自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

華やかな理想的街で、庶民的な現実生活を Enjoy する方法! 好奇心と向上心だけで生きる。合言葉は、「やったモン勝ち!」 仕事、恋愛、アメリカンドリーム、日々のつれづれ語ってます。


テーマ:


母上!

アタシを生んでくださって、そして育ててくださって、本当にありがとうございます!


「アンタ、どうかしたのか!?アセアセあせる


そんな仰々しいメールを受け取った こりんごママ、慌てて電話してきた。

NY生活に疲れきり、書き置きでもして、遠い世界にでも行ってしまうんじゃなかろうかと・・・?


実は・・・

こりんごちゃん、また人生勉強しまして・・・、

全世界のお母様たちをリスペクトいたします!


はぁ・・・?

良いことですけど、また何で?


結婚適齢期も、出産適齢期も、ちょっと過ぎてしまった こりんごちゃん。

それでも、人生、なんでも興味津々で、やってみたがり屋なので、

せっかく子宮を持っているから、一度は使ってみたいぞと、出産願望はあった。

(そんな理由で、出産しないでください・・・汗


新しい男と出会うと・・・

”コイツの精子が欲しい!”

と、思えるか思えないかで、恋愛対象をジャッジする女でもありますから・・・


しかし、この年で、ロックスターになるという、デッカいキラキラアメリカンドリームキラキラ持っちゃったもんだから・・・汗



二頭追う者は、一頭も追えず・・・、みたいな・・・汗馬馬


しかし、その出産願望が、揺るぎ始めている・・・


出産するということは、誰かと結婚しなくてはならず・・・結婚。

(シングルマザーは、おイヤらしい・・・)

結婚するには、ステキな人と出会って、デートして、プロポーズさせねばならんのである。宝石紫キラキラ


そうこうしている間に、出産可能な時期を逃してしまう可能性も大で・・・(涙)


もう、子供は無理かもな・・・赤ちゃん

と、そんな矢先・・・


ご近所に住む、イタリア人のご主人と、日本人の奥様の箱入り娘ちゃん1歳を、世話してみないかと言う、ベビーシッターのチャンスが回ってきた!


こりゃ、やってみるべきでしょ?

こりんごちゃん、人生初の、お子様のお世話!

出来るのかよ?


箱入り娘のハコちゃんのママは、子育てに専念していたが、そろそろ仕事への復帰を考えており・・・

在宅でのお仕事だが、ハコちゃんがべったりなので、仕事にならないらしい。

そこで、ママが、家で仕事の間、遊んでくれる人が必要だから、経験は要らないと・・・、

パパとはイタリア語で、ママとは日本語で、しかしここはアメリカなので、英語が主になってしまうので、日本語環境を増やすため、お世話は、日本語でお願いしますと、日本人のこりんごちゃんが抜擢された。


さあ、ハコちゃんのお世話が始まった!


はじめは、ストレンジャーに、完全にビビってた ハコちゃんは、ママにべったりで・・・えっ!?

しかし、こりんごちゃん、ハコちゃんと精神年齢が一緒なのが、直ぐに馴染めた。ナカヨシ


オムツの取り変え方や、簡単な諸注意、家の説明等されて・・・

こりんごちゃんのミッションは、

遊ぶ
昼寝の寝かしつけ

これのみだが・・・


侮ってはいけない・・・

一緒に遊びながら、笑ってくれたかと思ったら、急に泣き出したりで・・・

ヨチヨチでも歩き回るので、予想外の行動を取り目が離せない。

3時ごろ、目をこすりだして、お昼寝のサインをキャッチして、ベットに寝かしつけるが・・・

眠いのに、はがんで泣き叫び、なかなか寝ない・・・汗


ウチのボーカリストよりも、激しくスクリーミング・・・ぎゃー

Photobucket


15分、あやして、カラダをさすりながらポンポンし奮闘し続け、やっと寝かしつける。


「こりんごちゃん、15分で寝かしつけたなんて、なかなかすごいですよ!」

ママが言う。


そうなのか?


ハコちゃんがお昼寝している間は、まるで別世界のような静けさで・・・

それは、嵐の前の静けさだった・・・


うぎゃぁぁぁぁぁぁぁ~~~~!!!


1時間後に、ハリケーン ハコは、戻ってきた・・・汗


こりんごお姉さまのこと、忘れちゃったのかい?ってくらい、ママから離れない・・・

それでも、何とか歩み寄り、切り札の おやつsei で和解。


その後も、本を見たり、ブロックや、おもちゃで遊び・・・


面白いことに気づいたんだけど・・・

ハコちゃんを抱っこして、横に揺れたり、昼寝の寝かしつけの時にポンポン体を叩いて、赤ちゃんに振動を与えると、どうやら、赤ちゃん、心地いいらしい。


昔、学校で、そんなこと習ったな・・・

赤ちゃんは、母のお腹の時は、羊水に包まれ、母の振動をキャッチし、とか何とか・・・


人間って、音とか、振動とか、生まれもって感じてるから、音楽とかダンスとか好きなのかも!

アタシ、まさに、音楽とダンスにハマってて、生まれもってなんジャン!


なんてね・・・


こりんごちゃんの現メタル生活にドクロ、全くかかわりのない赤ちゃんに触れまして・・・赤ちゃん哺乳瓶

いい経験、させていただきました!


「じゃ、こりんごお姉ちゃまが、帰りますよ~。

お姉ちゃまに、バイバイね。」


「ハコちゃん、バイバイね~。」


すると、ハコちゃん、キョトンとして、ちょっと、こりんごちゃんが帰ること、ためらってくれている。

うれしいねぇ~。(´v`)


「こりんごちゃん、お疲れ様でした!

じゃ、また来週も!」


えっ、来週も・・・、ですか・・・?汗


あはは・・・汗


たった4時間、ハコちゃんと遊んでただけですが・・・

ハコちゃんに、全てのエネルギーを吸い取られてしまったかのようで、かなり疲労してて・・・ハァハァ


育児している、お母様たちって、スゲーよっ!

