自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

華やかな理想的街で、庶民的な現実生活を Enjoy する方法! 好奇心と向上心だけで生きる。合言葉は、「やったモン勝ち!」 仕事、恋愛、アメリカンドリーム、日々のつれづれ語ってます。


テーマ:


ラズベリーパイと、コーヒーで目覚める朝。

隣に誰かがいて、一緒に吐く白い息。


Have a nice day!


って、ちょっと コジャレすぎたニューヨークの朝。


だけど・・・


早ぇ~よっ、

早朝6時半っ!




朝帰りの こりんごちゃんですが、

夜行性のアタシが、ヘルシーにもほどがあるほど、早寝早起きの、

しかも、ラズベリーパイって・・・(プププッ!)


出勤してゆくシュマンシー君と別れて、地下鉄を乗り換え、ひとりで自宅まで帰る。


まだ雪の残るストリートを歩く。

朝の空気は程よく冷たく、まだラッシュ前のけたたましいノイズも無く穏やかで、

澄んだ空気が、妙に気持ちを新鮮に引き締める。


いろんな感覚が繊細に刺激されて、また Thoughtful な こりんごちゃん。

今日は、午後出勤なので、これから もう一眠りしようかと思ったけれど、

ラズベリーパイとか(シツコイ!)、朝の空気にヤラれて、ブロク書くよっ!


なんとなく、仕事のことが悶々としているのに、

なんとなく、恋愛が順調な雰囲気で、


神様がライフバランスを整えてくださってるのか?


だけど、正直言って、仕事も恋愛も、こりんごちゃんを差し置いて、それらが勝手に進んでる感じなの。

(なんだそりゃ? わかりずらいよっ!)


人生って、常にタイミングだと・・・


昨日の火曜日、ウチのボスに、近い将来、学校に戻ること、(つまり仕事をやめること)、打ち明けようと思ったんだよね。

でもさ、言い方一つで、ボスを Upset させることも、同情を買うことも出来るから・・・

しかも、それは切り出したタイミングやシチュエーションでも変わってくるじゃない?


で、昨日が、オフィッススケジュール的にも、打ち明けるのがベストの日だと思ってたわけよ。


ところが、人生のタイミングなんて、一転にして変わってしまうものよ。

朝一のクライアントがキャンセルしたことから、ボスの機嫌もやや悪天候となり・・・

アタシ、みごとにタイミング見失い、遭難しました・・・。(登山失敗みたいな・・・。)



さて、いま おデートしているシュマンシー君、

毎週火曜日は、Taco Tuesday で、ディナーにタコスを作るんだって。

で、毎週かかさず作ったタコスの写真を送って来てくれるの、


こちら先週の Taco




こちら先々週の Taco




子供みたいでカワイイなって思うけど、

Taco 見せ付けられて、腹減るよね。


Taco Night に誘ってくれるんだけれど、

毎週火曜日は、ウチのバンドのリハだから参加不可能だったのよ。

ところが夕べは、ウチのギタリストのプチメタルが、練習を水曜日の変更してくれと・・・


で・・・

Welcome to The Taco Tuesday!


という運びになったわけね。


まじで、Taco 作ってた!

こちらは、トッピングになるチキン煮てたよ。




Taco の ラッピングレッスン受けまして・・・。




こりんごちゃんの、手作り 初タコスですっ!



ということで、夕べの Taco Night から、

今朝のラズベリーパイ Morning に流れたわけだけど・・・


そんな楽しい Taco Night を過ごしてたもんだから、

人生、土壇場に立ってることとか、一瞬 忘れちゃうわけね・・・。


シュマンシー君と、おデートし始めてから、2ヶ月くらいになるかな。

週一くらいのペースで会って、彼んちにもお泊りするようになり、


Funny で、大らかで、優しく、思いやりのある子って言うのは分かっていたんだけれど、

だんだん付き合うにつれて、もっと 彼の Detail とかが分かってくるでしょ?


Taco Night での、余ったタコスの皮とか捨てちゃうのよ。

「えっ、捨てちゃうの?」

「うん、だって一度 Heat up しちゃったからね。」



タコスの具である、残ったトマトやレタスも捨てちゃうの!

「えっ、捨てちゃうの?」

「うん、もう、栄養分も飛んじゃうから。」

「じゃ、アタシが食べるっ!」

「You are so kind! 

でも、これ全部食べたら、トマトのアルカロイドで、あまりよくないよ。」

「じゃあ、翌日のブレックファーストに、オムレツ作ってトマト利用したら?」

「朝は、Cook する時間が無いから・・・。」



「ジャパンではね、食べ物を無駄にすると、目がつぶれるのよ。」

そうなんだ、そういう言い伝えなんだね。 Very Interesting!


それで終わったけれど・・・


今朝、シャワーを浴びたとき、

「こりんごちゃん、スポンジ、新しいのまだ買ってないから、このタオル使って。」

「えっ、あのスポンジ、先週使ったけれど、全然、新しくなかった?」

「月一くらいで、スポンジ変えてるよ。」

「えっ、サイクル早くない? 歯ブラシじゃあるまいし・・・。」

「でも、バクテリアの心配があるからね。」


そうなんだ・・・

アタシのなんて、4月に日本で買ってきた、アカスリ仕様タイプのタオル、まだ使ってるけど・・・汗


彼は、バスタオルやタオルもピッキーで、一定以上の柔軟性のある よいタオルしか使わない。

ペーパータオルも、吸収力のいい Bounty しか使わない。



トイレットペーパーも、特定ブランド使ってた。


アタシは、質より、プライスで選んでたな・・・汗


しかも、バスタオルなんかは、

第一生命から貰ったクマのプーさんとか、HONDAシビックとか・・・、景品じゃん?

今週のバスタオルは・・・

CELINE のギフトタオルだぜ・・・汗



ふと、もらい物タオルでも、平気な自分に気付かされるわけね・・・。

(ダメダメだよ、こりごちゃん・・・。)


こういった、基本的な生活の違いとかも、ひっくるめた上で、

そういうのも全て、受け入れた上でも、好きでいてくれると思う?


音譜育って来た環境が違うからぁ~、

好き嫌いは否めないぃ~音譜


って、スマップ(山崎まさよし)の歌が、アタマを過ぎったよ・・・。


We will see.
だけどさ・・・。


でもさ、そんなことから、ちゃんとしよう、ちゃんと人間であろうって思ったよ。 

(ちゃんとした人間? お前、動物かよっ!)


