タイムスクープハンター。

テーマ:

以前再放送で見たことがあって


面白い番組だなぁ・・と思っていたら


この春からレギュラー放送になったようで


毎週やっているようだ。




見逃しちゃった時もあるのだけど


今、再放送をやっていて、それが見ていなかった回なので


眠らずに見ていたりします・・・(眠いのですが・・・


NHKの解説によると・・・


 未来に存在するタイムスクープ社。

タイムワープ技術を駆使し、あらゆる時代に時空ジャーナリストを派遣。

人間の営みを映像で記録アーカイブしている。

その会社に所属する沢嶋雄一は「タイム・スクープハンター」として活躍。



ってことなのですが歴史上で注目されない


記録も少ないであろう部分に注目しているところが面白いし


なによりその時代に派遣されたという設定で


ドキュメンタリータッチで話が進んでいくのが面白いです。



面白いのだけどうっかり見逃してしまうので


再放送がやっている今、眠りたいのに眠れないのがつらい・・・


さっきまで先日見たニンジャの話がやっていて


今は江戸同心についてでこの次は戦国救命救急士だそうだ・・・


その後氷を運んだ人の話があるのだけど


それは昔、初めて見たのと同じだろうから見なくても良いとして


この後のは見たいなぁ・・・



しかしながら時間的にそろそろ寝ないと不規則になってしまう・・・


体調管理は大切に。



ってことで布団に入りながらオヤスミタイマーで横になろうかと思います・・・





それにしても将来実際に過去に戻って調査する仕事が出来るのなら


タイムスクープハンターになりたいです。






AD

『死に花』

テーマ:

今、深夜の映画を見ている。


東映
映画「死に花」それぞれの「生き様」

って映画なのだけど先日亡くなった藤岡琢也さんの追悼らしい…


藤岡さんといえば『渡る世間は鬼ばかり』の岡倉のお父さんなのだけど


知らない人はわからないね。


あとはサッポロ一番のCMが印象的かな…



岡倉のお父さん以外の役をやっている藤岡さんを見るのは初めてだったけど


とりあえずそこは置いておいて今見ているお話。



 東京郊外の瀟洒な老人ホームで悠々自適の日々を送る老人達に、

 ある日突然に仲間の死が訪れた。
 亡き友の遺した「死に花」というタイトルのノートには

 穴を掘りまくって銀行から17億円を強奪するという衝撃的な計画が記されていた。
 練りに練られた大胆不敵な計画に盛り上がる一同。

 しかし、突き進む5人の前には、驚愕の展開が待ち受けていた!
 17億円の行方は !? そして「死に花」という計画に隠された“真の目的”とは !?


ってお話なのだけど


今見ている段階ではまだ銀行強盗には至ってない…


今からようやく本題に入るようだ。



今見た段階ではストーリーに関係なくやはり年老いる事が嫌だ。


若かりし頃は今見ているようなおじいちゃんおばあちゃんじゃなくて


もっと美しかったりかっこよかったりしていた俳優さん女優さんだったのに…



それは年老いた事によって生まれた年輪のようなものだったり


歳を重ねた事によって生まれる深みのようなものなのだろうけど


かっこよいとは思う。


でも・・・




人は皆老いる…


今の自分が美しいわけではないけど歳を重ねる事によって


たとえどんなに努力を重ねたとしても今より醜くなるのだろう…


その流れに逆らう事は出来ない。


これは自然の摂理。


だけどその事が嫌なのだ…何も努力してないくせに…


若かったあの頃のようには戻れない…




まだ遠い未来なのかもしれないけどあっという間にきっとその歳になる。


その歳まで進むにはもっと精神的な変化がないとなのだろうね…


今のこの発想方法を変化させていくには…


変えていけたらいいね…




いいねって言ってたって何も変わらない…


わかっているけどきっといつか見つかるはずだ。




ところでこの映画最後まで起きて見ていられるだろうか…







本当にアンフェアなのは誰か?

テーマ:

面白かったぁ~!!!


