自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

華やかな理想的街で、庶民的な現実生活を Enjoy する方法! 好奇心と向上心だけで生きる。合言葉は、「やったモン勝ち!」 仕事、恋愛、アメリカンドリーム、日々のつれづれ語ってます。


決別・・・、For ever...



別れは突然やってくる。



こりんごちゃん、メイビーちゃんバンド、完全脱退いたしました。


我がバンドが、自分の意思とは反して解散すれど、自らバンドを脱退した事はなかったが・・・



まるで、夕べは、悪夢のような脱退劇・・・



いままでの我がバンドは、自分もそのバンドが好きで、喧嘩したが、何か信じれるものがあった・・・


でも、メイビーちゃんのバンドに関しては、他とは違う、その信じられるものがなかった、

ただ、彼女に誘われたので、ドラム叩いてたけど・・・


いつか、やめるかもしれないなぁって、予感はしていたが、


まさか、それが夕べ爆破するとは・・・



しかも、最悪な決別で幕を下ろした・・・



夕べは、結構ショックで、ブロクアップもで出来ないほどで・・・


いまでも、そのこと思い出すと、心がチクチクする・・・



メイビーちゃんが、まるで別人のような鬼女に変わった・・・



バンドメンバーのスケジュールが合わず、リハが週2で出来ない事にイライラしていたメイビーちゃん。


こりんごちゃんに、無理なスケジュールのエゴを押し付けてきた。



でも、ムリは無理、こりんごちゃん、仕事ありますから、どうしたって夕方6時にはリハ参加できない。


8時にしてくれないか? と頼むと、他のメンバーがムリと・・・



こりんごちゃん、リハをしたくないと言っているわけではない、

仕事を早くなんて切り上げられない・・・



こりんごちゃんは、現在の職場のボスのサポートがあって、USにいることが出来るのだから・・・


移民の気持もわかってよっ! と、こっちもイライラしてくる。



もともと ゾッコンでほれ込んだバンドじゃなかったし・・・


ここが引き際かな?って思った。



I tried to give you my free time for the band practice as much as I can,

(バンド練習のために、出来る限り時間調整した。)


But I can't be flexible only for the band. 

(そでも、そんなに、都合よくはバンドのためだけに動けない。)


I don't want to bother you, so you can find a new drummer if you want.

(迷惑かけたくないから、それがイヤなら、他のドラマー探してもいいよ。)



そしたら、メイビーちゃん、ブチギレた・・・



You are an asshole!!!



グサッ!  my heart hurts...



この、侮辱なメールで、こりんごちゃんへの悪口イングリッシュが炸裂・・・


恐ろしかった・・・


You are a shitty person!

Don't fuck my band!


全文コピーで載せるには、かなり放送コード引っかかるので・・・



こんなに、冷酷で、ひどいメールをもらったのは、人生で初めて・・・


まして、2ヶ月だけでも、一緒に活動したバンド仲間からだよ・・・



脱退宣言ほのめかしたら、


辞めるのは勝手だが、9月のNYCと、ワシントンDCのショーやってから、やめろ!


と、言われ・・・



もちろん、迷惑かけないためにも、9月のショーはやるつもりだったが・・・


そんなメールをもらった後に、一緒に音楽なんかやれるか?



I was going to play September's shows, but after the mail you just sent me I'm not going to play with you anymore.

(やるつもりでしたが、このメールをもらった後で、貴方とプレイなんか出来ると思います?)



そして、メイビーちゃん、さらに豹変!



You are an asshole.

don't play with us, It's your loss,

I don't even want to look at your face.


(もう、あたし達とプレイするな!全部お前の失態! お前の顔すら見たくもない!)


それから、F words の暴言のオンパレード・・・



マジ、怖かったし、哀しかった・・・


脱退してよかったって思ったけど、辞めたことが悲しいんじゃなくて、その人間の豹変

メイビーちゃんの態度が、哀しかった。


いままで、生きてきて、こんな風に人から暴言はかれたのは初めてで・・・


しかも、それが英語と来たもんだから・・・、


心の傷は、ちょっと痛い・・・



最後に、ご丁寧に・・・


Good riddance to bad rubbish...


と書かれていた・・・



これ、別れ際の最高な侮辱。


役立たずなクズは、捨てた方がいい! いなくなってせいせいだ!



そこまで言うんだ・・・、



ドラムの先生が言っていた、


「どんな事があろうとも、ミュージシャン同士が切れる時は、仲間割れでなく、ナイスに縁を切るべきです!


音楽界、どこでどうつながってるかわかりませんから。」


と言っていた・・・


ローカルバンドとは言え、ミュージシャンでなくとも、やっぱり終る時は、あと腐れなく、ナイスに別れたかった・・・



でも、そんなメール送られてきて・・・


しかも、ヴォイスメールまで残ってて・・・



これ以上、人間の豹変ぶりを見たくも聞きたくもなかったので、ヴォイスメールは聞いていない。



この出来事、深夜12時から2時まで続いた、Nightmare (悪夢)だった・・・




バンド活動してて、いろんなことあったけど・・・


Worst 1 な、苦い経験になった・・・




結局、彼女のバンドは、バンドじゃなくて、単なる彼女のソロプロジェクトの延長で、たたライブバンドでやりたいってのがあったから、バンドフォームアップされたけど・・・


そのドラマーなんて、誰だってよかったんだよ・・・

彼女の思いどうりに動くドラマーならね。 (マシーンでも使えば?)


ドラマー探すの、NYCじゃ大変だから、ちょっと知り合いの こりんごちゃんに叩かせたってだけで・・・


だから、こりんごちゃんも、それ、薄々感じてたんだろうね。

はじめから、なんか、他のバンドと違うって思ってた。



だから、脱退出来てよかったんだけど、


ココロが、痛むわぁ・・・(涙)



結構、図太い神経の持ち主こりんご、かと思いきや・・・


翌日になっても、ストレス的に そのことばっかり気にかかっちゃって・・・

朝食も、ランチも、食欲なかったこりんごちゃん・・・


ドラムの練習も出来なかった・・・



案外、繊細だったのね・・・



でも、そんなことでメゲてるわけにはいかない!


力つけて、乗り越えなくちゃって・・・



ディナーは、T-born Steak (T-ボーンステーキ)!


