自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

華やかな理想的街で、庶民的な現実生活を Enjoy する方法! 好奇心と向上心だけで生きる。合言葉は、「やったモン勝ち!」 仕事、恋愛、アメリカンドリーム、日々のつれづれ語ってます。


テーマ:


今年、全然ハロウィン、かすってない こりんごちゃんですが・・・ハロウィン


昨日、バスに乗ったら・・・


バスの車内で、ハロウィン用の、サウンドエフェクト(効果音)が流れてて・・・

アメリカ、おちゃめだなって思ったよ。


思わず、ビデオ撮ったから、みんなにもシェアするね。





ははは、ス、スゲ~怖いよね・・・汗




明日、ハロウィン当日に、こりんごちゃんは、ノースカロライナに向けて、ニューヨークから脱出いたします!

つうか、まだパッキング(荷造り)終わってねぇ~ぞっ! (ドースルヨ!)




ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓



ジモモ ニューヨーク



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


あれから、もう一年かぁ・・・



今朝、出勤のため、地下鉄、乗ろうとしたら・・・

あら、こんな張り紙がされてて・・・


自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


去年のハリケーン SANDY の一周年記念日のため、地下鉄、無料乗車だそうです。

(ダメージを大きく食らった Rトレインと、Aトレインのみですが・・・)


粋なこと、するね。


とはいっても、マンスリーパスを持っている こりんごちゃんには、関係なんですが・・・


サンディーでは、いろいろ、すったもんだした MTA でしたからね。

ささやかな、謝罪と、リスペクトと、惨事のリマインドを、感じましたよ。


こりんごちゃんの ネイバーフットは、全然、被害なかったのですが、

ダウンタウンマンハッタンや、ロッカウェイ辺りは、大打撃を受けてましたからね。


そういえば、その被害により、世界的に有名な、マンハッタンのハロウィンパレートは、去年、中止になりましたね。

今年は、それもかねて、華やかに行われるのかしら?

ただ、今年は、木曜日なんだよね。


そんな こりんごちゃんは、そのハロウィン当日の木曜日に、ノースカロライナに飛ぶので、こちらも関係ないのですが・・・


なんだか、今年は、全然ハロウィン、かすらないなぁ・・・


とりあえず・・・


ハロウィン”Trick or Treat!”ハロウィン





ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


パッションって大事!


そこに情熱があるかないかで、心の感情が大きく変わってくる。


夕べ、素敵な人とキスをした。

とっても素敵だったんだけれども・・・


なんなんだろうか?

もっと深いところから来る、熱いものを自分の中に感じなかった。


感情が無いわけではないのに、妙に乾いた自分がいた。


好きで好きでたまらなかった人と、初めてキスしたときは、

身も心も溶けて、濡れたのに・・・


感情は、正直だな・・・。


彼に駅まで送ってもらって、Hug してプラットホームに向かう途中、

耳に飛び込んできた そのサウンドに、感情の胸ぐら掴まされたっ!


タンゴだっ!


こりんごちゃんの好きな、アルゼンチンタンゴの音楽が聞こえてきて、

心が飛び跳ねて、必死で、その音をたどった。


ちょうど、自分の乗る電車のホームから聞こえてきていて・・・


若い青年が、アコーディオンで見事にタンゴの曲を弾いていた。


彼の奏でる情熱的なサウンドに、身も心も溶けた・・・。


一発で、彼のサウンドに Fall in Love. してしまった!


今、そこにタンゴパートナーがいて踊ったら、アタシは絶対にオーガズムを感じていただろう。


普段、ストリートパフォーマーは、耳障りなことが多いので、チップなど払ったこと無かったのだが、

こんなに感情揺さぶられたのは、初めてだったので、多めにチップを入れた。


ずっと聞いていたかったが、いつか電車が、アタシをかっさらっていくから、慌ててビデオに収めた!


演奏してくれた彼に、深々とお礼をして、電車に乗り込んだ。

しばらく、あの情熱が消えなくて、なんどもビデオ見返した。


アタシ、どんだけタンゴ好きやねん?


でも、ただタンゴミュージックが好きだからじゃなくて・・・、

彼の奏でる音楽に、何かオーラみたいなものもあって、

上手く文章で表現できないんだけれど・・・


キスで感じなかったオーガズムを、音楽で感じてしまった夜だった。


女は、感情的な生き物なので、

そこに感情も、情熱も無かったら、イケない。



では、こりんごちゃんが、恋に落ちた そのサウンド、

みんなにも、シェアするわっ!





こうなってくると、引いてる彼までカッコよく見えてしまう!

弾きながら、ちょっとドキっとするようなカメラ目線 向けきたりしてるよね!


タンゴ、ヤバいわっ!




ポチッっとなっ!
こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓



ジモモ ニューヨーク



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


ハロウィンウイークエンドでしたけど・・・

全然、ハロウィンかぶらず・・・

それでも、相変わらず満喫モードの Weekend でして・・・


しかし、こりんごちゃんの週末スケジュールは、タイト、タイトで・・・


金曜日、昨日のブロクでの報告どおり、Lamb of God のコンサートを満喫し、

翌日、土曜出勤は、朝8時半から夕方6時半まで働いて・・・

仕事の後は、ダンス仲間のハウスパーティー参加!


