自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

華やかな理想的街で、庶民的な現実生活を Enjoy する方法! 好奇心と向上心だけで生きる。合言葉は、「やったモン勝ち!」 仕事、恋愛、アメリカンドリーム、日々のつれづれ語ってます。


テーマ:


生きていることに期待はすれど・・・、

その人生に期待は禁物である。


これ、こりんごちゃんの人生ウンチクだけど・・・


だって、生まれてきたこと事体、思いがけなく、Unexpected なことであって・・・

で、こりんごちゃんの人生も、常に、予期しない Unexpected なんだけど・・・


やっぱり、期待は禁物・・・


あのね、ここ数日、また落ちてた・・・

(もう、落ちるのも、いつものことのようだけど・・・)


ウチのバンドの初遠征ライブ、期待はずれのショーブッキングで・・・(過去記事参照ココ

Photobucket

だから、もう、ウチのバンドのこと分かってない奴には頼まず、自分でライブブッキング取ってきた!

昔、お世話になったプロモーターにコンタクトとって・・・

マンハッタンのそこそこのライブハウス
コンペティションフェスティバルの一環
メタルナイト

こりんご、やるじゃねぇかっ!

って・・・

だけど、火曜日の夜10時半なんだよね・・・

ウイークエンドっと訳には行かず、平日のこの時間帯に、客引くのは、難しいよ・・・(涙)

まぁ、期待してなかったけど、ありがたくプレイさせてもらおう。

Sep 29 (Tue) @ Ace of Clubs (9 Great Jones St, New York, New York 10012) at 10:30pm

この日この時間に、NYCにいらっしゃったら、いらしてねっ!


さて・・・、

最近、バンドやら、コンサートに行きまくり、忙しかったこりんごちゃん。

友達以上、恋人未満のナイト君とのこと、すっかり忘れてて、気がつけば、2週間、連絡取ってなかった。

お互いが忙しいので、こんなことはよくあったが、そろそろ連絡してみると・・・


「大学院に戻ったから、また忙しくしてるよ。」


との連絡があったので、やっぱり彼も忙しくしていた模様。


でも、ちょっといろいろ疲れたので、彼に会って癒されようかなぁと、思ってお誘いメールしてみたら・・・

返信来ないっ!

暗黙の了解で、携帯TEXTメッセージを送ったら、必ず返信しあうことになってたが・・・


心配で、電話してみれど・・・

電話も、出ないっ!


以前、彼が携帯をなくした時、メールで連絡がきたのに、それもないから、何かあったのか?

丸1日、返信なしで・・・


こりんごちゃんと、彼の関係は、もともと、忙しい2人が、都合よく、お互いのロンリーなものを埋めあう合理的な関係だったのに・・・


女って、つくづく馬鹿だと思う。

やっぱり、それなりに一緒いて関係結べば、情が出てきてしまう。


彼と出会ってから、7ヶ月の歳月が流れ・・・

何の問題もなく、癒され続ければ・・・

女としては、ハマるじきで・・・
男としては、飽きる時期・・・

なのか・・・?

まぁ、だとしたら、飽きられてしまった自分が悪いけど・・・

アタシのこと、飽きるなんて、あんたも上等だねっ!

望むところよっ!(←高飛車でましたっ!)


女は、誰とでも寝れないのよ。
男は、誰でもいいんだろうね。

こりんごちゃん、彼に、何かを期待し始めてたのか?

彼の、ガールフレンドになりたかったのか?

あのね、もうお年頃だし、それって、悪くないって思ったんだけど・・・、

なんてったってバンド優先だから、ボーイフレンドなんか今作って、ゴタ着くのもゴメンと思ってたのに・・・

まして、彼は、ユダヤの人だから、彼との未来なんてありえないって、思っていたのに・・・


だから、人生、何事も期待するなって言ってたのに・・・


「What happened to u? you lost your cell phone again or just ignore me?」

何かあったの? 携帯また失くしたの、それとも、ただアタシのことシカトしてるの?


なんて、メッセージ送ってしまった・・・


彼から、1日遅れで、携帯メッセージが返ってきた。


「Easy, My cell phone got wet, it's bad! and I'm busy.」

簡単さ、携帯、濡らしちゃって、それから俺 忙しいし・・・


そんな、そっけないメッセージが返ってきて。


こりんご、ハット気づいたよ。

こりんごちゃん、この関係に、期待してしまっていた。

もっと、クールでいるべきだったのにっ!


だけど、彼が会いたい時だけ会って、アタシが会いたいときには会えないの?

そんじゃ、貴方は、アタシの合理的な人じゃない!

アタシだけが、貴方の合理的な人じゃないのっ!

Unfair だわっ!


なんとなく、自分の存在価値が、下がった気がして・・・

NYで、メタルドラマー目指してる こりんごちゃんは、Cool で Hot のはずなのに・・・

実際は、そんなに、魅力的でもない自分・・・

だから、こんな有様で・・・


こんなときって、タイミング悪く・・・

以前、ちょっと場違いで、ちょっとドン臭い皮膚科のドクター研修生が、ウチのバンドのボーカリストオーディションにやって来た。

人のことを、悪く言いたくないが・・・

ドクターとしては、OKですし、リスペクトも出来ます。

しかし、ミュージシャンとしては、どうしても、その歌唱力、ルックス、存在感が、全くもって物足りませんっ。


その彼が、医療のワラジを履きつつ、ロックスターをあきらめず、趣味で自分のバンドを作ったらしく・・・

「ドラマーを探しています!」

と、こりんごちゃんに、コンタクトを取ってきました。


自分が、凄いドラマーだとは言いませんけど・・・

これでも、上、目指してシリアスに頑張っている自分。

それが、ドクター研修生が趣味で始めたバンドにオファーされて・・・


アタシって、その程度のドラマーよね・・・(涙)

と、愕然としてしまった・・・


そんなときは、とことんタイミング悪く・・・

以前、Judas Priest のガールズトリビュートバンドからドラマーのオファーが来たけれど・・・

http://livenation.com/ecards/judaspriest/images/judaspriest_tour08.jpg

こりんごちゃんにとっては、ちょっとサウンドも、スタイルも古すぎて・・・

どうしても、このバンドが好きになれず、このチャンスは、見送ることにした。


皮膚科の研修生に、「頑張ってください!」と、Myspace から返信を送っていた矢先に・・・

その、ガールズバンドが、ついにドラマーを見つけたというブリテンを偶然に見つけてしまった。

となれば、どんな人がドラマーになったのか、ちょっと気になり・・・


「ふ~ん。 

化粧でごまかしてるけど、結構おばさんじゃんっ!

アタシの方が、Hot じゃんっ・・・。」

と、常に高飛車な こりんごではあるが・・・、

(おまえも、おばさんの域にいるんだよ・・・汗


でも、Girlsメタルドラマーとしては、ライバルである。 (おばさん対決?) 

この人が、ライバルかぁ・・・、

やっぱ、まだレベル低いな自分・・・


そんなんで、こりんごちゃん・・・

ドラマーとしての実力。
人間としての存在価値。

この2つを、もっともっと上げていかねばと、不安になった。


きっと、凄いドラマーになって、存在価値も上がったら、出会う人や、チャンスも、もっと大きくなってくると思う。


7年前に渡米した当初の、右も左も分からなかった凡人日本女子だった自分の事を考えてごらんよ。

我がメタルGuys を含め、今いる特殊な友達たちになんか、出会えてなかったと思う・・・


常に、上に向かって突き進んでいこう!

下なんか見てたら、成長が止まっちゃう!

もう、大器晩成とか騒げる時間も残り少ないんだし・・・(汗)

Photobucket

どうぞ、みなさま、この ひよっ子メタルドラマーを、どうぞ、見守りください!



応援クリックも、よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)


すったもんだした、ウチの遠征ライブの後編。


状況不利のまま、新生Embrace Agony の 遠征ライブ In ロードアイランドが、行われます!

Photobucket


サウンドチェックも済ませ、いざっ!


Photobucket


ビックら、こいたね!

Photobucket

新ボーカリストのマット君、かなりいいっ!ラブラブ

AWESOME!!!ですっ!


ギターのプチメタル君も、買ったばかりの新しいアンプ、かなりいい音出してます!

