自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

華やかな理想的街で、庶民的な現実生活を Enjoy する方法! 好奇心と向上心だけで生きる。合言葉は、「やったモン勝ち!」 仕事、恋愛、アメリカンドリーム、日々のつれづれ語ってます。


It can't be...


ありえない!



こんなこと、あっちゃいけないっ!




先週の日曜日は、NRのライブで・・・



いや、正確には、ライブのはずだった・・・(汗)



ブッチ~ンッッ!!!



信じられねぇっ!  キャンセルだぁ~~~?



昨日は、あまりの怒りで、その後、地獄に落ちるほど凹んだので、ブロクなんか書けなかった・・・


もしブロクかいてたら、かなりズサンな、恐ろしい憎しみのブロクになりそうだった・・・



一日が経って・・・



また、考え込んじゃう、センチメンタルこりんごちゃん。




ローカルバンドの分際で、ブッキングされたライブに穴を空けるなんて・・・

それが何を意味するかは、ど素人だってわかる・・・


バンドの信頼まるつぶれ・・・

二度とそこでは、ブッキングされないであろう・・・



このキャンセルの理由が、家族の訃報とか、事故、病気、天災、それだったら しかたがない。


だけど・・・


奴等、勝手にリハーサル3週間もスキップしといて・・・

練習不足だから、ライブキャンセル・・・



プル、プル、プル・・・プルル・・・ブッチンッ!!!


(そりゃ、キレルでしょ?)




たまたま観光でNYに来ていた友達が、ライブを見に来てくれる事になった・・・


「日本から、わざわざ ウチラのライブを見に来てくれてる友達がいるのにっ!」


って、ホラまで吹いてみた。



ライブ前日まで、キャンセルか決行するか すったもんだした。



携帯テキストメッセージで、リードギターのジミー君とのやりとり・・・



「Are your friends still coming?」

(日本の友達、まだ来る予定?)


「Yes, they are cming, but even if they don't go, w shuld play!!!」

(来るよ、でも、例え来なかったとしても、ライブはやるべきだよ。)


「No, if they don't come, I'm going to be pissed, I'm only playing this show because they are coming. nobody cases about Sunday night shows. Stop kidding yourself!」

(No,もし、彼らが来なかったら、俺、アタマに来るぜ! 彼らのためだけにライブするんだから! 日曜日のライブなんか、だレも来ねぇよ。 冗談はヤメロよっ!)



このメッセージ、かなり、カチンと来る!


「Fuck you!」 と返しそうになったところを、マークに止められた。



「それじゃ、子供の喧嘩だよ、もっと大人な返信をするべきだ。」

と、マークの添削により・・・



「If that's the only reason, then cancel!」

(それだけが、理由ならば、じゃあ、キャンセルしましょ!)


これは、ただ、Fuck you!とホザクより、スマートかつ、かなりクールに怒りを表現出来ているらしい。


案の定、あからさまに怒りのメールを送るよりも、効き目ありで、



「So, they are not coming?」

(じゃ、彼ら来ないってこと?)


また、賢いマークの添削が入り、クールに気高く怒りも込めて返信。


「They are coming. but it doesn't matter. I just want to cancl.」

(彼らは来ますけど、気にしないで、だたキャンセルしたいだけ。)


「You want to or you don't?」

(ライブ、やりたいの、やりたくないの?」


「Im so mad. let's cancel!」

(頭に来てる、キャンセルしましょ!)


「You are mad. why are you mad I am mad.」

(なんか怒ってるけど、何でだよ、俺も怒ってる!)


「because of your poor attitude!」

(あんたの、その態度に怒ってるのよ!)



これで、携帯メッセージバトルは、途切れたものの・・・


心のどこかで、翌日のライブ決行を願っていた・・・



だけど、当日になっても、連絡は来づ・・・


こりんごちゃんサイドの、ベースJJ (彼も、ギターたちに腹立ててる!)が、仲裁に立ち・・・

話し合ったところ、勝手なギターたちのリハキャンセルに続き・・・


結局、ライブまで、キャンセルとなった・・・



最悪な敗訴・・・最悪な結末・・・



このブロクを書くのに、ジミーとのやり取りを書いてたら、また腹がたって来た!




マークと我が友ちゃんから、同じアドバイスされた・・・


「彼らと、こりんごのバンドに対する想いは違うんだから、仕方ない。

それが嫌なら、辞めるしかないよ。 また、同じ様な事は、この先もありうるから。


リップスティックスと同じくらい、一丸となれるバンドを探して、2つに専念すれば?」


(あれ? 2つ? フィンガーズも辞めるってことか?)