なんていうのかな、40の女にしては、レベルが低いっていうか・・・、

マインドが、まだ20代だからさ、


髪がボサボサでも、ティーンエイジャーだったら、お寝坊さんって可愛いけれど、

40だったら、無視されるよね。


破れたジーンズとかも、若かったら、それもファッションと許せるけれど、

この年でそれは、もうアウトだと・・・


スッピンも、ナチャラル派とか言い切れない くすみやシワが現実を突きつけるから・・・。


いつまでも、若いと思っていても、年相応の格好や行動を取らないと、惨めに見えてしまうんだろうな・・・


もぁ~、

出だしの、ラズベリーパイから、一気に脱落した感じ・・・。


とりあえず、内面美人を気取り続けたいから、(なんで?)

今日は、ボスと、話し合うぞっ!


まだまだ、人生、軌道修正できるはずっ!


あ~、ブロク調子こいて書き綴ったら、

やることもやらず、まもなく出勤っ!



皆様、こんなズボラなこりんごちゃんを、お見知りおきください!

(懇願しても、もう可愛くないお年頃だけれど・・・。)







ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


人生、ただいま模索中!


人生に迷った時こそ、第三者の意見を仰ぐのって大事だと思う。


いろんな人からの意見で余計に混乱することもあったり、

最終的な決断は、結局は自分にあるけれど、

人からの意見やアドバイスを聞くことは、自分自身の考えを客観的に見れるし、

また学ぶことも多い。


特に、目上の方は、自分より長く生きてきた分、経験も情報も豊富で、大きな導き人あることが多い。


こりんごちゃんが、グリーンカードが取れる前から、時々、道に迷うと、アドバイスを求める方がいた。

彼女は、60歳だというのに、全く60歳には見えない、心身ともに若々しい女性であり、

ただ、60歳だからこそ、人生経験や、マインドは、Mature で、NYに生きる女性としては、尊敬してしまう。


彼女は、若い頃、ガムシャラに働いて、NYにアパートも買い、50代になる頃には、リタイアをしている。

日本では、リタイアの意味が引退とか、隠居など、マイナスに取りがちだが、

アメリカでは、人生のリタイアとは、もうアクセク働かなくとも、老後の心配なく暮らせる貯蓄を作り上げたという事なので、いかに早い時期にリタイア出来るかで、人生のサクセスが決まったりする。


彼女は、NYCに、既にアパートを購入しているが、

夢であった、セカンドハウスを、アップステイトNYの郊外の自然あふれる田舎に購入もし、

平日はCity で、週末を田舎でゆっくり過ごす生活を送っている。

ゆっくりとは言っても、その田舎でのコミュニティー活動に参加したりとアクティブではあり、

また、City では、仕事は引退したものの、彼女の興味のあるものに、プロデュースしたり、また教育業などに、楽しみながら携わっている。

プライベートも、日本で、一度、結婚されていたようだが、日本と、その結婚生活に直ぐに見切りをつけ離婚、

現在は、彼女より一回りも若いが、マチュアーなボーイフレンドと呼ぶにはおこがましい、しっかりとしたライフパートナーがいらっしゃる。


こんな、憧れの的のような、人生を歩む彼女と、会って悩みを聞いてもらうことが出来た!

和食レストランで、食事をしながら・・・、

こりんごちゃんの人生の悩み、迷いとは・・・


いつまでも、永遠のアシスタントで終わっていいのか?


いや、いいわけないっ!

今、人生の岐路に立っていること分かっていても、どう道を切り開こうか、どう先に進もうか迷っていて・・・

若かったら、迷うよりもとにかく進んで、数年の無駄も、時間の余裕に、その無駄が経験となる。

しかし、年を取った今、確実に、肉体も精神面も、若い頃よりは衰えてくる、

人生の軌道修正だって、若い頃のように、フレキシブルには行かなくなっている。


彼女との対談は、食事を済ませ、その後、カフェに流れて、みっちり3時間!

まるで、目からウロコの3時間だったっ!


人生の迷った道を切り開けそうな、少しだけ雲が晴れてきたような・・・

ものすごい、素晴らしいアドバイス、ご意見、たくさん頂いたっ!


それ、聞かせろよっ!って話よね・・・。

うん、ぜひ、ブロくって、みんなにもシェアしたいが・・・

いま、もう、深夜3時半っ!


今すぐ、今日の話を、ブロクに書き留めたいけれど、

これから寝ないと、明日の出勤に差し障る現実がそこに・・・。


後日、ブロクに書き残せるよう、努力はするが・・・。(ホントカ?)


とりあえず、ダイジェストで・・・


今の時代、 いい学校、卒業しました、いい会社に就職しました、これで人生安泰っ!

という時代は、終わったという。

今は、いくつかのキャリアや、スキルがあった方が、これがダメでもアレがある、が強いらしい。



人生を、収入というお金のサクセスにつなげるには、

時間とお金はかかるが、エデュケーションをつけて、確実に給料アップを目差すか、

アイデアひとつで、企業発起し、博打のような速さで大金を稼ぐか・・・。


そこで、ある日本人女性の、ビジネスサクセスストーリーを聞かせてもらった。

これがまた、ものすごく、マーケティングや、社会経済などの仕組みを知れたようないい話だったっ!

(これ、絶対、後でブロクするね。)


そして、こりんごちゃんが、ちょっと迷っていた、キャリアチェンジいついて・・・


つい最近、知人から、全く別の世界で、一緒に仕事をしないかと誘われていた。

医療従事者のこりんごちゃんが、畑の違う、旅行関連ビジネスに移行できるかということで・・・

実は、そのオファーをしてくださった方から、

「こりんごちゃん、レストランのマネージャーやってみない?

旅行プランナー(事務)よりも、お金稼げるわよっ!」

とも、誘われていた。


その時点で、こりんごの直感が、これは違うと思った。

一軒、上手い話に聞こえるが、そのフィールドでのキャリアが無いのに、どうしてそんなに簡単に、アタシにオファーをするのかと、疑った。


この件について、こりんごちゃんのアドバイザーでもある、本日お会いした彼女、Mrs.ビックアップルと呼ばせていただこう、彼女に相談してみた。


Mrs.ビックアップルは、知っていた。

旅行業界が、どういうものかを・・・


まず、例外はあるが、旅行会社、とくに小さい日系の旅行会社では、キャリアなど関係ないらしい・・・

誰でも出来る仕事なので、だから大卒の若い子がとりあえず経験積みに働くが、特定の人意外は、大きな昇進もなく、働くだけ働かされて終わるらしい・・・。

だから、経験の無い こりんごちゃんでも、構わないのだっ!