ホントに、繊細なのか?  そのギャップは・・・?(汗)




またこれを、恋愛に例えると・・・


結婚前までは、必要以上に優しくて・・・

何となく、彼と結婚してしまって・・・


ふたを開けたら、暴力夫だった・・・


ライブまで一緒にやったけど、実質2ヶ月のバンド活動だもん、

スピード離婚出来てよかったよ。



今年になって、バンドのゴタツキ多いなぁ・・・



このバンド、最初の決断からまちがっていた・・・

自分がそんなにノリ気じゃなかったのに、何となくで始まったんだもん・・・

やっぱり、もっと自分を信じていくべきね。



最悪な結末だったけど・・・、


これもまた、バンド活動の上で、いい経験になり、

また、人生勉強でもあったよ。



またあの侮辱ワードを思い出すと、ココロ痛むが・・・


後ろ降り返らず、進んでいこう!



女は、傷ついた分、強くなれるのよ!




女神度は?

あんな風に、人のこと傷付けられない・・・

そんな自分でよかった。 星、☆☆(ふたつ)




AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)


今日は、プチメタル君との2回目のリハ。



このバンドは、ただいま、プチメタル君 (Guitar) と こりんごちゃん (Druns)の2人ですが・・・



「こりんごちゃん、ヴォーカリストと コンタクト取ってるよ!


ギタリストも、見つけないとね。


(プチメタル君は、将来的にはベースを弾く予定)


メンバー見つかったら、このスタジオじゃ、ちょっと狭いよね。


持ち曲、あと どれくらいあったらいいかな?


まずは、メンバーのオーディションする前に、オレラ2人、もっと練習してタイトにならないとね。」



オーディション!?


こりんごちゃんが、される側でなくて、する側なのか?



彼のアタマの中では、かなり バンド構想が広がっている。



バンドに真剣で、しかも、一メンバーとして真剣に扱われている事はうれしいが・・・



こりんごちゃんの想いは複雑・・・



まだ2回しか一緒に練習してないってのもあるが・・・、


ギターとドラムだけで、ベースもヴォーカルもいないから、まだバンドとしては、全然 形になっていない。


もし、これで こりんごちゃんが、もっとドラム叩けてたら、もっと形になるのかな?


オーディション受けに来たヴォーカル、ギターが、このドラマーじゃお断りって言われないだろうか?



プチメタル君が、このバンドに真剣なのはわかるが、


そんなに真剣なのに、このドラマーでいいのだろうか?



また、自分をさげすむ発言だが、自分本人がいちばん自分の能力をわかってるからこそで・・・、


ましてメタル経験ゼロですから・・・



確かに、NYCじゃ、ドラマー不足だから、誰でもいいのか?


いや、プチメタル君が、何故 こりんごドラマーでいいのか・・・



=証言その1=

まず、こりんごちゃんが、彼の曲を気に入っていると言うこと。

しかも、明確にそのジャンルをチャレンジしたいと言う意思がある。


=証言その2=

プチメタル君は、Dedication (バンドへの団結力) を重んじ、

テクニックは、二の次である。



結構、そこそこ出来るドラマーって、いろんなバンドかけ持ってて、忙しく、

まして、練習しなくても出来るから、ライブ前に何度かリハして、それでOK!


はい、それまぁでぇ~よっ、見たいなところある。


それって、ちょっとした雇われドラマー感覚で、バンドとしての形にはなれど、見えない絆という形、コミュニケーションは、薄くなる。


こんな こりんごちゃんでこそ、バンド掛け持ちしてるモンね。



だから、プチメタル君は、必要以上に こりんごちゃんの他のバンドの事、気になっている。



「この前のライブ、どうだった?


まだ、そのバンド続けるの? 今後は、どうなるの?」



と聞いてくるが・・・



プチメタル君が、好青年でバンドに真剣なのもわかるが・・・、


信じていた我がバンドたちが、自分の意思に反して次々と解散していった苦い思い出があるから、


何もかも 投げ打って、プチメタル君のバンドだけに飛び込む事は出来ない。



まして、まだ このバンド、メンバーも見つかってなく、サウンド的にも、バンドの形になってない・・・。



そうね、また恋愛で例えたら・・・


短大を卒業して、一足先に社会人になった貴方に、4大生で学生の彼が、


「結婚しよう!」


と、プロポーズして来たようなもの。



迷わず、彼の胸に飛び込めますか?



アタシャ、今の時点じゃ、自分自身がまだショボ過ぎて、彼のサウンドを支えきれない・・・



やっぱり、貴方も、彼の大学卒業を待って、しかも、いいとこに就職決まって、経済的な安定を待ってからって、思いません?



こりんごちゃんと、彼のサウンドが、もっとタイトに安定するのを待って、

しかもメンバーも見つかり、バンドとして形になるのを待っている!




ともあれ、こりんごちゃんは、本当に彼に出会えてラッキーだったと思う!



メタルやりたいっ!


って思って、ダブルベースペダルまで買ったでしょ?



だけど、メタルの道は、そんなに甘くなくて、経験ゼロの初心者なんて、拾ってくれるバンドはいない。


結局、メタルのオーディションを受けるチャンスすら、うやむやで終ってしまった・・・



そんなシビアな中で、プチメタルであれど、こりんごちゃんのドラムでいいと言ってくれる この彼に出会い、晴れて、メタルの道を切り開くチャンスを掴んだ!


まだまだ、メタル初心者だから、彼の曲の どこにダブルベース入れたらいいのか、いや、その前に その曲を普通に叩く事すら四苦八苦気味だが・・・、



彼には、本当に感謝している。 (4大生扱いしたけど・・・。)



貴重な こりんごちゃんのメタルデビューバンドだもの、(まだ、形になってないけど・・・)


大切にするわよ!



プチメタル君のためにも、そして、自分のためにも、バァンっとメタル、カッコよく決めたいわぁ!!!



まだまだ、お披露目は、かなり先になりそうですが、


ゆっくり、じっくり 楽しみながら、成長し行こうと思います。



応援、よろしくね。




女神度は?

新種の花の種、ゆっくりじっくり育てていこう! 星、☆☆(ふたつ)






AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:



人生は、賢く要領よく生きていかないと・・・


いつも思う・・・



どのバンドのリハーサルでも、結構 みんな遅れてくる・・・


Time is money (時は金なり) だそっ!




こりんごちゃんの我が人生は、要領良くも悪くも、両者2面性持ち合わせたの人生だった。

それを、本人が満足してるなら、ヨシなんだけど・・・


こりんごちゃん、6年前に、ふらり一人旅で、NYにやって来て、

ズギュンっ脳天打ちぬかれ、渡米決意しましたね。



(なんちゅう、安易な理由じゃ?)