そうなんだよね・・・



なのに・・・、NRのデモ聞いてると・・・


ロバート君の作る曲、好きなんだ。

ドラムの勉強にもなるし・・・



こりんごちゃん、即行動に移すタイプだから、新しいバンド探して、2通ほどメール出してみた。


「Thank you for contacting. but you may not be the drummer we are looking for.」

(連絡ありがとう。だけど、たぶん君は、オレラが探してるドラマーじゃない)


って、言われたけど・・・、

一緒に送られてきたデモ、こりんごちゃんの好みじゃないから、こっちから願い下げよ!って強がってみる。



バンド探しって大変だよ。


趣味や好み、テイストがあった上に、人間関係とか、バンドの雰囲気とかまで会わなくちゃね。



そんな中で、自分の好きなバンドにめぐり会えたことは、すごくラッキーなことで・・・


やっぱり、そう簡単には、辞められないよ!


(NRとは、バンドに対する情熱の注ぎ度が、ちょっとヅレちゃってたけど・・・)





そんな矢先に・・・


NRのバンド楽曲を全て手がけてる、ボーカル&リズムギターのロバート君から、メールが届いた。



Koringo,

I sent an e-mail I sent to the booker at Arlene Grocery. I don't want you to be blamed for us missing the show.

_____________________________________________________________________

The guitar player was responsible for missing the show, not Koringo. This is important because Koringo is in a bunch of bands, does bookings, and would never fuck up like that. Our band will probably break up as a result of this fiasco, so I don't expect to ever need to be booked again. But Koringo will probably want to be booked and I want to make sure she can be. Missing the show was not in any way her fault.

Sorry for our fucking up,
Robert


こりんご
こりんごが、ライブをスッポカしたオレラのために、非難されて欲しくないから、ライブハウスにメール送っておいた。 

(ライブハウスにロバート君が送ったメール)

ライブをすっぽかしたのは、この私しギタリストの原因であり、こりんごのせいではありません。

これは、非常に重要なことです。なぜなら、こりんごは、他のバンドにも所属しており、ブッキングをし、このような失態をおかした事は、けしてありません。

私たちのバンドは、このような不面目な失態の結果により解散するかもしれません。
ですから、再びブッキングされるなどと期待などしていません。 

しかし、こりんごは、ブッキングされたいと思っているかもしれませんし、彼女が、ブッキングされるであろうことを確認したいです。

ともかく、ライブをすっぽかしたのは、彼女のせいではありません。

私たちの失態を、お許しください。
ロバート



こんなメール届いたら、グッと来ちゃって、許しちゃうジャンかよ!



バンド活動って、大変・・・




人との出会いって、偶然のように見えても、それは必然で・・・


出会った人、事、全てに、意味があるっていうよね。



結論を急ぐ事もないしね・・・




女神度は?

些細な言葉のやり取りで、相手の出方、相手の気持すら変えてしまう・・・

それが、違ったランゲージ英語ですから、勉強必須じゃない?

星、(ひとつ)






AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)



ココロと、カラダが疲れてる・・・


ほぼ毎日、バンドリハーサルで・・・
それは、けして苦痛じゃない・・・

苦痛なのは、リハーサルのドタキャン・・・


「cancel the rehearsal tonight.」
(今夜のリハ、中止ね。)


こんな連絡が届くと、ガッカリ通り超えて腹ただしい・・・


夕べの、ガールズバンド、リップスティックスのリハも、ドタキャンで・・・

ひどいのは、NR・・・

もう、彼らブルックリンGuysと、3週間も会ってないよ・・・

って、オイ! 明日、NRのライブじゃんかよっ!!!


「練習不足のため、ライブ中止にするから、ブッキングGuyの連絡先、教えて。」

そんなメールが、ジミー君から届き、こりんご、ブチ切れ!!!


「勝手にリハ中止にしておいて、ライブをキャンするだぁ?

練習不足は、お前らのせいだろ! 


誰が、このブッキング取って来てやったと思ってるんだ!

I'm really upset with you guys!  WTF!!!

もういい! 責任あるから、このライブは絶対に結構してもらう!
その後は、リハ中止しようが、ライブキャンセルしようが、バンド解散しようが、オメエらの好きなようにしてもいいから!


って、面と向かって言えたらいいけど、全部メールで・・・、ちょっと、カッコ悪い?)