こんなの、絶対に自分のことは犠牲で、子供に全てをささげなきゃ出来ないことだ!


だから、自分のことやりたかったら、誰かの助けが必要なわけで・・・

アメリカは、そんな女性が多いから、ベビーシッターの普及率が高いわけだけど・・・

(かぎっ子なんて、違法ですからっ!)


ともあれ、こりんごちゃんは、まだ我が人生を、ベイビーにささげる準備は出来てないから・・・

もう、出産は、あきらめるかって、思った。

(あの、先に結婚が・・・汗


それと同時に、こりんごを生んでくれて、あきらめずに育ててくれたママに感謝した!


こりんごママは、スゲー、タフなのよ!

あの当時にしてはめずらしく、シングルマザーで、ウチは金持ちではなかったから、仕事も家事も子育ても、一人でこなしてた こりんごママ・・・

それが、冒頭のメールを書かせた原因なんだけど・・・

そんな、堅苦しいメールに心配した こりんごままが、電話してきてくれたので・・・


「母上、どうやって、ひとりで子育てしたのよ!?

アタシは、無理だわ・・・、孫はあきらめてもらうかも。」


親として、当たり前のことしただけだから。」


サラッと言いのけた こりんごママ、スゲーカッコイイと思った。


「自分の子だったら、出来るもんだよ。

アンタも親になったら、わかるよ。」


や、やべぇ・・・汗

親になる自覚も、親になるためのパートナーもいないし・・・



この先、結婚もせづ、子供も持たず、ロックスターにもなれなかったら、こりんごちゃんの人生って・・・?汗


いや、だけど、自分で言うのもなんですが・・・

我が人生、謳歌させてもらって・・・、

好きなニューヨークに住んで
夢を追って、ドラム叩いて
軽やかに、ダンス踊って
愛をたしなみ、ちょろちょろ恋愛して


自分の思うがままに生きていられて、幸せだと思ってます。

後悔はしてないし、これからも後悔しない人生送りたいですが・・・

ただ、ほら、なんせ、欲張りで好奇心旺盛だから、結婚とか妊娠とかにも、ちょっとあこがれてね。


だけど・・・


今、妊娠なんかして御覧なさいっ!

こんな調子でドラム叩いて・・・



ツーバスなんか蹴ってたら・・・

流れますよ・・・汗


妊娠中の10ヶ月も、練習しないで御覧なさい!

ひよっ子メタルドラマー、クビでっせ・・・


ちょっと、横道それましたけど・・・


「母は強しっ!」

ってこと、痛感した日でございました。






応援クリック、ヨロシクね。
↓↓↓↓












AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)


また、バタバタ忙しくしてた こりんごちゃん。

ブロク、ご無沙汰でしたけど・・・


相変わらず、ドラムとダンス三昧の日々を送り・・・


夕べは、無事ライブもこなしてきました。

Photobucket


このライブは、ブルックリンのめっちゃローカルなプレイスでやったので、友達は来てくれず・・・

ライブの写真ありません・・・(涙)


こちらは、こりんごちゃん撮影の、オープニングバンド!

Photobucket

メタルバンドとしては、ギターとドラムだけの異例の2Pバンドです。


ウチラの写真もあったらいいんだけどね・・・

写真はないけど、ビデオはあるらしいから、後日、アップ出来たら報告します。



翌日の今日は・・・。

秋にプロフェッショナルレコーディングのための、プリプロダクションレコーディングしましたよ。


ドラムトラックのレコーディングでしたけど・・・


ウチラ、メタルバンドですし・・・ドクロ

仮レコーディングとて、本気で行きますから、メタルバンドですし、ヘッドバンギング出ますので・・・

レコーディングのヘッドフォンが、前にズレさがり、ブレブレで上手くレコーディング出来ません・・・


ですから・・・


ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~!!!!


ドラマー、アタマでも打って、怪我したのかっ!?

Photobucket

いえいえ・・・汗

ガムテープで、頭グルグル巻きにされ、ヘッドフォン固定です・・・汗

これじゃ、100年の恋も冷めるわ・・・ガーン


もう、ボーイフレンドはあきらめて、メタルの道突き進む?


まあ、ここまでしたかいあって、無事、ドラムトラックは、退院じゃなくて、終了です。


Photobucket

お疲れ様・・・汗


こりんごちゃん、人生、カラダ張って頑張ってますっ!

応援、よろしくね!





応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)


最近、タンゴに夢中の こりんごちゃんですが・・・

こりんごちゃんがドラマーってこと、忘れてませんよね・・・?汗


それじゃ、先週の土曜日のライブショーレビュー、アップするよんっ!


じゃじゃんっ!

Photobucket

地元、ブルックリンでのショーです!

ここのライブハウスは、結構、ステージ高めで、そこそこ知名度あるバンドも演奏してるクラブでね。


ウチラは、なんとヘッドライナーで扱いで・・・

ライブ前に、プロモーターから、インタビューまでされて・・・


「えっ、ちょっと、胡散臭い英語だから、あたしゃ、インタビューされなくていいよ・・・」

「こりんごちゃん、何言ってるんだ!

これから、こういうことも、増えていくんだから、ちゃんとこなして!」


スゴイなぁ、ウチのGuys,スターになる自信満々ですね・・・。汗


Facebook で、このショーに行きますって人が100人以上いたらしく・・・

ウチラ気合、入ってましたが・・・


なぜか、こりんごちゃんだけ、なんかノッテなかった・・・


会場入りしてみれば・・・

100人と言う名の、10人程度の客入りで・・・

サタデーナイトなのに、前座3バンド演奏中は、ほとんど人いなかったぜ・・・汗


これは、完全に、イベントプロモーターの失態・・・


だいたい、ウチラがヘッドライナーでブックされたのって、急遽も急遽、たった2週間前だった。

ライブのプロモートは、プロモーター側がやるから、君らはただ、いいパフォーマンスをしてくれればと言っていた・・・

だけど、いいパフォーマンスしても、見てくれる人がいなきゃ、無意味なわけで・・・


それでも、ウチラがステージに上がる頃には、ささやかに、客も増えていた。

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


100人いなくとも、その20人ほどの皆様のために、がんばりますっ!