だけど、親にせがんで海外留学させてもらえるような歳(28)でも、ご令嬢でもなかったから・・・


自力で、なんとかせにゃアカンわけよ・・・



で、その年(2001)、NYに年間で6回も行き来し、NY偵察をした。


これ、かなり要領悪いが・・、


実は・・・

ペンパルの友達に会うため
マイレージためるため
有給フルで使い切るため

ってな、結構、ズル賢かった?


その間、要領も、運もよく、インターネットで仕事を見つけ、駅前留学もこなし、渡米準備は、要領よく進んだ。


そして、2002年に渡米。

最初の一年間は、観光客のように羽目はずし、NYライフを楽しんだ。

いろんな観光スポット訪れたり、
いろんな異国の男の子達とデートしたり、
昼も夜も、NY生活を満喫したが・・・


でも、それが何年も続けば、飽きるわけよ・・・


そのNYCが こりんごちゃんを帰国したいと思わせさなかった理由は・・・

みなさんも、もう承知の・・・ 


音楽との出会い!


いまでこそ、こりんごちゃん、しがないミュージシャンぶってますけど、
日本にいた頃は、J-Pop しか聞いたことない、普通の人だったのよ。


NYCには、毎晩、いろんなところでライブショーやってて、それが手軽に見れて・・・

そうしているうちに・・・、


「アタシも、ステージに!」



って、バンド組む決意したでしょ? (これまた、なんちゅう安易な・・・)



バンドを組むためには、楽器が弾けなければ!

と、ギターを習い始め・・・(詳細ココ


これも、かなり要領悪かった・・・、


1年間、ひたすら頑張ったが・・・、

たぶん、夏のキャンプファイヤーメラメラなどのリクリエーションで、みんな輪になってアコギで・・・


「燃えろよ、燃えろ~よ~!メラメラって伴奏出来るだろうケド、


バンドでバリバリ引けるほどの腕前に、なれるはずなくて・・・、


キャンプファイヤーで、歌ってる場合じゃないのよ、アタシは!!!

と、バンドメンバー募集の告知は、いつも「ドラマー求む!」 だったので・・・


要領よく、切り替え早く、後腐れなく、さっさとドラマーになった。

(詳細ココ 、もちろん、コレも安易な行動。)



いまでこそ、いろんなバンドに入って、ドラム叩かせてもらってるけど・・・

まだまだ、ひよっこドラマーでね・・・ヒヨコ ピヨピヨ・・・


要領よく、ドラム習い始めて半年でバンドに入ったけど(詳細ココ )、
で、ステージに立つ夢もかなえたけど(初ライブ )・・・


それは、実は要領 悪かったのかな?


基礎もないまま、バンド活動始まっちゃったから・・・


2年半たった今も、常にアクティブでいたいっ!

なんつって、いろんなバンドに入り続けてるから、


己の練習って、バンドの曲練ばっかなんだよね・・・。


ブロクで知り合った、天才キッズドラマーたち
myspace で知り合った、NYCのガールズドラマーたち
NYC,全世界の凄腕ドラマーたち・・・

こういう人たちに中で、「自分も、ドラムやってます!」 なんて、ちょっと肩身狭いわけよ・・・


で、また、安易なんだけど・・・、


不安でスティックコントロールブック引っ張ってきて・・・


タカタカタカ・・・・タタカ?(汗)

みたいな、危うい練習初めて・・・・


ドラムの先生が言ってた、


「無駄な練習を丸1日やるより、ポイントつかんだ練習を15分やったほうが、効率いいです。」



確かに・・・

スタジオで、闇雲に数時間ライブドラム叩き続けても、つかれるれるだけで・・・



最近、朝起き掛けに、疲れが抜け切れてないと思うことしばし・・・


無意味な練習しすぎ?

ジャンクフード食べすぎ?

睡眠不足?


年による衰え? (←完全否定希望)




人生は、やっぱり要領よく生きていった方がいいよね・・・



って、今日、土曜日のバンドリハも・・・



律儀な日本人の こりんごドラマー オンタイムでスタジオ入りなのに・・・


誰もいねェ~よっ!!!



15分遅れで、ギター、ベースら、来たくせに、


チューニングに また時間がかかり・・・、



大体いつも30分は リハ遅れる・・・

お前ら、要領悪くないか?


ドラムのチューニングは、よっぽど Out of tune じゃない限り、

前のドラマーのチューニングのまま Go してしまう お前が、偉そうな事言うなっ!


言い訳じゃないけど・・・、


ドラマーがチューニングとか、ウォーミングアップで、ドコドコやると、

遅れてきた上、ジューニングに時間かけてるギターどもが、イラってするのわかる・・・




貴方は、人生、要領よく生きていますか?


(↑、スゲ~お硬い質問だな・・・(汗))




女神度は?

案外、こりんごちゃんも要領いいんじゃない? 星、☆☆(ふたつ)





AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


アメリカのお土産は、何にする?

やっぱ、チョコレートが無難かしらね?


HERSHEY'S (ハーシーズ)のチョコレートは、有名よね。


今日、クライアントの方が、生まれたばかりの赤ちゃん連れてきて、記念にチョコレートくれたのよ!




まあ、こんなの作れるのね!


あれっ?


これ、HERSHEY'S (ハーシーズ) かと思いきや、よ~く見ると・・・


HERESHEIS.... Here she is....(彼女は、ここよ!)


アメリカンジョーク!!!

でも、座布団3つ!!!



本日、金曜日。

フライデーナイトですし、仕事帰りに、マークと待ち合わせで、ディナー。


今日は、湿度も高いので、さっぱりしたものが食べたいわぁ~


寿司、行っとく?


職場からも近く、行ったことなかったジャパレス。


「いらっしゃいませ。」

と、ボーイに言われ、席に案内される。


「Would you like something to drink?」
(お飲み物は、いかがですか?)

と、なまった英語でウエイトレスに聞かれ、

「Do you have KIRIN?」
(キリンビール、あります?)

「Yes, and you?」
(あります。 で、お連れ様は、いかがします?)


アメリカ人と、日本人がいる中で、無理して英語使わなくちゃいけないシチュエーションって、イヤなんだよね・・・、

だって、日本人、どんなに頑張ったって、バイリンガルじゃない限り、発音苦しいもん・・・

自分以外、全員アメリカ人だったらいいけど、
日本人同士で、英語使うのって、すごく恥ずかしいのわかるから・・・、


「お水で結構です。」

丁寧な日本語で返してみた。


「What's that?」 (なにそれ?)