Photobucket


ベースのミッチは、ドカンと構えてるね。

Photobucket


こりんごちゃん・・・

ひぇ~、ゴーストかよっ!

Photobucket


客がいないと思えないくらいのパフォーマンス!

Photobucket


そんじゃ、いとしのドラマーと、ラブラブツーショット編、行っちゃう?ラブラブ

Scream for me, Matt!!!

Photobucket


lead me, Ivan!(通称、プチメタル)

Photobucket


hold the sound together, Mitch!

Photobucket


Love you guys! ドキドキラブラブ

Photobucket


あたし、コイツらに、メラメラと、燃えて、萌えちゃったよ!~メラメラ

Photobucket


後ろから、3人の姿を見守りつつ・・・

誰も見ていないステージで、よくここまで、メゲズにパファーマンスしてくれてる Guys が、めっちゃいとおしかったよ。


ミュージシャンは、クリエイティブで、センシティブで、アーティストだから・・・

ライブのときは、観客の反応をエネルギーに変えて、エナジェティクでエキサイティングはショーをパフォームするんだ!

そのエナジーを作る観客がいないのに、自ら頑張って、あきらめづに、立派にショーを勤めたね。

こりんご長老、うれしいよ。


マット君は、特に絶品だった!

フロントこそ、観客の反応あってこそのパフォーマンスなのに、よくやってくれたね。

もともと、彼は、コネチカットでは、そこそこデカイバンドにいたんだ。

だから、常にライブは100人前後の人前でやってて・・・

いきなり、この閑散とした観客の前でのライブじゃ、彼もかなりガッカリしたと思うよ・・・(涙)


でも、そんな彼だったからこそ、彼の経験で、このしんどい状況も、リカバー出来たんだのかな・・・

たった数回のリハで・・・
観客なしの初ライブ・・・

キツイよね・・・(涙)


今後も、一緒にローカルの下済みを、ともにしてくれるかが、心配だよ。

そのためにも、ウチラ、もっともっと個人的技量も上げて、スマートにバンドプロモートしていかなきゃね!


ウチのボーカル、かなり絶品でっせ!

ぜひ、ライブ、見に来てください!

(日本の皆様! ジャパン凱旋帰国を待つ前に、NYにおいでやすっ~!)


とりあえずは、しばらく、バンドのタイトネスのため、練習に4人で没頭しますが・・・


今現在の、ライブ予定は・・・

10月31日(土)、NYCローカルメタルバンドたちでの、Fucking Halloween Metal night です!ハロウィン

ハロウィーンでのライブなんて、メタルよね~!



今後も、ウチのバンド共々、よろしくお願いいたします!


応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

お待ちかね、新ボーカリストのお披露目だよっ!

(待ってない?)

こりんごちゃんのメタルバンド、Embrace Agony、苦節2年の末に、やっとオフィシャルボーカリストを見つけたっ!


新生Embrace Agony の、初ライブは、ロードアイランドでの、初遠征ライブになりまして・・・

じゃじゃじゃんっ! 

(↓)こちらが、新ラインナップ!

Photobucket

プチメタル(Guitar)、マット君(Vocals)、ミッチ(Bass)、こりんご(Drums)

なかなかのラインナップだしょ?


ライブは、かなりいい出来でしたっ!

新ボーカルのマット君なんかは、バンド加入まだ3週間で・・・、
そのうちの一週間は、友達も死去で、練習できなかったのに・・・

まるで、前からウチのバンドにいたかのような、いい仕事してくれた!


彼に救われた、いいライブだったが・・・

この、初遠征ライブ・・・

かなり、問題ありっ!

まあ、それもいい経験、教訓として吸収するけど・・・

それについてのグチの前に、まあ、ライブ報告いたしましょ!


ではっ!


じゃんっ!

Photobucket

はぁ? 何これ?

「フィッシュバーガーですっ!」

見れば分かりますっ!むかっ


じゃなくて、何で、フィッシュバーガーなのよっ! 

ライブ報告じゃないのか!?



えっとですね、この遠征ライブ、ロードアイランド州で行われたんだけど、ロードアイランドってどこやねんってあなたに!

ちょうど、NYの上の、コネチカットと、ボストンのあるマサチューセッツ州の間に位置する、
ピンクで塗りつぶしたR.I (州都プロビデンス)で、このちっこい州。


Photobucket

ブルックリン、NY バンドのウチラは、NYから北上して、ロードアイランドを目指すのです。


午前中に、機材の積み出しをして、出発!

通過のコネチカット州で、ランチタイムです。

海沿いのコネチカット付近でしたので、ファーストフードのシーフードもおいしかったよん!

Photobucket

魚は、食べたくとも、家では食べれないので、こんな時こそ、食べとかにゃ!魚の骨

マジおいしくて、たかがフィッシュバーガーに大興奮の こりんご!

Photobucket


「遊んでないで、早く食べてください!」

Photobucket

クラブケーキを食べてるプチメタルに起こられました・・・汗


怒られながらも、こちらも気になり・・・

Photobucket

ちょっと、このデーザート!

Deep Fried Brownies & Deep Fried Cheesecake !えっ

揚げたブラウニーと、チーズケーキって・・・

どんなんだよっ!(食ってみてぇ~!)


残念ながら、グルメ紀行じゃないので、今回は食べれませんでした・・・(涙)


結局、そんなんで、途中、ウチのバンドを遠征ブックしてくれた、プチメタルの友達の友達であり、ウチのバンドのマネージメントしたいと言う、Mr.Dを、コネチカットでピックアップして・・・

ロードアイランドに着いたのは、5時ごろ。

Photobucket

ここが、ライブハウスの裏口・・・

見てっ!

これ、ロードアイランドのローカル新聞!

Photobucket

ウチのバンド、載ってるジャンっ! (小っさいケド・・・)

コツコツと、下済みから頑張ろうね。


あら、結構、広めのステージで、セットアップに入ります。

Photobucket

NYCのライブハウスは、たいてい、ハウスドラムキッドが用意されてて、(ボロボロだけど・・・)

ドラマーは、ハードウエアと、シンバル、スネア、ペダルだけ持参するのだが・・・

やっは、NYC以外は、すべて機材持込みらしいね。

久々の我がドラムセット、ホコリかぶってて、みごとに、Out of Tune だったよ・・・(汗)

Photobucket

キレイに、セットアップして・・・

Photobucket

はい、頑張りますっ!


楽器隊の、ミーティングも済ませ・・・

Photobucket


こちらは、サウンドGuyのおじちゃん。

Photobucket


I'm ready よっ!

Photobucket


しかし・・・


し~~~~ん・・・


「・・・・・・・汗


サタデーナイトですよね?

客、いなくない?


ウチラは、NYからのバンドなので、客引きは、対バンにかかっている!

このショーがブックされてから、気になってたのは、対バン。

彼ら、メタルバンドじゃないんだよね・・・

つまり、彼らが引いてくるであろう客も、メタルファンじゃないから、意味ないんだよね・・・


しかも、サタデーナイトなのに、2バンドしかブックされてないなんて、ありえない・・・


遠征の目的は、ボームタウン以外の地域で、バンドの名前を売ってくることで・・・

地方公演は、NYCでショーをやるよりも、CDやグッツが売れるのである。

(NYCでは、客がシビアなので、なかなかライブでCDやTシャツなんかは売れない・・・)


これが、遠征の目的なのに・・・

客がいなかったら、バンドの売り込みとかって、どうするの? 

つうか、誰にするの?


こりんご長老は、このショーがブックされたとき、このことをすごく気にしていた・・・

しかし、ウチのGuysは、初の遠征に舞い上がり・・・

これこそ、バンドのプロモートだと、張り切っていた・・・(若造めっ!)


だけど、そこに客がいなかったら・・・

お金(300ドル弱の交通費)と、時間(片道5時間の道のり)を掛けて、30分のライブして・・・

なんのプロモートなんだよっ!