ボーカル、ダラス君、叫びますっ!

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


ギター、プチメタル君、ヘッドバンギング陶酔!

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)



ギター、デスメタル君、仁王立ちで!

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


ドラマーこりんごちゃん、フルスイング!

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


どうしても、ライブだと、感情も高ぶって、初めから飛ばしすぎ・・・

腕の力で叩き込んでしまって、手が持たない・・・

チカラや、感情のコントロール出来るようにならないと、マズいなぁ・・・



それでも、ヘッドライナーなしい、いいライブこなしました!


Photobucket


「One more song! One more song!」

観客から、アンコールのリクエストまであがり、

通常、ローカルバンドのショーでは、時間が押し捲り、クラブ側がライブを、さっさと切り上げたがるので、アンコールなどあまりないのだが・・・


予定外のアンコールに・・・


「新曲、やっちゃおうぜ!」

と、ボーカル、ダラス君が・・・・


「いや、新曲やるのは、まだ早いよっ!汗



不安な面持ちの、ひよっ子メタルドラマー・・・ヒヨコ


「You can do it!」


と、ドラマーの声など、あっさり却下で、予定外の新曲お披露目!!!


もう、開き直って、乱れまくって・・・




新曲、ガッツリ、行かせて頂きました!




人生には、多少のリスクが必要です!

失敗を恐れでは、何も出来ません!


思い切って やってみたら・・・




このスマイルで、お察しの通り、新曲、みごとにやってのけました!



この調子で、今週の土曜日もまた、ライブ頑張りますっ!


Photobucket


良かったら、見に来てください!




応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓














AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


女として、一皮向けたのか?


あたし、タンゴにメロメロ・・・ラブラブ

完全にタンゴの虜で、はしごタンゴしちゃうほどで・・・


はぁ? はしごタンゴ? (What's that?)



昨日、行ってきましたよ、ハドソンリバーの野外タンゴ!

Photobucket

なかなか、イイ感じでしょ?

これで、

セントラルパーク、
サウスストリートシーポート、
ユニオンスクエアーと、

NYC全野外タンゴ、制覇だぜ!


ハドソンリバーからの風が、とても気持ちよくて・・・

フロアーも野外にしては、木製ですべり良し!


清清しくタンゴを踊るのですが・・・


「こりんごちゃん、なんでそんなに怯えるいるの?」


何に怯えているのかって?


ええ、その眩し過ぎる夏真っ盛りの日差しに怯えているのさ!晴れ

日焼けが一番の大敵である こりんごちゃんにとっては、やや地獄であった・・・汗


ほら、こりんごちゃんって、もともとネクラでしょ?

引きこもりで、外になんか出ませんから・・・

外に出没する時って、いつも・・・


ほら・・・

Photobucket


必ず・・・

Photobucket

この日傘、必須で差してるわけよ。


余談だけれど・・・

この日傘、なかなか高感度高くて・・・


太陽に怯えるドラマーは、弱ぇ~と、ウチのバンドのGuysに笑われますが、

「そのアンブレラは、Goth 入ってて、なかなかよい!」

と・・・

しかも、ご近所のお向かいの オバちゃんに、

「ちょっと、そのパラソル、ステキじゃないの! どこで買ったの!」

と、バルコニーから大声で、呼び止められました!


じゃ、タンゴの話に戻って・・・


野外タンゴは、日焼けが恐ろしいのね。

ベタベタに日焼け止めクリーム塗りたくって・・・


「I'm officially sticky and stinky, though...

Would you like to dance with me?」

べダついた女ですけど、踊っていただけます?


一緒に踊りに来た、ダンスクラスメートのダン君・・・

「Ahaha.... Sure...汗


ウチラは、まだビギナーなので、彼は、ノーチョイスで、このベタついた女と、踊らなくてはならないのです。

早く上手くなれば、いろんな人と踊れるのにね。

頑張れ~、ビギナー!


Photobucket


しかし・・・

げっ、夜の8時を過ぎても、なかなか日が落ちない・・・


Photobucket

でも、夕焼けと、タンゴで、ロマンチックでしょ?


唯一のダンスパートナー、ダン君が先に帰ってしまい・・・


その後・・・

強引なオッサン、説教染みたオッサンの2人と踊った・・・

彼らは、タンゴの経験は長そうだが、ビギナーのダン君よりも、頑固で踊りずらかった。

これって、センスかなぁと思った。


そして、日が落ち始め、これが最後の曲って時に・・・


3度目の正直!

ついに来た、センスある おじ様、登場!


ミラクルが起こる!


ビックりするくらい、自分が華麗に踊れてて・・・

いや、おじ様に、踊らされてるわけで・・・・

スクールでなんか習ってないテクニカルな技までこなしてる訳よっ!

踊ってる最中、うっとりしちゃったね。


最後の曲が終わっても、まだ興奮冷めやらなくて・・・

ああ、これが最初で最後のエクスタシーだなんて・・・


「スゴ過ぎますっ! こんなタンゴ、はじめて踊りましたっ!

ヤバいです、ヤバ過ぎます! 

Thank you very much ですっ! 

もっと一緒に踊りたかったです。

でも、一回でも踊れてラッキだったですっっ!!!」



あまりに興奮しすぎて、コメントも、作文見たいに、なってた・・・汗


「良かった、楽しんでくれて。 僕も楽しかったよ。

君は、なかなかスジがいい! 

