ルース駐日米大使は26日午前、岡田克也外相から米軍普天間飛行場移設の検討状況の説明を聞いたことを受け、「米国政府は日本政府の考えを慎重に検討する。日米両政府はパートナーシップの精神に基づき、同盟国として引き続き協力しながら、解決を図っていく」との声明を発表した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

沖縄県民と米国の理解得る=普天間、5月決着強調-鳩山首相(時事通信)
首相動静(3月21日)(時事通信)
JR東の運行責任者ら不起訴=「過失認められない」-羽越線脱線事故・山形地検(時事通信)
議員定数・報酬半減案を否決=名古屋市議会(時事通信)
「祇園の夜桜」食べ残し狙うカラス集まり衰え(読売新聞)
AD