何も知らないって、怖いね・・・

すごく勉強になったよ。


プチメタルの友達の友達である、Mr.Dが、ウチのバンドをたいそう気に入り、マネージメントしたいと、初遠征ライブをブックしてくれたが・・・

彼に関しては、バンドマネージメントの経歴もなければ、ノウハウもなさそうだ・・・

ただ、ささやかなバーオーナー達とのコネクションがあるとか言ってたが・・・


こりんごちゃんが、今回、怒っているのは・・・、

八月に、コネチカットのメタルフェスタにブックしてくれた彼だったが、それが、土壇場になってキャンセルされ・・・

Photobucket

これについては、ブックされてからも、なんのインフォメーションも、コンファメーションもなかったので、下見を兼ねて、直々に、バーオーナーに会いにまでいったが・・・(過去記事参照 コネチカット偵察

その日、バーに行けど、オーナーは既に帰宅したと、会えずじまいで・・・

普通、マネージャーだったら、バンドメンバーが、NYCからオーナーに会いに来るセッティングをしたなら、オーナーのアポとかちゃんと、取っとくべきでしょ?むかっ

たんなる興味本位で、バンドプロモートされても、いい迷惑である。むかっむかっ


今回のこの遠征だって、ブックしてくれたことはありがたいが・・・

ただ、何でもかんでもブックすりゃいいってモンじゃなくて・・・

そんなんだったら、自分らで、バーに電話してブックしてくださいってのと同じことで・・・

どのショーケースが、バンドのプロモートにつながるか、ちゃんと、選んでブックして欲しいわけよね・・・


ライブ前に、ちょっと立ち寄ったデリで、店員さんとおしゃべりすれば・・・

「君、どっから来たの~?」

「ブルックリン、NYよ!」

「へ~、そんなところから、こんなところまで、何しに来たの?」

「こんや、隣のバーで、ライブやるのよ、ぜひ見に来てね!」

「でも、何でまた、こんなところで?」

「え、ここって、治安悪いの?」

「Oh、Yeah! めちゃめちゃゲットーだよ、ここは! 

夜、ひとりで歩いちゃダメだよ!」



こんな状態である・・・

この街に着いたとき、なんだか閑散としてて、Dead Town 的、雰囲気は感じてたけど・・・


あぁ、この惨事、思い出しただけでも、腹が立つっ!むかっ

まぁまぁ、こりんごちゃん、こういう経験も、すべて、未来につながるはずだから・・・


そうよね、人間は、失敗や、過ちから、学ぶことの出来る生き物だものね。

学ばなかったら、単なる動物だもんね。

「怒り」と言う感情も、人間だからこそで。

(動物愛護の皆さん、「動物にだって感情があるっ!」と言う、細かいクレームは、ご遠慮ください!)


すったもんだした、初遠征ライブは、最悪な条件だったけど・・・

すべてが、全く最悪だったわけでもなく・・・

新ボーカリストとのライブは、かなりよかったので、こちらの報告は、写真も交え、また次回にします!

少し、今は、気が立ってるので・・・、あせる


いっぱい学んで、成長してゆこう!


応援頼みまっせ~!



応援クリックも、ヨロシクですぅ~!
↓↓↓↓






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

胸が、ズキュンって、痛んだ・・・

いい年こいて、Heart ache だ・・・


まるで、好きだった元彼から、新しい彼女が出来たと言われたような・・・


かつて、いろんなバンドを掛け持っていた こりんごちゃん。

しかし、どのバンドも、意に反して解散していった。


いつも、本命バンドを探し続けてきて・・・

やっと見つけた、我がバンド Embrace Agony・・・

よりによって、メタルバンドだったけど・・・(汗)


このバンドに出会えたこと、このバンドでドラム叩けること、すごく幸せで・・・

人生、つらくても、頑張れるし、このバンドが、人生、生きてる励みにもなってる。

幸せなことだよね。


そんな幸せな こりんごちゃんの下に、かつてのバンドメイトから、メールが届いた。


「俺ら、ショーやるんだけど、よかったら見に来ないか?」


2年前に、ブルックリン生まれ、ブルックリン育ちの、この3人とオルタナバンドやってた。

NR


かつて所属していた、ガールズバンドや、ブリットロックバンドは、かなり みんながシリアスに、サクセスをもくろんでたのに、しょうもない理由で、あっさり解散していったが・・・

この子たちだけは、違っていた・・・。


「俺らは、そんなにメジャーを目指しているわけではない。」


と、はじめから、正直に言われてて・・・


でも、このバンドに楽曲は好きだったので、一緒に頑張っていた。


しかし、やはり、こりんごちゃんの思いが彼らには重くなり、なんとなく、自然消滅してしまった・・・



めちゃくちゃシリアスですっ!と、言ってあっさり解散された他のバンドと比べて、

はじめから、彼らの正直な思いを打ち明けられていた分、解散に至っても、彼らには裏切られた感が少なかった。


だから、まだ、気になる存在なのかな?


この子が作る曲といい、この子の歌声といい、

VS

めっちゃセンチメンタルにさせられちゃうんだ・・・



彼ら3人は、ハイスクールからの友達で、学生の頃から、バンド組んでたりしてて・・・

3年前に、こりんごちゃんをドラマーとして見つけて再結成を図った・・・


だけど、ハイスクールからの友達と、数年知り合っただけの人とじゃ、格が違うよね・・・


数ヶ月前に、彼ら3人が、またバンド結成したこと知らされて・・・

同じように、ココロ、ズキュンってした・・・

ドラマーは、マシーンを使ってたようだけど・・・


今回、ライブをやるに当たって、ドラマーを見つけたらしい・・・


こりんごちゃんは、もう、メタルにハマってしまったので、オルタナに戻るつもりはないので、

彼らのドラマーに、なりたいとか、バンドに戻りたいとか、そういうのはサラサラないんだけど・・・

なんだか、複雑な思いに駆られてるんだよね・・・


今、ステキな旦那様と、結婚して、幸せ一杯なんだけど・・・

昔好きだった、元彼が、かわいい彼女連れてたら、ちょっと複雑?

そんな感じ、なのかなぁ?


彼らのショー、見に行こうか、やめようか?

応援したい気持ちはあるんだけど・・・

自分が、どんなリアクションに陥るのかが、ちょっと怖い・・・


めっちゃ、センシティブやん、こりんごちゃんっ!


おっと、こりんごちゃんの本命バンド、Embrace Agony の、正式メンバーでの初ライブの報告もしなくちゃね!



応援クリック、よろしくね。
↓↓↓↓








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Mission Impossible?

こりんごちゃん、メジャーバンドの Mushroomhead に、会えるのか?


先週の木曜日、Mushroomhead のコンサートを満喫し・・・

Photobucket


しかも、日本人バンドの、Supe のライブも満喫し・・・

Photobucket

彼らには、直接会って、ウチのバンドのビジネスカードまで渡せて・・・

バンドプロモートを兼ねた、ネットワーキングが出来たと、満足していたら・・・


「Mushroomhead には、会えたのか?」

と、ウチのギタリストに言われ・・・

「いいえ、会えませんでした。 

だって、マスク取ったら、彼ら、誰が誰だか分からんもんっ!」


「Mushroomhead に、会えるまでは、帰って来るなっ!」

とは、言われませんでしたが・・・

確かに、ここまで来て、Supe には会ったのに、メインバンドに会えないのも、なんだよな・・・


コンサート会場を、既に後にしてて、夜の11時半も回ってた。

いまさら、会場に戻っても、彼らに、会える保障などない。

無駄足、踏むだけだじゃない?


こりんごよ、どうするよ?


こりんごちゃん、また特攻隊スピリッツに火がついてしまい・・・メラメラ

無駄足、踏みに、会場に戻りました!


ちなみに・・・、

「夢もなく、アメリカ行ったって、挫折しに行くだけだっ!」 と、言われ・・・

「では、挫折しに行ってきます!」 と、日本を離れた女である。


めっちゃ、Intense な、女である。



会場に戻ると、既に、メインゲートは、残った人々の最終締め出しがなされており、再入場は不可。

裏口の、ツアーバス駐車前で、待つしかない。


つうか、誰もいないし・・・(汗)

彼らが、まだいるのかすら分からない・・・(涙)

つうか、このバスが、彼らのツアーバスと言う保証もない・・・(汗涙)


途方にくれる・・・


すると、ローディーが、会場から機材の運び出しをしていた。

黙々と働く、彼らの手を止めてまでも、Mushroomhead の行方を聞くことなんて、出来ないよぉ・・・

そんなことしたら「Get out of here! Bitch! 」 なんて、怒鳴られるかもしれないもん・・・


メタルバンドのローディーだからなのか、お兄ちゃんたち、めっちゃゴッツくて、怖いよ~(汗)

だけど、彼らに聞くしか手がない・・・

ウロウロ、オロオロしている、怪しげなジュパニーズに、彼らは、既に気づいている・・・(マズイ)


でも、どうせ起こられるなら、聞かないで何も起こらないより、何か起こした方がいいか?