ローランドさんちのペントハウスでの、ダンスパーティーは、もうダンス仲間内では、定番のイベントになりつつあります。

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


リビングルームにグランドピアノがあって・・・

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


スイングダンサーは、突然、Jazz ミュージシャンになったりするから・・・

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

仲間内で、ライブミュージック始まっちゃう、粋なパーティーなのよ!

バルコニーには、ローランドさんお手製のおいしい料理が並んでて・・・

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


デザート、ドリンクもたくさん用意されてるんだけれど、

特に、このパンプキンカップケーキは、絶品だった!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


ローランドさんの息子さんの誕生日もかねて、Birthday-Jam!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


みんなで踊って、飲んで、おしゃべりして・・・

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


ハロウィンだし、おもちゃのガン(鉄砲)があったので・・・

こんな臭い芝居もして見ましたっ!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


そして、楽しいパーティーは、夜な夜な、翌朝の3時半まで、続きました!


帰宅した日曜日の早朝に、数時間の睡眠で・・・

午後からは、バンドリハ・・・汗


今週も、バンドPVのキャスティングオーティションでして、

2人の女の子が、オーティション受けに来てくれました。

面談の後は、水着撮影と・・・

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

ヌード撮影会もでして・・・

たいてい、トップレス撮影のみですが、

今回、2番目の女の子は、なんと、フルヌードで撮影会望んでもらえましたよ!


すごいね~。


さすがに、その写真は、載せられませんが・・・

(上記の写真は、1番目の子です。)

2番目の勇敢な彼女は、なんと、こんなオーティションのために、NY州都市のアルバニーから、はるばる4時間かけて、やってきてくれました!


たいていシティーの女の子たちって、ちょっとお高く留まってて、しかも、平気で当日キャンセルとかしてくるんだけれど・・・

アルバニーから来てくれた子は、そういったことは意気込みが違うから、

フルヌードの撮影も、果敢にやってくれましたよ。


彼女のボディーは、完璧ではないんだけれど、

そういった意気込みとか、高く評価させてもらって、90% 彼女に決定しそうです!


情熱って大事よね!

必ず、そういうのって、伝わるから!



オーティションの後は、来月7日に控えてる、ショーに向けての練習です!

5時まで、ガッツリと練習しまして・・


こりんごちゃんの日曜日は、まだ終わらないっ!


ブロクでの、「痛い女」呼ばわり騒動から、また日が浅いですが・・・

(*先週の水曜日に、ブラインドデートをした記事を書いて、とある読者様から、「40近くの女が、オンラインでブラインドデートなんて、痛いだけです。」とコメントいただきました。)


オンラインデーティングって、もう定番かと思ってたんですが、まだ見下す人もいるんですね~。

日本や、他の州では、わかりませんが・・・


ニューヨーカーは、いつでも 仕事やキャリアップ、趣味などに忙しく、恋愛してるヒマが無かったりするんです。

こりんごちゃんの、今週の週末見ただけだって、新しい人に出会えるチャンスや、恋愛につぎ込む時間がないこと、お分かりですね?

だって、寝る時間だってないんだから・・・汗

だからこそ、ここNYでは、オンラインでの出会いは、ものすごく普及してるのです。


ところが、どういうわけか、オンラインでの出会いに、マイナスイメージをいまだに持った人たちがいるようで・・・

今の時代、買い物だって、支払いだって、預金だって、なんだってオンラインの時代なのに、

このハイテク時代に、オンラインでの出会いを、恥らうべき行為くらいに思ってる時代錯誤な人もまだいて・・・。


オンラインでの出会いだって、道端で出会ったり、職場でであったり、趣味を通しで出会うのと一緒の、出会いのキッカケなのに・・・

どういう形で出会おうと、そのカッカケが無かったら、始まるものも、始まらないからっ!


バリバリ社交的な こりんごちゃんですが、職場、ダンス、バンドと、行動範囲が限定され始めてて、新しい人との出会いって、なかなか無かったのよ。

だからって、また新しい趣味を持つとか、職場を変えるとか、そう簡単には出来ないからね。


という事で、こんな こりんごちゃんを、痛い女と思う人がいても、構いませんよ。

で、実は、またオンラインで知り合った人と、今夜ブラインドデートして来ましたっ!


今回は、ウイリアムスバーグに住む7つ年上の男性。

また、ちょっと年上なので、前回のトラウマがアタマを過ぎるが・・・

メールのやり取りが、いかにもウイリアムスバーグBoyって感じの、ニートな感じで、

グラフィックデザイナーで、現在、マスターDegree 取得ために、FIT (Fashion Institute Of Technology) に通ってるんだって。

趣味は、音楽で、ギター弾くらしい。

いかにも、ウイリアムスバーグBoy でしょ?

アタシの私生活で、こういうタイプの人と出会うことってないから、オンラインさまさまで、ウイリアムスバーグBoy に会って見る事にしたのよ。


バンド練習が、5時に終わって、7時に彼とウイリアムスバーグで待ち合わせた。


「君、こりんごちゃん?」

って、爽やかな好青年が超えかけてきましたよ!


いかにも過ぎるくらい、ウイリアムスバーグBoyだったっ!

(NYに住んでいない人は、ちょっと分かりづらい説明よね・・・、ゴメン!)


タイトなダッフルコートに、タイトジーンズ、こじゃれたカジュアルシューズはいてて、

いつも、ダボ着いたジーンズか、ハーフパンツで、黒のTシャツのメタルGuysや、腰履きのブラック&ヒスパニンックGuys とは、真っ向から対抗する!


