自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

華やかな理想的街で、庶民的な現実生活を Enjoy する方法! 好奇心と向上心だけで生きる。合言葉は、「やったモン勝ち!」 仕事、恋愛、アメリカンドリーム、日々のつれづれ語ってます。


テーマ:


吹雪いてたよ、ニューヨーク。

だけど、こりんごちゃん、結構、晴れやか。


人生のあり方、やっと気づいた気がするから。


この先の人生、どれだけ幸せであれるか?

自分が幸せでなかったら、他の人など幸せには出来ないからね。


やりたいことが山ほどある自分・・・

もっと若かったらなって思うこと、しばしだった。


だけど、今は思える、マチュアーに成長した自分がここにいてよかったと。

老いることが、怖くなくなった。


昨日、久々の友達とランチした。

彼女は、いつも自分を高め、常に前向きなステキな女性で、

日本語の先生でもあり、趣味のフラワーアレンジメントが、好転して、本格的にオランダへ留学も決めた彼女。

漠然と営んでいた結婚生活に、疑問を抱き、離婚を決意。


もう、結婚は考えていなかった彼女の前に、本当にお互い愛し合える人に出会ったという。


「私、まだ信じられない。

この人とだけ、一生を添い遂げたいと思える人が現われるなんて・・・

そんなことは、ドラマや映画の世界だけだと思っていた。

今までしてきた、恋愛ゲームや、結婚生活は、まちがえだったとはっきり思えるし、

もう、幸せだと装う必要もなくなった。」


人は、幸せでなくとも、幸せだと装い、取り繕うの上手だモンね。(見栄とか体裁とか・・・)


そんな彼女は、婚約指輪も、豪華な結婚披露宴もドレスも要らないと、彼に言ったと言う。

そんなものは、単なる形にしか過ぎないから。


彼との経緯を話してくれている途中、感極まって涙ぐんでしまった彼女。

どれほど、それが、深くシリアスなものなのか、言葉なくとも感じれた。


「こりんごちゃん、貴方は、前向きで、とてもアトラクティブな人だから、

貴方を、本当に心から愛してくれる人が、絶対に現われるから・・・

間違った恋愛ゲームに振り回されずに、自分を貫いて、今以上に上いって欲しい!」


こりんごちゃん、ズキュンとした。

彼女の話をかみ締めている、そんな真剣な話のさなか・・・


ナイトからTextが携帯に届く。


「こりんご、今夜、ステーキ食べる?」

はぁ・・・

また、こりんごにエサを撒いてる男がここにいて・・・

こりんごちゃん、レベル低いなぁと思った。


恋愛ゲームしてた、コージー君からは・・・


「こりんごの新プロジェクト、参戦してやってもいいぜ!」


だから、この上からモノを言う態度が感に障る、この小僧。


もう、こりんごちゃんの周りの男どもは、Hopeless だなと、肩が落ちる・・・


だけど、この2人のこと、好きです。

でも、それは、愛しているとは全然違います。


こりんごちゃん、タイムリミットを気にして・・・

この2人の、そこそこの職業、建築家だったり、プログラマーだったり・・・

そこそこ いいとこに住んでて、そこそこいい収入があって、そこそこいい人柄だったりして・・・

その、そこそこの条件に、そこそこホレ惚れて、手を打とうとしていたのかもしれない。


アタシの彼、建築家なんだ、プログラマーなんだ!

って、外見だけの幸せを装って、みんなに うらやんでもらいたいのか?


そんなことに、何の意味がある?



36歳の こりんごちゃん、結婚適齢期(過ぎてる?)

結婚なんて、我が人生の終わりだと思ってた。

だから、自分のやりたいことはすべてやってから、結婚出来ればなって思ってた。


あれ?

アンチ結婚の割りに、結婚願望はあるんだ・・・?


結婚したくないのに、結婚したいという矛盾が発生してて・・・


なんで、結婚したいのかといえば・・・

世間体
出産願望あり
老後、ひとりぼっちでミゼラブルになりたくない


そんな理由で、結婚したいのか?