もう辞めようかな、NR? って思ったけど・・・

どっかで、辞めたくないって思ってる自分がいてね・・・


奴ら、悪い子じゃないのよ、

前に言ってた、俺らはおのおのゴールは違うけど、一緒に形を作り上げたいって・・・

彼らは、ビックになろうって欲とか、勢いがちょっとなくて、趣味の延長なんだって、分かってた。
それを、ちゃんと正直に言ってくれてたし、上目指すこと、強制も出来ない。

彼らとは、こりんごちゃんの英語力と、性別の違いからか、お互いがギコチないのに・・・

居心地は悪くない。  まして、ロバート君の作る曲も悪くない。



バンド活動って大変だ・・・

音楽性の問題だけじゃなくて、人間関係、メンバーの思いとか・・・
(こりんごちゃんの思いは、かなり重い・・・)


こりんごちゃんの音楽活動は、それでも毎日忙しく続いてて・・・


華やかなリップスティックスのデビューライブの翌日・・・




 


先週の日曜日。



(↑) この人のライブ見に行ってきた。

Daisuke Tsutsui show @ Kitting Factory



こりんごちゃんは、エレクトロニック音楽は、どうもね・・・、


やや否定気味・・・

だって、打ち込み音楽なんて、ドラマー必要ないし、

機械なんてソウルがないぜ!
やっぱ、バンドでしょ! ライブドラムでしょ! 

って、お前にクルーヴ語れるほどのドラムソウルはあるのかよ!って突っ込まれる前に自分で突っ込んどくけどさ・・・


ところがどっこい・・・



T  That's cool!!!

「打ち込みもいいねぇ!」 なんて思ってしまったよ。


彼も、日本人ミュージシャンで、興味合ったら、Check him out!よ。



日本人は、まだまだ頑張ってるよ!


この前の火曜日、フィンガーズのライブだったんだけど・・・

ウチのバンドの前に・・・

 

Para Para Parasol @ Lit lounge.




って、バンドがプレイしてた。


おおお!!! 

このバンドのドラマーも、ジャパニーズガールじゃん!!!


ナオミちゃん。


彼女は、けして、こりんごちゃんのように、バカみたく狂って叩き続けるハードヒッターじゃないんだけど・・・

スゲー、センシティブドラマーだった。

ほら、歌も歌ってたよ! 



珍しいドラマーの起立でのシンギング!

クリエイティブで、デリケートな、全く こりんごちゃんとはタイプの違うドラマーだった。


で、そう言えば、ウチのバンドの、フィンガーズはどうしたの?


こりんご、これまたブチ切れ!


レノン、ライブ前にビール5本飲んでて、完全に DRUNK だった。
(プライベートで、何かあったらしい・・・)

全曲、叫びっぱなしで、フロントマン、一人で叫んで暴れてた・・・(汗)

その横の、リードギター、べーシストは、いつも突っ立ったままのプレイで・・・

どういうわけか、その日は、必要以上にリバブレーション(音の反響)を 効かせすぎで、メンバーの音が全然取れない・・・


そのうえ、メンバーは、ドラムなんか、ちっとも聴いてないから、みんなが自分勝手な演奏で・・・


もう、フィンガーズも、ダメかな?


こりんごちゃんが、何か忠告しても・・・

「 It was a bad show last night.
(夕べは、最悪なライブだったけど・・・)

Please do our best all our shows!」
(お願いだから、毎回ベスト尽くしてくれ!)

「What are you talking about? 
(なに、言ってるの、こりんごちゃん?)

夕べのライブは、最高だった、 超ロックンロールだった!」


って言っているウチのフィンガーちゃんたちに・・・
 

ロックンロールって、何なのか、疑問がわくだけで・・・


はぁ・・・、疲れる・・・


自分でどうにかできることなら、どうにかするさ・・・

 

だけど、自分だけじゃ、どうにも出来ないことは、どうすりゃいいのさ・・・


とにかく、心身共に疲れてるみたいだから・・・

おいしいもの食べて・・・
十分な睡眠とって・・・

もっと、バンドのことも、気楽に構えたほうがいいかな?


 

自分が楽しまなくちゃ、人なんか楽しませられないモンね。



女神度は?

いまが、踏ん張りどころ! Hanging there!

星、☆☆(ふたつ)








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

The Lipsicks Debut!!!



Debut show


Feb 17 (Sat) 2007 @ Lit lounge. (NYC)



ついに、リップスティックスの、お披露目! 初ライブ!


メンバーも含め、みんなが待ちに待った、期待のリップスティックス初ライブ!