踊ってて、コネクションを感じられるから、カチッと来るし。

良かったら、もっと一緒に踊らないかい?」

「でも、今日は、これが最後の曲で・・・。」

「これからサウスストリートシーポートに行って踊ろうかと思ってるんだけど、君もどう?」

「えっ! はしごですか?

と言うか、また踊っていただけるのなら、お供させていただきますっ!」


2つ返事で、おじ様と、はしごタンゴに出かけた。


こちらもまた、ムード満点なんだよね。

Photobucket


おじ様と、2時間くらい、ぶっ通しで踊った。

ぶちゃけ、足、疲れすぎて痛かったけど、そんなもの我慢できるくらい魅力的なダンスだった。


おじ様に、いろんなテクニック仕掛けられ、女として開花していく感じだった。

(なんか、タンゴってセクシャル的な感じでしょ?)


「タンゴは、とてもエレガントなダンスなんだ。

だから、エレガントに、それでいて魅惑的に、男を上品に挑発するんだ!

その君の長い足を、もっと伸ばして、絡めて、しならせてっ!」


こりんご、調子に乗って、ヒートアップ。

おじ様、調子に乗せすぎ、おじ様もヒートアップ。


異様なほど熱い この二人を見つめる、周りの視線がまた、快楽を上昇させる。


信じられないくらい魅力的なタンゴを踊っていて・・・

おじ様も、燃えに萌えたらしい・・・


熱く踊りながら、感極まってキスしようとしてきた。

こりんご、エレガントにそれを交わす。


なんか、満足感があった・・・

あたし、おじ様をイカせたと・・・


すごく嬉しかった。

こんなベテランの、メチャクチャ踊り上手い おじ様を、

このビギナーのアタシが、タンゴで挑発し、おじ様をイカせた訳だから・・・


なんかね、一皮向けたような気がした。

まだまだ、タンゴ、学ばなくちゃいけないこといっぱいなんだけど・・・

ダンススクールじゃ学べないこと、学んだ気がする。


おじ様と、こりんごちゃんが、あまりに熱っぽく踊ってるので、誰も2人を裂こうとはしなかったんだけど・・・

一人、鈍感なオッサンがいて・・・


「私と踊りましょう!」

って・・・


鈍感なオッサンのステップは、まったくもって鈍感なステップで・・・

気が抜けちゃったよ・・・


なんと、その夜は、あのミスターも来ていて・・・

誰、ミスターって?

こりんごちゃんが、ダンス始めたばかりの時、まだハチャメチャにサルサ踊ってて・・・

彼と出会ったことにより、こりんごちゃんのサルサが、一皮向けた。

詳細は、こちら ⇒   ミスターとの再会


今回、タンゴの皮を向いてくれたのは、別の おじ様ですが・・・

ミスターもまた、こりんごちゃんにとっては、大事なダンスパートナーです。


Photobucket

手前が、ミスターです。



ダンスって、セックスに通じるところあるって、前から思ってた。

経験って大事で、いろんな人と踊りながら、いい女になっていくわけで・・・


学校で教えてくれないことは、自分で学んでいかないとね。

苦い経験もして、いい女磨いていくわけです。


しかし・・・

その夜は、はしごタンゴで・・・

7時間ぶっ通しで踊りまして・・・


これ、野外タンゴ用の、サンダル。

Photobucket

つま先、露出なので、結構、ダンスパートナーに、踏まれたり蹴られたり、自分で引っかいたりと・・・

しかも、7時間、これで踊りっぱなしなので・・・

傷とむくみと、かなりの疲労です・・・



今後、このガサツな こりんごちゃんが、どこまでいい女になってタンゴ踊るか見物よ!

つうか、ドラマーとしての成長の方が、先じゃねぇのかよっ!


皆様、暖かく見守ってください!






応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ニューヨーク、やめられないね・・・

(辛いことの方が、多いんだけどね・・・)


この街、いつもアタシをそそのかし、パワフルに生かしてくれる。



ただいま、バンドのライブショーこなしてきました!

Photobucket

女メタルドラマーとして、ベスト尽くしてきました!

生きてる証も、感じてきました。

この報告は、次回、写真アップと共にいたします!


ニューヨークがやめられないのは・・・

いったん何かにハマったら、ここで、とことん楽しめるってこと!


5年前に、突然変異でドラマーになってからも、いまだ、とことん楽しんでるモンね。

去年の暮れからハマってるダンスもそうで・・・


ニューヨークに夏がやってきます!

アルゼンチンタンゴにハマってるこりんごちゃん、


セントラルーパーク野外タンゴをはじめ・・・

Photobucket


サウスストリートシーポート野外タンゴ、

Photobucket


そして、先日は、ユニオンスクエアーまで、攻めてみました!

なんか、ユニオンスクエアーで、サマーイベント開催されてるようで・・・

SUMMER in The SQUARE


その一環で、アルゼンチンタンゴFreeレッスンがある予定なんだけど・・・

こんなところで、本当に、タンゴやってるのか?


おお~! やってるやってる!

Photobucket

でもさ、通行人の方が多くて、踊ってる人、少ないな・・・汗

つうか、このカップル、インストラクターじゃ、ねぇか?

Photobucket


「皆さん、これからタンゴFreeレッスンを始めます!

では、希望の方は、恥ずかしがらずに、前に出てっ!」


たくさんの見物客が集まってるのに、レッスン希望者、誰もいねぇ~よ・・・

そりゃそうだ、これだけの通行人と、見物客の中で、レッスンを受けたら、見せモノになるの間違いなしだからね・・・


2人の勇敢な男子が、レッスンに名乗り出た!


「さあ、女子が必要ですっ!」


見せ物レッスンになること間違いなしだが・・・

人生、やったモンがちです!


こりんごちゃん、名乗り出ちゃったよっ!


そしたら、何人か、その後にレッスン希望者が出てきて、とりあえず、Freeレッスンスタート!