つまり、相手なんか、さほど重視してなくて・・・

だた、可愛くて頭のいい子供が欲しいから、金持ちで、頭のいい、カッコイイ男と結婚できればと、策略結婚狙ってた。


人生は、全てタイミング。


結婚適齢期や、出産のタイミングを見計らって、その時、たまたま身近にいた、そこそこ好きな人と結婚して家庭を築く・・・。

それで、本当に、いいのかな?


そこそこの結婚、そこその家庭、そこそこの愛。

結婚と妥協。


でも、でも・・・


アタシのベイビーは、そこそこの愛では、生まれなくってよっ!

(でた、高飛車!)


結婚もしたことないし、出産もしたことないから・・・、

それがどれほど重みのあることかわからず、気軽にブロくってしまって、読者の皆様に不快な思い、させるかもしれませんが・・・

これ、こりんごちゃんの、おもうがままブロクなので・・・

(徒然なるままにぃ・・・音譜


そこそこ好きな人と、タイミングで結婚するから、いつか気持ちがさめて、離婚に至るんじゃないか?

こりんごちゃんは、永延の愛なんてないと思ってる冷めた女だし・・・


そんな冷めた こりんごちゃんが、今回、彼女との再会で、

もしかしたら、本当の愛ってものも存在するのではないかと、ちょっと思ったのでありました。


でね、結婚を、タイムリミット気にして焦る必要ないなって、

ここアメリカだし、

日本にいたら、そんな悠長なこと言ってられないんだろうけど・・・

(日本脱出してよかったよ。)


子供を、もうけるってことは、その子が成人するまで、責任もって育て上げるってことでしょ?

このガサツなこりんごちゃんが、中途半端に、まだ、そんな重大責務を担えない。


子供が欲しいから、結婚するんじゃなくて、

本当に愛する人が出来たので、彼の子供を身ごもりたい。


これが、本当のスタンスだよね。


だからね、多分、こりんごちゃん、この先、そんな人に出会えるかどうかは、わからなくて・・・

もしかしたら、明日、その彼に出会うかもしれないし・・・、

実は昨日出会ってたかもしれない。(見逃した!)

で、もしかしたら、5年、10年先に出会うかもしれない。

いや、もう、この先出会わないかもしれない・・・


でも、それは、自分では決められない運命みたいなものだから・・・


自分の夢とか、人生の生き方を、自分なりに通すつもりだから・・・

子供は、あきらめざるを得ないことも、覚悟しました。



今は、こりんごちゃんの周りの、メタル野郎たちとともに・・・ドクロ

Photobucket


コイツらと、我が子のようなウチラのサウンドを、作り上げていきます!


これからも、皆様、どうぞよろしくお願いいたします!





応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓








AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


ガッツリ雪降り続くニューヨーク。

http://www.istockphoto.com/file_thumbview_approve/1439793/2/istockphoto_1439793-people-walking-streets-during-new-york-city-snow-storm.jpg



雪掻き分けて、ドラムの朝練行ってきた。

ノリの乗って、もうちょっと練習したかったが、仕事に行かねばと、打ち切った。

スタジオを出て、職場に向かう途中・・・


「こりんごちゃん、今日、クライアント全員キャンセルだから、Stay home 」


早く言ってくれよ・・・(涙)


予測不能の人生を、どう乗り切るか?

仕事休んで、稼げなくとも、今夜も踊りに出かけるよっ!




応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)


スノーストームがやって来たニューヨークですが・・・

こりんごちゃんのバンドにも、かなり上等なストームがやって来た!


ついに、ついに!


こりんごちゃんのバンド、Embrace Agony  

ボーカリストが決定いたしました!!!!!



こちら、昨日のボーカルオーディション第二次審査の模様。

Photobucket

右が、緊張気味のボーカリスト君。

そこそこ叫べて
そこそこ歌える
若さはじける21歳
ルックスよし!

彼は、ハンドの経験がないが、今後の飛躍と期待を信じ、彼の加入を決定!