(こりんごちゃん、その考え方、単純、単細胞的で、いいねぇ~(汗))


「エ、エ、エクスギューズミィ~?」

ちょっとビビリ入っちゃってる、こわばったジャパニーズイングリッシュで、ついに、彼らの手を止めてしまった!


「I'm sorry, I know you guys are busy. I don't want to interrupt you, but... 」

すみません、お忙しいところ、ご迷惑はお掛けしたくないのですが・・・

「That's fine.」 (大丈夫、ですよ。)

えっ、迷惑掛けて、いいのか?


ちょっと、気が楽になった。

「I have a mission. I have to meet Mushroomhead and give them my band demo CD!!!

Do you know where they are? 」

Mushroomhead に直接会って、ウチのバンドのCDを渡すと言う任務があるんです!
彼らが、どこにいるか知ってますか?

「Probably in the bus or hang out around here.」

多分。バスの中か、ここら辺で、ハングアウトしてると思うよ。


「ありがとうございます! じゃ、探してみます!

あ、でも、彼ら、もうマスクはずしちゃってますよね?

どうやって、彼らだと判断ずればいいんでしょうか?」

「通常、バンドメンバーは、ラミネートタグをつけてるから・・・」

「おぉぉ~!なるほど!

もうこれ以上、あなた様の時間を無駄に出来ないので、仕事にお戻りください!」

「これ、運び終わったら、彼らに合わせてあげるよ。」

「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ~、ホントですかっ!(感涙)」


なんて、やさしいローディーなんだっ!!!


そして、この怪しげなジャパニーズは、ひっそりポツンと、待っていた。


すると、バスの前に、3人の男性が、立ち話をしている。

「あの、あの、あの人、もしかして、Mushroomhead のメンバーですか?」

ローディーに聞いてみる。

「彼は、ギタリストだよ!」

「ついに、メンバーに会えるんですねっ!」

「あ、だけど、君が探しているのは、彼じゃないよ、ドラマーだよ。」

「ええ、まあ、アタシも、ドラマーですけど、ギタリストに会うのだっていいです!」

「いやいや、君が探してて、君が話さなくちゃいけない人は、このバンドのドラマーだよ!

ドラマーの彼が、このバンドのプロデューサーだから。」


おぉぉぉぉぉぉ~、そうだったのかっ!


「じゃ、ドラマーで、プロデューサーに、CD渡しますけど、ギタリストにも、ご挨拶を!」


恐る恐る、ギタリストに近づく・・・


「ハ、ハァイ・・・、It was a great show!!!!!」

すばらしいショーでしたっ!

「Oh, Thank you!」

どうも、ありがとう!


「I am a drummer!」 (私、ドラマーなんです。)

「So? 」  (へ~、で?)

「えっ!? ま、その・・・」


こりんごちゃん、彼の予想外の反応に、思わずひるんでしまったっ!


普通の人だったら、

「君がドラマーなの? メタルやってるの? すごいねぇ~」

って反応が来るから、思わぬ彼の反応に対処できなかった。

そうよね、そうよね、アタシがドラマーだからって、So what?よね~(涙)


そんなんで、もたついていると・・・

「You wanna hang out with us?」 (一緒にバングアウトするかい?)

「えっ! いいんですか?」

「Why not! Come on in!!!」

いいさ、さあ、バスに入れよ!


うげぇぇぇぇぇぇぇ~!

こりんごちゃんって、なんてツイてる女なのっ!

彼らのツアーバスに、乗り込むわよっ!


「What's your name?」 (名前、なんてぇの?)

「Koringo! I am Korinngo」 (こりんご、こりんごですっ!)


バスに乗り込むと・・・

メンバーや、スタッフがいらっしゃって・・・

バスの中には、ラウンジからベッドまであって、ミュージシャンDVDに出てくるツアーバスと一緒だ!


「Yo! この子、こりんごってんだ! From ジャパンだぜ! で、メタルバンドやってるんだって!」

ご丁寧に、皆さん、一人一人に、自己紹介してもらって・・・

だた、こりんごちゃん、ちょっとテンパってて、誰が誰だか、よくわからんまま、Nice to meet you. 状態であった。


特に、ボーカルの人は、すごく面倒見がよくて・・・

「これがマスクだよ!」

Photobucket

だれ、この人・・・?

あたし、あたし! こりんごよ!

Photobucket

つうか、マスク着けてた方が、ベッピンさんじゃない?


おぉぉぉぉ! こりんごちゃん、マスク着けて遊んでる場合じゃないよっ!

ミッションのこと、忘れないでっ!


ウチのバンドのデモCDを、ドラマーでプロデューサーの彼に渡さねばっ!


「あの、わたくし、ブルックリンのメロディックメタルバンドのドラマーで、

ウチのデモ、サウンドクオリティーとか、よくないですが、よろしかったら、聞いて頂けないでしょうか?」

「OK! I'll take a look!」


任務完了!

Photobucket

ツアーバスのラウンジで、皆様と、写真撮影!

こりんごちゃんの向かって右隣が、プロデューサーで、ドラマーの彼です。

一見、とてもフレンドリーな彼でしたが、すごくオーラのある、厳格あるプロデューサーっぽい人でした。


興奮冷めやらぬまま、バスを後にすると・・・

どこまでツキまくってるのよ、こりんごちゃんっ!


なんと、Supe のボーカルさんに、遭遇しました!

しかも、ヘッドライナーの hed, p.e. のツアーマネージャーまで一緒です!

Photobucket

Supeボーカル、こりんご、ツアーマネージャー、Mushroomhead ボーカル



いや~、人生、突っ込んでいくもんだね~。

ネットワークを広げるだけじゃなくて、あとは、練習も忘れるなよっ!


いつものごとく、応援、ヨロシクです!


応援クリックも、よろしくです!
↓↓↓↓






いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

こりんごちゃん!


暴走しすぎっ!

スーパークレイジーだった、この一週間。


昨日の、我がバンドの、正式メンバーでの初ライブ、そして初遠征ライブ、のご報告!

の前に・・・

木曜日に見てきた、Mushuroomhead と、Supe のライブレビューも しなくちゃね。

ちょっと、ここ数日は、こりんごちゃんのブロクから目が離せないよっ!

(目、つけられてないって話もあるけど・・・(涙))


木曜日・・・

Mushroomhead のコンサート。

一緒に行く予定だった、ウチのバンドのGuys達が、行けなくなり・・・

http://2.bp.blogspot.com/_a-y8mSDWhBE/SKELCaBtlfI/AAAAAAAAApY/r2AYatCrtpk/s320/Mushroomhead.jpg

じゃ、また次回にって・・・、行かないことになっていたが・・・

アリゾナで、パンクバンドのやってる、女の子ドラマーの、音使いさん に、友達のバンドが出るので、いかがでしょうか?ってお知らせいただき・・・


「えっ! 日本人バンドが、Mushroomhead と、ツアー回っちゃうのっ?」

って、こりゃ、見に行かなきゃでしょ?

でね、こりんごちゃん、ひとりで見に行ってきたっ!


「こりんごちゃん、ひとりで行くんだったら、危ないから、俺もついていくよっ!」

と、ベーシストのミッチが、声かけてくれたが・・・


確かにね、メタルバンドのコンサートに、女の子一人で行くのは、野郎どもの輪に入って、ナンパだの、モッシュピッドだので・・・

女の子、ひとりで行くケースは、少ない。


だけど、アタシ、メタルドラマーですからっ!

(いえいえ、でもそれ、関係ないし、会場じゃ誰も知らねぇからっ!)