『アンフェア』


久々に相方と共にはまったドラマ。

(自分ら見る番組の趣味が全くと言っていいほど合いませんので…)


ストーリーが面白くて引き込まれましたわぁ~

(拳銃がおもいっきりおもちゃってのが気になったけど…)

本日はスペシャルと言う事で相方急いで帰ってきたよ~(でも我が家に…



篠原涼子いい役者さんになったねぇ…


アイドル崩れで終わっちゃうかと思ったら


自閉症の子のお母さん役やったりコメディーやったり~



そして映画をやるらしい…


アンフェアなのは当たるとすぐに映画化するテレビ局だぁ~



自分らは…見に行きませんよ。


DVDが出るのを待ちますw





ジブリの日。

テーマ:

行ってきましたジブリ美術館。

いったい何度目だろう…

何度行っても楽しい空間。

ネズミーランドより好き☆


オープンしたばかりの頃は

館内で写真撮影できたのだが今は出来ない。

その時に見た記憶を大切にしてほしい。ってことだったかな?


昔撮った画像は相方がその日に誤って

フォーマットしてくださったのでないのだ…(っд;`)


デジカメを持っていかなかったので

ぼけた携帯画像でお送りします☆


いざ美術館へ♪



今回の一番の目的はやっぱり映画♪

前回はタモリさんと矢野顕子さんが声を担当していた


やどさがし


『やどさがし』を見たのだが

今回は前回から決めていた『星をかった日』を見た。


星をかった日


この映画かなりイイ!!!

短編にしておくのがもったいないくらいよかったぁ~♪

声も映像もストーリーもとてもいいのですわぁ…

内容は話さないでおきましょうかしら…


星が生まれる


声優陣


そして次はひさびさに屋上に出てみた。

ジブリ美術館の屋上と言えば…


大きいよ☆



これですねぇ~

今日は青空でとても気持ちのいい感じだった。


とっても大きくてつくりもイイ!

年月が経つと共に味が出てきてますますイイ♪

そして背面の地面にはこんなん埋まってます↓


こっそりあります


そして屋上の奥へ進むと…


バルス!


これがあるんですねぇ…

全体を写すの忘れちゃったけどわかる人はわかるかしら?

初めてこれを見たときに二人揃って大きな声で言っちゃいましたぁ

あのセリフ…(≧▽≦)ノ


館内も見所たくさんでステンドグラスとかすごく良いんですわぁ~

展示もいろいろ増加したりして楽しいのだぁ

ねこバスがあるのだがあれで遊びたい衝動に毎回なる…

だけど子供しかだめなのよねぇ…




そして帰りはいつもどおり吉祥寺まで歩いてブラブラ買い物して

セールのあまり物を若干購入。


地元に戻って回るお寿司を食べて帰りましたぁ

回るお寿司屋さんのおじちゃんたちは顔なじみなので

『今年もよろしくお願いします♪』

を言い合って帰ってきました。


あ~楽しかった♪

映画のパンフの画像を使ってしまったがこれって大丈夫なのかしら…

ダメだったら消しましょう。


こっそり自分の足が…


この手に乗せてもらって遠くへ行きたいなぁ…





さぁ!明日は仕事です!

がんばれ自分!負けるな自分!!ファイトだ自分!!!

笑う門には福来る。

がっつ!





火垂るの墓の実写版。

テーマ:

今日は『火垂るの墓』の実写版がやる。


アニメの方は何度も見たけど…(ジブリ大好きっ子なので



松島菜々子が主演だって…?


どういうことかと調べてみたら引き取られた先のおばさんが

松島菜々子なのだそうだ。

その目線でのドラマらしい…。


とにかく見てみようと思う。




*見終わって追記*

どうしても眠くて途中記憶をなくしながら最後まで見た。

節ちゃんがはまり役だった。


今年は終戦60周年でいろいろな番組をやっていたが

なんとなく過去の出来事としてみてきていた自分に気づいた。


日本での戦争は60年前に終わっているのかもしれないが

今このときも世界には同じような思いをしている子供がいるんだ。


ということでエンドロールが一番感動した。

(最後のコメントの文字で興ざめしてしまったが…