「あっ、ウォーター、プリーズ!」


彼女、日本人じゃなかった・・・(汗)


全く日本人だと、決めてかかっていた・・・、予測不能だったよ・・・



メニューには、レディースセットってのがあって、

前菜
稲庭うどん
寿司
デザート

これで、15ドル! あたしゃ、レディーだし、コレに決定!


寿司も、自分で4貫と、Oneロール チョイス出来る!

まあ、だいたい、チョイスものって、安いネタしか選べないのが相場よね。


「うおぉぉ!!! ゴージャスチョイス!」

真っ先に・・・

イクラ
うに
ボタンえび
サーモン

ネギはまちロール


これで、15ドルは、お得よ!


前菜の皿が来た!


「うわ! インゲンのてんぷらに、魚の甘露煮、ナメタケおろし!」

(写真取れなくて、すまん!)

「ナメタケって、知ってる? ちょっと、甘露煮、やるな! いんげんイカシてる!!!」


感激で、興奮気味の食いしん坊万歳 状態!


「おい、レディースセットを注文した そこのレディー!食べながら喋らない!

飲み込んでから、喋れよ、はしたない!」


と、レディーは、怒られてしまった・・・


次に、稲庭うどんが・・・


「う~! 冷やしうどんで、付け麺汁に、ネギ、梅肉、トロロ!!!」

オ~マイ ゴッド!」


「Hey, the lady! calm down!」
(そこの、レディー、落ち着きなさい!)



ココまで、こんなに盛り上がって、寿司は、どんなことになっちゃうんだろう・・・


寿司



ネギはまちロールは、うまい!

サーモンは、無難にウマイ!

ボタンえびは、Not bad... まあ、アメリカだから、こんなもんか・・・

ウニは・・・、甘みなし、フレッシュ感なし、テイストなし・・・(涙)


頼むよ、終わりよければ、全てよし!
で、残す イクラ様に全てが かかってる、このディナー!



その イクラを ほおばれど・・・・


ち~ん・・・


That's NY. (これぞ、NYの寿司ネタって感じよ!)


まあ、そんなには、悪くはなかった・・・
寿司を、何年も食べていなければ、おいしく召し上がれます!



さあ、デザート!


マークは、寿司、てんぷらディナーセットで、

「Which ice cream do you want, Vanira or Green tea?」
(バニラアイスクリームか、抹茶アイスクリーム、どちらになさいますか?)


こりんごちゃんは、絶対、抹茶にするぞ!


「Lady's set's Dessert is a Jelly & Fruit with syrup.」


えっ・・・?

ノーチョイスかよ・・・、しかも、フルーツゼリーかよ・・・(涙)

こりんごちゃんは、ゼリーそんなに好みではない・・・、(プリン派だから。)


あ~あ~、マークの抹茶アイスクリームの方がいいなぁ~


と、イクラの無念も晴れぬまま、仕方なくフルーツゼリーを待つ・・・ 

ゼリー好きではないが、来るもの拒まず。


マークの抹茶アイスクリームを恨めしそうにめている こりんごの元に・・・


あんみつ


あら~、イヤ~ンラブラブ   


あんみつ、じゃないの~~~!!!




Jelly なんていうから、まんま、


(↓)こういう、ゼリーを想像していたので・・・





寒天だったなんて、予想出来なかったよ!

それが、あんみつよ!


ちと、うれしかった!



たいしたことでもなかったけど・・・

そんな予想不可な、どんでん返しを、読者の皆様にも、おすそわけってことで・・・


Have a good weekend!!!




いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)


パンクロックバンドのオーディション、受けてきた!


待ち合わせの8時きっかりに、そのスタジオで待つ・・・



彼らのことは、myspace の写真でしか知らない・・・

たぶんそれらしきゴッツイ兄ちゃんが、やってきた・・・


「Hey,  you came here to try out, right?」

「イェス、イェス、イェス!」 (ハイは一回でよろしい!)


「俺、マット、よろしくね。」

「貴方がクリスさんですか?」

こりんごちゃんは、クリスさんと、メールでやり取りをしていた。

「いや、マットだって・・・(言ったんだけど・・・(汗)」


「俺がドラマーなんだ。」

「あ”~っ、貴方がドラマーで、ゴザイマスか?

なぜ、バンドお辞めになってしまうのですか?」

「いや、辞めないよ、俺、ギターも弾くから、でも、ドラムも叩けるから、仕方なく今はドラム叩いてる。」


スゲ~・・・、仕方なくで、ドラム叩いてるなんて・・・

こりんごちゃんなんて、全身全霊、マジでドラム叩いてるのに・・・(汗)


スタジオの入ると、もう一人、めっちゃオーラのある、これまだゴッツイ兄ちゃんがいて・・・


「ヘイ、俺、クリス!」


「あ~、貴方様がクリスさん・・・。」


彼が、ヴォーカル! 
スゲー、こりんごちゃん好みのヴォーカルなんだよね。



早速、ドラムセットを自分用にセットアップを始めると、
あとから、やや小柄な男の子と、それほどゴッツない兄ちゃんもやってきた。

各、ギターとベースだ。



「じゃあ、オーティションソングの2曲、大丈夫だよね?

そろそろ始めるけど、ウォーミングアップとかしなくていいの?」

「ええ、まあ・・・」

そんな、余裕はない・・・(汗)



「Alright! let's do it!」


ジャジャジャジャっ!


こりんごちゃんのシンバルから始まる一曲目!

まさに、パンクビートのその曲は、流れにさえ乗っちまえば、こっちのもの!

たた、初めてだったんで、ところどころのフィルでズッコケたが・・・


こりんごちゃんは、テクニックがない分、パワーで強引に押していくタイプだから・・・


「sounds good! you rock!!!」

と、褒められるが、やはり、オーディションで、緊張じゃないけど、エキサイトしてるこりんごちゃん、力はいりまくり!