無理に、着いてきてもらうのって、なんか気が引けるし・・・、

ひとりの方が、気が楽で、好きなように行動できるから、

マジで、一人で行ってきた。

Photobucket

7時会場オープンで、入場の列に並んでいると・・・


やっぱり、女の子ひとりでいると、浮いてるし、目立ってしまう。

で、後ろの野郎どもが、声を掛けてくる。

「君、一人出来たのっ!」


こりんごちゃん、硬派に気取って、そうだけど、なんか文句ある? って感じで・・・

話しかけないでオーラを出してみたが・・・

アメリカ人の野郎どもは、そういう空気を読まない奴が多い!


「友達いなくても、心配要らないよ!

ほら、俺ら5人が、君の友達だからっ!


今夜は、一緒に楽しもうっ!」


はい、別々に、楽しみましょうっ!


もう、こうなったら、アタシは、あんたらみたいに、ただコンサートを見に来たんじゃなくってよっ!

バンドの勉強、ネットワーキング、そういうの兼ねてますからっ!

アタシと、Hang Out したいなら、あんたらもステージに立つくらいの男になってからにして下さい!

くらいな勢いで・・・


「アタシ、バンドやってるんで、一人でも来ました!

Check us out!!!!!」


「えっ、君もメタルバンドに入ってるの?

シンガー? リードギター?」

「ドラマーですけどっ」

「スゲーっ! 絶対チェックするよ!」


まぁ、これも、バンドのプロモートの一環で、よしとしよう。


何とか、ナンパを潜り抜け・・・、


まずは、音使いさんの お友達バンドに、ご挨拶出来たらいいなぁと、バンドグッツ販売の所に行ってみる。


いましたっ!


Supe の、ギタリストさんと、ベーシストさんが、いまして・・・。


「あの~、わたくし、こりんごと申しまして、NYCのローカルメタルバンドに、所属なんかして、ひっそりと活動しております・・・

実は、アリゾナの、音使いさんからのお勧めで、今夜、ショーを、見に来ました!」

「ああ、それは、それは、どうも、ありがとうございます。」


アメリカで、アメリカらしくない、ジャパンな硬い挨拶を交わす。


「Mushroomhead となんか、ツアー回っちゃって、スゴイですねっ!」

ちょっと、無礼な、言い方だったか?


「全然、回っちゃってますよね。」

ちょっと、オモロイ返しだったな。


「ウチのバンドなんか、しょぼすぎて、お恥ずかしいんですが、よろしければ、ビジネスカード、受け取っていただけますか?」

「あ、はい、受け取らせていただきます。」

「めっちゃ、しょぼくて、恥ずかしいですが・・・、

何せ、ドラマーがショボイので・・・(涙)」

「いえいえ、またまた・・・」

「では、ショー、頑張ってください! 楽しみにしています!」

「はい、ありがとうございます!」


めちゃくちゃ、日本語で、スムースでいながら、なんか微妙な挨拶を交わし・・・


そして、会場に入り、彼らを、ステージ真ん前で見ようと、陣取る!

そして、遂に、彼らの登場!


ゲッ! すげぇよっ!

Photobucket

写真、右の二人(ベース、ギター)と、さっきまで、丁重な挨拶を交わしていたのに・・・

めっちゃ、ロックスターになっていた・・・!

Photobucket

ステージいっぱいに、エナジーバリバリで、走り回り、めっちゃエネルギッシュなパフォーマンスで・・・

いっぱい写真撮ったんだけど、パフォーマンスがすご過ぎて、写真に残像しか写らないのよっ!

このパフォーマンスは、観客を楽しませられるねっ!


あのね、NYCのオーディエンスたちって、かなりシビアなのよ。

よそ者なんかには、「だれ、お前ら?」みたいに、冷たいし・・・、

そこそこのパフォーマンスなんかじゃ、なかなか乗ってくれない。

ほら、だから・・・

ここのコンサート会場って、昔は、映画館だったんだけど・・・、

それを改造して作られたから、劇場タイプの会場なのよ。

Photobucket

写真、ちょっと分かりづらいかもしれないけど・・・

手間がステージで、その前に、立ち見のホールがあって、その後ろは、シート客席になってるの。

でね、Supe が、出てきたときも、まだ、かなりの人たちが、後ろのシートに座っちゃってて、ヘッドライナー待ちで、高みの見物 状態なのね。


でも、ここのボーカルさん、オーディエンスとの絡みも上手!

Photobucket

「後ろのみんな、ステージに前まで、出てこいよ!

俺らの近くまで来て、一緒に盛り上がろうぜっ!」


って、すごくキレイな英語で、言ってた。


「わぁ~、歌も、英語も、上手だなぁ~」って、感心しちゃったよ。


みんな、プレイのレベルも、かなり上で!

Photobucket

ドラマーさんも、よかったよ。

ちなみに、こりんごちゃんは、ドラマーなんだけど、ここのバンドのベーシストさん、めっちゃメタルっぽい、こりんごちゃん好みのベース弾いてて、かなりよかったね。

Photobucket

(ベースさん、右から、2番目の人)

メタルバンドって、基本的には・・・

ボーカル、
リードギター、
リズムギター、
ベース、
ドラム、と・・・


バンド構成、5Pってことが多い・・・

ギターリフトか、ソロとか、バリバリ入ったりするから、ベースは、案外、かき消されたりして・・・

メジャーバンドでも、ベース聞こえないけど、いなくてもよくない?ってバンドある。

だけど、ここのベーシストさん、めっちゃよかった!


全員が、パフォーマンスよし、演奏よしで!

Photobucket

だから、クールに構えて見てた客達も、感化され・・・、

モッシュピッド出来たり、一緒にヘッドバンキングしたり、知らないであろう曲も、一緒に、掛け声掛けてたっ!

たいしたもんだね、このNYCの観客、うならせちゃって。


いや~、彼らのショー見れてよかったよっ!

音使いさん、ありがとね!


次のバンドは、ボーカルが女の子の Straight Line Stitch って言うバンドで・・・

見てっ!

彼女のドレッドが、グルングルン回ってっ!!!

Photobucket


なかなか、顔が見れないっ!

Photobucket

でも、スタイルいいねぇ~! すごく、細くて長い足!


で、やっと顔見れた!

Photobucket

女の子シンガーで、スクリーマーだから、ラインナップ的には、個性は何だけど・・・

なんか、ちょっとのどの調子がおかしかったようで、声が出づらかったらしい。


「ゴメンね、今、声の調子がおかしくて、だから、みんな、後ろで座ってる人も、Help me out よっ!」

って、言ってたのに・・・

それほど、観客は、盛り上がってなくて・・・。


バンド自体が、みんな疲れ気味だったのか?

それとも、前の Supe が、良過ぎちゃったか?

なんか、ステージから、エナジー感じないのよ。


ほら、NYCの観客、シビアって言ったでしょ?

しかも、かわいそうに、バンドのバナーボードの設定が、トンチンカンだから、ドラマーが隠されちゃって、見えにくいっ!

Photobucket

なんとなく、不発的な感じで終わった、彼らのショーだった。


彼らを見るのも、初めてなんだけど・・・

毎回、この程度のパフォーマンスなのか、今回だけが、こんな感じなのか、分からないんだけど・・・


思ったね、どんなショーでも、手を抜かず、全力でやらないと・・・

たまたま、調子悪いショーを見せてしまったせいで、次に見てもらえない可能性があるからね。



さて、おまちかねの、Mushroomhead!!!

このバンドも、始めてみるんだっ!

ウチのギタリストが、彼らのパフォーマンスは、絶品だっ!と言っていた。

バックシートに座ってた人たちも、前の方にやってきて、ステージ前にフロアーは、満員御礼!


会場の照明が、いったん落とされて、

感極まった観客の叫びが、鳴り響く!



そして・・・


Photobucket

うわっ!

すごい、出てきただけで、オーラがバンバン飛んでくるっ!


ステージ手前の、サブドラムが鳴り響き!

Photobucket


今度は、ベーシストが、そのドラムに乗っちゃうのっ!

Photobucket


つうか、お面、キモイくらいに、恐くて、ステキ!

Photobucket

反対側にも、おなじドラムが設置されてて・・・


ギタリスト、そっちに乗ってる!

Photobucket

ボーカルは、2人だよっ!


基本的に、メタルバンドにキーボーダーがいるのは、反対派なんだけど・・・

Photobucket

このバンドでは、アリだなっ!


もう、めっちゃカッちょええっ!!!!