満員御礼! ありがとうございます!



ローカルバンドで、サタデーナイトにブッキングされ、これだけの観客が集まるのは、スゴイことよ!!!





こりんごちゃん・・・


ガールズバンド、リップスティックにドラマーとして所属ですけど・・・


常に、ノーメイクで、NYCを平然とカッポする・・・

口紅すら塗らない。 (メンソレータム御愛用)

ライブは常に、タンクトップにジーンズ


そんな人ですから、ガールズから、ライブ前に、ミッキーのアパートに寄るよう言われ・・・


化粧を施される・・・



予想はしていたよ・・・、


堀の深いアメリカ人ようのメイクが、扁平のジャパニーズこりんごちゃんに施されたら・・・


こんなんに、なるんじゃなかろうかって・・・(汗)




Kind of (↑) こんなん、かな?



makeup


アイラインとか、習字の細筆みたいなので、ビュ~っと入れられて・・・(汗)


化粧、やりなれてないからだよね・・・



だけどさ、そんなのも新鮮で・・・


野郎どものバンドじゃ、こんなのないからね。

やつら、ライブだって、普通の格好でノコノコやってくるから・・・



そこは、ガールズバンド! Sexy に Hot に!!!




The Lipsticks plays out!!!



リードヴォーカル/ リズムギターの、ランちゃん!


lead Vo



リードギター/ バッキングヴォーカルの、ミッキー!


lead guitar



ベース / バッキングヴォーカルの、スーちゃん!


Bass



パーカッション / バッキングヴォーカルの、アギュレラちゃん


TB



ドラムの、こりんごちゃん!


drummer


あれ? ちょっと、ひとりだけ、浮いてる? 気のせい・・・だよね?




「We are The Lipsicks!!!」


って、ランちゃんがバァンって言い放ち、デビューライブは、華やかに幕をあける!



ウオォォォォ~~~!

ヒュゥゥゥゥゥゥ~~~~!



って、観客のスゴイ声援!


「HEAD!!!」


ランちゃんが、最初の曲の名前を叫ぶ。



カツッ、カツッ、カツッ、カッ!!!


こりんごちゃんのドラムスリックのカウントで・・・



はじまっちゃったよ、リップスティックスのファーストライブ!



揺れた揺れた! 


ステージも、会場も、NYCも、そのリップスティックスの熱気で!!!




満員御礼のエキサイトした観客が!

超HOT な、リップスティックスのメンバーたちが!


こりんごちゃんを、調子づかせて、最初から、飛ばしまくり!



腕に負担がかかって、このまま行ったら、全曲叩ききれるのか・・・?


腕で力いっぱい叩きまくって、ドラムの先生が見たら怒られるだろうな・・・


だけど、快感でヤメられないよ、ドラマーでよかった!



自分で、自分がカッコイイって思ってしまったナルシスト・・・(オイオイ)



汗がバンバン飛び散って、ポニーテールが肌にへばりつく・・・


Drums

濡れてるね、乱れてるね、こりんごちゃん!



アタシって、セクシー?


とか、言ってる場合じゃない・・・



リップスティックスは、60年代の garage rock/punk、70年代の glam.

パワーポップ、パワーロックですから・・・


全曲、アップテンポで、バラードなんてないわけよ・・・



腕は、もちろんだけど、こんなに張り切って叩いてる自分よ・・・、

  その体力は、持ちこたえるのか? (いつも、お菓子ばっかり食べてるから、ひ弱だし)


この大量の汗で、歌舞伎メイクは、持ちこたえるのか?


異様に、のどが渇くんですけど・・・



ヤバイな、マジ、腕、疲れきってる・・・



だけど、ガールズは、そんな頑張りすぎてる こりんごちゃんのこと、いつでも気づかってくれる。



LS


「Are you alright?」


って、小声で・・・


こりんごちゃんの体力消耗を 補うために、曲と曲の間に、トークで間を繋いでくれる。



Guitar & Bass


こんなガールズのために、頑張りたいじゃないのよ!



みんなが、みんなで弾けて、頑張った!!!



The Lipsticks ROCKED!!!




ゴージャスな、フロントセクション!


The Lipsticks


パワフルな、リズムセクション!


LS (drum & bass)


パーフェクトでしょ?





ものすごいワンダフルなデビューライブとなった!!!