個人練習のように、もっとスムースに叩ききれたらと、自分のエモーションをコントロールできてないことを、また反省する。


2曲目も、そんな感じで、ささやかなミスはあれど、パワーで押し切った・・・


こりんごちゃん、あこがれのこのバンドで、しかもライブバンドで演奏できてる幸せをかみ締めつつ・・・

みんなも演奏楽しんでるようで・・・、

でも、2曲しか知らないから、何回か繰り返せど、もっといろいろ試したくなってきたらしい・・・


ヴォーカルのクリス君が、

「他の曲もやろうぜ、大丈夫だよ、彼女出来る! 
あの曲なら、OKだろ、マットshow her how to play!」


マット君は、口で、こんな感じの曲だと説明し、自分もギターのコードを把握しなければならないから、メンバーと打ち合わせてた。


「マット! 彼女にどう叩くか、教えてやれよ!」

「オゥ、だけど、俺もコード把握しねぇと、ちょっと待てよ。」


ヴォーカル以外、演奏のための打ち合わせをしていると・・・


バタンっ! クリス君、スタジオを出て行ってしまった・・・


「クリス! おい、クリスってば!」


おわぁ・・・、彼ね、わがままじゃなくて、スゴイ硬派な感じなの、

見方によれば、わがままに映るが、なんかスゴイ オーラがあって、

曲の演奏のことは、お前らに任せた、俺は歌に専念するから、俺が戻ってくるまでに、何とかしとけ、見たいな・・・


オーディションも、順調に進んではいたが・・・

それは、そこまでだった・・・(涙)


ほら、クリエイティブじゃない こりんごちゃんだもの・・

あらかじめ曲知ってれば、ひたすら練習しまくりですからこなせますけど・・・
突然、知らない曲を、一回デモで見せて聞かせてもらったくらいじゃ、叩けますまいっ!


クリス君が戻ってきて、さあ、その曲やるよ・・・


ギター、ベースのみんなに、アイコンタクトで、ここブレイク、ここソロ、と、曲の進行をヘルプしてもらいながら・・・

でも、また、気の利いたアレンジも、フィルも入れられないから、それにあったベーシックビートで推し進めるしか出来なくて・・・

何とか演奏は出来たけど、ドラマーとしては、ショボいな・・・


結局、2曲のオーディションソングと、一曲追加曲の3曲を、繰り返し、
オーディションなのに、思いがけず、1時間もプレイしていた。

スゴイ楽しかったし、みんなも楽しんでいた模様・・・


「Korinngo! you rock!」
(こりんご、スゲーよかったよ! お前、そんなに叩くとは思ってなかったぜ!)

ヴォーカル、ギター、ベースのみんなが越えかけてくれる。


ただ、察知した・・・、

オーディションのパスはない・・・(涙)


ドラマー同士の 暗黙の了解。


このバンドの、もう一人のギタリスト、マット君が、今まではドラムを叩いていたわけで・・・

もしね、マット君が、ドラマーじゃなかったら、もしかしたら、オーディション、パスしたかもしれない。


ただ、マット君、あらかじめもらってた2曲のオーディションソングをプレイした時点では、「コイツ、いけるかも?」って、思っててくれたようだが・・・、


問題の、追加曲で、こりんごちゃんのドラマーレベルを察知してしまった。


みんなが、こりんごのことに盛り上がっている中、マット君だけは、表情が硬かった。

ドラマーやってたら、そのドラマーのレベル、何となく分かるモンね・・・


「You rock, did a good job! We definately contact you!」
(よかったよ、絶対、コンタクトするから!)

と、帰りぎわ、みんなが超えかけてくれたけど・・・


マット君は、

「We gonna try out one more drummer tonight! thank you for coming!」
(おれら、次に、もう一人ドラマー試すんだ。来てくれてありがとな。)

と・・・


ここのドラマーのマット君が、新しいドラマーの決定権、握ってると思うし、
自分でも、ちょっと上のレベルのバンドだったって、分かってたし。(だから、入りたかったんだけど・・・)


でも、オーディション受けさせてもらえただけで、ラッキーだったよな。

めっちゃ楽しかったし。


やっぱさ、自分のレベルもっと上げて、いいバンドに入りたい!!!


いい経験だったし、そう思えただけでも、受けたかいあったオーディションだった。



常に、上目指していこう!



女神度は?
その頑張りに、合格なくても、星、☆☆☆(みっつ)







いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)




嵐は過ぎ去った・・・


日曜日のメイビーちゃんバンド初ライブと、
月曜日のパンクロックバンドのオーティション、


どうなったのか!?


ご報告!


日曜日の、メイビーちゃんバンドの初ライブ!


ブロクお披露目も、お初!


こちらが、The White Noise Supremacists


TWNS



6月下旬のバンド結成から、まだ2ヶ月もたっていませんが、もうライブ、ぶっ放ちました!




こちらが、このバンドを作ったリーダーの


メイビーちゃん (Vo / Guitar)




ウィル君 (Guitar)



(彼に7月下旬に加入したばかり! でも、いいギター弾くよ!)



イフちゃん (Bass)





そして、みんなのアイドル!!! (←思い込み肝心!)


こりんごちゃん (Drums)




(黒人、白人、ヒスパニック、アジアン、全人種集結バンド!)



些細なミスはありましたが、大きなミスもなく、2ヶ月での初ライブにしては、合格!


メンバーも、観客も楽しんだ いいライブだったよ!



ウチのフィンガーちゃんたちも来てくれたし・・・


なんてったって、嬉しかったのは、もう解散してしまいましたが・・・、


The Lipsticks のスーちゃん(ベース)と、アギュレラちゃん(タンバリン)が、駆けつけてくれました!



best rhythm section

こりんご、 スーちゃん、 アギュレラちゃん


That's The BEST RYTHM SECTION ever!!!



リップスティックスは、もうちょっと頑張れば、バンドとして上手く行くであろう有望株だったのにな・・・



The Lipsticks



バンドって、曲だけがよかったり、プレイの腕前だけじゃ、売れないんだよね。


パフォーマンスとか、バンドの個性とか、そう言うの大事!


いつでも、観客に見られてるって意識しないと!



男どものバンドにいると、Guys は、ライブなのに、全くリハと一緒の服装で来るんだよね・・・(汗)


    Naming Rights (解散)

 


  The Naturars (テンポラリー)



   The Holy Fingers


ちょっとは、オメカシして欲しい・・・。



あれ? メイビーちゃんバンド、ウィル君以外 女の子ですが・・・


案外、気にしないかぁ・・・


ともかく、応援よろしくね!



さて、こりんごちゃんの反省会!


いつも、ショー終った後に、我がローディーのマークに、ありがたきアドバイスを頂く。



「ねえ、どうだった、今日のショー?」


「よかったよ、プレイヤーも なかなか悪くないし、

彼女の曲も、バランス取れてていい。


ちょっとボーカルは、声質とかの問題じゃなくて、歌い方の練習が必要かも?


まあ、初ライブにしては、よかったよ!」



「アタシ、スロッピーだったでしょ?


なんで、最近、いつもライブで満足できないんだろう?