その彼、いかにも、アーティスト系の風に包まれてて・・・

笑顔が、爽やか過ぎるっ!

しかも、見るからにニートな感じなので、40代半ば過ぎのはずなのに、10歳は若く見えた。


連れて行かれたカフェも、いちいちコジャレたウイリアムスバーグのカフェだった・・・。


あまり、ウイリアムスバーグBoys たちとの接点がない こりんごちゃん、大丈夫かしらと思っていたけれど・・・

意外や意外! 会話も楽しく弾みまして・・・


あまりに、こざっぱりしてたので、よくよく彼の顔を見れなかったんだけれど・・・

よく見てみたら、やっぱり、そこそこの年齢は感じなくもないが、

あら、この子も(年上だけど)青いお眼目で、それだけで、余計にインテリジェンスに見せてしまうよね。


ガサツな こりんごちゃんだから、あんまり こざっぱりとした人はダメかなって思ったんだけれど、

随分 長い間おしゃべりが弾んで、お互い、だいぶ打ち解けられたのよ。


数年前にブレイクした、こりんごちゃんがお熱を上げたバンドのこと熱弁してたら・・・


えっ・・・?


突然、彼、キスしてきた・・・。


「I;m sorry, I hope it's OK...」

って、はにかんで、反省と心遣い込めて言う彼。

こういう反則も、ウイリアムスBoy は、上手にスマート出来てしまうんだね。


シチュエーションが、シチュエーションだったんで、

そのキスも、すごく爽やかな、いやらしさのカケラもない素敵なものだったから、

全然、That's OK で、I;m fine. なワケで、もう少し Deep にも受け入れた。

ちょっとやり過ぎたかなとも、思ったが・・・


初日に、意気投合したから、Kiss までは、OKなのか、どうなのかは、人それぞれで、(また批判されるかなぁ?)


ただ、セックスコラムニストのこりんごちゃん、

こちらの、Hot Pink さんで、コラムかいてます。



ここで、キスの効果っていう記事も書いたことあって、

こちら、ライターこりんごの記事 ⇒ (キスの隠れた効能

毎日キスしてるカップルは、しないカップルより5年長生き出来るんだって。

キスは、健康にもいいんだって・・・。


だから、いいんじゃないかと・・・。


出会って、手も握りたくないって思う人がいるように、キスしたいと思える人がいる方がいいよね。


ただ、やっぱり、ちょっとシチュエーションにやられた感があったので、

今週からは、ダンスキャンプでまたノースカロライナに飛ぶし、しばらく間を空けて、ちょっと様子見てみます。



つうことで・・・

ハロウィン Weekend でしたけれど、

メタルバンドのコンサートから始まって、友達のハウスダンスパーティー、バンドのモデルヌードオーディション、そして、ウイリアムスバーグBoyとのキスで終わった、全然ハロウィンかぶってない週末は幕を下ろしました!


今週の木曜日、ハロウィン当日に、NYを後にして、ノースカロライナに飛びますっ!


Happy Halloween!ハロウィン





ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)


街を行きかう人のコスチューム姿を見て思い出した・・・

今週末は、ハロウィンウイークエンドだと・・・。ハロウィン



今年のハロウィンは、木曜日なので、ハロウィンパーティーは、ちょっと早く、この週末に行われることが多い。

ただ、こりんごちゃん、あんまりに忙しくて・・・

しかも、ハロウィン当日は、またダンスキャンプに出かけるので、今年は完全に、NYハロウィンをミスる事になる。


ですが、こりんごちゃんのハロウィンウイークエンドは、それでもインテンスよっ!


「痛い女 発言」では、いろいろと、コメントありがとうございました!

時間を見て、コメント返し出来るように勤めますね。



では、こりんごちゃんのハロウィンウイークエンド Without Halloween をブロくるわっ!


ハロウィンウイークエンドの金曜日。


NYCの世知辛さに落胆し、

ブレたアメリカンドリームに背中を押されたフライデーだった。


その金曜日。

こりんごは、神に会い、崇拝していたっ!


黒装束の熱狂信者たちに混ざって、とうとう、こりんごも宗教団体に血迷ったか?


アタシは、完全なる、「迷える子羊」 Lamb of God!


アタシの神が、直ぐそこまで、下りてきてくださったっ!!!!


自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

Lamb of God のドラマー、Chris Adler!


突然変異で、メタルバンドのメタルドラマーになってしまった こりんごちゃんなので、

全くメタルのこと知らないんですが・・・汗

この Lamb of God を手本に、頑張ってメタルバンドで活動してきました。


だけれども、最近は、アメリカンドリームをチェイスするには、もう大人になり過ぎて・・・

それこそ・・・、


「40近くの女が、いまだにメタルバンドで活動中なんて、痛いだけです!」


ってコメントされそうですが・・・


7年前に、ウチのギタリスト、プチメタルと出会ってしまってから・・・

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

全く知らないメタルの世界で、コイツと苦楽を共にしてきて・・・


ここだけでは語りきれない、苦楽よりも、苦の方が多い活動の中、


大人になった こりんごちゃんは、音楽で一旗上げることが、どれだけ大変か、

そして、ここNYで、アンダーグラウンドのメタルバンドを成功に導くことが、万に一つの可能性すら危ういことも悟ってるから・・・

この先の人生を考えれば、ドラムを叩いてる場合じゃないんだけれど・・・

人生の身の振り方を、考え始めてる お年頃なのに・・・(遅くねぇか?)