プレイヤーも、観客も、みんなが満足した夜だった。



だけど、こりんごちゃん、もっとスタミナつけないとな・・・

それから、ドラムのフォームも、ちゃんと勉強しないと・・・



反省することは、たくさんある。



翌日、自分の myspace に、バンドから、コメントが送られてた。



「We love you!」



meeeeeeeee toooooooooooo!!!アタシもよぉ~~!!!)




さて、本日、火曜日の夜は、The Holy Fingers のライブです。

(ちなみに、今週の日曜日は、NRのらいぶですし・・・)


ちと、多忙な こりんごちゃんですが、手は抜かず、フルパワーで、全てのバンドのライブ、こなして行きますよ!




女神度は?

歌舞伎ドラマー、頑張ったよ! 星、☆☆☆(みっつ)











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

         衝動買い・・・



        ウッソォ~んっ!!!



衝動買いの、枠、越えてないかぁ?



まさか、自分が、iPod を買うなんて、思いもしなかった・・・


だって・・・


みんな持ってるから、いらない。 (単なる意固地)

コンピューター音痴。 (やっとCDバーン出来るようになったのに・・・)



CDプレイヤーで、十分!

あえて、厄介な使い方、覚えるの面倒・・・


(これって、完全に、おばちゃん化してる?ハイテク音痴。)



なんで、衝動的に、そんな、高価なもの買ったのか?



じつは・・・



ウチに散らばる、無数のCD・・・


と言うのも、バンドから送られてくる新曲のMP3を、何度焼いても、後からまた追加で送られてきて・・・


無駄なCDが山となる・・・



まして、ズボラな こりんごちゃん、焼いたCDにタイトル書かないから、どのCDにどの曲が入ってるのか・・・


無駄な時間を費やす・・・



自主練の時は、デモソングに合わせながらやるから、あちこちに焼いたデモCDを、そのつど入れ替える・・・


これまた、時間の無駄・・・



そんな姿を見ていた 我が友ちゃんが言った。


「こりんごちゃん見たいな人こそ、iPod 必要じゃない?」




と言うことで・・・、行って来たよ。



Apple store 5th Ave (NYC)



全く、無縁と思っていた店で、全く無縁と思っていたMP3プレイヤーを購入。


しかも、録音するためのマイクまでご購入・・・



「支払いは、クレジット?」


「Yes.」


「Eメールレシートだけど、いい?」


「OK。」



あっさりと、鍵つきの箱らか、iPod 渡されたけど・・・



これが、今の時代の買い物なのね・・・


まるで、何ごとも、なかったかのようだけど・・・

クレジットカードから、350ドルは、チャージされてて・・・


でも、そんな大金のショッピングをした感覚がない・・・



怖い、怖い・・・、カード社会・・・




さて・・・


明日、ついに、The Lipsicks デビューライブでっせ!




ライブ前最後の今夜のリハは、かなりよかった!

明日への、自信が漲るね。



そこで、一曲だけカバーソング、急きょやる事になってたらしい・・・


前回のリハで、ちょっと遊びがてらに、ジャムっただけの その曲が、かなりノリノリだったのは確かで・・・



カード社会より怖い、こりんごちゃんの英語力・・・



今日も、そのカバーソング、ジャムってたんだけど・・・


やたらと、みんな真剣だから、聞いてみた・・・



「あれ? まさか、これ、明日やるの?」


「Of course! そうしようって、決めたじゃん・・・」



げっ!!!


(自分も、賛成してたらしいけど・・・、意味もわからず、OKって言ってたかも・・・)



でも、アタシには、強い見方がいるじゃない!




早速、録音よ!



「こりんご! iPod 買ったの!?I'm jealous of you!」


「へへっ!」



イマイチ、使い方、把握してないのに、録音に踏み切るなんて!


まだまだ、おばちゃん化は、していない!



無事録音終了!  



でも、どうやって聞くんだろう・・・(汗)



とりあえず・・・


CDバーンの必要ナシ

デモソング、リハ中に作られても、直ぐに録音可

ビデオも見られるから、ドラムの画像チェックも可


(この前のナチュラルズのライブDVDと、ドラムの先生のビデオも取り込んで、フォームの比較チェックしよう!)



視覚、聴覚ともに、手助けとなり・・・


いろんなムダも省け、流行の最先端もイッてる?


とにかく、350ドル・・・、ムダ使いにならなくて、よかった!



さあ、今夜は、明日のために、早く寝よう!





女神度は?

今月、ちょっと懐が寒いけど、たて続き3本ライブで、ガンガンいこう!