ズバリと、Mrs,ビックアップルに言われたのは・・・

「まず、その方からのビジネスオファーについて、二つに一つ!

その彼女の夢に付き合って、こりんごさんが、貴方の時間と労力を費やし、彼女のために、彼女の夢を大きくするか、(厳しく言えば、彼女に使われるか・・・)

彼女から、旅行業や、レストラン業のノウハウを学んで、彼女を潰すかの、どちらかだと・・・。」


厳しいご意見ではあったが、それが現実だとも思った。



無知ほど怖いものは無い。


怖いもの知らずという言葉もあるけれど・・・

確かに、考えすぎて、動けなくなることもあるけれど、

知識や、情報は、あるに越したことない。


今回、Mrs.ビックアップルとお会いして、これ以上に、いろんなお話もした、アドバイスも、意見も、たくさん頂いた。

けして彼女は、自分の意見やエゴを、こうしろ、ああしろと、押し付けたりはしないが、

彼女の、人生豊富な知識、経験を、ありがたくシェアしてくださって、

すごく感謝したのと同時に、

自分がもし、自分と同じように若い子が道に迷ったときに、こうやって誘導してあげることって出来るのかなって思った。



まだまだ、悩むこと、迷うこと、沢山あるんだけれど・・・

彼女とあった事で、視野が大きく広がって、少し人生の霧が晴れたような気持ちでもあった。



あぁぁぁぁぁぁぁっ!

もう、朝の4時回ってしまったっ!


ヤバイよっ、寝ないと、明日、朝8時半出勤だからっ!


今日は、たくさん考えたから、脳ミソのシワ、増えたかな?

眉間のシワは、増えてくれるなよっ!


では、もう寝ますっ!


Good Night!









ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


そのコンセプトが好き!


お料理、得意とはいえない こりんごちゃんですが・・・。

生きるために、自炊してます。


なんと、こりんごちゃんのブロクの隠れファンがいまして、


「特に、こりんごさんの、クッキングシリーズが好きです!」

と、あの こりんごちゃんのオイオイお料理珍道中を、クッキングシリーズとポジティブに言ってくださった、Gaz さんっ!


ありがとうっ!

じゃ、また、こりんごちゃんのクッキングシリーズ、いかせてもらいますっ!


3日前のフランスパンが、不憫にも、すいぶんカラカラになってて・・・

でも、捨てるのは惜しい貧乏性!


おお、そうだっ、ちょっと コジャレて・・・


フレンチトーストとか、作ってみちゃう?


フレンチトースト食べたことはあるけれど、作ったことってなかったのよ。

つうか、食いしん坊の こりんごちゃん、パンが Stale する前には食べきるタイプだったからさ・・・汗


勝手なイメージで、多分、卵と、ミルクと、砂糖混ぜて、パンに浸して焼くだけでしょって・・・


あっ、こりんごちゃん、もう牛乳飲まなくなっちゃったんで、アーモンドミルクしかないよっ!



まあ、いいか・・・

いいかげんが、いい加減という事で・・・


卵、アーモンドミルク、砂糖を混ぜて、硬くなったフランスパン投入させました。




バターをフライパンにひいて、

あらぁ~ラブラブ

なんか、カワイイ、フレンチトーストたねちゃん達。




ひっくり返してやったら、いい色に こんがりしちゃってっ!ラブラブ




予想以上に、よい出来栄えだったので、こりんごちゃも、誇らしいよ!



手軽に出来るし、いいねぇ~。


あっ! だけど、メープルシロップとか、コジャレタもの持ってないっ!


シロップなしのフレンチトーストですけれど・・・

朝からシュガーばっかりじゃ、よくないからシロップ無しくらいがちょうど言いかと言い訳して・・・。


ビックリっ!

ふわふわの美味しさっ!

ウチのキッチンも、フレンチの香りに包まれちゃって・・・ラブラブ


コジャレタ、ブランチを過ごしましたけれど・・・


ザ・アジアン の こりんごちゃんは・・・

うん、美味しかったけれど、やっぱりちょっと オシャレすぎるかな、

なんか、甘ちゃんって感じで、甘ったるいね。(砂糖控えめだったけれど)


やっぱり、朝でも、コメが食いたいね。


夕べは、冷ご飯で、チャーハン作った こりごちゃんでしたから・・・。

(夕べのチャーハンの写真は撮りそびれたけれど・・・)


あんた、リサイクル料理ばっかり食べてるの?



でもさ、フレンチトーストにしろ、フライドライス(チャーハン)にしろ、

賢い料理だなって思うよ。


硬くなったパンや、冷たくなったご飯をアレンジして、また別の料理として生き返らせるんだから、

アタシャ、そのコンセプトは、好きだね。



では、本日、日曜日、これからバンドリハです。

来週は、また波乱 起こりそうな週なので、頑張って乗り切ろう!




ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


男に、どれだけ愛されてる、それで分かる・・・?



最初のデートで、割り勘だったら、しらけるよね。


その男の、玉も、器も小せぇなって、思ってしまうよね。

もしくは、女の自分に費やしてもらえないほど、自分に魅力が無いのかって凹むうよね・・・?


幸い、いままで、最初のデートで、割り勘という経験は一度も無いので、

どんな男でも、やっぱり、最初はハズレと思っても、デート代は出費するのであろう。


では、セカンドデートではどうよ?

たいてい、一回目のデートで、気に入らなければ、2度目は無いから、よく分からないなぁ・・・

相手も、こっちを気に入れば、セカンドデートにいたるので、まだ、男がデート代は出すかもね。


男女平等とはいえ、また、女も独立した時代ではあれ、

シュガーダディーや、学生ってワケじゃないから、自分の飯代くらい、自分で持てるけれど、

やっぱり、男が気前よくデート代を持ってくれたら、カッコいいよね。


さて・・・


ウチの Co-Workerちゃん、ゲイなんだけど、

カッコいいクライアントが来るたびに、

「こりんご、彼なんかどう?」


って、勧めてくる。


めっちゃカワイイ子だと、彼が気に入っちゃうみたいで、こりんごに勧めてこないんだけれどさ・・・


今回、あんまり騒がしく勧めてくるもんだからさ、

「今、とりあえずデートしてる人いるのよ。」

「うっそ~~~!!!聞いてないわよっ!

