振りかざし、複数で尊い人命を失わせるに至った」と非難した。
 判決後の記者会見で、証人出廷した暴力団関係者が以前の公判で傍聴していたことについて、裁判員を務めた男性会社員(53)は「割り切ってやったが、なるべく目と目は合わせないようにした」と話した。補充裁判員を務めた30代男性も「(裁判所から)帰るときに付けられているのではないかと不安だった」と明かした。
 判決によると、木村被告は昨年5月2日、同区の飲食店で口論となった小林さんの顔面を殴って暴行を加えた上、小林さんを店外に連れ出して手足を縛るなどして監禁し、睡眠薬を飲ませて頭にポリ袋をかぶせて殺害。さらに千葉市緑区の草地内に死体を埋めた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
点滴異物注入、懲役15年求刑=弁護人は執行猶予求める
捜査員同宿「違法の疑い」=殺人の無職男裁判員裁判
捜査員同宿「違法の疑い」=殺人の無職男裁判員裁判

「しっかりお話する」 民主・小沢氏、政倫審と再聴取応じる意向表明(産経新聞)
幻の「紀州東照宮・御船歌」復活 江戸初期とどめる30年前の音源(産経新聞)
三社祭でスリ「体力衰え、雑踏転向」の70歳(読売新聞)
パロマ元社長らに判決へ=CO中毒死、無罪主張-湯沸かし器事故・東京地裁(時事通信)
村井知事が再選不出馬表明へ=長野県(時事通信)
AD