今でも真剣に夢を追い続ける、我がブラザーを置き去りにして、バンド脱退もできず・・・。


ダンスという新しい趣味に没頭させて、このメタルバンドプロジェクトのダークサイドな部分を忘れるために、

毎日、踊りまくって心身を中和させてる状態で・・・。


もともと、ハッピーパーソンな こりんごちゃんなので、メタルという、メンリー(男気)なダークな世界では、浮いた存在だった。


酒、タバコ、SEX、ドラック・・・

一般的なメタルと呼ばれる 野郎の世界で・・・、

特にイキッてる若い子は、未来を見ずに、その場を楽しむだけで、ロックスター気取りの子が多くて、

アタシは、そういうのに疲れきってしまって・・・

これは、ジェネレーションギャップなのか、単に、性格の問題なのかと・・・?


先日、「痛い女」と、コメントしてくださった、まいさんが、

オンラインなんかよりも、バンドの知り合いから、男を捜せばと、コメントいただきましたけれど、

分かってもらえますかねぇ?


今じゃ、ほとんど、メタルGuys とは、ハングアウトしなくなった・・・。


ただ、誤解してほしくないのは、メタルが好きでも、ちゃんと未来を考えられる大人はたくさんいるんです。

ドクターとか、弁護士とか、バンカーとか・・・、

そういう人たちは、人生の成功を収めていて、メタルを楽しんでいるけれど、

一番厄介なのは、こりんごちゃんちみたいに、いまだにメタルで一旗上げるぞってイキッテル、若い子たちなんです。(こりんご若くないけれど・・・汗

音楽に没頭して、アメリカンドリームを追うために・・・

それでも、普段の生活もしなくちゃだから、バスボーイ(皿洗い)とか、ウエイトレスとか・・・

しかも、ニューヨークは、物価が高く、その上、楽しい誘惑がいっぱいだから、

ロックスター気取りたいだけ気取って、辛いバンド活動なんか、やってられねぇって、若い子も多くてね・・・


かつて、ウチのバンドに加入してはやめていった若い子たちは、そんなんで、バンドのお金が払えず、やめてった子たち多いです。


ウチのプチメタルは、アカウンタント(会計士)で、こりんごちゃんは、医療系で、しかもそこそこ年齢行ってるから・・・

まだまだ、なんとかやってけるんですが・・・


あっ、ちょっと話ズレましたね。

神に会った話をするはずだったのに・・・


という事で、こりんごちゃんにとっては、本当に久々のメタルコンサートだったんです!

こういう状況にもまれてたんで、もう、メタルコンサートとか、ひとりで平気で行けるようになっちゃったね・・・。

だいたい、メタルコンサートに一緒に行ける友達いないんだけれどさ・・・。


ウチのプチメタルは、ガールフレンド連れてったみたいだけれど、

一緒に彼らと行ったら、「おしっこ」行きたいとか、「ビール飲みたい!」とか言われたら、めんどくさいじゃん?


もう、神に会いたいだけだから、サクサクっと、一人で行ってきたよ!


CAのバンドと、テスタメントも、前座でプレイしてたけれど、アタシの目当ては、Lamb of God だから・・・

ウザイ野郎どもにもまれて疲れるよりも、

サブヘッドライナーな、Kill Switch Engages が始まる頃に、悠々と会場に出向いた。





ここ、Roseland Ballroom で、行われたんだけれど・・・

ここは、NYCでは、マジソンスクエアーの次くらいに大きなメジャーコンサートホールで、

しかも、1919年からのヒストリカルプレイスでもあるのよ。


当時、20’s の頃は、Ballroom のダンス社交場でもあって、ダンスとポップミュージックで、時代と共にニューヨーカーのアミューズを支えてくれた。

ローリングストーンズや、マドンナ、レッドホットチリペッパーズ、ニルバーナも、ここでプレイしたことがある、

まさに95年間もの歴史をもつ、この会場。


な、な、なんと、Breaking News で、来年の4月に閉鎖されますっ!

これ、かなりショッキング!


また、有名な 会場がクローズかよって、正直な思いだけれど・・・


こうやって、どんどん歴史が消されてゆく・・・


多分ね、高騰したNYCの物価のせいだと思うんだけれど・・・、

会場をクローズさせなきゃいけない理由って、推測するところ、そんなところよね。


マンハッタンの土地って、今クレイジーなほど、桁はずれだから・・・

これは、また後で、ゆっくりブロクしたいけれど・・・


寂しいよね・・・。

せめて、ウチのバンドが日の目を見るまで、待ってて欲しかった。

って、そしたら、一生、閉鎖出来ないって話?


ともあれ、変わり行くNYC・・・

本当に、それでいいのかな?

NYCは、どの方向に行ってしまうのだろうと・・・


そんな会場に着きまして・・・

もしかしたら、これが最後のローズランドのコンサートになるかもしれないと・・・

確実に、Lamb of God をここで見るのは、最後です。

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


8時過ぎに会場に到着して、この人だかり・・・

Killswitch Engaged が 演奏を始めた。


次の Lamb of God が始まるまでに、この人ごみを掻き分けて、ステージ前まで前進しなくてはっ!


この熱気っ! METAL!!!!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


ちなみに、日本って、会場での撮影って禁止されてた思うけれど、アメリカはOKなのよ!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

みんな、スマートフォンで、バシバシ撮影&録画すらしてたよ。


自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

やっと、バンドの暗幕が見えるくらいまで前進して来ましたっ!