チーフ、こりんごに、とうとうボーイフレンドが出来ちゃったわよ!」



って、チーフにまで言ってしまうから・・・


「ちょっと、まだ、デートしてるだけで、ボーイフレンドじゃないんですけれど?」

「で、どんな人?」



チーフまで、興味新進で参入してきた。


「いい子ですよ。」


「Japanese? American?」


「アメリカンですけど・・・。」


すかさず、ゲイの同僚が、

「White?Black?」

「え? White だけど・・・。」

「I knew it! 

こりんごの前のアシスタントは、ニューオリンズ好きでニューオリンズばっかり行ってたから、あの子は、たぶん Black 好きにちがいないわっ、

でも、こりんごは、ダンスだの、バンドだのって、この子は、White だと思った!」


なんだ、その解釈は・・・?


「じゃあ、もう、こりんごには、ボーイフレンド探し必要ないのね。

あのクライアント、めちゃくちゃ高学歴で高収入なのに・・・。」

「ちょ、ちょっと待ってくださいよ、まだ、ボーイフレンドじゃなくて、デートしてるだけです。」


Gayの同僚が、

「He pays everything for you?

デート代、全部 彼持ち?」

「Yes.」


「Oh No ! He really likes you!」

「いままで、何回くらいデートしてるの?」

「5~6回かしら?」

「ずっと、彼がデート代持ってるの?」

「今のところは、彼が払ってくれるかな?」

「オーノー! 彼、こりんごのこと、そうとう好きじゃないの!」


なんで、Oh No で、強調するのよっ!


「こんな時代だから、割り勘や、テイクターン 今回僕で、次回は私、みたいなの当たり前だけれど、

だからこそ、彼が全部払うなんて、彼、よっぽど こりんごに入れ込んでるわっ!

この女に投資してもいいって証拠だものっ!

ボーイフレンドになる日も近いわよ!」


「やだ、ちょっと、そんなこと言わないでよっ!

そろそら、アタシだってデート代払おうかなって思ってたのに、

次回、彼が払うか払わないか、プレッシャーじゃないのっ!」


今日は、土曜日で、

いつも、シュマンシー君から、前日か当日の朝に、「今日会える?」って連絡が来るんだけれど、

あれ、今日は、夕方になっても連絡来なかった・・・

でも、おごりのプレッシャーがあったから、まあいいかとも思ったが、


「こりんごちゃん、今日は、ロングアイランドで友達と会ってて、終わり次第、TEXT するけど、遅くなりそうで・・・

明日、よかったらブレックファーストでも一緒にする? 

でも、バンドリハだよね?」


「Don't worry about me.

気にしないでね、友達と、楽しく過ごしてください!」


とは言ったけれど、今日は、特にダンスのイベントもなくてね・・・。

まあ、家の雑用とか、やらなきゃいけないこと、たくさんあるから、それはそれでよかったけれど、

ここ数週間、ずっと土曜の夜は、シュマンシー君と過ごしていたから、

誰かと過ごす週末って素敵だったんだなって思い知ったよ。


やっぱり、シングルでお気楽ライフもいいけれど、

誰かと過ごす、共有ライフもいいよね。



という事で・・・、

愛のレベルチェック?

さて、あなたの彼は、おごりですか、割り勘ですか?

結婚してる旦那さんとかって、どうなるんだろう?

家計はいっしょだから、おごりとか、割り勘とか、発生しないのかな?

日本じゃ、釣った魚に、エサはやらないってのも、よく聞いたけど、それも寂しいよね。


まぁね、ロングタームリレイションシップだったら、相手にばかり負担がかかったら、フェアじゃないから、わっぱり平等で割り勘、またはテイクターンであるべきだよね。



では、この辺で、サタデーナイトだけれど、

まだ、夜の11時も回ってないけれど、

眠くなってきたので・・・汗


みなさまも、よい週末を、お過ごしください!






ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


はじめてみたよっ!


2ドル札!




あんまり流通してないから、希少価値ありらしいよ。

日本の、2千円札みたいな感じかしら? 

(まだ2千円札って出てる?)


モデルは、トーマス・ジェファーソンさん。

”さん”呼ばわりだけれど、第3代US大統領様だから・・・。

1776年のアメリカ独立宣言の起草者で、US建国の父のひとりであるお方よ!


サウスダコタにある、プレジデントモニュメントのひとりでもあるよね。

http://4.bp.blogspot.com/-lOZf-qhD9L0/TV884k2cBnI/AAAAAAAALgU/GXY9rIg2kc0/s400/president%2527s%2Bday%2Bhappy%2Bpresidents%2Bday.jpg

トーマスさん、左から2番目。

(↑、まだ、”さん”呼ばわり、無礼にもほどがあるっ!)



そういえば、もうじき、プレジデントデーも近いしね。

毎年、2月の第3月曜日は、初代大統領のジョージ・ワシントン(2月22日)と、奴隷解放の父、16代大統領のアブラハム・リンカーン(2月12日)のバースデーの間を取って、プレジデントデーとして祝日なのよ。


ちなみに、この2人も、アメリカドルの顔です。


2月22日生まれの初代大統領ジョージ・ワシントンは、1ドル札、

‚t‚r‚PŽ†•¼


2月12日生まれの第16代大統領アブラハム・リンカーンは、5ドル札、

V‚t‚r‚TŽ†•¼



第3代のトーマスさんは、グーグルで調べたら、4月2日で、かすってなかったね。

(↑、懲りずに、”さん”呼ばわりっ!)



いつも、プレジデントデーは、昔から雪が降るイメージだけれども、

今年は、よく振るなぁ・・・

明日も、雪だってよ、ニューヨーク。



では、よい週末をっ!





ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


好きな人と、素敵な人って違う・・・。


女は、愛するよりも、愛された方が幸せになるって・・・

それは、本当だと思う。


2ヵ月半前に、こりんごちゃんは、ある人と出会った。


去年の11月初旬、ノースカロライナのダンスキャンプで、最終日に、ある人と踊った。

とってもダンスの相性がよかったので、デモビデオを一緒に撮らせてもらった。


翌朝、ホテルをチェックアウトして、空港行きのシャトルバスをホテルのロビーで待っていると・・・。


「あっ、アナタは、夕べのっ! 