正式メンバーの告知を受けて、ウレシそうな新ボーカリストのアレキシ君。

Photobucket


これで、ウチのバンド、結成から3年弱、

初の5ピースバンドで、ゴージャスラインナップ!!!


Photobucket

ダラス君(Bass)、アレキシ君(Vox)、デスメタル君(Guitar)、プチメタル君(Guitar)

全員、ブロク上のニックネームです。)

どうよ、ウチの自慢の、Guys たち!ラブラブドクロ


こりんごちゃん、こいつらの中で、紅一点ですからっ!

でもって、こいつらを支える土台ですからっ!


男勝りで、ガッツリ行きまっせっ!








応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


無償の愛なんて、そこにはなくて・・・

それは、ただの利害関係。


もちつもたれつと、利用しあうの意味はきちがえてる。


アタシを利用するだけならば、アタシも貴方を利用して・・・

いや、そんな労力を、貴方に使ってること事体、まだ貴方に期待してるのか?


こうやって、ここでスレて行く・・・


カメレオンのように、毎晩ライトアップの色を変えるエンパイヤーステイとビルディング。

Photobucket

2日前は、こんなに鮮やかなグリーンだったのに・・・


アタシの気持ち知ってか知らずか?

夕べは、まっさらの真っ白で・・・

霧がかって、写真にすら写らなかった・・・


まるで移り気な街・・・




応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)


1 e  &  a

1-2-3 5-6-7


これ、なんだかわかった貴方!

かなり、音楽&ダンス(サルサ)通だわね。


現在、このナンバーと格闘中の こりんごちゃん。


1 e & a、 2 e & a、 3 e & a、 4 e & a ・・・・汗


 ウチのバンドのドラムパートは、当たり前ですが・・・、

ドラマーこりんごちゃんが、感じたままにアレンジしております。
音譜


「こりんごちゃん、そのドラムパート、トランスクライブして、譜面に落とせる?」

ウチのバンドのプラクティスレコーディングをヘルプしてくれているコージー君がそんな質問を・・・


レコーディングを行うに当たって、

正確なテンポ保持のため、グリックトラックでのレコーディングはもちろんのことだが・・・

今後、タイムキーパーであるドラマーこりんごちゃんが、正確で確実なテンポ感を身につけ、立派なドラマーになれるよう、コージー君から試練が渡されました・・・。


「全てのドラムパート、ドラムビートを、譜面に起すべし。」


自分がアレンジしたドラムパートですから、アタマで考えなくとも、カラダが全てを覚えていて、感覚で叩けます。

が、しかし・・・

げっ・・・汗

自分のドラムアレンジなのに、実際、頭で考えて、譜面に起そうとすると、結構 必死・・・汗

ドラムビートを、譜面に起すことによって、いつ、どこで、何を叩いてるかを把握することが出来るらしい。


初めての作業に、四苦八苦しながら、なんとか我がドラムアレンジを、譜面に起しました!拍手

じゃじゃんっ!

汗
Photobucket

コージー君に、添削してもらい・・・

ほっとしたのもつかの間・・・


「じゃ、こりんごちゃん、これ口で歌える?」


アタシのドラムパートですから、もちろん歌えますよ!

「タンタタ、タンタン、タタッ、ウッタ・・・」


誇らしげに、歌ってやりました。


「Uhu uh・・・ 違う違う。

1 e & a、 2 e & a、 3 e & a、 4 e & a このカウントに置き換えて歌ってみて。」


えっ・・・汗


ただでさえ、慣れない このカウントで、

英語の発音も ままならないですから・・・、

3(Three スリー) の Th サウンドと、
4(Four フォー)の R サウンドに、

すったもんだで、歌えない・・・(涙)




こりんごちゃんは、忙しいのである。

(言い訳か?)