よっしゃ、かなり近いぜっ!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


Killswitch も、なかなか良かった!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

でも、前回3~4年前に見たときと、フロントマンが違う気がするけれど・・・

このバンドも、シンガー結構、変わってたよね。


ついに、ここまで来ましたっ!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


このバンドは、メロディックで、スクリームだけじゃなくて、クリーンシンギングもあるから、女の子でも聞きやすくて、キャッチーなので、そういうところで売れやすい傾向があるよね。


押し合いへし合いで、既に、ギュウギュウ状態ですけれど・・・


さぁ、ついに、神の登場ですっ!!!


Lamb of God!!!  Oh My God!!!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

後光が差しすぎてて、クリスが見えないっ!


彼らの登場に、会場は、一気にヒートアップ!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


METAL、METAL で、もうキュウギュウ!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


ステージ中央前は、巨大なモッシュピット(観客が興奮で暴れまくるスポット)が出現!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


ほら、人が中を舞うからっ!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


人が飛んで、渦に巻かれて・・・

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


メタルバンドのショーは結構危険よ!


でも、アタシ、負けないわっ!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

足踏まれても、腹にエルボー食らっても、前の男の背中に、小さい乳、押し付けざるをえなくても・・・汗


ボーカルのランディーは、いつでもパワフルパフォーマンス!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


リズムギターのウィリー(クリスの弟)と、リードギターのマーク!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


ベースのジョン!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


そして、こりんごちゃんの神、クリスっ!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


アタシ、日本のジャニーズ嵐のメンバー誰が誰だかわからないのにね・・・。汗


彼らのコンサート、しばし写真でどうぞ!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


やっぱね、メジャーバンドは、格が違うわ・・・

いつでも、コンサートにくると考えさせられる。


メジャーバンドと、ローカルバンドの違いを・・・。

彼らがメジャーになれる違いを・・・。


テクニックや楽曲のよさは、あって当たり前で・・・

この、個性というか、パフォーマンスも必要。


ステージと、観客の間には、セキュリティーを隔てて、少し距離がある。

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


その距離は、ほんの2~3メートルなんだけれど・・・

ミュージシャンとしてのその距離は、一万光年くらい彼らと離れてて・・・


この何千人もの観客を、一夜に満足させてくれるパワー。

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


脱帽してしまった・・・


しかも、彼らは、メタルバンドにしてはとても謙虚で・・・


見える?

アタシの神、手を合わせて、アタシたち観客に、お辞儀してた!


自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


久々に感化されたコンサートだった・・・。


とっても、彼らのようにはなれないんだけれど・・・


そこには、諦めじゃなくて、なにか、頑張れって背中を押されたような気もした。


もう少し、頑張ってみようかな、バンドのこと・・・。


Party is over!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


コンサートは終了して・・・

こりんごちゃんの、Roseland も、幕を下ろした。



じゃ、これから、バンド練習行ってきます。

ビデオのキャスティングオーディションだって、

女優の女の子たち、ちゃんと来るかな?

3時からのベーシストオーティションは、キャンセルだって・・・

頑張ろうと思ってるのに、出鼻くじかれたよね・・・。


でも、ポジティブに、行こう!







ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「40近くの女がオンラインでブラインドデートなんて痛いだけです。」


って、コメントいただいた こりんごちゃんです・・・汗


年齢制限、多いな日本人。


USニュースで、オンラインデーティング利用者、5年で3倍って記事、昨日読んだばかりなのに・・・

正直、凹んだわ、そのコメントに・・・


しょうがない、アタシ、痛い女貫くわっ!


何を持って、痛い女の称号いただいてるのか、分からないけれど・・・

(あ、年齢か・・・、加齢は、全人類の定めなんだけどね。)


華麗に、加齢していきたいわっ!


今夜は、こりんごちゃん、唯一好きなメタルバンド、Lamb of God のコンサート!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


彼らも、40代のバンドだけれど、30代にして成功収めたバンドだからね。

あやかって、感化されてくるわ!



これからも、痛い女こりんごの 応援、ヨロシクね!





ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:


彼は、アタシの自爆装置を作動させてしまった・・・。


ニューヨークは、特殊な街だから・・・。



夕べ、またブラインドデートに行ってきたよ。

あれ、こりんごちゃん、ちょっと前まで、かわいい男の子と、パンプキンピッキングになんか行ってなかったけ?

