今日見た夢

テーマ:

今日の夢が気になったのでメモ



窓から外を見るときれいなアーチ型の虹が出ていて


その下でガンダーのアニメキャラがはねている


あたりはオレンジ色


今の家からの景色ではない



地球の真ん中が大きく揺れる地震が来るということらしい


備蓄している食品類や避難用具を見直して


取り出しやすいところに置いておこうと誰かに話している自分。



下の階に降りるとそこは今の自宅で


薄暗いリビングに布団を敷いてだれか寝ている。


おそらく自分の父親。



9という数字

AD

久々に・・・

テーマ:

先日見た夢の話。


それはとても浅い眠りの中で見ていて


お酒もたくさん飲んでいた日でした・・・



白い毛の長い猫がかごに仰向けで乗っていて


それについていけば上がれるのです。


上がればビッケに会えるかもしれないって状況でした。



それなのに相方が自分の腕にくっついていて


それはリアルでのことなのだけど(相方に翌日指摘された。寝ぼけすぎと・・・



相方がくっついているせいで白い猫と一緒に上がれなくて


その次のグレーの猫についていけば上がれるかもしれないって状況でした。



だからめちゃめちゃ怒って相方に「くっつくな!」と怒りました。(これもリアルでやっていた。


「お前がつかまっているせいで一緒に上がれない!」


と・・・怒りました。(これもリアルで鬼気迫るものがあったようです・・・



結局一緒に上がることはかなわなくて


とても悲しくて悲しくて仕方がありませんでした。



一緒に上がれればものすごく気持ちよくてすっきりした気持ちになれたのに・・・


それがとても悲しくて悲しくて・・・




翌日自分の目はとても腫れていたので泣いたようです・・・


だけどどうしてもその白い猫に着いていきたかった・・・


それなのに相方がくっついているせいで上がれなかった・・・



相方はこの話をしたとき「くっついていて良かった」と言いました。



だけど自分はくっついていて欲しくなかったです。


一緒に白い猫と上がりたかったのです。




だけど白い猫に一緒に着いていけていたら今の自分はあったのでしょうか?


それは着いていけなかった自分にはわからないことです・・・




だけどもし、次に同じ夢を見て


その白い猫が出てきたら一緒に上がります。



相方がそのときにくっついていてくれないことを願うばかりです・・・





夢について。

テーマ:

今日の夢には好きだった俳優さんが出てきた。


その人はまわりがスーパーのような買い物の出来る場所の


横にある舞台の上で舞台の練習をしていて


自分は買い物をしていた。


自分は夢の中ではその人と知り合いだった。


昔からの友人が出てきてその子もどうやらその人の事が好きなようで


しかも積極的だった。



舞台の練習が終わって台本を見せてくれて預けてくれた


もう1冊の小さな台本をその俳優さんは持って帰っていたのだけど


もしかして自分の手元にある大きな台本も必要なのではと思って


その俳優さんに携帯で電話をしようとするのだが


アドレス帳を上手く出すことが出来ずなかなか電話できないうちに


自分の自宅に着いた。


その時、車で家に帰って行っていたのだが運転していたのは


超ペーパードライバーの相方だった…


自分の自宅の中で台本をその俳優さんが探し回っていて


その台本が必要だったんだよ~と笑顔になって台本を受け取った。



その前にその人の舞台の本番の場所がどこなのかPCで検索していたなぁ



シーンは変わって大型バスを運転する友人


そこに自分は乗っているのだけどカーチェイスのようなことになっていて


山の中のくねくね道をすごい勢いで走っていた。


大きな空港のようなところへ着くと


大きな波が迫ってきてそれを急回転でかわした。


その後バスで走っていると窓の向こうで飛行機が落ちていくのが見えて


落ちた。





そしてその夢が面白くて夢の続きを見るために何度も寝なおして起きたのは昼だった…




休みの日ならこういうことが出来る。


だけど仕事なら起きないといけない…


じゃあ毎日が休みなら?


堕落した昼夜逆転の生活をするのだろう…





夢の世界も大変な状況でも楽しいが


夢の中で自分自身がこれは夢だと判っている部分がある…



心から夢だとそこを現実のように感じたら違うのだろうが


夢だとわからないようなゆめが見たい。



どこかでこれは非現実なことだと思ってしまうのは


自分の考え癖なのだろう…



だから非現実と現実の狭間である泥酔がすきなのだろうか…


だけどそれは心の問題で


全ては現実…



願わくば夢の世界で漂いたい…



そうなったとしてもその事に飽きるのだろうが…





出産。

テーマ:

今日の夢で男の子を産みました。



生まれたときから1歳児くらいの大きさで髪の毛もふさふさ


それでも首はすわってない。


顔は相方に似て(-益- )でした…orz


産んですぐ退院。



その子を連れて外にいたのだがオムツがなくて


タオルにくるまれたまま下半身はすっぽんぽん。



子供が生まれるのに何も準備してなくて


どうやって子育てをしたらいいのだと少し悩んでいたような…



子供をギターを背負ったYUIに預けて


自分はお店の中をオムツを探し回っていて


まだ生まれたばかりだけど体が大きいから


普通の赤ちゃん用のオムツじゃサイズがあわなそうだから


やっぱり子供を連れてこようと慌てて外に戻っていく夢だった。




怪獣1号2号のような子供が生みたいが


相方とだったらその可能性は低そうだ・・・


どんな子も自分が産んだらかわいいのだろうね。






寝ている時の夢について②

テーマ:

夢を見ていて夢だとわかった上で


そのときの行動を楽しんでいる自分がいる。



前に来たところだとこの先にこの間来たスーパーがあるなぁとか


こっちに行くとこの間はアレがあったからこっちに行ってみようとか…



夢だからこんなに遠回りしていろいろおきて到着できないんだなぁ…


なんて思っていたら目が覚めて


はたして目的地につけるのか?ということで


2度寝3度寝してみたり…



まだ続きが見たいのに時間がなくて起きなきゃいけなかったり…




今日は起きたら病院だから続きが見たくても起きなきゃいけないのだろうけど


どうせなら楽しい夢がいいなぁ…