ダンスレッスンや、クラブに踊りに行ったり・・・

ドラムだって、メタルドラマーになるために、

高速ツーバス、
ブラストビートの練習、
バンドの曲練だってしなくちゃならない。


それを、慣れないトランスクライブで、ドラムビートを譜面にお越し、

今度は、それを、1 e & a、のカウントで歌わなくてはいけない・・・(汗)

(それも、立派なドラマーになるためのひとつですけど・・・)


Photobucket

一拍を、4分割に 1 e & a と分けて、ビートの部分を強めて歌う。


あの~、すごく難しいし、手間が掛かるんですけど・・・汗


「It's going to be hard, but trust me you will thank me later once you heard the record.」

難しいかもしれないけれど、オレのこと信じてみてよ。

それやって、後で、レコーディングしたの聞いたら、俺に感謝しちゃうよ。

(コージーの言い草は、いつも自意識過剰気味である。)


このカウントになれるため、地下鉄でも、怪しげにも歌ってます・・・(汗)

1 e & a ......
電車


そして、踊りに出かければ・・・

サルサは、1-2-3 5-6-7

Photobucket

(ルンバちゃん画)


ダンスレッスンの出かければ・・・

ワルツは、1-2-3 4-5-6

チャチャは、1-2-3 チャチャチャ 2-3 チャチャチャ

スイングは、1-2 ロックステップ

(West coast Swing は、1-2 トリプル、トリプル)




カウントするのが、アタシの仕事だけど・・・

カウントしすぎじゃねぇ?


Can you count on me?




応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


走って、走って、死ぬ気で走って・・・

自分を守るため。


土曜日の朝11時20分、まだブルックリン・・・

正午までに、マンハッタンのウエストサイドまで行けば、助かる!


走って、走って、ひたすら走って・・・

息、切れて・・・

マンハッタンの穏やかな風が目を刺し、涙が流れた。


アタシを救ってと駆け込んだ・・・

間に合った、あたし、助かる・・・


と、差し伸べたその手は、突き放されて、その扉は閉ざされた。


自分を、守れなかった・・・


That's not end of the world, though...


そのエネルギーも、その時間も、流した涙も・・・

自分を守れず・・・

すべて無駄に・・・


肩が落ちる・・・

ここで生きていくの、結構、しんどい・・・


自分で自分を守らなきゃ、ここで、誰がアタシを守ってくれるの?


穏やかな朝に、

思い空気 引きずって・・・


ふと見上げると・・・

Photobucket

ONE WAY  越しに、エンパイヤーステイトビルディングが・・・


我が人生も、ONE WAY で・・・

もう引き返せない。


ここに生きている。

まだ、死ねない・・・






応援クリック、ヨロシクね。
↓↓↓↓









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


来たぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~!!!


今度は、何が来た?


太平洋を越えて・・・


愛して病まない、こりんごちゃんのルンバちゃんから、届きました!ラブラブ

Photobucket

サルサのCD!!!

なんと、5枚も!


見てよ、このオリジナルCDジャケット!

Photobucket

すげ~、カワイイっ!ラブラブ

こりんごちゃん、ドラムスティック握ってて、ルンバちゃんワイン片手に、2人踊りまくりっ!


バックも、こんなで・・・

Photobucket

ガチ気合の入った、このCD!


CDが、届いたことよりも、そこに詰った たくさんのルンバちゃんの愛情が嬉しかった。ドキドキラブラブ


こりんごちゃんは、広く浅い付き合いは苦手なので、ぶっちゃけ友達少ない。(ネクラだし・・・)

だけど、ルンバちゃんは、彼女ひとりで、1000人以上の友達持ってるほど価値深い。


ルンバちゃんがNYにいた頃は、寝ずに一緒に踊りまくった。

ルンバちゃんが、日本に帰った後も、寝ずにチャットしてる・・・(汗)


寝るのが惜しいほど、エナジェティックでいられる。


ルンバちゃんが、NYに戻ってるまで、もっとダンス頑張って、また一緒に踊るんだっ(寝ずに・・・汗

いつも前向きなルンバちゃんは、日本に帰った後も、着実に女磨き上げてる。


めっちゃ感化される。


こりんごちゃんも、ドラム、ダンス、ガチで頑張って、スーパーHOTな、女になるわっ!