Photobucket


迫力あるし、この威圧感にも似たオーラーは、吸い込まれそうで、魅了されっぱなしっ!

もう、こりんごちゃんのウンチク要らないから、彼らのパフォーマンスと、みんなにも、写真でおすそわけっ!


バックに、メインドラムがいて、両端に、サブパーカッションっ!

Photobucket


水しぶき上げて、スティック回しっ!

Photobucket


豪快に、ドラムたたき上げ!

Photobucket


誰が、何をするか、見逃せないっ!

Photobucket


この迫力!!!

Photobucket


ステージが、狭すぎるっ!

Photobucket


完全に、魅了されたっ!

Photobucket


こりんごちゃん、しばし、放心状態だった・・・

AWESOME!!!!


彼らのショーが終わって、多分、バンドグッツ販売で、サイン会やら、握手会をやってるらしい、と言う、ウワサを聞きつけたが・・・

次のヘッドライナーを、見るのに、このステージ最前列の、いいポジションを失うのもおしいっ!

だって、Mushuruoomhead が、アンだけすごいことになってたから・・・

ヘッドライナーの、Hed,p,e にも、期待がかかるっ!


こんなとき、ひとりでコンサートに行く事の不利を感じる。


さあ、Hed,p,e の登場!

Photobucket

あ、このバンドも、フェイスペイント系だ!


とっても、人気のあるバンドのようだ。

Photobucket

でも・・・

「・・・・・・・。」

う~ん・・・


しばらく、彼らの曲を聴いているが・・・

このファッションからも、分かるように・・・

Photobucket

ラップメタル入ってた・・・


ドラムも、ギターも、ベースも、シンプルな旋律で・・・

Photobucket


とても、人気のあるバンドです。

ただ、こりんごちゃんは、ちょっとラップメタルは、苦手で・・・


本当の、彼らのファンの方に、最前列、ど真ん中のポジションを、譲ってあげました。

(こんなことなら、Mushroomhead のサイン会、行っときゃよかったよ・・・(涙))


今からでも、遅くないか?

と、グッツ販売の所に行ってみる・・・


誰~も、いないよ・・・(涙)


でも、Supe のベーシストさんか、彼らのブースにいて。

「めっちゃよかったです!」

と、また、ご挨拶!

一緒に、写真とってもらいましたっ!

Photobucket

お茶目でしょ?


「他のメンバーさんは、どちらに?」

「多分、その辺、どっかにふら付いてると思いますけど・・・」


そっか、皆さんに、ご挨拶して、一緒に写真とってもらいたかったけど・・・

残念。

ビジネスカードだけ、渡して・・・

「では、これからも頑張ってください!」


と、会場を後にしようと、出口に向かうと・・・


あっ!

Supe のドラマーさん発見っ!

Photobucket

ラッキーだったわ~!!!


ささやかな、ネットワーキングも出来て・・・

満足して、会場を、後にしました!


で、地下鉄に向かう途中、歩きながら、ウチのギタリスト、プチメタル君に、報告の電話をする。

「ちょっと、Mushroomhead,めっちゃよかったよ!

あんた、こんないいショー見逃しちゃって、かわいそうだね。

それから、日本人バンドさんにも、直接会えて、ビジネスカードも渡せたよ!

ちゃんと、ネットワーキングしてきたからっ!」

「で、Mushuroomhead にも、会えた?」

「残念だったけど、会えなかった。」

「えっっ!!!なんで? えっ

彼ら、いつもショーの後、会場の外で、ハングアウトして、ファンサービスしてるのに、何で会えなかったの?」

「だって、彼ら、マスクしてるから、マスク取ったら、誰だかわからないし・・・」

「サイン会とか、やってなかったの?」

「やってたらしいけど、ヘッドライナー見てたから、見逃して・・・」

「Damn!!! なんだよ~!!!

Mushroomhead に、会えなかったのっ!!!」

めっちゃ落胆しているプチメタル。


「だったら、アンタもショーに来るべきだったでしょっ!」

「そうだけど、そうだけど・・・、

こりんごちゃんを攻めるつもりじゃないんだけど・・・

彼らに会えるチャンスを、見逃したなんて・・・

まだ、ツアーバスあった?」

「うん、一応、彼らに会えるかもって、裏口も行ってみたけど、バスはあったけど、誰もいなかったし・・・」

「ツアーバスが、まだ会ったのならば、彼ら、絶対にまだいるから、会えるチャンスあるよっ!」

「え、会場に、戻れって事?」

「オレが、そこに行けないから、こんなこと頼めないし、

明日、こりんごちゃん、仕事速いだろ?」

「うん、朝、8時出勤ですから。」

「Damn! じゃあ、ダメだね・・・(涙)

あ~、こりんごちゃん、そこにいるのに、会えなかったなんて~!!!」

「大丈夫だよ、NYCに彼ら、また戻って来るって!」

「そんなの、いつになるか、分からないもんっ!」

電話越しで、嘆いてるプチメタル。


もう、夜の11時半。

今、会場に戻っても、彼らに会える保障は、全くない。

いまさら、また10ブロック先の会場まで、戻るのか?


「こりんごちゃん、残念だけど、もう遅いし、気をつけて、帰ってね。」

そう言ってるプチメタルをよそに・・・

「あ、いま、会場に戻って歩いてるから、あと、3分で着くと思う。」

こりんご、地下鉄にもぐらず、会場に向かって歩いていた。


「えっ、こりんごちゃん、また戻るの? 

Are you sure?

でも、彼らに会えるギャランティーなんてないんだよ!」

「会える保障はないけど、一応、もう一度、戻ってみる、

でも、期待するなよっ!

で、彼らに会えなくても、ウチのデモ、渡せなくても、ガッカリするなよ!」


そして・・・

家路に帰る人々とは逆に、会場に戻る、こりんご・・・


さあ、こりんごちゃんは、Mushroomhead に、会えたのか?


この続きは、次回にね!


奮闘こりんごちゃんに、応援クリックよそしくね。
↓↓↓↓



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

おはようございます。

(日本は、こんばんは、か・・・)


あのね、なんか、知らんけど、落ちてる・・・


木曜日に、Mushroomhead のコンサート見てきて、めちゃくちゃいいショーで・・・、

http://2.bp.blogspot.com/_a-y8mSDWhBE/SKELCaBtlfI/AAAAAAAAApY/r2AYatCrtpk/s320/Mushroomhead.jpg


こりんごちゃん、かなり突っ込み、とんでもないミラクルまで起こしたんだけど・・・


そのこと、直ぐにブロク報告したかったんだけど・・・

翌日の金曜日、なんか、すごく、精神的にダルい自分がいて・・・

こりんごちゃん、なんか、Bad mood で・・・


木曜日のコンサートは、本当に圧巻だった!

Mushroomhead だけじゃなく、Supe って言う、日本人バンドもオープニングでっでてて・・・

すごく感化される、すばらしいショー見せてくれたのよ。


そんでね、ミラクル起こして、ショーの後、このエンターテイメントたちと、直接お会いすることまで出来て、幸せ一杯の こりんごちゃんだったのに・・・


翌日になって、Nothing な自分に、落ちてたのかな?


こりんごちゃん、メタルドラマーとしたら、やっぱり まだまだ、ダメダメで、弱々なわけよ・・・

で、ウチのバンドだって、ローカルバンドにしちゃ、イケてない?って高く食ってたのかも・・・


だけどさ、なんか、なんか、自分がいる世界が、自分自身が、ちっさすぎで、メゲたのかも・・・



あのね、今日、これから、ウチのバンドの、初遠征ライブが、ロードアイランドで、行われるんだけど・・・


「Are you ready to play out? Are you excited about that?」

準備OK? エキサイティングしてるかい?

なんて、超、盛り上がってるウチのギタリスト、プチメタル君から、夕べ電話があっても・・・


「なんで、そんなに盛り上がっちゃってるの?

ライブは、いつでも、ベストを尽くすけど、タダのライブじゃん、まして、ウチラぶっちゃけ、Ready じゃないでしょ?」

出鼻くじくような、ヒドイ言いよう・・・


でもさ、現実は・・・

新しいボーカリストは、3週間前に加入し、この一週間は、彼の友達が死去したため、一緒に練習出来なかった。

遠征ライブだから、ウチラはよそ者であり、客など呼べるはずもなくて・・・

また、対バンが、メタルバンドじゃないらしい・・・(意味ねぇ~!)