練習だと、いい感じに叩いてるのに、ライブになると、緊張じゃなくて、エキサイティングしちゃって、いけないって思っても、力でバンバン叩きたがる・・・


スティックも、握り締めてるのわかるもん・・・(涙)」



力で叩いてるから、体力消耗も早く、疲労気味・・・


grip



で、ほら、ギューって、スティック握り締めてる・・・



bad grip



こんなんじゃ、自分がやりたい、パンクロックなんて、叩きこなせないよ!



「練習じゃ、ちゃんと出来てるのよ!(たぶん・・・)」


「You shoult control your emotion!」

(感情をコントロールしなくちゃだよ!)



コントロール マイ エモーション?



「ライブとなれば、練習と違ってエキサイトするのは当たり前!


そうじゃなきゃ、ライブの醍醐味がでないし、

だからと言って、子供のように、ただバンバン叩けばいいってモンでもない!」


「でもさ、クールダウンして叩いたら、なんか情熱とか観客に伝わらなくない?」


「だから、言ってるんだろ、エモーションのコントロールを!


感情を上手くコントロールするってのは、トーンダウンしろと言ってるんじゃない、

全てに余裕を持ちつつ感情をコントロールしていく!」



そう言えば、リハでは、余裕なんだよな・・・


その状態のまま、エキサイトしろってことか・・・?


スゲー難しい・・・(汗)




「今度のショーで、それ考えながらやって見る!」


「いや、普通の生活でも、お前、感情コントロールすべき点あるぞ・・・(ボソっ)」


「えっ、何か、言いました?」


「いや、別に・・・。」



ともあれ、メイビーちゃんバンドの初ライブは、よかったよ!




じゃあ、感情コントロールして、ロックバンドのオーディション、望めたのか?


で、どうなった、そのオーディションは?



受けてきたよ!



ちょっと、ゴッツイ兄ちゃんたちに、スタジオに連れて行かれ・・・


そして、オーディションは、はじまった・・・




続きは、次回にね。



もう、寝なくちゃ、明日も、仕事だ!




女神度は?

とにかく頑張ってるね、ごりんごちゃん! 星、☆☆☆(みっつ)








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)


人生、予期せぬ落とし穴に、不意に落とされることがある・・・


かなり凹んだ・・・



明日、メイビーちゃんのバンドでの初ライブを控え・・・

きちんと練習してたから、準備万端! 

余裕の意気込みで、月曜日のパンクロックバンドのオーティションの練習に多め時間を費やしていた。

明日のショーも、月曜日のオーディションも、いい感じで望めそう!



今日は、メイビーちゃんバンドのライブ前リハーサル。

余裕かまして、スタンばる こりんごちゃん。

さあ、どの曲からもOKよっ!!!


んっ? 

何が起こったのか、しばらく察知できなかった・・・



全く聞いたことのない曲を、我がバンドメイトたちは、あたかも今までやってきましたよってな勢いで普通に演奏し始めるから・・・


こりんご記憶喪失?


えっ、なんで、アタシこの曲知らないの? あしたライブでしょ?


まるで、竹馬の友、太郎君が、今日いきなり英語で話しかけてきたような、
まるで、山かけてた模擬試験の出題範囲を、全くあやまったような、
まるで、冤罪で逮捕されたような・・・、


そのくらい、青ざめた・・・



「こりんごちゃん、どうしたの?」

「えっ、ゴメン、この曲知らないけど・・・、まさか、明日やるの?」

「Yes,」


No way!!!!まさかぁ~~~!叫び


そういえば、前に、ベースとドラムラインのみのデモトラックが送られてきてたけど・・・

ベースとドラムだけじゃ、どんな曲何んだかわからないし、きっとコレは、まだ未完成曲なんだって思ってた・・・

しかも、先週のリハでは、一切触れなかったし・・・

確か、デモ届いてるよね?とは聞かれてたが・・・

まさか、新曲を、前日に一回練習して、ライブでやるなんて、思いもしないでしょ?


メイビーちゃんの楽曲は、全て彼女がベースラインもドラムラインも作っており、多少のアレンジは可能でが、基本的には彼女のアイデアにそって、演奏しなければいけない・・・

だから、アドリブで何とかってわけにはいかないのである・・・

メイビーちゃんは、気を使って、あえてドラムベースラインのデモを送ってくれたようだが、それが返ってアダとなり、曲がどんなんだか分からないから、もう、お手上げ・・・


全く叩けない・・・(涙)


ちょっと屈辱というか、ショックだった・・・

こりんごちゃん、もらったデモは、次回にはほぼ叩けるようにしてリハに望む、それがポリシーでもあったから・・・

そこに、全く何も出来ない Useless な自分が、痛いほど切なくて・・・



「ごめんよ、15分だけ時間をくれないか?
曲の構成と、基本ビートだけでも把握するから・・・。」


と、スタジオを後にすれど・・・


この曲が、また、悪くないんだけれど、キャッチーじゃないから、分かり図らい・・・(涙)

焦りもあおって、曲の構成すらつかめない・・・・



メイビーちゃんが、こりんごちゃん、どう?って伺いに来たけど・・・


アタシは、アンドロメダでも、ジーザスクライストでも、聖徳太子でもないから、無理なわけよ!


みんなに平謝りで、通常の練習に戻る・・・


だけど、かなり凹んでるこりんご・・・


メンバーは、必要以上に、

「今日のこりんごちゃんは、乗ってるね!

Sounds good!」


と、褒めちぎるが・・・、かえって、その心遣いが、余計に自分を苦しめる・・・


明日ライブなのに・・・


ウチのフィンガーちゃんが、全員に見に来てくれるって言ってた。

と言うのも・・・

フィンガーズのフロント、レノンは、かつてのメイビーちゃんのベーシストとしてバンドメイトだった上、

そのメイビーちゃんと、健在の彼のバンドのドラマーが、こりんごちゃんでかぶってるわけだから、そりゃ、偵察かねてやってくるわけよ!

だから、絶対、いいとこ見せたい、男気の こりんご!


こんな、しょうもないミス犯してますけど・・・


メンバーも、ドラマーが撃沈じゃ、マズイと思って、一生懸命励ましてる・・・

「Don't feel bad, just enjoy it would be fine, should be fun!」
(ガッカリしないで、楽しもう! 大丈夫だって!)

バンドで一人男の子のウィル君は、一応女の子のこりんごちゃんですから、特に心配そうで、

「Sounds good, Koringo! are you alreight?」
(いいよ、こりんごちゃん! 大丈夫だよね?)