行ってた、行ってた、(過去記事、秘密のサプライズデート

なかなか、素敵なデートをしてくれた彼だったんだけれど、

彼は、やっぱり小柄で・・・、

つまり、こりんごちゃんは、彼にとっては大柄ってことでもあって・・・


えっ、フィーリングさえ合えば、見た目なんて関係ないんじゃない? って思うよね。

確かにね。

で、2度目のデートがあんまり楽しかったから、彼でもいいかなぁって、ちょっと思ったりもした。

彼は、しつこくない所がまた良くて・・・

でも、押せば返すけれど、押さなければ返さない彼だった・・・。

もう少し、しつこくしてくれてもよかったのにな、とも思うんだけれど、

お互いに、体系のコンプレックスもあったから、どちらからもそこまで押そうとしなかった。

彼から、週末のデートのお誘いがあって、OKしたんだけれど、

そのデートの前日に、彼からコンファームの連絡が無かったから、そのまま放置した。

そして、フェイドアウトした。


なんだか、ちょっと残念と思う自分と、これでよかったと思う自分がいて複雑だった。


幸いなのは、また3回しか会ってなかったので、Move on するのは容易だった。



で、夕べ、別の人と会ったわけだが・・・

これが、とんでもない落とし穴に落とされた。


48歳の彼は、少し年、行き過ぎてるかなぁと、

しかも、プロファイルの写真に、彼の腹 割れたマッチョ体系の写真を載せていた時点で、アウトだったんだけれど、

サーフィン、スキーと、アウトドアー系の男で、

かつては、ボディーボーダーで、モーグラーだったこりんごちゃんなので、こういったお付き合いもいいかと思って、会うことにした。


リンカーンセンターのアトリウムに7時、と指定されて・・・

少し遅れて、到着したこりんごだが、なかなか彼が見当たらない。


彼から、TEXTで、

「君、さっき僕の前を通り過ぎたよ!」


で、別の入り口に行ってしまったみたい。


彼は、どうやら、こりんごのことを把握しているようだが・・・

アトリウムでは、NYフィルハーモニーのトーク会みたいなイベントがたまたまやってて、たくさんの人がいて、混乱してる。


「東のドアーの前にいるよ。

君の席を確保してあるから、早く着て!」


というから、慌ててそのドアまで行き、ドアに立っている人に聞いてみた。

「貴方、ミスター〇〇ですか?

「いえ、違います。」


すると、後ろから、


「ちょっと、君、Why? 僕の前を2回も通り過ぎるなんて・・・。」

当人に呼び止められた。

「あぁ、貴方ですか?」



あぁ、スゴイ老けてる、しかも、身長もまたサバ読まれてて、こりんごと同じか、少し低めだった。

また、このパターンか・・・


ただ、筋肉質な男だったので、そこまで小さくは感じないが、

48歳にもなると、ここまで老けてしまうのかと、ガッカリしていた。


しかも、初対面のときくらい、オシャレに気を使ってくれたらいいと思うほど、髪はボサボサ、ヨレヨレのトレーナーに、貧祖なジャケットを着ていた。

こんなガサツなこりんごちゃんだって、ちゃんと化粧して、買ったばかりのコートで、秋をクールに装っての登場だったのに、

こんな人のために、おしゃれしてきた自分にもガッカリしてしまった。


この時点で、もう次はないな、と思っていた。

どうやってお断りしようか、とっさにアタマで考え始めてもいた。


とりあえず、おしゃべりくらいはしなくちゃね。


彼の方から、根掘り葉掘りと、こりんごのことを聞いてくる。

つまらない質問ばかりだ。

もう、この関係に期待もしていないので、リラックスしてジョークまで交えて答えられる始末。


人生の話にもなって・・・

お互い、自分お仕事に満足してないという事で・・・



「仕事はもうしたくない!」


「じゃ、何がしたいの?」

「南の島で、毎日サーフィンして、誰にも束縛されず、自分の帝国で暮らしたい。」

「じゃ、その生活を手に入れるために、何か努力してる?」

「え~っと・・・・。」


夢物語を語られても、そのために動かなきゃ、それはやっぱり一生、夢物語だと・・・

本人には言わなかったが・・・


「君は、どんな人を探しているんだい?」


「別に、誰かに依存したいわけじゃないんだけれど、人間だから、しかもこの街、めっちゃインテンスなんで、時々、誰かと一緒に差さえあって、同じ時間を共有出来るライフパートナーとかベストかもな・・・

別に、結婚とかにこだわってるわけじゃないんだけれど・・・。」

「I agree with you!」


あら、いやだ、共感されても困るわ・・・。


「俺は、もう若くもないから、昔みたいに、彼女のために全てを費やせない。

自分のやりたいこともやって、相手も彼女の好きなことをやってもらって、時々、一緒にご飯食べたり、Make Love 出来るような人を探してる。」


アタシは、Make Love 貴方とは、出来ないけれど・・・。


「俺のEX(元カノ)は、ジャパニーズだったんだ。

だから、俺は、日本人の女の子との付き合い方は良く分かってる。」

「あ、アタシ、もう日本人マインドじゃないから・・・

NYに10年以上住んじゃうと、やっぱりもう、日本人の感覚とはズレが出てくるものよ。

まして、日本じゃ、この年までシングルだと、精神的におかしいと思われてるだろうし・・・。」


「日本は、25歳過ぎたら、もう女の価値は無いんだって?」

「らしいわね・・・。

でも、アメリカでも、そろそろヤバイかしら?」


「他の州だったら、そういうところもあるけれど、

ニューヨークは、全く別だよ!まだまだ全然いけるっ!

たいてい、ニューヨークの40くらいの女の人って、仕事や好きなこと存分にやりすぎて、気がついたらもうこんな年で、子供生まなくちゃって焦って、ろくでもない男と、こういうオンラインで出会って、腹んじゃうケース多いんだよね。

でも、君は、バンドやってたり、ダンスやってたり、自分のパッションを持っていて・・・」


「ちょっと待って、その話、興味深いわっ!