そんな遠くまで、時間と金掛けて行く価値があるのか?


「Are you in a bad mood?」

「Yes, I am!むっ


こりんごちゃん、わがままだな・・・

精神的に、安定してない・・・


すべてが、無意味にすら思えて・・・


だけど、きっと、今日、ライブやったら、また元気になれると思う。


そしたら、ちゃんと、木曜日のライブ報告と、自分もライブ報告もしますね。


わがままで、無関心病にかかってる弱々メタルドラマーに、励まし、お願いいします。



励ましクリックも、ヨロシクです。
↓↓↓↓





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)


形あるものは、いつかは崩れる・・・

花だって、いつかは散って・・・コスモス

人間だって、いつかは死ぬのさ・・・ドクロ


かなり重い出だしですが・・・汗


えっとですね・・・


Photobucket


また、シンバル、割れました・・・(涙)


このシンバル、今年の4月に買ったばかりで・・・

1ヶ月半くらいで、クラック入って、もう既に、先月辺りから、ガンガン割れまくりながら、叩き続けてたけど・・・

でも、もうどうにもこうにも、年貢の納め時。


こりんごちゃんのシンバル寿命、かなり短いです・・・(ご愁傷様です。汗

半年持ちません。


「アタシハードヒッターなのよ!」

と、思いたいが・・・

やっぱり、シンバルのヒットの仕方、悪いのかな?


今回は、さすがに、シンバルに保険掛けてたんで、無料で新しいものリプレイスしてもらえますが・・・


楽器屋のお兄ちゃんに・・・

「アタシ、シンバルのたたき方、マズイのかな?」

「う~ん、そんなに早く、割れちゃうもんね。

じゃあ、もっと高い奴、買ったら?」

「ダメよっ! これは、ただの練習用シンバルなんだから、そんなに金かけられない!」


このお兄ちゃんは、ジャズドラマーらしく、シンバルなんてめったに割れないのであろう、かなり驚いていた。


メタルだから?

それとも、下手クソだから?


スタジオシェアしてる、パワーメタルバンドのルイス君に聞いてみた。


「こりんご、それは、メタルだからだよ!」

「ホント!? じゃあ、ルイス君も、シンバルしょっちゅう割れてるの?」

「オレの、全然割れないよ。」

「えっ、じゃあ、やっぱり、アタシの叩き方に問題アリなんじゃん?」

「ちがうよ、こりんごのシンバル、薄すぎるんだよ!

もっと、厚めのシンバルかってごらん!

あのエンジェルだって、以前は、シンバル2~3ヶ月で割ってて、嘆いていて、俺のと同じシンバル進めたら、割れなくなったって、喜んでたよ。

メタルドラマーは、やっぱ他のジャンルより、かなり強く叩くからね。」



はい、こちら、メタルドラマーのエンジェルちゃん!

いかにも、ハードヒッターでしょ?


メタルドラマーを、目指し始めて・・・ドクロ

シンバル直ぐ割れちゃうし・・・

メタルドラマーになる前に、清水の舞台から飛び降りて買った、ジルジャンのAカスタムの高価なシンバルは、今となっては、サウンドが、あまりにシャイニーで、クリアすぎ、求めるサウンドではなくなっていた・・・(涙)


確かに、厚めのシンバルの方が、音的に、重いというか、ゴッツイ音で、メタルっぽいのである。


でも、今のシンバル、保険が2年利くから、叩きまくって、使い切るわよ!


それじゃ、これから、この割れたシンバル、この箱に入れて、リターンしてきます!

Photobucket


早く、立派なドラマーになって、シンバルのエンドースされたいわぁ~



そんで、その後、今夜は・・・


http://userserve-ak.last.fm/serve/500/12989/Mushroomhead.jpg


見てくるわよっ!  (Slipknot じゃ、なくってよ!)


実は、ウチのギタリスト、プチメタルが行きたいと言っていたが・・・

アイツ、高価なアンプを買ってしまい、金欠。

その上、夕べのリハで、過労と、この熱気にやられ、貧血起こした。

メタルなのに、弱ぇ~なぁ~汗


さすがに、今週の土曜日は、ウチのライブ控えてるので、今回は、このライブは断念することになったが・・・


なんとっ!

西の方で(アリゾナ)、パンクバンドでドラマーやってる音使いさん から、メッセージいただきまして・・・、

彼女のお友達バンドが、Mushroomhead と、ツアー回ってて、NYCでも、ショーをやるからと、お知らせくださいました!



こちらのバンド、日本人バンドで、Mushroomhead と、ツアー回っちゃってんのよっ!

スゴイよねぇ~!!!


こりゃ、見に行かなくちゃっちゃっ!

それじゃ、その報告は、またのちほど・・・


ではでは、引き続き、こりんごちゃんの応援も、ヨロシクです!



応援クリックも、ヨロシクです!
↓↓↓↓








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)


昨日、最近、お友達になった、メタルナデシコさんと、OTEPのコンサート見てきました!


ライブ観戦前の腹ごしらえは・・・

ユニオンスクエアー近辺にある、メキシカンレストランの2階のバーで・・・


HAPPY HOUR!!!

なんと、このフローズンマルガリータが、たったの3ドル!

Photobucket


しかも、このつまみは・・・

Photobucket

タダだぜっ!FREE


信じられる、マンハッタンのど真ん中で、このサービス!


さて、OTEPのライブですが・・・

Photobucket

ぶっちゃけ、このバンドに興味はないのですが・・・、

なんと、ナデシコさんから、チケットいただき、ピンチヒッターで、ディナーに引き続き、こちらのショーもまた、タダで見てきたのであります!


タダに弱い、35歳・・・。(ただの、おばちゃんやんっ!)


さあ、ライブレビュー行きますか?

http://2.bp.blogspot.com/_35eom8JYQZQ/Sey9z4VE1YI/AAAAAAAABCg/YU6pbep1SAw/s400/otep.jpg


このバンド、数年前に、なんかのバンド を見に行ったとき、その前座やってて見たことがあった。


女の子シンガーなんだけど・・・

やっぱり、女の子だから、声帯とか、男と違うし、なんとなく、彼女のスクリームは好きではなかった。

しかも、その時、なんでまた、NIRVANA のカバーやっちゃったんだよね・・・

アチャチャチャチャって、こりんごちゃん、どん引きだったよ・・・汗


カバーソングって、チョイス間違えると、ズタボロだぜ。

そんなんで、もう見ることないだろうと思っていたこのバンドを、また見ることが出来て・・・


タダってすばらしいっ!

(タダ、タダと、おばちゃん、しつこいっ!)


しかも、調子こいて、マルガリータを2杯も飲んでましたから・・・

胸が、ムカムカスするのは・・・、酒のせいよ。


で、バンドの感想はと言うと・・・

Photobucket

ふむ・・・

やっぱり、彼らの楽曲は、好みでない上・・・

彼女の、ハイピッチスクリーミングと、メタルにしては、フェミニンな歌声が、どうも、こりんごちゃんいはしっくり来ない。

Photobucket

でも、ロートーンのスクリームは、女の子にしては、結構いいんでない?


このバンドのパフォーマンスは、コミックバンドのように、ボーカルの彼女のお色直しが、売りだったりするようで・・・


メッシュのネットをかぶってみたり・・・

Photobucket


豚のズラ、振り回してみたり・・・

Photobucket


シルクハットまでかぶっちゃって、マジシャンか?

Photobucket


で、レースの布で、顔を、覆いかぶしたり・・・

Photobucket


まあ、観客としては、次、何やってくれるの?

って、期待して待ったりしちゃったけど・・・


それが売りのパフォーマンスって、なんか、こりんごちゃん的には、違うと思った。

(ただの、小細工やんって、思ってしまう。)


モッシュピットなんかも、出来てたけど・・・

Photobucket

いつも、見に行ってる、ゴッツイ男メタルバンドのショーとちがって、

なんか、マイルドで、か弱くさえ見えた。


みんな、ショーを楽しんでたけど・・・

Photobucket

このバンド・・・、

バンドと言うよりは、彼女と、その仲間達みたいな・・・


なんか、日本みたい・・・

日本もさ、バンドって言っても、結局、フロントだけが目立って・・・、

メジャーなバンドでも、誰がギターで、誰がベースで、誰がドラムって、気にしないでしょ?