おりしも、こりんごちゃん、タンゴはじめて3ヶ月弱、ベーシックステップは知っておりますが・・・

このレッスンを受けてる人々、ベーシックもままならぬ、本当に超初心者で・・・

おかしなステップを踏み出して、本当に見せ物になってしまいました・・・(涙)


その後は、プロフェッショナルのパフォーマンスが行われ、

Photobucket


フリーダンシングも始まりました!

Photobucket

さすがに、こちらのフリーダンシングには、そこそこ踊れる人たちがいたので、こりんごちゃんも、楽しませていただきました!


Photobucket

大勢の見物客の前で、踊るの、快感だったわぁ~!


見物客のひとりに・・・

「君、すごくよかったよ! あの中で、一番良かったよ!」

なんて、褒めてもらえました!


まあね、こりんごちゃん、タンゴ界では、若手のホープですから!

(自画自賛? ホープ呼ばわり?)


このタンゴグループでは、一番若く、一番身長高かったので、見栄えも良かったからだと思われます。(ホープじゃないんじゃん!)



それじゃ、明日は、ハドソンリバーの野外タンゴ、攻めてきますよ!

夏の野外タンゴ、やめられませんっ!





応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「Do you like Ginger?」

こりんごちゃん、ジンジャー好き?


はぁ?


突然、そんなTextメッセージが、シティーボーイのコージー君から届いた。


「Yes,but why?」

好きだけど、なんで?


「ちょっと、気になる記事読んで、こりんごちゃん好きなんじゃないかなぁって思ってさ・・・

ところで、何してるの今?」


なんだ、こいつ、まどろっこしいいい方して、ようは、一緒にハングアウトしたいんじゃん。


と言うことで、フライデーナイトの今日、久々に、コージー君とハングアウトしてきました。

Photobucket


「Piano Bar 行く?」

「えっ! 何で、そんなところ行きたがるのよっ!」


日本の皆様は、ピアノバーと聞いて、ピンと来ないかもしれませんが・・・


いわゆる、水商売のホステスのいるお店です。

と、アメリカ在住の日本人の貴方は、思っていましたよね?


ところが、誤解が誤解を招いていて・・・


「ジョーダンで行ってみたんだよ、ここウエストビレッジだし・・・

Guy barで、一杯どうかなって?」

「ゲイバー? ピアノバーと、どんな関係があるの?」

「そこでゲイが、ピアノ弾いたり、歌ったりパフォーマンス披露してるバーだけど?」

「え、ピアノバーって、ホステスがいて、そいつに金つぎ込んで、同伴したり、援交したり・・・」


(こりんごさん、アンタの お水の世界、そんなイメージかよっ!)


「それ、ストリップクラブの間違いじゃない?」

「いや、ホステスはストリッパーじゃなくて、まあ、個人的にチップ弾んでくれたら、脱ぐかも知れないけど・・・」

「それ、やっぱストリップクラブじゃん?」

「違うのよ、ちょっと高級なラウンジかもし出してて、ホステスは、そこでは脱がなくて・・・」


もう、わけわからん会話になってて・・・


「こりんごちゃん、ともあれ、それはアメリカではイリール(違法)なんだよ。」

「いや、合法で、タダのホステスで、金は裏金で、いわゆる、ナーナーな世界で・・・」

「そんなバー、どこにあるって言うんだよ?」

「ミッドタウンの3rd Ave 辺りにたくさんあるはず!

日系の新聞によく乗ってるもん!

日本からの駐在員とかが、接待とかこつけて通ってて、

日本から来た、語学学生とか、よくバイトして、同伴して、生計立ててたりするもん!」


こりんご、お前、ちょっと言いすぎじゃないか?


意味不明なことを言っている こりんごを、そのピアノバーに連れてきてくれたコージー君。


そこは、フツーのバーで、小さなステージに、本当に、Guyのシンガーと、キーボーダーが、コミックバンド的パフォーマンスを繰り広げていた。

全くお水の世界とは違って・・・

みんな気さくに、がはははっ!っと庶民的に、ゲイのパフォーマンスを楽しんでいた。


「ピアノバーって、こんなんじゃないはず!

もっと高級感漂ってて・・・」

「もちろん、もっとハイグレートなピアノバーもあるよ。 

ゲイだけとは限らないし・・・

ジャズバーになりかねないけど・・・

バーにピアノがあって、その演奏を聞くところがピアノバーだからさ。」



アメリカ在住の日本人の皆様!

貴方の、ピアノバーの認識は、どんなんですか?

こりんごの間違え? 

文化の違い?



その後、デザート食べにいったんだけど・・・

ウエストビレッジにあった、ビアードパパ・・・

http://farm3.static.flickr.com/2374/2420752938_b688e81d18.jpg

ずいぶん前に、つぶれちゃったんだよね・・・


その代わりに、オープンしたのが、こちら、Popbar




ようはさ、アイスバーのお店で・・・



こんなアイスバーがさ、一本、4ドルくらいするんだぜっ!


これだから、ウエストビレッジは、こじゃれってて、金がかかってイヤだね・・・

そして、このシティーボーイ、コージーは、イキッテ、ここウエストビレッジに住んじゃってるけどさ・・・


まあね、ホントたまになら、こんなシティーっぽいこと、このシティーボーイと楽しんでもいいかなと・・・

いつもは、チープでダークなメタルですから・・・ドクロ



あ~、今日は、昨日行ってきた、ユニオンスクエアーの野外タンゴのこと、書こうと思ってたのに!

じゃあ、それはまた、次回ね。


あ、でも、明日、ウチのバンドのライブなんだ、ブロクかいてるヒマなんかあるのかよっ!


Photobucket


NY在住の皆様!

こちらのショーにも、ぜひいらしてっ!