その子供を産みたがる女たちは、結局、しょうもない男とオンラインで慌てて子供作ってって言ってるけれど、

子供をシングルマザーとして持てるって事は、その女性たちは、かなり仕事のステイタスもあって、稼ぐってことよね、出なければ、出産して、子供をひとりで育てるなんて、このNYじゃ、無理だもの!」


「そうだね、男が一緒だとしたって、大変だと思うよ。

俺は、自分のやりたいことがあるから・・・。」

「貴方のことはどうでもいいわ、彼女らは、はなから、男に頼ろうと思ってたとも思わないから、

ただ、そこまでの女性たちが、本当に慌てたとしても、こんなサイトで出会った男の子供なんか生むかしら?

精子バンクだってあるのに・・・。」



「えっ、君、子供欲しいの?」


「子供は欲しくないし、妊婦になる Ready も出来てない。」

「うん、君には、やりたいことがたくさんあるもんね。」



「でも、女だから、そういう葛藤にぶち当たるのは当然で、

私も、今、貴方が話してた、女の人たちの One of them 一人だわ!

だけど、言っときますけれど、アタシは、そこまでバカじゃないから、こんなオンラインサイトで出会ったような男の子供を腹むつもりは、一切ございません!」

つい、感情がこもってしまったっ・・・


なんとなく、心が傷ついているような感覚が分かった。

そして、そうやって、この男に必死に抗議している自分にも、なんだかショックだった・・・


この男とは、ケミストリーどころか、全然タイプでも、なんでもないんだけれど、

この男が、若い子と (こりんごちゃんは、コイツにとっては、まだ若い子になる。)楽しく趣味やSEXを楽しめる相手を探していて、

こりんご、お前でもいいけれど、お前くらいの年の女は、妊娠のラストチャンスにすがることがあるから、そこのところ Make sure (確認)しておきたい、

と、言われたような気がしたのだ。


妊娠に関しては、友達の選りすぐりの種まで、既に調達して計画を立てていたりもしていたから、

こんな見ず知らずの男に、そんなこと言われてることにショックだったのと、

もう、男から、そういう目で見られることもあるんだと実感したのと、

ただでさえセンシティブなサブジェクトだったので、もう、呆然としてしまった・・・


そこから、彼の話など、耳に届かず・・・


「Are you OK?」

と、何度も聞かれていた。

「次、どこかに移る?

君、家どこだっけ?」



「あ、アタシ、ブルックリン。 貴方は?

「アッパーウエストサイド、125th st 辺りだよ。」

「じゃ、アップタウン行きの 1番線ね、アタシはダウンタウン行きだから、液まで一緒に行きましょう。」


コイツと、この後、どこかに行くつもりはサラサラなかった。


彼も、こりんごちゃんの異変をガンガンに悟っていたから、すんなり返してくれた。


コーヒー一杯も飲みもしない、ブラインドデートに終わった。


この男と別れた後、電車には乗らず、しばらく呆然としていた・・・

ゆっくりと、リンカーンセンターを歩いて・・・

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


みて、この悲痛な顔!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


そしたら、あの男から、TEXTが送られてきた・・・


「Don't worry,  Maybe you are a little lonely.」



確かに、ロンリーだけれども、

貴方に、言われたくないと、思ってしまった・・・


返信などは、無論返さない。


すると・・・


「Are you OK?

You seemed kinda down, hope you are OK.」


正直、ダメージは大きく食らっていたが、貴方に心配されるたくないとも思った。


すると、しつこく・・・


「I'm sorry I wasn't interested in sleeping with you or dating you.

But you looked like you need a friend. I am here, if you do :)」


このメッセージには、完全にカチンと来たっ!

誰が、お前と寝たいだなって思うかよっ!

しかも、Dating you. って With いらねぇのかよっ!


アタシ、友達たくさんいるから、必要ねぇしっ!



さすがにカチン来たので、「結構ですっ!むかっ」って返信しようと思ったが、

こんな人に、そんなことすることすら時間とエナジーの無駄だと、

放置した。


しかし、精神的ダメージは癒えなくて・・・


思わず、メイビー君に、TEXTしてみた、


「今、近所にいるから、飲みに行こうっ!」


「こりんごちゃん、もっと早くさそってよ、急すぎて、今夜はもう出れないよ・・・。」


そっか・・・


あ、ウチのギタリストが電話してって言ってたの忘れてたから直ぐ電話した。

いつもは、バンドのグチを聞かされると、うんざりするのだが、

その日は、テキパキと、プチメタルの悩みに答え、指示とアドバイスを出して、彼を落ち着かせすらした。


冷静な自分を取り戻したかった・・・


しばらく、またリンカーンセンターを歩いて・・・


自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

冷静の泉 に続く道を見つけたかのように・・・


そして、そこには、感情が噴出していて・・・

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


どこに言っても、男と女だと・・・



やっと少し落ち着いて・・・

踊りに出かけた。


踊っていると、忘れられる。

いやなことも、全て、浄化できそう。


十分踊って家に帰る途中。


その日のエンパイヤーは、まっさらな White 白だった!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


全て、白紙に戻して・・・


こりんごちゃん、大丈夫よ!


ちょっとメゲちゃうけれど、

夕べあったことも、傷ついたとはいえ、感情を客観的に見れるいいチャンスだった。

実際に、あの男に会わなかったら、こういった感情の揺れもなく、自分を把握しきれない。

あの男に会ったからこそ、あの人は、違ったと分かったことだし、

傷つくことを恐れていたら、前進も出来ないからね。


という事で、今週の日曜日は、別の男とまたブラインドデートです。

どんなドラマが生まれるかな・・・? (爆)








ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク




いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:


ミステリアスJapan ・・・


アメリカ人の友達が・・・、


「Why did you move here?

