自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

華やかな理想的街で、庶民的な現実生活を Enjoy する方法! 好奇心と向上心だけで生きる。合言葉は、「やったモン勝ち!」 仕事、恋愛、アメリカンドリーム、日々のつれづれ語ってます。


テーマ:
 
 
土曜日の夕方、
 
仕事を終えて地下鉄に乗り込む。
 
 
あ~、疲れた、早く家に帰りたい。
 
 
そう思っている時ほど、家に早く帰れないことってよくある。
 
 
疲れ果てて、何とか空いてるシートに座り込んだ。
 
携帯を眺めながら、電車が出発するのを待つ。
 
 
 
って、出発しねぇ~しっ!ムキーッ
 
 
 
 
5分待たされて、あれ、電車、また何か故障でも?
 
10分待たされ、あちゃちゃ、何かありましたねと、
 
 
やっと車内放送が流れ
 
どうやら、Investgation (調査)のため、しばらく待たされるらしい。
 
 
もぉ~。ぼけー
 
 
確か、先週の土曜日も、シグナルプロブレム(信号の故障)で、だいぶ待たされ、結局、強制下車させられたんだよね。
 
 
今回は、インベストゲーションだから、何か乗客に問題でもあったのかなと、
 
であれば、問題を起こした人を、NYPDが調査で下車させれば、電車も動き出すだろうとにらんで、車内で待つことにした。
 
 
すると、隣の子連れのインド人の奥さんが、
 
 
「すみません、この電車、動く予定なのでしょうか?」
 
「今、アナウンスで、インベストゲーション中だと言っていたので、終われば動くと思いますよ。」
 
「あぁ、そういうことだったんですか。」
 
 
えっ、車内放送で、繰り返しアナウンスされてたし、
 
ほら、奥さん、また同じアナウンスが流れ、そう言ってますし・・・。
 
 
ふと、こんなことを思い出した。
 
 
先日、友達がシアトルからNYに出張でやってきて、ハングアウトした。
 
一緒に地下鉄に乗って、友達のホテルから、ダンスパーティーの会場まで行く途中、
 
 
「ありゃりゃ、この電車、ラインを変えて走るらしいから、目的地の駅にはつかないけど、
 
別の駅からでも、徒歩5分だから、それでもいい?」
 
「別にいいけど、なんで、この地下鉄が、別のラインを走るってわかったの?」
 
「えっ、今、アナウンスあったでしょ?」
 
「えっ、あれ、アナウンスなの、あんな雑音?!」
 
 
 
雑音っ・・・(爆)
 
 
 
そうなのよね、ニューヨークの地下鉄の車内放送アナウンスメントは、非常に聞き取りづらいというか、
 
わざと聞こえないように話していませんかというアナウンスっぷり。
 
 
あれって、アナウンス部とか放送をトレーニングした人がするわけじゃないし、
 
たまたま、その電車に乗っていた地下鉄乗務員がアナウンスするから、まれに、普通に聞き取れるアナウンスをしてくれる人もいるが、
 
十中八九、活舌悪い、抑揚のない、聞き取りずらい、雑音みたいなアナウンスが多い。
 
下手すれば、英語を母国語としている人ですら聞き取れない。
 
 
「こりんご、さすがだね、これが聞き取れるなんて、ニューヨーカーだよ!」
 
イギリス人で、アメリカはシアトル在住30年以上の友達に、そう言われた。
 
 
あら、アタシ、こんなところでニューヨーカー認めていただけました。
 
 
たぶんね、NY以外に住んでいる人は、あのアナウンスを、雑音として処理して、聞こうとしてないんだと思う。
 
でも、NYに住んでいる者にとっては、あのアナウンスは、非常に重要なわけで、それ聞き逃したら、仕事に遅刻したり、待ち合わせに遅れたりしちゃうので、
 
その雑音は、重要インフォメーションですので、耳を澄ますわけよ。
 
しかも、MTA(NYの地下鉄) は、しょっちゅう問題起こしてるから、あのアナウンスにも、慣れてくるわけね。
 
 
でも、お世辞にも、聞き取りやすいアナウンスではないので、旅行者の方が、あのアナウンスを聞き取れなくて、私のリスニング、全然ダメだわ、なんて、落ち込む必要、全然なしよっ!
 
 
英語圏のイギリス人、アメリカ30年住んでる友達も、聞き取れてませんでしたから。
 
 
 
ということで、15分待っても、その電車は、動き出さないので、
 
何か、かなり大きなトラブルかしらと、
 
さすがに、別の電車に乗って帰ろうかなと、重い腰をあげで電車を降りてみた。
 
 
プラットホームから、出口に向かう途中、人だかりの車両があって、
 
 
あら、どうやら、問題は、この車両だったみたいねと、野次馬、覗き込んでみる。
 
 
あら、50代くらいの男性が、車内で倒れていた。
 
見ようによっては、ホームレスが寝転んでるようにも見えたが、
 
 
FDNY(消防士)さんがやって来て、生存確認していた。
 
image
 
 
そのあと、NYPD(ポリス)がやってきて、担架の手配をしていた。
 
 
当事者の方には、お気の毒ではあるが、
 
担架で運び出される、

 
{0DB9BF8D-00A9-4E2B-9FB9-BBE35AC0F187}
 
 
つまり、病人が下車したら、電車は、通常通り動き出すということである。
 
 
こりんごちゃん、慌てて、また、その電車に乗車しました。
 
すると、5分もしないで、無事(?)出発!
 
 
 
やっと、ウチに帰れる~。
 
 
 
では、NYにお越しの際は、地下鉄のアナウンスを、雑音だと思わずに、聞き取りにトライしてみるのもいいかもよ?
 
あれが聞き取れたら、立派なニューヨーカーだってさ。(友達認定だけど。)
 
 
Have a good weekend!
 
 


ポチッっとなっ!



こりんご応援クリック、1,2,3、頼んますっ! 

 
にほんブログ村 海外生活ブログへ

ジモモ ニューヨーク





Happy Boy ジョンヘイズのブログも、よろしくね。

 photo faeb95eb-1a6f-49e6-8776-299a658aeca0_zpsyfdlpv8h.jpg


赤毛のヘイズ
 
 
 
 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。