ビンボーでも、投資するとこは、ケチらずに! 星、☆☆☆(みっつ)






いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ホワイトバレンタイン・・・


って、そんなにロマンチックでもなくて・・・



雪が降り、ストリートが、グジュグジュのNYC・・・



street  ウチの近所、Queens


恋愛も、グジュグジュまみれたりしてない?



花屋さんも、バレンタインムードだけど・・・


花屋


雪の影響食らってない?



みなさまのバレンタインデーは、いかがだった?


ラブラブだったかぇ?



こりんごちゃんは、こんな日も、ブルックリンのスタジオで自主練!


そのあと、我がトモちゃんと会合のため、ちょっとスイーツでも、バレンタインデーだしね。



ブルックリンのオシャレエリアでの一押しベーカリー!!!!


ヒスパニック経営ベーカリーで・・・

ちょっと胡散臭くて・・・

日によって当たり外れのあるリスキーな店・・・


けして、絶品で、セレブ御用達ではない。

(セレブこりんご、御用達だけど・・・)


正直、8割方、ハズレてるのに・・・

なぜか気になる、あのベーカリー、


マズイッ!!!って言い切ったこともあるのに、


また買いに行く、まやかしのベーカリー・・・



NYCにお越しの際には、きもだめしに、お立ち寄りあれ。



Valentaine


どれも、マズイんだけど、今回は、Not bad だった。


これで、たった4ドル25セント・・・(安すぎる・・・だからか・・・)


チーズケーキは、ハズレないかな?(1ドル25セント)


バレンタインデーなんで・・・


ハートパイ、今回は当たり!


一見ガトーショコラぶってるチョコケーキ、

駄菓子屋のチョコドーナツの味だった。




そう言えば、魚中毒に犯されてた こりんごちゃん、その後どうした?



材料


あっ・・・!!!、サーモン・・・!!!


鮭鍋するんだ・・・、 まだ魚に とりつかれてたんだ・・・




鮭鍋


いいんじゃない?  いけてるんじゃない?


とりあえず、ホワイトデー(3/14)なんて、こっちには厄介なものなくて、よかった!



バレンタインデーだからといって、とくにスペシャルなことはないよ・・・


いや、鮭鍋は、かなりスペシャルだけど・・・

(サーモン、1ポンドで、8ドルなり! ビンボー大奮発!!!)


↑、サーモンは、マークが買ったくせに・・・

 だれかさんは、白菜、しいたけ、ネギ、豆腐 購入担当だったくせに・・・



本日も、すこぶる寒いNYC。


鍋、たまらんね。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ジャンクフードに 犯された この体が・・・

悲鳴をあげているかのように、それを欲して止まない・・・




さて・・・(↑の前置きは何?)


夕べから、スノーストームに襲われたNYC。



今朝は、白銀の世界が広がってて・・・


あっ、今日はバレンタインデーで、ホワイトバレンタインデー?



こっちのバレンタインデーは、日本と違って、男女関係なく、愛する人全てが対象となるが・・・



こりんごちゃん、冷静ジャン・・・



うん、実は、マークが14日は、仕事で遅くなるので、

バレンタインディナーは、もう週末に、済ませてしまった・・・




「バレンタインディナーは、何が食べたい?」


「サバっ!!!」  (キッパリ!)



「Saba・・・?」


「マッカローのことだよ!」



「へっ!? バレンタインディナーですけど・・・


フレンチとか、イタリアンとか、もっとロマンチックじゃなくて、いいのかな?」


「サバ! サバで お願いします!」



そう、それは日曜日の事・・・


突然・・・



「あぁ~、サバ食べたい!」



それ以来、他の事考えられなくなって・・・(サバのことだけど・・・)


最近は、バンドリハに忙しく、ドーナツやマフィン、ピザやポットチップスで済ませていた、ジャンキードラマー。


そんな我が身が、最後のキケン信号を発信したのか?

ガラダが、青魚であるサバを欲して止まなかった・・・



でも、よりによって、バレンタインディナーにかぶるなんて・・・(涙)



焼きサバ定食なんて、ちょっとチープだし(栄養価高いけど。)、ロマンチィックじゃないので・・・


しかも、マークとの付き合いも3年になろうとしてるから、合理的に、おたがいがディナーをおごり合うということで・・・、


自分が食べたかったサバをサーブする、ジャパレスは、こりんごちゃんが持つことになり、翌日、マークが改めてバレンタインディナーに誘ってくれる事になった。



じゃんっ!


こりんごちゃんからマークへ、バレンタインディナーご招待!