早く、ルンバちゃんに、ウチのバンドのプロフェッショナルCD、送れるようにならなくちゃ!



応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)


来たぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~!

夕べのボーカルオーディション。


もう、NYCには、骨あるシンガー&スクリーマーはいないのかと・・・

落胆するようなオーディションが続いていた今日この頃。


夕べも、3人の志願者が来る予定で。

いいかげんなNYCですから、ドタキャン無しで、来てくれるだけ、ありがたいかくらいな感じで・・・

ボーカリストを懇願して探しているウチラではあるが、期待などしていなかった。


エントリーナンバー1番

俳優の、Jason Statham‏ 似の、デスメタルシンガー。

http://4.bp.blogspot.com/_kDe538kjTWw/Sp3yNxEdX0I/AAAAAAAAFn4/IdyhoW2IiHM/s320/jason_statham.jpg


つうか、ナイトにも似ててビックリしたのよね。

Photobucket

おもわず、ナイトに Text してしまった。

「ナイト、オーディションに来た人、アンタにそっくりっ!」

すると、

「That was me!」

それ、オレだ!

なんて、カワイイ返信が来た。ラブラブ


残念ながら、その彼は、デスのみで、歌えず・・・



エントリーナンバー2番

久々に、メタルっぽいルックスの、children of bodom の、Alexi 似の彼。

http://chimesdesign.com/blog/wp-content/uploads/2009/06/220px-masters_of_rock_2007_-_children_of_bodom_-_alexi_laiho_-_02.jpg


いいっ!!!!

ルックスだけじゃなく、歌もスクリームもいいっ!


ただね、バンドの経験がないとのコトで・・・

フロントマンとしては、まだまだ荒削りなところもあって・・・


ダイヤモンドの原石、磨いてやらにゃあかん。宝石ブルー



そして、一応・・・、

エントリーナンバー3番

えっと、料理の鉄人、森本正治 似の彼・・・汗

http://profile.ak.fbcdn.net/object3/320/1/n17970664314_693.jpg

思ったよりも、歌えてましたし、ボーカルアビリティーはあるようです。

ただ、彼のハイピッチスクリームは、なんか古きよき正統派80年代ヘビメタルって感じがして・・・

ウチのサウンドには合わない気がした。


当の本人も、Over 30 ですから、

「オレは、仕事のキャリアーがあるので、ツアーとかには出れないし・・・。」


やっぱり、年を取っていくと、いろんなシガラミが出てきて、フットワーク重くなるね。

つうか、こりんごさん、あんた、その年で、何のシガラミもないの?


「これが、最後かもしれないので、君達に言っておくよ。

You guys sound awesome.

すごく将来性もある。

ドラマー、よく見たら女の子ジャン!」

彼は、自分が、ウチのバンドにふさわしくないこと察知してか、
第二ラウンドオーディションはないとさとり、そんなことを言ってくれた。

しかも、彼は、ウチの楽曲すごく気に入ってくれてて・・・

iTune で、CD購入しててくれた!


「君、どのくらいドラムやってるの?」

「もう5年です・・・。」

「See? ダブルベース、ガッツリたたいて、もう10年くらいやってるかんじだよ。」


バンドメンバーたちも、ウチの看板娘です、みたいな感じで嬉しそうにしてくれるから、

こりんごちゃん、テレちゃって、顔が赤くなったのわかったよ。

もう5年もドラム叩いてることに、驚いたけど・・・

メタル暦は、まだ2年だからね。 全然ひよっ子で・・・ヒヨコ


もっと頑張らねば!



とりあえず、ウチラ、ボーカリストの原石、見つけました!

エントリーナンバー2番の、Alexi君、内定ですが、来週、もう一度、第二オーディションに呼んでから、決定下します。


ウチのバンド、Embrace Agony  応援よろしくね。




応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週の雪に見舞われたNY。

Photobucket

除雪車、フル回転だった。


そして、今週のアタマにも雪が降って・・・


ウチの近所の大通りに、こんなお方が、出現してた。


Photobucket


誰が作ったんだろうか?