デモビデオの協力、ありがとうございました。

もしかして、一緒のシャトルバス?」

「そのようだね。 夕べは、楽しかったよ。

僕たち、ワークショップも、同じクラスだったよね。」


ワークショップには、たくさんの人がいたので、こりんごちゃんの記憶はあいまいだったが・・・


「Where are you from?」

「I'm from Seattle. How about you?」

「I'm from New York.」


そして、シャトルバスがやってきて、乗り込んだ。


「あら、あたし達だけよっ! 2人の貸切ね!」

「僕たち、初日の空港からホテルに行くシャトルバスも一緒だったね。」


えっ!?


4日前の記憶をたどる・・・


あの日の、ホテルに向かうシャトルバスは、満員御礼だった。

みんな、友達と来ていたらしく、楽しげに車内でおしゃべりしていた。


こりんごちゃんは、誰のことも知らず、ポツンとバスに乗っていた。

バスの車窓から、ぼんやりと流れる外の風景を見つめて・・・


ふと、後ろに座っている人のことが気になって、一瞬振り返ってみた。

穏やかな紳士が座っていて、彼もまた、一人黙って窓を見つめていた。

こりんごちゃんが振り返ったので、一瞬、目と目が会った気がした。


あっ、あの紳士だっ!


「あ、アナタ、私の後ろの席に座ってた人?」


「そうっ!」

「うっそ~、行きも、帰りも偶然に、一緒のシャトルバスだなんてっ!」


それから意気投合して、ダンス話に華が咲く。


「夕べのビデオ、よかったら送ってくれないかな?」


「もちろんっ!」

お互いの、Emailアドレスと、電話番号の交換をした。


空港で別れた後も、Text メッセージで・・・

「Have a safe trip!」

「You, too!」


その後も、テクノロジーで、ダンス友達としての交友は続いていた。

ただの、ダンス友達なのに、彼からのメッセージが届くと、すごく嬉しがっている自分がいるのに気付いた。


そして、2ヶ月ぶりの彼との再会は、LAだった。

2週間前に行って来た LAのダンスキャンプで、2ヶ月ぶりに見る彼は、自分の特殊オーラが彼を美化してか、すごくカッコよく見えた。

なんとなく、彼への特別な想いが生まれているような自分のココロ・・・

でも、彼からは、大切な友達とは思われど、特別な脈は感じれなかった・・・(脈無しだ 残念


どういうわけか、彼のことが気になって仕方なかったが、

好きになってはいけないと、暗示をかけていた。

だって、また辛い恋愛になりそうだったから・・・。

しかも、西海岸に住む彼と、東海岸に住むこりんごちゃんには、大きな距離があったし・・・。



来月の、デンバーで行われるダンスキャンプは、プランしていなかったが・・・


「こりんごちゃん、行こうよっ!」


って、彼が言うから、マジで行こうかとフライトチケット調べたりなんかしてしまった。

でも、現実問題、2週間前にバケーションとったばかりだったから、さすがに、また来月も有給は使えない・・・。


多分ね、届かない人って分かってるから、欲しくなるんだと思う。



彼と出会った半月後に、

シュマンシー君と出会った。


シュマンシー君は、こりんごちゃんのこと大好きでいてくれて、

お互い、NYCに住んでいて、毎週末、一緒に過ごしている。

とても身近な現実的な相手である。


こりんごちゃんのこと、大好きっ!って想いが伝わってきて、

それは、やっぱり嬉しいし、イヤだとも思わない。


一つ年下の彼は、Funny で、カワイイが、優しくて、しっかり者で、頼りがいもある。


先週末、一緒にお買い物に行って、ワインを買った。

彼が他の荷物をたくさん持っていたので、ワインはこりんごちゃんが持つことにした。


ストリートを歩いていて、通りがかりの人が、こりんごちゃんにぶつかって、

カチンっと、ワインボトルの音がした。


「あ、どうしよう、ワイン、割れちゃったかも?」


「Are you OK?!えっ

こりんごちゃん、大丈夫?」

「アタシは、大丈夫だけれども、ワインが割れちゃったかもしれない!」

「ワインなんか、割れても構わない、こりんごちゃんが大丈夫ならばっ!」


真剣に言う彼。


「やだぁ、もう、ちょっと、カッコいすぎるぞっ!」


彼は、テレながら、強く手を握ってくれた。


いつも、こりんごちゃんが優先で、

こりんごちゃんのしたいもの、食べたいもの、見たいもの、やりたいもの、プライオリティーは、こりんごちゃんにあった。


久々に、男に大切にされているなぁと、感じる。


彼は、フロリダ出身で、来月里帰りする予定で、

「こりんごちゃんも、一緒にフロリダ行かないか?」


と、誘われた。

しかし、デンバーにも行けないのに、フロリダにいけるはずも無く・・・


「急すぎて、有給が取れないの・・・。」

「OK、Next time!

今度は、一緒にいろんなところに旅しよう!」


なんかいいなぁって思った。

いつも、ちょっとどこかに出かけたい週末のイベントや、ちょっとした旅行に、誰か相棒がいたらいいのになって思うこと、彼がかなえてくれる。


彼は、面白いのよ。

お料理、全然、得意じゃないんだけれど、ベイキング好きみたいなのね。

でも、いつも、出来合いミックスを混ぜて焼くだけなんだけれど、

 photo DSCN3464_zpsd2e27f3b.jpg


それでも、男の子がオーブンで、ベイキングするのって、アメリカンだなぁって思う。


上手に焼けたね!

 photo DSCN3474_zps861bf79c.jpg


じゃあ、こちらも、お料理得意じゃない こりんごちゃんが、オムレツ作りますよっ!




彼んちのフライパン、ちょっと傷んでて、焦げ付くっ!

朝っぱらから、チキンまで焼いてやったぜっ!




ははは・・・汗

めっちゃ、ヨレヨレ オムレットの出来上がり・・・あせる




こういう、日常の、現実的なことが、積み重なって・・・


今は、彼と時間を共有すること、とても楽しんでます。


同時期に、2つの淡い想いが生まれました。


直感で、生まれた好きと、

積み重なって、生まれた好きと、


直感の好きは、独りよがりな好きです。

積み重なった好きは、大切にはぐくまれた好きです。


どちらを選ぶわけでもなくて、

おのずと、自分が求めるものに歩み寄っていくだろうから、

自然体に任せて、恋愛を楽しみます。





ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク



いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:


あんまり安いと、疑っちゃうけれど・・・




Trader Joe’s の アボカドの値が下がってる!