(自分本位で、マーク No choice だったけど・・・)


VD


塩サバ定食! (マークは、鮭のバター焼き。)



くぅぅぅぅぅ~~~~! カラダに染み入る、そのサバの油・・・


カラダが喜びで震えちゃったよ!



さて、マークが日本語の練習で・・・


「キリン、オネガイシマス!」って日本人ウエイトレスに注文。


「I'm sorry...... we don't have......」 (英語で返答の日本人ウエイトレス)


「サッポロでもイイデス!」日本語で聞き返すアメリカ人マーク)


「Sorry but our liquor licenc expired.」 

(申し訳ございません、リカーライセンスが期限切れで、酒の販売 出来かねます。)


「よろしければ、となりの日系スーパーで、ビール購入され、持ち込んでもらって構いません!」


で、バシリのこりんご、隣りのスーパーでビール買い込み。


なんか、オモロい。 NYっぽいだしょ?



翌日・・・



「今日は、俺がバレンタインディナーおごるから、何がいい?」



「サンマっ!」


「Huh? (はぁ?)」



アタシってば・・・、なんて安上がりな生臭い女なんでしょう!



ラブラブ バレンタインデーだって・・・、

体がサンマを欲しがって、うずくのよ!


ロマンティックなバレンタインデーだって・・・、

青臭く生臭く行きたいのよ!



マークから こりんごちゃんへの、バレンタインディナー


サンマ


くっ、くぅぅぅぅぅ~! もう、死んでもいいです。ホントはイヤです。)



なんか、オヤジ臭い生臭いバレンタインデーディナーだったけど・・・



オヤジィィ~、焼き鳥、ア~ンしてみぃ~


yakirori



そして・・・



食後


ネコその猫ちゃんは、サンマをペロリとキレイに完食!


こうして、こりんごちゃんの青魚バレンタインは・・・

ヘルシーだけど庶民臭く、オヤジ臭く、生臭く終りました・・・



いや・・・生臭さ、続いてるらしい・・・



翌日、リップスティックのリハが9時からマンハッタンで行なわれるが・・・


クイーンズの自宅に帰宅したのは7時で、

リハ前に、軽くなんか食べておかなきゃ・・・




こ、こりんごさん! What are you doing? (何やってんのっ!!!)



焼きサバ


ゲッ!!! 魚、焼いてる・・・(汗)


時間ないのに・・・、かなり重いじゃん・・・(汗)




NYCに4年住んですけど・・・


魚なんて、焼いたことないし、みんな こっちに住んでる人、焼かないと思う・・・


煙で、臭いつくし・・・
こっちの魚、なんか怪しい・・・


だけど・・・


換気扇回せばいいんじゃん!
怪しいのは、己もで、お互い様だ!


ってことで・・・



サバ


サバ(Mackerel) ご購入。


グロイでしょ? そのグロさに、買うのためらったけど・・・



焼いちまえばこっちのモン!



sabayaki


モクモクモク! ここ、NYCですけど・・・(汗)、 煙出まくりっ!!!



じゃんっ!



焼きサバディナー


自家製、焼きサバ定食! (6ドルは、かたいね。)



この皿、覚えてる? 


そう、こりんごちゃんが、NY特攻隊で、サイキックリーディングに踊らされて、陶芸家の道を歩む第一歩の作品!(歩んでないケド)


(最近、読者になったみなさんは、この記事参照! ココ  )



こりんごちゃん、あんたホントに、Going my way 過ぎるよ・・・(汗)



青魚に豊富に含まれてる、エイコサペンタエン酸だっけか?


なんか、たった3日魚、食べただけですけれど、調子いい感じ!

それ、違った意味で調子いいんじゃない?)



だけど、もう家では、魚たぶん焼かない・・・


だって、グロいし、サバに油乗ってなくて、やっぱりマッカローって感じだった・・・



しかも、見よう見真似で、サバさばいて焼きましたから・・・


指が生臭くて・・・、ドラムスティック握る手も、震える・・・



夕べのリハ、かなり Fucked up しちゃったし・・・(涙)



普通に、魚が食べれる日本が ちょっと恋しい、fishy ドラマーでした。



これから、雪の中、ブルックリンまで自主練に行ってきます!



Have a Happy Valentaine's Day!




女神度は?

魚まで焼いて、自分のエゴ通すのは、アッパレ! 星、☆☆☆(みっつ)

でも、ちょっとウザイ?






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヤマトナデシコ七変化?