こりんご、なんで、アメリカ来ちゃったの?」



って、Facebook にリンクしてくれたんだけれど、


27 Reasons We should All Be Moving to Japan

みんな、日本に移住するべき27の理由。


これ、ビックリすると共に、アメリカ人には、こういう日本に興味津々なんどと、

面白おかしく、読ませてもらいましたよ。


特に、友達が驚いていたのは・・・、

「こりんご、このドリトス、どういう意味で、どんな味なの?!」


Such strangely wonderful Doritos.


えっと・・・汗

こりんごちゃんも、はじめて見ましたよ・・・。


ブラックペッパー&ソルトって書いてあるけれど、


一応、アタシも日本人だから、ニュアンス的には、わかる・・・?

電気アンマのように、刺激的で、しょっぱい? みたいな・・・?



しかし・・・、

これは、まずいっしょっ!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

大爆笑でしたけれど、なんで、そういうセールにしちゃったのかなぁ?

一発かましてやろかセールみたいなノリなのかなぁ・・・?

そりゃ、アメリカ人、ビックリこくわっ!



アメリカ人目線での、日本に移住すべき、27の理由 、ぜひ読んで見てね。






ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


高っ!!!!

あんた、そんなに値が張るんだっけ・・・?



日系のスーパーには、高いので、あまり行かないんだけれど・・・

醤油が切れる3~4ヶ月に一度ほど、醤油調達に出向く。

(醤油だけは、普通のスーパーより、ちょっと安いから。)


今日、無性に焼きそばが食べたくなって・・・

じゃ、醤油調達ついでに、ソースも買いに行こう!


げっ!!!!



たかが、ソース・・・



$4.99



だってよっ!!!


ただのソースが、5ドルもするなんてっ!

棚から手にしたソースを、思わず戻しちゃったよ!


そうだった、そうだった・・・、

前回、日系スーパーに来たときも、ソースを手にして、その値段に驚き、棚に戻して買わなかったっけな・・・。

今回も、ソースは諦めて、納豆でも買って帰ろうかな?

納豆も、日本に比べたら、倍近くするのよっ!

3連納豆パックが、日本じゃ100円弱くらいでしょ?

こっちだと、2ドル50セント位するからね。


でも、ちょうどセールで、$1.99だったから、醤油と、納豆2パック買ったんだけれど・・・


あっ、この店、クレジットカード支払いは、10ドルミニマム!

アタシの合計金額は、8ドル弱だから・・・

現金で払えばいいんだけれど、

あと2ドル買えば、カードが切れるから、


もうぉ~、思い切って、ソースも買うわっ!


で、5ドルのソース(クドイ!)、お買い上げっ!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


食べたかった焼きそばも、無事作れたよ!


自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


あ、驚いちゃった、この焼きソバに?


そうなの、麺は、スパゲッティーであるっ!


3食 焼きソバ麺とか、買えばいいんだけれど、これも3ドル位して、しかも3回作れば終わりでしょ?

でも、パスタで作れば、ソースが切れるまで、何度も焼きそば食べれるからね。

(異国生活の知恵ね。)


ちょっとフェイク焼きソバだけれども、焼きソバ、十分 堪能したわよっ!



お金さえ出せば、何で手に入る街だけど・・・

プライスタグ見ずに、何でも帰るくらいの人になりたいわぁ・・・




ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


Nobody knows in the future!


未来は、誰もわからない!


だけど、NYC、ちゃんと、シティー計画立ててるのか・・・?

土壇場になって、そんな・・・。



2年前の2011年、アタシは、Sex and The City ツアーのガイドも時々やってたのよ。



サービス精神旺盛の こりんごちゃんだったんで、SATC 以外にも、NYCの情報とか、日本から来てくれてたツーリストの皆さんに、お話してたのね。

当時のニュースとしては、

「みなさん、今、街を走っている NYC名物のイエローキャブですが、

なんと、日産が、独占供給権を取得しました~!

2年後の2013年くらいまでには、全て日産車に切り替わるんですよ。

日本車が、マンハッタンをブイブイ言わせますぜっ!」


なんて、話していたことがあった。


そして、時は、あっという間に2年が過ぎ・・・


街には、日産社のイエローキャブが・・・

こちらのモデル 「NV200」 で・・・



ブイブイ走る予定でしたが・・・


予定は未定。


なんと、NY州の最高裁判所が10月8日に、ニューヨーク市がタクシー会社に対して日産の「NV200」を独占的に導入させる権限はない、との判決を下したのよっ!


あらま・・・

アタシ、2年前に、日本からの観光客の皆様に、2年後には、日産車ですぜっ!

って、言っちゃってたのにね~。


これは、仕方ないよね。



そして、イエローキャブと共に、ニューヨーカーの足になりつつあるのが、

こちら、今年の5月から導入された、Citi Bike!

Citi Bike station


ですが、あの天下のプラザホテルが、シティーバイクと、NYCを訴えました!




理由は・・・

プラザホテルの前に設置された、シティーバイクの自転車ドックが、外観を損ねると・・・


自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


なんで、設置される前に、話し合わなかったのか?


未来のことは、分からないけれど・・・

そのくらいは、察知できなかったのかなぁ・・・。



あぁ、ニューヨーク、ニューヨーク・・・。




ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、んますっ!

↓↓↓↓


ジモモ ニューヨーク



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。