4つで $2.99 は、かなりお得!


こりんごちゃん、結構アボカド買うのね。


人間に必要な三大栄養素、

* 炭水化物
* 脂肪
* たんぱく質


アボカドといえば、良質脂肪の王様と崇めてもいいわ!

小さいお子さんがいる家庭では、よく 子供のスナックとしても食べられてるよね。


こりんごちゃんは、大きなおこちゃまだけれど・・・


自炊生活で、アボカドほど、万能食品はないっ!

なんにでも乗せてしまうよ!


夏の冷やし中華にも!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

エビやハムがなくても、十分ボリュームを出してくれる!


もちろん、ご飯の上にも載せて、アボカド丼だよ!



アボカドに、わさび醤油かけると、ウニの味がするって言うけれど、

もう、ここしばらく、ウニを食べたこと無いので、ウニがどんな味だったのか忘れてしもた!


こりんごちゃんは、ランチ持参なんだけれど、

お弁当も、ご飯に、アボカド載せて、醤油かけて終わり、見たいな・・・


アボカドって、野菜なのかしらって思うけれど、

基本、野菜不足だからね、ちょっと、今回、こんなアボカド丼アレンジしてみましたよ。


じゃじゃんっ!

こちら、アボカドライスサラダ!




基本のアボカド丼(ご飯にアボカド載せて、醤油かけるだけ)に、

レタスやニンジン、スプリングミックス、コーンも乗せまして、

マヨネーズをかけて、雑ぜますっ!

なんか、メキシカンフードっぽいんだけれど、

これが、意外に、ファンキーで、美味しかったっ!


ぜひ、お試しあれっ!





ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


人生の天気模様も 荒れたとき・・・

ニューヨークに、また大雪警報が・・・





今日明日、またガッツリ雪らしい・・・


仕事、早上がりさせられた。


実は・・・

人生の岐路に立たされて、

なぜだか、崖っぷちに立ってるみたい。


それは、チャンスなのか、

偶然が、必然のように、ご縁が繋がって・・・


昨日の月曜日、

昔の職場のクライアントさんと、再会。


彼女は、独立して企業家になっていた・・・


「こりんごちゃん、お久しぶりっ!

前のオフィッス辞めたって、聞いたわよ。

今何してるの? 

よかったらアタシのオフィッスに遊びに来ない?」


「あ、ぜひ伺いますっ!」


これは、久々の知人に会うワクワクに、何か特別なものが添付したような思いで、彼女のオフィッスに出向いた。


ミッドタウンのど真ん中のオフィッスビル内に、彼女はオフィッスを構えていた。


久々の再開に、話も弾んで、すっかり打ち解けあった頃・・・。


「ウチで働いてみない?」



ゴクリっ!



その職種は、トラベル関連で、

医療関係でしか働いていなかったこりんごちゃんにとっては、全く別のフィールドになる。


バイトで、チョロチョロと、ツアーガイドなんかはやったことあったが・・・

それが本業となると、別の話で・・・

今後の、履歴書に、別の経歴が付くわけで・・・。


彼女は、個人で旅行会社を開き、個人といえども社長の肩書きで、

他にも、オーナーとして、レストラン経営もしている。


規模は小さくとも、女一人で、しかも、このNYで起業するって、めっちゃすごいことよ!


こりんごちゃんにとっては、もう、憧れの的よっ!

ずっとビジネス起こしたいって思ってたじゃない?


それで、どうやって旅行会社の社長になって、レストランのオーナーになったのか、彼女の武勇伝を、ありがたく聞かせてもらった。


総合してまとめると、

全て、直感だったという。

お金を儲けるよりも、楽しく働きたいが先立ったという。


ただ、そこにはものすごい苦労もあったという事で、とんでもない額の借金も抱えていたとの事。

旅行会社が上手く起動にのって、

レストランを買収したとき、


「アタシの経験から言うと、儲けてやろうって、何かを始めると、たいてい失敗に終わるわね。」

「でも、旅行会社が上手く行って、レストランを買収したのは、もっと儲けるためじゃなかったんですか?

飲食業の経験とかあっての買収だったんですか?」


「ううん、レストラン経営の経験なんて無かったわよ。」

「えっ、なのに、買収したんですか? すごいリスクじゃないですか?

しかも、じゃあ、何のためにレストラン買収したんですか?」

「お店持ちたかったの~! ただそれだけっ!」


「That’s it?」

「That’s it!」


めっちゃシンプルである。

レストラン買収、経営とか、

旅行会社の経営とか・・・


ずっとサラリーマンだったこりんごちゃんにしてみれば、まったく無縁の世界で、

想像も付かない世界なワケで、

めっちゃ複雑だと思ってた。


いや、彼女の、この竹を割った性格から、本当は、複雑で苦労が耐えなかったけれど、

それを複雑とも苦労とも思わせないくらい、楽しく賢くこなす、スマートLady なのに違いない。


「こりんごちゃんがやってくれたら、面白くなりそじゃない?