絶えず声かけてくれた。


みんな、そんなに心配してくれるなよ・・・


大丈夫なのは分かってる。

だって、その新曲は、やらないことになったから・・・。


変なところで強気だが、そのことで凹んでも、明日まで、ましてステージまで、引きずったりするたまではない こりんご。

どんなライブでも、エキサイトすれど、緊張はしたことない この女ですから・・・


ただ、今、凹んでいるのは、今日のリハで、ひとり記憶喪失になったこと・・・

みんなは、新曲をやることわかっていて練習してきていたのに・・・、
申し訳なさと、コミュニケーションのズレに、自分のうかつさと、英語の引け目を感じて・・・

何も出来ない自分が、そこにいたことが、かなりショックだっただけ・・・



済んだことを、いつまでもグチグチ言っても、始まらないから、

明日のライブは、ババンっと、カッコよく決めて、挽回し、
屈辱の新曲も、即効マスターして、来週のリハには、バッチリ決めてやる!


それしかない!


じゃ、明日のために、もう寝るわ!

夜更かしは、肌に悪いから、スポットライトでボロボロの肌は隠せなくってよ!



では、明日、頑張ります。



女神度は?
うかつな思い込みは禁止! 英語のコミュニケーションを向上させよ!
星、(ひとつ)







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


あっ、忘れてた・・・

こりんごちゃんも、人間なんだ・・・



はあ?



アンドロイドじゃあるまいし、生身の体なんだから、そりゃ疲労ってものがあるわけよ・・・

自分じゃ気づかなかったけど、結構、根詰めてたのかな?



先週のプチメタル君とのセッションから、今度の月曜日のパンクロックバンドのオーディションまで、

怒涛の展開を見せていて・・・


もらったデモソングを、アタマでこなして、その後、実際にカラダこなすわけでしょ?

新しいことをこなしながらも、現在あるバンドのリハも、通常通りこなして・・・



今日は、フライディーナイト! (華金よ! ←死後?)

ここ魅惑のNYCですもの、きらびやかな夜の街へ・・・




は、出かけず、まっすぐ帰宅・・・


ここ最近・・・

クイーンズの自宅 → ブルックリンのスタジオで朝練 → マンハッタンのオフィッスで仕事

この3ボーローを、駆け巡り、それ以外は、寝てるか食ってるかで、とくに地味な、こりんごNYライフなわけよ・・・


今日は、フライデーの上、ちょっと仕事が早めに終わったのもあって、オフィッスを後にする足取りも軽ろやかだった。

すれ違う観光客たちが、ウキウキ、ソワソワしてるのもわかった。


そんな週末の空気の中、疲労が急に襲って来た!


地下鉄の階段を登る足取りが重い・・・

何にもしたくない、考えたくない・・・


タダの怠け者なだけなのかもしれないけど、

帰宅後、ご飯食べるのもめんどくさい有様で・・・
ドラムのこと、バンドのこと、何も考える力もなく・・・


冷蔵庫の中にあった、アイスクリームと、サラミを何となく食べ・・・

ちょっと疲労困憊なのに・・・


ウチの冷蔵庫にサラミが存在してることが、ツボにはまって・・・

(たぶん、マークが買ったんだ、アメリカ人だなぁ・・・)
 

アイスクリームと、サラミって、全然合わないけど、血糖値を上げ、一気にカロリーが補給された感じ!

などと、一人分析して、余分な脳の思考回路を疲労させてしまったな・・・



何となく、フライデーナイトを無駄に過ごす罪悪感を感じつつ・・・

コレは無駄ではなく、これから引き起こす野望のための、充電であると、弁論し・・・
 


パットしてない週末だけれど・・・

みんなが、楽しんだ週末明けから、こりんごちゃんの華金は始まるから!



=日曜日の夜10時=
メイビーちゃんバンド初ライブ @ The Trash Bar in Williamsburg (Brooklyn)


たまたま、NYCにおいでの貴方、こりんごちゃんに会いに来て!


=月曜日の夜8時=
パンクロックバンドのオーディション!

I'll do my best!よ!


では、みなさま、Have a good weekend! 

よい週末を、お過ごしください!





いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)


こりんごちゃん、突っ走る!


昨日のブロクで、新たな野望宣言をほのめかしていましたが・・・


こりんごちゃん やっちゃうよっ!

何を? 


ズキュンって来たんだよっ!

このバンドのドラム叩いてみたいっ!


こりんごちゃん、最近ダブルベースの練習ばかりしてて・・・、

プチメタルの彼のドラマーにも採用されましたから、もちろん新境地のメタル頑張るつもりですが・・・


あたしゃ、やっぱりパンク好き!

You are fuckin punk? (コレッ、はしたないっ!)


パンクと言っても、根っからのパンクパンクではなくて、
パンクロックと言うか、ここ微妙で説明つかないんだけれど・・・


パンクビートって、シンプルなんだけどメッチャ早いっ!
パンクバンドって、激しいけれど、ヘタすると単調でつまらなくなる。

こんなリスクがあるから、ムッチャ早く叩けないし、コレと言っていいって思えるパンクロックバンドも見つけられなかった。


ですが・・・、


来た来たぁ!!!


ついに見つけた!

ヴォーカルもいい!
曲もいい!
バンドのサウンドもいい!


となると、こりんごちゃんのレベルでは、ちょっと上のレベルになってしまって、自分がチャレンジしたいと思っても、デモを送った時点で却下される可能性大!

ですが、スゲ~、こりんごちゃん好みのバンドで、

そりゃ、だめもとでも、コンタクト取らなきゃでしょ!


って、やっぱり返信来なかった・・・(つまり、却下されたってことで・・・)


やっぱ、自分の実力もっと上げてかないとなぁ・・・(涙)

せめて、myspace 上だけでも、友達になりたいと、フレンドリクエスト送った。


そしたら、なんと!!!


「We would like you to try it out if you're availablle.」
(もし都合つくようだったら、俺らのバンドの、オーディションを受けてもらいたいとけどです。)


おおおおお!!!!

もちろん、アタシは、いつだってアヴェラボーよっ!!!


「私目に、チャンスを下さるなんて、期待しておりませんでしたから・・・
ムッチャうれしいでゴザイマス! ぜひトライさせてください!!!」


また、こんな腰の低い、自分をさげすんだ言い方のメールを送ってしまった・・・

だから、返信が来たんだけれど、ちょっと前回のメールより丁重ではなく、ちょっと下見がちなメッセージだった。


「hey girl. so we are haveing a tryout on monday.
(ヘイ、ガール! じゃ、月曜日に君の事、試すから!)

be there at 8pm.
8時に。そこで。)」


それだっていいのよっ!


このバンドのオーディションを受けられるレベルではないのに、それが可能となったわけだから!