タバコくわえてるスノーマン。





こりんごちゃんに、応援クリック、ヨロシクね。
↓↓↓↓






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


男と女の駆け引き・・・

バレンタインゲーム2010恋の矢


アイツは、やっぱり頭脳犯で・・・

別のアイツは、無頓着・・・



バレンタインデー、騒がず、焦らず・・・

だけど、そこには、巧妙な駆け引きと、自尊心を傷つけるような罠がしかれてて・・・


2月14日、当日。

ドラマーこりんごちゃん、通常に、バンド練習。

Photobucket


その後・・・

音楽、ダンス友達のコージー君が、こりんごちゃんのドラム練習を面倒みたいと、リハの後、わざわざブルックリンのウチのスタジオまでやってきてくれた。


「日曜日に、バンドリハのあと、一緒にドラム練習しようぜ。

その後、飯でも食いにいってさ。」

と、言われていて・・・


バレンタインデーの日に、わざわざ来るなんて・・・、

で、飯食いに行こうなんていったら、そこそこ期待してしまうやん。


だけど、ウチラは、単なる友達で、しかも、コージー君には、油断して期待すると痛い目合わされるので、警戒していた。!


バンドリハとボーカルオーディションが、少し長引いたので、予定していた時間よりも遅めにやって来たコージー君。


「今日が、バレンタインデーだったなんて、すっかり忘れていたよ。」

と、やって来た彼。

さっそく、向こうも、バレンタインデーだから、来たわけじゃないと、警戒網でも張るかのように・・・


「練習のあと、何か食べに行こうと思ったけど、ちょっとだけ、今、何か食べたい。」

と言う彼、ダンキンドーナツで、軽くサンドイッチ食べた。


これで、練習後のディナーはないなと確信したよ。


だから、あたし、腹なんか空いてなかったけど・・・


「今日、バレンタインデーだから、チョコレートドーナツ、アタシのために買ってやれよ!」

と、買わせた。


ドラムの練習は、かなり充実したものだった。

バンドのタイムキーパーであるドラマーが、どうやってテンポを狂いなくキープするかを、理論的に教えてくれた彼。

しかし、タイミングばかり気に取られてると、プレイ自体がフティッフで硬くなることがある。

そこは、練習するしかないんだよね・・・(涙)


こんなアタシのために、わざわざ時間割いて、練習に付き合ってくれるだなんて・・・ラブラブ

と、彼に感謝はすれど、変な期待は持ってはいけない。禁止ハートブレイク


練習終わって・・・

スイートな、バレンタインデートとか、ディナーを期待もしてはいけない。禁止


「こりんごちゃん、このあと、どうする?」

「あたし、シティー(マンハッタン)に行くよ。」


「何したい?」

「アンタは?」


「うーん、金土と、飲み歩いたから、もう飲みに行きたくない。

さっきサンドイッチ食べちゃったし、そんなに腹も減ってないからな・・・。」

ほらきた、コイツに期待してはいけない。


「じゃ、何もすることないじゃん。」

「こりんごちゃんは、何したい?」

「あんた、何のプランもないなら、どうするの? 家帰るの?

「う~ん、そうだね。」


「あっそ、じゃ、バイバイ。」


ほらね、期待してなかったから、全然、この結末、平気だったんだけど・・・

ひとりで、踊りに出かけた。


バレンタインデーってのもあって、ものすごい人もいて・・・

顔も知りもいっぱいいた。


だけど、なんとなくココロは完全に満たされなくて・・・


ナイトに、携帯Text 打ってみた。

「Happy V-day! No sweets for me?」

ハッピーバレンタインデー! スイーツ、アタシのためにないの?