アタシも、レストランに力入れてたから、今、こっちは、少し盛り下がってるのね。

もっと頑張って、盛り上げて、こりんごちゃん、Vice President 位になっちゃって、アシスタントとかやとってさぁ~。」


って、サラリと言ってしまうけど・・・


しかしね、このオファー、すごく ご縁のものだし、

新しいことに挑戦するの大好きなこりんごちゃんとしては、ありがたいことだけれども・・・


なんていうのかな、

やっぱり、年齢ってあるよね。


きっと、もうちょっと若かったら、もう、まだ先の未来よりも、今をとって、絶対にやってたと思う。

若かったら、数年の無駄も、無駄にならないから・・・

でも、ここまで職歴を重ねてきた今は、いろんな不安もある。


まずは、給料は、短大卒くらいの初任給になるわけよ。

今の給料も、そんなによくないのに、そこから、またまた下がるって・・・


当たり前よね、新入社員で、経験だってないんだから。


彼女だって、馬鹿じゃないし、経歴のない こりんごを雇うことは、彼女にとっても大きなリスクなワケよ。

彼女は、精一杯の考慮をしてはくれたが、彼女だってビジネスだから・・・


お互いが、リスクを背負うわけで、


こりんごリスクは、畑違いのフィールドに転進で、給料下がって、ベネフィットなし。

彼女のリスクは、経験者無しのフレッシュマンじゃないフレッシュマンを雇う。


「正直、この年齢で、この給料だと、不安で、ハイと直ぐに答えられないんです。」


「分かるわ~。 でも、私も、ここまでが精一杯! 不安もあるしね。」


「でも、なんで、経験も無いアタシを、大きなリスククしょってまで選ぶんですか?」

「これも、アタシの直感かな。 こりんごちゃんやったら、絶対に面白いだろうなって、

他にも、履歴書見たけれど、若い子は、やっぱり、ダメなのね。

でも、こりんごちゃんが悩む気持ちも分かる。」



このポジションは、正直言って、大卒のインターン生が、OPTの期間に、インターンシップでやるにはぴったりの、そんな仕事で・・・

ましてや、まったくベネフィットなしなので・・・

有給なし、健康保険なしとなると、若くない こりんごちゃんには、不安だよね・・・。


でも、今の現状維持で、アシスタントで可もなく不可もなくで一生終わるのはゴメンだと日々思っていて、

ここで変わらなきゃ、一生変われないっ!

だから、去年の暮れから、学校に戻ることを考えていて、学校訪問したりリサーチに励んでいた。

この状態で、実は学生に戻るのも、大きなリスクがある。

誰が、アタシをサポートしてくれるのよっ!


働きながら、学校に行っても、奨学金を受けても、

それでも莫大な学費を払い、自分の好きなことダンスや音楽をあきらめて、


どの道に進んでも、リスクはつき物で・・・

若かったら、やり直せる時間があるけれど・・・

この年になると、やり直しの効く年か?って二の足踏んじゃうよね。


ホント、今、人生を どう進むべきか、迷いに迷っている最中です。


外は、まだまだ雪が降り積もって・・・

こりごちゃんの葛藤も積もり行くのです・・・。


一度きりの人生ですから、後悔ないように・・・、

失敗を恐れているわけじゃなくて、

失敗からいろいろ学ぶことがあるから、

だけれども、その失敗から学んで、やり直す時間が、立ち直る時間があるのか?

つうか、もう失敗すると決め付けている その弱気な態度は・・・?


考えても考えても、答えなど出なくて・・・

その時間すら、無駄にしているのか?


ほら、もう、ブロクも収拾付かなくなって来てるから・・・


ガガガガガッて・・・




雪かきして欲しい!






ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク



いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:


そこに、パッションがなくなったら、終わりだと・・・



こりんごちゃんの、ドラムに対する気持ちは、なえていて・・・

ドラムが嫌いなわけじゃないけれど、

バンドがシリアスすぎて趣味の範囲を超えてしまって、

楽しむことを忘れてた・・・。


こんなにシリアスなのに、いまだに、バンドのラインナップがそろわない。

そんなんで、どうやってサクセスつかめるのか?


そういったストレスのたまるバンド活動から逃れるかのように、ダンスにのめりこんで・・・。





ウチのバンド、ベーシストが見つからなくて、友達に頼んでライブの助っ人に入ってもらっていた。

今回の2月4日のショーは、ウチの元ベーシストのクリス君が助っ人に入ってくれるという事で、

本日、日曜日のバンドリハに参加する予定でいた。


どうやら、クリス君は、ウチのバンドに戻りたいらしい・・・。

彼は、とてもいい子で、いいベーシストでもあるが、

酒癖が悪く、ベーシストであるが、フロントマン(シンガー)になりたいというエゴがあって、2年前に、ウチラが彼を脱退させた。


そんな彼が、ベーシストとして、またウチに戻りたいと思っているらしく、

ウチとしても、ベーシストが見つからないので、戻って来てもらってもいいが、

コチラから解雇した手前もあるし、また彼のエゴが出てくるのも困るので、ウチラからは、Rejoin の申し出はするつもりはなく、

彼の方から戻りたいというのであれば、検討しましょうという姿勢でいた。


そして、本日、そのクリス君とのリハの予定であったが・・・


「クリスには頭にくるっ!

アイツ、今日のリハには来ないってよ。」


「えっ、でも、ショウーは、2週間後だけれど・・・?」

「アイツこういったんだっ!

俺くらいのレベルのベーシストは、こりんごレベルのドラマーとじゃプレイ出来ない!

彼女、全然上達してねぇしっ!」


グサっときたが、図星で何も言えず・・・。


しかし、その上から目線の傲慢さに・・・

こっちから願い下げですって逆切れしそうでしたが・・・


実際、こりんごちゃんのバンドにかけるパッションはなえていたし、

ドラムの練習も、バンリリハ以外は、全くしなくなっていた。


保証も無いバンドなんかやってられるかよって、

他の人生プランで手一杯だった。


負けず嫌いの こりんごちゃんとしては、ここで、

こんちくしょ~~~っ!

って逆襲のスイッチが入るところであるが・・・


もう、そこには、パッションは無いのか・・・?


「プチメタルよ、お前がクリス(ベース)が必要ならば、彼を呼び戻して、凄腕ドラマーを見つければいいさ。

あたしゃ、引退するよ。」


「何言ってるんだよっ、こりんごちゃんを差し置いて、クリスを選ぶわけ無いだろっ!

でも、こりんごちゃんには、もっと上達して欲しいと思ってる。」



「Don’t force me!」


こりんごちゃん、なぜか、ここでブチ切れた・・・(Why?)


そこから、ウチのギタリスト、プチメタルと、とんでもない言い争いになって、辞めるやめないの大騒動!


散々、罵倒しあいながらも・・・


バンドと結婚してしまったような こりんごちゃん、

いやよ、いやよも、好きのうちなのか・・・?