応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓








いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)


魅惑でフェイクな この街、ニューヨークで、やっと出会った4人。




ウチのバンド、Embrace Agony

夏に向けて、ライブショーもブックされ、秋にはレコーディングの予定で、順調そうに見えていた。


おのおの、性格も個性も違う者たちが、同じ音楽を作り上げていくわけだから・・・

そこには、いろんな衝突もあるわけで・・・


今までも、そんなことは、しょっちゅうだったが・・・


今週末のライブを、2日後に控えてると言うのに・・・

Photobucket


夕べ、とんでもないオフィシャルな、内輪喧嘩が勃発して、揺れに揺れた・・・


ウチのリーダーでギタリストのプチメタル君。

Photobucket

彼は、なんに対しても、超シリアスになりすぎて、ロシア人の血も騒ぐのか、ものの言い方、考え方が、強引なほどストロングで・・・

バンドを成功させたいキモチは分からなくもないが・・・


モノには順序ってものがあって・・・

1 の次は 2 なのに、彼は、1 から 5、もしくは10に行こうとする。

それで、よく こりんごちゃんとも喧嘩になっていた。


ライブを2日前に控えた、最後のリハーサルだと言うのに・・・、

とあるレコーディングエンジニアを招き、ウチラのサウンドを見てもらって、レコーディングプロセスや費用を見積もってもらう予定でいた。

しかし、ライブ前なんだから、ライブのための練習に集中すべきなのに・・・、

なんで、このタイミングなのか?


とりあず、エンジニアが来るまで、ライブのセットリストを通しで練習し、

エンジニアが来たので、レコーディング候補曲を4曲ほど披露。


「OK! 

ドラムは、思ってたよりもソフトだし、そこまで複雑じゃないから、ドラムトラックのレコーディングはそんなに時間かからないと思う。」

「えっ、彼女、ソフトなの?」

彼女、そこそこ叩くけど、Come on, talking about Metal!

メチャクチャ叩きまくるメタルドラマーに比べてみろよ・・・」


その言葉が胸に突き刺さった・・・


エンジニアのおっしゃる通りで、ひよっ子メタルドラマーのこりんごちゃん。ヒヨコドクロヒヨコ

頑張ってはいるが、長年やってるゴッツイメタル野郎ドラマーたちに比べれば、まだまだ全然メタル足りてなくて・・・しょぼん


だけど、それでも、一応、メタルバンドでドラム叩いてるメタルドラマーの端くれですから・・・

Heavyであるべきメタルドラマーが、ソフトなんて言われるのは、かなりの屈辱なわけよ・・・しょぼん


もう、屈辱と、空しさと、恥ずかしさと、その場から逃げ去りたかった・・・

悔しくて泣き出しそうだった・・・


そんな、こりんごちゃんの精神状態は お構い無しで・・・、

ウチのGuysは、新曲も聴いてもらおうぜ!


なんて、言いやがって・・・


こりんごちゃんは、かなりのショックで Upset してて・・・

案の定、新曲、途中で何度か止まってしまった・・・


エンジニアも帰り、リハーサルも終えて・・・


ショックで放心状態のまま、その場にGuysといることも辛くて・・・


頑張っても、頑張っても、メタルの壁は高くて・・・

だからメタルモノにしたいんだけどさ・・・

(ダンスのタンゴも一緒だね。)


よりによって、ライブ2日後に控えて、自信喪失させられるとは・・・


ウチのバンドのこと愛してるので、一人でも多くの人にウチラの音楽を聞いてもらいたくて、

その日、リハーサルの後に、NYで展開中の日本人アーティストをサポートするサイトの記者さんと、会う予定だった。

こちらが、そのサイト NY1page


ライターさんに会うので、こりんごちゃんだけ先に帰らせてもらったが、

それは、その場にいたくない口実でもあった。


しかし、アタシなんて、記事かいてもらえるようなドラマーじゃないよ・・・

ライターさんとの待ち合わせ駅まで、ひとりトボトボと歩いていると・・・


背後から、どこか聞き覚えのある声が、なにやら罵倒している。むかっ


振り向けは・・・

尋常じゃないほど、怒りに包まれた、ウチのボーカリスト、ダラス君が!

Photobucket


「What happened?」

お、おい、どうしたよ!


「プチメタルの野郎が、オレのスクリーミングは、Not Enough だとホザきやがって!

オレは、ベーシストでこのバンドに入って、

ボーカルが見つからないから、ボーカルになって、

1ヶ月で全ての曲覚えて、歌詞も書き直して、それでもまだ、Not enough なのかよっ!


じゃあ、どうしろって言うんだよ!」


「落ち着け! 落ち着け!

お前は、いいスクリーマーなんだから、Fuckプチメタルのことは、忘れろ!

アタシこそ、メタルドラマーとしては不十分なんだよ!」



もう、だから、ライブ2日後なんですけど・・・汗

荒れに荒れた、ウチのバンド・・・


だけど、知ってるんだ、どんなに4人が喧嘩しても、不動だってこと・・・


勢いで、スタジオを飛び出したダラス君、電話でプチメタル君と罵り合ってても・・・


「この後、オレは、いつものバーに行くからっ!」


と、ちゃんとバンドメンバーが和解出来るようなチャンスを、示していた。


怒り過ぎて涙していたボーカリストと、自信喪失のドラマーが、エモーショナルにバーに、到着したころ。

車で、先回りしていた、ギター2人が、不安げに出迎えた。


話し合いが持たれ、ことは和解したが・・・ヨカッタ


「ところでさ、なんで こりんごちゃん、落ち込んでるわけ?」


えっ!!!!えっ


お前ら、アタシが、メタルドラマーとして屈辱受けて、落ち込んでたこと、気づかなかったのかよっ!


なんか、悩んでること、馬鹿馬鹿しくなって来た・・・

ちょっぴりエモーショナルで、ちょっぴり無神経な、ウチのGuys・・・


もう、コイツラのために、ガッツリ、ドラム叩きますよ!