「この前、フランスから、たくさんチョコレート買ってきてあげただろ?」


Photobucket


コイツに期待してしまった自分も馬鹿だった・・・

バレンタインデーと、先月のお土産、関係ねぇ~だろがっ!むかっ


しかも、なんか甘いもの欲しくて言ってるんじゃなくて・・・、

バレンタインデーですから、なにか、スイートなプランをないのかという意味こもってたのに・・・

仕事のことしか考えてない、女に無頓着なナイトに聞いた自分が悪かった・・・

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


「こりんご、お前、オレのこと、チョコレートファクトリーとか思ってるの?」

そんな、ジョーク、笑えませんから・・・(寒いし・・・)


なんかね、バレンタインデーに、自分も駆け引きしすぎだったかな・・・

もっと、素直になってもいいかなって・・・


コージー君に携帯Text 打って見た。


「ドラムの練習付き合ってくれてありがとう。

その後、一緒にハングアウトするかと、ちょっとだけ期待してたんだけど・・・

Anyway, Happy Valentine's Day!」


すぐさま、返信が帰ってきた・・・

「You should just ask me if I want to hang out,

would save some time.」

そう思うなら、俺に聞くべきたった、時間の無駄にならないのに。


なんとも、小生意気な、コージーらしい返信であった。


もう、めんどくさいので、電話してみた。


「踊りに来てるけど、明日もホリデーだし、アンタ、家にいるんだったら出て来なよ。」

「おれ、今そんな気分じゃないんだ。 

でも、こりんごちゃん、今、どこにいるの?


「ミッドタウン。」

「う~ん。 もし、こりんごちゃんが、ウエストビレッジの方に来るなら、ウェルカムだけど・・・」


そこから、何かの拍子に、話がズレて・・・


「そういえば、あの件、どうなった?」

「うん、あれは、やっぱり こりんごちゃんのせいだと思うんだ。」


はぁ?

あれは、アタシのせいだというのか?

むかっむかっむかっパンチ!


また、コージーが、言ってはいけない地雷を踏んでしまった。


このサブジェクトは、プライベートなことなので、ブロクにはかけないのだが、

親しき仲にも礼儀ありの枠を超えて、言ってしまったその言葉。

おもいやりのかけらも見られない彼に、失望と怒りが込み上がり・・・むかっ


「You always hurt me!!!!!! Why? You hate me?

なんで、なんで、いつもアンタは、そんなにアタシのこと傷つけるようなこと、ストレートに言っちゃうのっ?

アタシのこと、そんなに嫌いなのっ?!

なんで、中途半端に付き合うの?

友達と思うなら、そんなひどい事、言えないはずっ!

もう、二度と電話もしないし、会わないよっ!」


と、精神乱れ、我が感情のコントロールで出来ず、罵倒してしまった・・・


「こりんごちゃんが、オレが君を傷つけてると思うのは、君が俺に期待をしすぎたからだよ。

もっと、オレに、こうして欲しいとか、ペイアテンションを求めたるからだよ。」


はっ、とした・・・

結構、図星かも・・・


彼に、何の期待もしてなかったら、そこまで感情乱して傷付いたりしない。


「こりんごちゃん、ちゃんと話し合う?

電話で話すのはよくないから、

こりんごちゃんが、ウチに来て話し合いたいならウェルカムだよ。

バレンタインデーなのに、最悪なことになっちゃったね。」

「まったく、アンタは、ひどい男だよ・・・。

話し合いに行くけど、アイスクリームあるでしょうね。」

「ゴメン、ないよ。」

「バレンタインデーだし、こりんごちゃんが出向くんだから、買っておいてよ。」

(さっきも、チョコレートドーナツ買わせてますけど・・・)

「了解! フレイバーは何になさいますか? チョコレート?」

「いいや、ミントチョコレートじゃなきゃダメです!」


と、二度と会わないと言った彼に会いに行った・・・


ミントチョコレートを食べながら、落ちついて話が出来た。


この子は、本当にアタマのいい子で・・・

話す内容、考え方が、全てマスマティック(数学的)で・・・


だけど、この子のこと、将来のパートナーだっ! 

Photobucket

なんて、思ったこともないし、これからも思わないと思うんだけど・・・


この子のことが気になるのは、普通の子と違って、この子の考え方とかリアクションが読めないの。

だから、探究心の強い こりんごちゃんは、彼を追いたくなっちゃうんだと思う。


こりんごちゃん、まるで男。



追いかけられると逃げたくなって、逃げられると追いたくなる。

(これ、男の恋愛の法則でしょ?)