このチャンス、無駄にはしたくないじゃないっ!!!


当たって砕けろよ!


猶予は、一週間もないから、すぐに取り掛からねばっ!

ってことで、オーディションソング2曲を、必死で耳コピして、翌日、スタジオにこもった!

週末猛練習して、よく月曜日には、何とか形になりそう!


えっ、アンタ、週末はメイビーちゃんバンでの初ライブ控えてますけれど・・・

しかも、何とか形になるとか、その程度のレベルじゃ・・・、(涙)


そりゃそうなんだけど、このオーティションソング練習してて、めちゃめちゃ楽しいのよ!

わかるかな、この楽しさ、カラダ全部がウレシイ、楽しいって言ってるの!


デモソングとのプレイで、こんなに楽しいんだから、生バンドでやったら、めっちゃ楽しいんだろうなぁ



常に夢はでっかく!

態度もでっかく?


志し高く!

鼻も高く?



当たって砕けろ!

コッパ微塵も、玉砕も、へっちゃらへのカッパ。



週末のライブも、
プチメタル君の練習も、
月曜日のパンクロックオーティションも、

こなしていくわよっ!!!



女神度は?
怖いもの知らず? 知らぬが仏? 星、☆☆☆(みっつ)






いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)



また、こりんごちゃん、一波乱緒起こしそうです!

ちょっと、それに向けて、ブロク書いてる場合じゃないんですが・・・


クイックアップデートということで・・・


先週の日曜日、リップスティックスの我がベーシスト、スーちゃんがライブをやると言うことで、こりゃ駆けつけなければ!

って思ったら、その対バンが、聞き覚えのあるバンドで・・・


From Chicago ?


お~、これは、ブロク友達のYukaちゃん の、旦那様のバンドではないかっ!!!


絶対見逃さないぞ!



と思いきや、その日は、プチメタル君との初セッションの日でもあって・・・

慌てて駆けつけたが・・・


「こりんごちゃん! 久しぶりっ!!!来てくれたのね、ありがとうっ!

But you just missed my show... thanks anyway!
でも、もう私、プレイしちゃったのよ・・・、でも会えてうれしい!)」


あっ・・・、オープニングのスーちゃんのショー、見逃した・・・(涙)


だけど、いま、そのステージでカッコよくプレイしているのは、まさに、Yukaちゃんの旦那様バンドだった!

セーフ!

こちらが、そのバンド Airiel


Airiel

ついにお目にかかれまして、Welcome to NYC でございます。



カッコいいでしょ?

音楽ジャンルは、聞きなれないエクスペリメンタルロックって、
ようは、エフェクトをふんだんに使ったエレクトロチックな音楽。

ステージも、フィルムとか流して、アートとかも取り入れてた。


airiel

(こりんごちゃんのショボカメラでは、そのフィルムまで映らない・・・)


こちらが、ユカちゃんの旦那様(フロント&ギター)

Airiel

カッコいいでしょ?

ウチのギター侍マークと、比較してはいけません!


ドラマーも、よかったよ!
こりんごちゃんと比較してはいけません!

Airiel


あれ? Yukaちゃん? (yukaちゃんは、フォトグラファー)


ドキッとしたけれど、別のカメラガールだった・・・


ちなみに、リードギターかな?


Airiel


みて!リッケンバッカー使ってる!


このギター、ナチュラルズのカート君も、色違い使ってたね。



KC



Anyway...

こりんごちゃんは、パンクロック好きで、メタルデビュー希望ですので、ジャンルが違うけど、よかったよ。


これ、うんちくなんだけと、友達が言っていた。



NYCの観客は、いろんな面ですごくシビア!

と言うのも、NYCにはたくさんの娯楽、エンターテイメントが豊富だから、ローカルバンドのショーなんか友達しか来てくれない。

そこへ行くと、地方は、娯楽が少ない分、ライブショーなんかにもいろんな人が見に来てくれて、バンドグッツ(CD,Tシャツ)なんかも、太っ腹に買ってくれるらしいが・・・

NYCじゃ、生活の物価も高いし、

他の娯楽にカネ費やすから、売り上げは悪いらしい・・・

ユカちゃんの旦那様のバンドは、インディーレーベルあるけれど、それだって別の州から来てるから、客引きは大変だと思う。

この前、他の州から来てたウチの対バン、レーベルあっても、客ゼロだったもん。


特に、平日や日曜日のショーなんかは、客引き、すごくシビアなNYC・・・

だけど、ユカちゃんちの旦那バンドは、ウチのバンドなんかより、客引いてた!!!(うらやましい・・・)



ショーが終わって、こりんごちゃん、旦那様に ご挨拶せねば!

自分のショボイ英語を気にしつつ・・・


「Hi...」

「おぉぉぉ! こりんごさんっ(本名で呼ばれましたけど)

ハジメマシテ、アリガトウゴザイマス!」


思いっきり日本語で対応してくれた・・・

こりんごちゃん、Hi しか言ってない・・・


「こりんごちゃん、いま5つバンド入ってるんだって!?」

「いえ、2つ解散しました・・・(涙)」


うれしかったね、こりんごちゃんのことを、ブロク→ユカちゃん、通して知っててくれたんだ!


久しぶりの再開のスーちゃんとも、語ること多かったので、ご主人様とは、あんまりお話出来なかったが、

最後の帰るときまで・・・

「アリガトウゴザイマシタ! キオツケテネっ!」

って、日本語で対応されました・・・!



そんな怒涛の日曜日を終えて・・・



こりんごちゃんの新たな野望が夕べ動き出した!


昨日は、一切ドラムの練習もせづ、その下準備に明け暮れた・・・



そんなときに限って・・・、


フィンガーズから、新曲のデモが届き・・・


これはウレシイ事だけど、なんとかプチメタルの彼のドラマーに任命された模様!


一曲だけ、カバーソングをやってみようって事で、その曲が送られてきた・・・

他のオリジナルの曲も、来週あたりには送られてくる予定・・・



メイビーちゃんのバンドでの初ライブが、今週末に控えており、

その後、新曲を何曲か練習する予定で・・・



これ、全部こなせるのか?



やってやろうじゃんっ!



どうせ、引きこもりで暇人な こりんごちゃんですから・・・



暇人じゃなくってよっ!


いくつかバンド解散したって、諦めないわよっ!



これを、ハングリー精神と呼ぶのか?


そう言えば、腹が減ってきた・・・



夕飯 食べたら、フィンガーズのリハです。


行って来ます!




女神度は?

常にアクティブ、常にポジティブ、星、☆☆☆(みっつ)





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。