そんなんで、その後、NY1Page の記者さんとお会いして、

バンド騒動の反動で、ベラベラと、いらん身の上話までしてしまった、ウザいメタルドラマーでした。

(ライターのYさん、遅くまで、すみませんでした!)



では、この自信喪失ドラマーの開き直りパフォーマンス!

ガッツリこなしますので、ぜひ見に来てね。

Photobucket







応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓









いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


めちゃくちゃ落ちてた・・・


仕事では、理不尽な扱いを受けても、なおかつ へつらって・・・

我がバンドが、日の目を見るまでの辛抱と・・・


だけど、バンドが日の目見なかったら、アタシ、救われるのか?


地下鉄の窓に映った自分の顔、怖いくらいにすさんでた・・・


頑張っても、頑張っても、まだ頑張り足りてないの?

これ以上、まだ、頑張れるのかな?


自分自身を支えていくのが、いっぱいいっぱいだった・・・


そんな時、このタイミングで、彼から、こんな写メが・・・


自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


折れそうなココロなら、折ってもいいのかなって、無償の安堵感に包まれてしまった。´v`


一見、意味不明の写真でも、2人には、ちゃんと意味のある写真で・・・


「Do you know Worcester in MA?

you used to live in Boston, right?」


マサチューセッツ州の、Worcester って街、知ってる? 

貴方、昔、ボストンに住んでたでしょ?


「Yes, That is where they make Table Talk pies. Why?」

知ってるよ、テーブルトークパイ作ってる街だよ。 でも何で?


「Wow! I love the pies! I didn't know that!

あのパイ、大好き! 知らなかったよ、そこで作られてるなんて!


それが、このパイで・・・

http://farm4.static.flickr.com/3042/3023953882_f0b470a78b_m.jpg

これ、結構、いろんなスーパーや、デリで、レジの横とかに置かれてて、無駄に買いたくなってしまうパイなのよね。

いろんなフレーバーがあって、こりんごちゃんのお気に入りは、アップルパイと、チョコレートカスタードパイ。


My band plays a show there next month!」

アタシのバンド、来月、そのエリアで、ショーやるのよ!


なんて、話してたことあって・・・。



日常の生活の中で、ふと、自分のことを思い出し、写メ してくれる人がいるってこと・・・

なんか、ウレシイね。


また、頑張れそうな気がしてきた。




応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


また、人生、混乱して落ち込んでる こりんごちゃん・・・しょぼん


今日、すばらしいタンゴの先生の、すばらしいレッスンを受けて、

タンゴとは、こういうものだったのかと、思い知らされた。

いままで、小手先だけの技に撹乱され、完全に大切なことをはきちがえていた・・・


それで、人生まで悩みはじめた、単純だけど、複雑な、こりんご・・・


あたし、今まで、何やってきたのか?

間違った努力してたら、つかみたいものって掴めないジャン?


つうか、その努力って、なんに繋がるの?


タンゴを極めたい!

でも、なんで?

極めたところで、踊るパートナー次第で、変わってくるから・・・

つうか、そういうつもりで、タンス始めたんだっけ?

ダンス、楽しんでなくないか?


音楽も、バンド活動も、そうだった・・・

楽しいからやってることが、次第にシリアスになると、何でやってるのか見失うことがある。


悶々と考え始めて・・・


もう、何に悩んでて、何で落ち込んでるのかすら分からなくなってて・・・


タンゴのレッスンの後、いつも通り、スイング踊りに行った・・・

Photobucket

みんな、楽しげに踊ってて・・・

自分も、その中のひとりで、楽しく踊ってたんだけど・・・


これって、一時的な紛らわしジャンって・・・

なんとも、ネガティブな自分が、見え隠れ・・・


なんで、踊ってるの?

楽しいから!

楽しくなかったら、踊らないでしょ?


じゃあ、なんで生きてるの?

楽しいから?

じゃ、楽しくなかったら死ぬのか?



深夜1時を回り・・・

カラダは疲労で、眠りたいのに・・・

アタマが、そうさせない・・・


滅入った想いを、Text メッセージに託して・・・

誰かに、救われたいのか?


こんな時間に、メッセージ送っても、返信の可能性は少なくて、

返信こなかったら、もっと落ちるから、やめときゃいいのに・・・

SEND・・・


案の定、期待していた救いの返信などなくて、

ただ、そこには、予定通りの、失望だけが・・・


何やってんのか、アタシ?


自分勝手に落ち込んで、自分自身を掻き乱し、ことを複雑に悪化させている。


やっぱり、もう寝よう・・・


Tomorrow is another day.

明日は、明日の風が吹くさ・・・





応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


タンゴなめたら、アカンぜよっ!


あたし、タンゴに夢中!

(ドラマーなのに・・・?)


なんでって、ダンスの中で、一番美しいダンスだと思ってるし、音楽もいい。

そして、なんと言っても、スイングやサルサのように、気軽にモノに出来ない難しさが、余計にタンゴをマスターしたくさせる。


今週末は、タンゴに首っ丈だった。


土曜日は、セントラルパークの野外タンゴに行き・・・

Photobucket

いっぱい練習してきた。


今日、日曜日は、サウスストリートシーポートの野外タンゴに行った。

Photobucket

が・・・

雨のため、中止になってた。しょぼん雨


一緒に来ていたダンスフレンドのダン君。

ウチラはビギナーだから、練習が必須で、ここで踊れないのは辛い・・・


「どうしよう・・・、

マンハッタンボールルーム、行っちゃう?」


野外タンゴなどの、Freeタンゴや、ドネーションタンゴは、誰もが気さくに踊れるが・・・

カバーチャージが発生し、ちゃんとしたボールルームで踊るとなると、結構、ビギナーには、冷たく、相手にされないことがあるが・・・

今回は、ビギナー同士、パートナーがいるので、とりあえずは、踊れるので、行ってみた。


げっ、カバーチャージ、12ドルもするっ!