「こりんごちゃん、オレは、こりんごちゃんがオレに対してクレイジーなほど、

オレは、こりんごちゃんにクレイジーではないよ。」


まぁ、なんて自意識過剰なご意見!


でもね、そんな彼の発言が、また新鮮なのよ。

今までの男って、こうすれば、こう帰ってくるって、たいてい読めた。 

でも、コージー君だけは、数学的な彼の考え方とは反して、1+1=2にならない、歯がゆいところがあった。


本当に、失礼なこと言う男で・・・

もうアジア人は飽きたとか・・・
お前の着こなし最悪だとか・・・
お前が思ってるほど、俺はお前を思ってないとか・・・


もう、だったらコンタクトしないでくださいって思うほど、失礼なこと言われてるし・・・

まったく、Ass Hole でしょ?

で、こっちも、愛想付かして普通だったら合わないのに・・・

なぜか、ズルズルと続いてる。


で、最悪なバレンタインデーの夜に、彼と話し合って、自分のこと認めてみた。


「認めたくなかったけど、あんたの言うとおり、アタシ、あんたにクレイジーだったのかも。

そんなにタイプじゃないアンタなのに、アンタのこと読めなくて、だから、余計に振り向かせたかったのかも・・・」


多分、彼が簡単に落ちてたら、こりんごちゃん、そんなにも彼に興味なんか わかなかったと思う。


なかなか手に入らないものって、余計に欲しくなるじゃん・・・

これってさ、まさに恋愛ゲームしてたんだね。


翌日、彼から、こんな携帯Text が届いてた。


「You know how you say you can't read me?

It's one thing I find interesting about dancing, that I need to be readable to be a good leader.」

こりんごちゃん、オレのこと読めないっていってたよね。

オレ、ダンスのことで、面白いことに気づいたんた。

オレ、もっと理解しやすいリーダーになるべきだよね。


*余談

ダンスは、リーダーの男が、フォロアーの女をリードして踊る。

男のリード次第で、いいダンスにも悪いダンスにもなるし、それにフォローする女次第で、そのダンスが華やかにもショボくもなる。

ダンスには、基本的なステップはあれど、全て、男のリードにより、構成がなされていくので、初めから、どう踊るか決まっているわけでもない。

だから、ダンス中の男からのシグナルをキャッチして女は、それに上手くフォローて踊っていかなければならない。


コージー君から、そんなメッセージをもらって・・・

前だったら、アンタのこと読めないアタシのために近づいてくれるの?

なんて思っちゃうんだけど・・・


もう、ゲームは終わりにしよう。


「I was just a bad follower.」

アタシは、悪いフォロアーだったわ。

と・・・、 (しかも、あくまで過去形ですし。)


恋愛ゲーム・・・


だけど、こりんごちゃん、もうそんなことしてる年でもないし・・・

自分の、コージー君に対する気持ち、認めたら、なんか吹っ切れた。


その曲がった情熱を、もっと自分のために注ごう!


バレンタインデーの誓い。


こりんごちゃん、今、新たなプロジェクト、動かそうとしてます!

いままでも・・・

凡人が、ドラマーになったり
ポップドラマーが、メタルドラマーに変異したり
メタルドラマーが、踊りだしたり・・・

常に突拍子もないことやって来た こりんごちゃんですが・・・

また、この女、やらかしますっ!


まだ、ブロクで報告するには早いんだけど、早く報告、出来ればいいな・・・


こりんごちゃんが、何やらかすのか、Don't miss it!


気になる気になる?

こりんごちゃんが、何やりでかすか、気になる?


そんな貴方に、ちょっと予告。


ノーメイクな こりんごちゃん、もしかしたら、厚化粧入るかも?

音楽も、ダンスも、今まで以上にヘビーで濃厚になります!



これからも、こりんごちゃんから目が離せないよっ!


応援、引き続き、よろしくです!






応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。