宮崎県の東国原英夫知事は15日、民主党の参院選マニフェスト(政権公約)に関連して「大幅に修正するのであれば国民に信を問うべきだ」と述べ、昨夏の衆院選で掲げた政策を大きく変更する場合は衆院を解散して総選挙を実施すべきだとの考えを示した。自民党本部で同日開かれた同党と全国知事会の意見交換会に出席した後、記者団に語った。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

転落 2階の手すり崩落、生徒2人けが…茨城の高校(毎日新聞)
気象 東京都心に41年ぶり「遅い雪」…千葉は記録更新(毎日新聞)
奈良公園“矢ジカ”殺し、三重の39歳男逮捕 別のシカも狙う?(産経新聞)
<火山噴火>降灰、日本には届かず 健康への影響限定的か(毎日新聞)
桜を見る会 足元に残雪…鳩山首相主催、新宿御苑(毎日新聞)
AD