離婚するのは、なかなか難しくてね・・・。



ブルックリンの、インダストリアルエリア(工場地帯)にある ウチのバンドのスタジオ、

コンストラクション中のエリアも多い。


こりんごちゃんのドラムも、コンストラクション中だな・・・。



このシンバル、こりんごちゃんが持っていないシンバルのサウンドが必要だと言うと、

シュマンシー君が、彼のシンバル貸してくれました。


こりんごちゃんが、「She sucks!」 と、誰かから侮辱されれば、


「俺が、ドラムのヘルプしてあげるから、心配するな。


と応援してくれる。


これは、今朝、彼が焼いてくれた バナナブレッドと、コーヒーだけど、



彼んちのマグカップ、全部スーパーヒーローなのね。

今朝は、こりんごちゃん、スパイダーマンカップでモーニングコーヒーだったよ。


いつも、スーパーヒーローに助けられて、

こりんごちゃんを応援してくれる人が、ここにいる。


そこに、燃えるようなパッションはなくても、

パッションが、少しずつなえていくことがあるように、

逆に、パッションが少しずつ Billed up していくこともあるのかな?



デリカシーのないウチのギタリスト、プチメタルが・・・

「そのシンバル貸してくれたヤツって、友達なの?」

「そうだけど?」

「まさか、デートとかしちゃってる仲?」

「Kind of...」

「えっ、じゃ、もう、ヤッちゃったてこと?!!?」

「悪い?」


「Woooooow!!!!!

えっ、じゃあ、もう、ボーイフレンド、ガールフレンドなの?」


「うるさいなぁ、まだ知り合ったばかりで、お互いのことよく知らないから、そんなんじゃないよ。」

(↑、でも、寝るんだね。)

「でも、こりんごちゃん、そこんとこ、はっきりしとかないと、後々面倒なこと意なるから、

ガールフレンドになる気がないなら、はっきり Friend with benefit ってこと伝えとかなきゃダメだよ!」

「そんな、大げさな・・・。 

そんな風に話し合う方がシリアスすぎて、ドン引くよっ!」


「彼、年いくつ?

仕事何してるの?

でも、ドラマーでよかったね~。

I’m so happy for you!」


My ブラザーのようなプチメタルは、こりんごちゃんが、しょうもない恋愛にはまってたり、

過去のこりんご男暦を知っているがゆえに、野次馬根性も入りつつ、シスターの明るい恋愛模様を本当に喜んでいた。


ともあれ・・・


ドラムも頑張らなくちゃいけないんだけれど・・・

本当に、やらなきゃいけないこと、考えなくちゃいけないことが山積みで・・・

いくら時間があっても、足りないっ!


明日(もう、今日だけど・・・)月曜日は、

アメリカは、マーティールーサーキング牧師の日で、祝日なのよ。

でも、これってメジャーホリデーじゃないからね。

どのみち、こりんごちゃんは、Monday Off なので関係ないけれど・・・


明日は、マッサージのアポイントメントに、

未来の視察と、コネクションのために知人に会って、

それからパフォーマンスクラスだ!

あ~、また洗濯に行く時間が無いっ!!!!!


つうか、もう、寝る時間すらなくなってる・・・汗

朝の6時になるから、さすがも、もう寝ようっ!

明日(今日)も、忙しいからっ!


では、よい一日を、お過ごしくださいっ!

(お前もな、こりんごっ!)






ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク





いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

欲求は、満たしやるべきもので・・・

満たされた欲求は、幸福に変わる。



あぁ・・・

欲しいものは、欲しいのである。

だから、満たしてやるべきで・・・



なんですか、この、欲求不満げな出だしは?


本日、フライデーナイトなんですけれど・・・


あまりにたまった雑用と、未来のために考えるべきアンテナをおっ立てないといけないので・・・

パーティーも断り・・・


自宅で、PCの前に座り、メールの返信から、未来のリサーチまで、黙々とこなす。


さすがに煮詰まって・・・

外の空気を吸いに出かける。


ちょっと立ち寄ったスーパーで・・・

(何で、スーパー寄るかなぁ・・・。)


ちょっと、新しいフレイバーじゃない?



Red Carpet,Red Velved Cake だってよっ!


つうか、レッドカーペットは、味じゃなくない?

セレブの高級感でも出そうって魂胆かもしれないけれど・・・


ちなみに、レッドベルベットケーキって、アメリカでは、トラディショナルなケーキで人気者。

こちらも、特に、ストロベリーや、アップルのように、なにかのフレイバーがあるわけではなく、

単なる、赤という着色なんだよね。

クリームチーズのフロスティングがかかってることが多い。


食べたい・・・

いや、いや、いかん、いかんっ!


でも、気になる・・・、

やい、何時だと思ってるんだよっ!


でも、カラダが疲れてて、甘いものを欲してる・・・

気のせいだ、それはっ!


気を紛らわせるため、野菜コーナーに行ってみた。

Green に囲まれて、ヘルシーじゃない?


いや、いや、Green に囲まれようが、なんだろうが、


レッドベルベットが気になるっ!





そんな葛藤で、用も無いスーパーに10分も立ち往生してるから、

よっぽど、レッドベルベットケーキフレイバーのアイスクリーム食べたかっただね。


頑張ってる自分にご褒美で、(えっ、いいわけ?)

ご購入っ!

さあ、食うぞっ!




つうか、こりんごちゃん、本日、偶然にも、赤のセーターに、赤のベルベットパンツはいてたんだよね!





つうか、夜な夜な、スーパーに出かけて、

ニット帽被ったまま、ヒーターの前で、アイスクリームを食べる意味はあるのか?


いやいや、意味は、十分あったね。


アイスクリームが、精神的、肉体的疲労を、あっという間に取り去ってくれたよ!(思い過ごし?)


しかしさ、感心しちゃったよ、このフレイバーを、アイスクリームにした人は、すごいね。

柔軟な、発想とか、アイデアとか・・・

みんなさ、これを作り上げるために、研究に、研究を重ねて、

こりんごちゃんを含めた顧客の期待を裏切らないものを作り出すんだから・・・。


なんか、そういう風に突き詰めた仕事、してみたいなって思った。

(アイスクリーム屋さんに、なりたいって言ってるんじゃないわよ!)



今、本当に、人生、どう動くべきか、迷いに迷って、考え込んでるよ!

で、実際に、自分なりにも動いてはいる。


忙しくって、なかなか、そのこと、ブロクに出来なくて残念だけど・・・

(アイスクリーム語る暇があったら、そのこと、報告したらどうやねんって突っ込まないでね。)


ともあれ、レッドベルベットケーキアイスクリームに欲求満たされた こりんごちゃん。

フライデーナイトを、地味に、未来のレットカーペットを歩くために、コツコツと雑用こなしてます。


では、皆様、よい週末を!





ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。