ようは、フロント以外は、楽器隊は、誰でもいいみたいな・・・


TOKIOは、別よ。

loveuonly.jpg image by suany1103


多分、ほとんどの人が、メンバー全員知ってて、メンバー全員、人気者だけど・・・

彼ら、バンドというコンセプトではあれど、アイドルグループだから・・・

松岡君が、ドラム叩かなくても、ちゃんとドラムなってるもん!


(この記事、書くので、彼らのYoutube、見たけど・・・、

松岡君、アイドルの割には、なかなかいいスティックの振りだったよ! 

でも、ステージ前に出て来て踊りだしたら、やっぱり誰がドラム叩いてるの?)



こっちじゃ、ちゃんと、どこのバンドのギターがいい、ベースがいいとか、あそこのドラマーがいいとか、あるからね・・・、



まぁ、OTEPに戻って・・・

Photobucket

この、ギターと、ベースが、オフィシャルメンバーらしいけど、全然、目を引かなくて、次に違う人が引いてても、分からない・・・


こりんごちゃん、ドラマーとしては、ドラマー重視で見ますけど・・・

Photobucket

どうやら、このドラマーは、雇われ Hired gun のようだ。

そりゃ、雇われだから、上手だったけど・・・


なんか、寂しかったね。

なんか、バンドのカラーとかがない気がした。


もちろん、彼女の個性で、これだけ人気があるんだと思うんだけど・・・

こりんごちゃんが、目指しているバンド活動と、ちょっと違う気がした。


飲みすぎで、Drunk だったから、アンコールも見ずに、帰宅した。



こりんごちゃん・・・


ちょっぴり、下手クソだけど、憎めない、

バンドにマッチしてて、なくてはならない存在であり・・・


誰からも愛されるドラマーになりたいわぁ~

(言い訳ジャン、下手クソ撤回出来るよう、精進しろよっ!)



応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)


遅くなっちゃったけど・・・、

ちょうど一週間前に見に行ってきたDevil Driver のレビュー書くね。


最近、仲良くしてもらってる、メタル好きのナデシコさんに誘われ、行ってきた!

devildriver.jpg DevilDriver image by circlepitpro09


ユニオンスクエアーの付近にある、メキシカン系のバーで、

Happy Hour ドリンク4ドル、つまみはFree!

突き出しトルティアチップ ピグ 印
バッファローウイング ケンタッキー
メキシカン春巻き  春巻き
ビール ビール

これで、チップ込みで5ドルだよ!


腹ごしらえも完了で、会場のIrving Plazaに、乗り込む!


ぎょえっ!

すごい、メタルヘッドの人ごみ・・・

モッシュピットも、かなりバイオレンスになっております・・・(汗)

Photobucket


オープニングバンドの、このバンド、

Photobucket

なかなか、よかったし、ドラマーのアレンジも、こりんごちゃんの好みのタイプだったので、ぜひ盗んでやろうと、必死で見入ったが・・・

遠すぎて、見えねぇ~よ・・・(涙)


次のバンドが始まる入れ替わりに、何とか人の波をかき分け、ステージ近くまで歩み寄る!

Photobucket

なんと、6Pバンド!

つうか・・・

ボーカリストが2人いたんだけど・・・

2人ともスクリーマーで・・・

意味なくない?

普通、片方がスクリーマーで、片方がシンガー、もしくはラッパーってのなら、ボーカリストが2人ってのも理解出来るが・・・


ここのドラマーも、悪くなかったけど・・・

Photobucket

ただ単に、早叩きって感じで、こりんごちゃん好みではなかった。


次のバンドが、これ、かなりやってくれた!

Photobucket

”EMMUR”ってバンドで、コネチカットのバンドらしいんだけど・・・

シンガーは、クイーンズのアストリア出身なんだって!

アストリアと言えば、こりんごちゃんが5年も住んでいたネイバーフットではないかっ!


しかも、もっと世間が狭いのは・・・

実は、プチメタル君が、今のバンドを立ち上げるのに、メンバーを探してて・・・、

こりんごちゃんを見つける ちょっと前に、ある女の子ボーカリストが、コンタクトを取ってきたらしい。

じゃ、早速、会ってみましょうかって時に、

「バンドが見つかったので、もう一緒に出来ません。 Good Luck!」

と、言われた、そのバンドが、このEMMUR だったらしい!


だけど・・・

上の写真でも分かるように、ボーカリストは、男でしたけど?

多分、彼女じゃ、このバンド支えきれなかったのかな?

2年前のことですし、ここまで大きくなるには、やっぱり野郎でガツンと行かないと無理だったのか?


このボーカリスト、かなり音域広いですし、

ハイトーン、ミドルトーン、ロートーン、とスクリームも自由自在で・・・

ラップ調、クリーン、ウイスパー、と・・・

バラエティ豊かなボーカリストだったよ!


ここのドラマーは、レフティーで、左利き!

Photobucket

だけど、なんかメタルっぽくなかった・・・

(もちろん、こりんごちゃんより、めっちゃ上手ですけれど・・・)


さあ、おまちかねの、Devil Driver!

ところが・・・

取り前の、EMMUR が終わると、結構、帰っちゃう人多くて・・・

Photobucket

でも、やっぱ、貫禄があるね!


パフォーマンスの、キレもちがう!

Photobucket


Cool でしょ?

Photobucket

ドラマーも、すごかったよ!


すごく、男くさいバンドで・・・

かっちょいかったんだけど・・・


こりんごちゃん的には、もう少し、色気あるバンドが好き。



今までは、ライブ見に行っても、ショーが終われば、そのまま帰ってた・・・


「こりんごさん! そんなんじゃダメですよ!

バンドの人たちと、お近づきにならなくてはっ!

まして、こりんごさんは、バンドやってる人なんですから、自分のバンドも彼らにアピールしなくてはっ!」


メタル好きナデシコさんに、そう言われ・・・

それもそうだ・・・


メジャーなバンドのメンバーになんか、会えるハズないと、端から決め付けていて・・・

確かに、とてつもなくデカイ会場でやる超売れっ子バンドに会うのは、アメリカではなかなか難しいんだけど・・


事実、ナデシコさんは、結構、大物バンドのバックステージに行ったり、メンバーと、ハングアウトしたりしている。

こりんごちゃんの好きな、Lamb of God とかにも、余裕で会ってる彼女・・・

これって、ヨーロッパだったら、結構、簡単らしい・・・


「こりんごさん、バンドメンバーに会うのなんて、簡単ですよ!」


と・・・

ツアーバス前で、彼らを待つ!


ホントやんっ!

全然、メンバーと会って、お話交わせるじゃんっ!


こちら、ベーシスト!

Photobucket


んで、こちら、リードギタリスト!

Photobucket


それから、こちらが、ドラマー!!!!!

Photobucket


そして、こちらが、ボーカリスト!

Photobucket


「アタシ、ドラマーやってるんです!」

「おぅ、そうなの?」

「ウチのバンド、ぜひ、お時間ありましたら、チェックしてください!」

ビジネスカードを渡す。

「どんな音楽? まさかメタル?」

「Of course!もちろん、メタルです!」

「Really!? that's really cool ! I'm gonna definitely check it out!」

マジで!? 絶対チェックするよ!

と、ウチのビジネスカードを、お付の人に渡してくれました!


たいてい、バンドのメンバーにCDとか渡しても、ゴミになること多いんだけど、

マネージャーとかに渡せば、聞いてもらえる可能性あり!

すぐさま、その人のところに行き、ビジネスカードだけではなく、CDも渡した!


よかったわ~!

これも、バンドプロモートの、大切な一環よね。


さあ、こりんごちゃん、今度は、ドラムの腕も、上げていかなくちゃね!



今夜、メタルナデシコさんと、Otep のライブ見てきます!

http://2.bp.blogspot.com/_35eom8JYQZQ/Sey9z4VE1YI/AAAAAAAABCg/YU6pbep1SAw/s400/otep.jpg


その前に・・・、

また、チキンウイング、食っちゃうよ!




応援クリック、ヨロシクね!
↓↓↓↓





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。