げげっ! しかも、みんなドレスアップしてる・・・

Photobucket

こりんごちゃんなんて、野外タンゴ踊るつもりだったから・・・、

めっちゃカジュアルなサマーセーターにジーンズで、

しかも、ダンスシューズもランク下のダメになってもOKシューズで・・・


「俺ら、ちょっと場違い・・・?汗

「まあ、硬いこと言わずに、ひっそり踊らさせてもらおうよ・・・汗


ドレスアップした派手なカップル達は、派手なトリックを決めて、華麗に踊っている中・・・

カジュアルなビギナー2人は、地道にベーシックステップを踏んでゆくのです。


プロダンサーによる、パフォーマンスが始まりました!

Photobucket


やっぱ、すごいね~。

惚れ惚れするダンスだよ。

Photobucket


あたし、絶対タンゴ上手くなりたいっ!

ヒシヒシと、そう思いましたよ!


横にいた、ダン君も、ヒシヒシと何かを感じてるようで・・・

Photobucket


ビギナー2人は誓うのです!


Photobucket


あと1年、発起してタンゴ習得しようぜ!


そして、夜な夜な、タンゴは踊り続けられるのです・・・

Photobucket


女は、男のリードにフォローされるだけなんだけど・・・

男は、その女をリードしなくてはならないので、かなりの技術と練習が必要です。


しかも、これだけ込んでいるボールルームで、他のカップルと衝突しないよう、またフォロアーの女子をプロテクトしながらケアしなければならず、男子は、かなりの注意力、忍耐力、体力が、必要となってきます。


それがビギナーだったら、かなりの疲労であろうし・・・ショック!

クタクタのダン君、そろそろ帰ろうかと言っているのに・・・


もう少し、もう少し! 

と、強引に付き合わせる、悪魔な女こりんご。ドクロ(メタル出身ですから!)



そして、完全に踊りきりましたよ!

ビギナーにしては、よく頑張りました!


もっと上手くなりたい欲望は、相変わらずですが、満足した夜でした。

でも、パートナーになってくれたダン君を酷使しすぎたので、ちょっと悪かったなぁと・・・


「I'm sorry I made you tired, I was so mean to you...

anyway, thank you so much for dancing with me!」

ゴメンね、ヘトヘトでしょ? アタシ、イジワルだったね・・・

ともあれ、踊ってくれて、本当にありがとね!


「Thank you for letting me dance with you.

Hopefully one year from now, i will be a worthy partner.

Yes, you are mean, but in a pink sweater kind of way.」

こりんごちゃんと躍らせてくれて、ありがとね。

1年後は、立派なパートナーになってるといいなぁ

ホントに、こりんごちゃんはイジワルだよ! 

でも、ピンクのセーターが、そうでもないか?


こちらが、そのご指摘のピンクのセーター・・・

Photobucket

クラシックなタンゴにも、ヘビーでダークなメタルにも適していません・・・汗



もともと、野外タンゴ踊る予定だったから、許せよ!


ウチのバンドのGuysが見たら・・・


「なんだ、そのピンクはっ!

That’s not Metal!」

と、ドン引かれますよ・・・


つうか、タンゴに夢中なこと事体が、もう既に、ドン引かれてますけど・・・



深夜1時近くに帰宅すると・・・


シティーボーイのコージー君からメールが来てた。

もともと、コイツと社交ダンスをはじめたんだけど・・・

Photobucket


コージー君は、スイングダンスに専念し・・・

こりんちゃんもまた、サルサ、スイング、そしてタンゴと・・・


最近、コージー君とは、ツルんでないのだが・・・

また、彼のデッサンのモデルになってほしいらしく・・・

そんなんで、何度かメールもらってた。


なんと、今回のメールは・・・


「I took a Tango lesson today!

I'm good to go, next time You want to dance beginner tango?」

オレ、今日タンゴレッスン取ったよ。

かなりイケてるから、今度、一緒にビギナータンゴ踊りたい?


はぁ?

たかが、タンゴレッスン一回取ったきりで、Good to go だぁ?


こりんごちゃんなんか、2ヶ月、メチャクチャ レッスン取りまくって・・・

ダン君だって、4ヶ月、地道にレッスン取り続けてて・・・

それだって、まだまだタンゴ界じゃ、ビギナーのビの字にも及ばないのに・・・


1年発起で頑張ろう、その時には、いいパートナーになっていたいと言う謙虚なダン君と・・・

1回こっきりのタンゴレッスンで、かなりイケてるから、次に踊りたいかいと誘ってくるふてぶてしいコージー。


2人に、同時に返信しました。

ダン君に・・・

「You are already a worthy partner, though...

Don't forget about today! after one year from now, Tango comes flying down to us!」

ダン君、既に立派なパートナーだよ、

でも、忘れないでね今日の屈辱。 1年後には、タンゴがウチラに舞い降りてくるから!


コージーには・・・

「Are you already good to go with only one tango lesson? seriously?

Tango is not easy, I'm still not good to go」

たった一回こっきりのレッスンで、もうイケちゃってるの? マジかよ?

タンゴは、そんな簡単じゃないぜ! あたしゃ、いまだにイケてないもん!


タンゴ、なめんなよっ!


まあ、ともあれ、タンゴをはじめる若者が増えることは、いいことです!


タンゴ、めちゃくちゃ踊れるようになって、いい女になるわよっ!


つうか、こりんごさん・・・

ドラムは、大丈夫なんですか・・・?


「こりんごちゃんの先日のドラムトラックレコーディング・・・

悪いけど、再レコーディングよろしくね。」


と、ウチのギタリスト、プチメタル君から連絡入りました・・・汗

すんません・・・


ドラムも、マジ、頑張ります!


来週の土曜日は、またライブなんで・・・

Photobucket


あ、土曜日のライブだから、セントラルパークの野外タンゴ、来週いけないなぁ・・・


こら、こりんごっ!

ドラムに専念せよっ!




応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。