夕べ、ちょっと知り合いの 旅行者であるジャパニースガールズ達を引率して・・・


マンハッタンのウエストビレッジにある、Cafe Wha? と言うショーバーに行って来た。




ここで、大昔、あのジミヘンもプレイしたらしい・・・


だけど、今や、このバーも、観光メッカになってる感じ・・・

日本の地球の歩き方とかにも載ってるらしいね。



こりんごちゃんも、渡米当初(4年前)、そこのハウスバンドのグルーピーらしき女子に連れられ、ほぼ毎週通った事がある。



まだ、NYに来て間もなかったから、すごく楽しくてね。


カッコいいハウスバンド

イキなミュージック


酒と女と男と音楽・・・


そりゃ、なんかパラダイスって感じだった。



だけど・・・、



グルーピーにはなれないし、(つうか、アタシのクルーピーになってくれよ!)

なんとなく、飽きが入ってくるのかな?


自分がステージに立ちたいタイプだからね・・・(オイオイ!)



The Naturals11


私生活、かなり地味だけど・・・

ステージじゃ、キラキラでしょ?


Anyway・・・


夕べは、カールズの希望で、そのバーに3年ぶりに行ったんだけど・・・



メンバーもすっかり様変わりしてて・・・


まあ、やってる音楽自体は、変わってなかったけど・・・。



唯一、変わってなかったのは、この・・・



ギタリスト、と言うかシンガー。


カッコいいよね。 

そりゃ、女どもが、Crush on him. で、メロメロにもなるわな。


歌もさ、Pearl Jam, Radiohead あたりを歌うわけよ。(いかにもコケイジアンでしょ?)



こりんごちゃんも、メロメロしたさ!

だけど、夕べ久々に、このバンドのライブ見て・・・



あれ? 彼、案外、ギター大したことなかったんだ・・・って思った。




「ガールズ! 今日はノーカバーチャージだけれど、ミニマム2ドリンクだから!」


酒の弱い こりんごちゃんだもの・・・、ミニマムつけられると、ツライわぁ~



ガールズ!、酒は飲んでも飲まれるな!



「ライトビアーPlease! で、ガールズは、何飲む?」


「アタシ、ヴォッカトニック!」

「アタシ、フローズンマルガリータ!」

「アタシは、ホワイトワイン!」



うげっ!!!  お、お前ら・・・(汗)



「同じのもう一杯、お願いしま~す!」


「アタシもぉ~!」



「・・・・・・(汗)」



全然、ミニマムドリンク、気にする必要ナシだった・・・




「こりんごちゃん、あたしら、こりんごちゃんのライブも見に行くよ!」


そう言って、見に来てくれた人は、いない・・・(涙)



「どんなバンドなの?」



「The Lipsticks は、オールガールズバンドで、土曜日にライブあるのよ!

ガレッジパンク、パワーポップ的サウンドで・・・」


「ギャルバンだぁ! カッコいい~!」


ギャルバン・・・(汗) まあ、そうだね・・・



「その翌週には、The Holy Fingers で、ギタリスト2人も、移民なんだよ。

ブリティッシュロックかな?」


「移民同士だ! じゃあ、それも見に行くよ!」


みんな移民で、傷のなめ合い?



「その次の週が、Naming Rights で、オールブルックリンGuys だよ。

オルタニティブロックだね。」


「ヒュ~ゥ! ブルックリン男児!!! それ頂き!」



えっと・・・、サウンドは気になさいません・・・よね・・・。



やっぱ、見た目! 外見勝負!



パフォーマーは、外見も重視されるわけよ。(視覚効果)


頑固に、俺のサウンドをって、意固地張ってる時代は終って・・・



ライブショーなんだから、そのパフォーマンスだって、重要!




さて、ガンガン飲みまくってるガールズですが・・・


その若さ、そのザル的体力に・・・


付いて行けない33歳・・・


ガールズは、ノリがいいね! フットワークが軽い!



「こりんごちゃんって、何歳なの?」


「Kill you! 殺す!」



言えなかったよ、我が年令・・・(涙)



「ガールズ! こりんごちゃんは地下鉄で帰りますけど、あんたらは、イエローキャブで帰りなさいね!」


「は~いっ!」



なんか楽しかった。


同じ日本人なのに、なんか、お互いが新鮮なほど、異星人で。



ウチラ、みんな ヤマトナデシコ スピリッツがあるはずだけど・・・


それは、昔とは違った、進化した形なんだと、信じたい。




女神度は?

いろんな人に刺激されて・・・、向上していこう!

星、☆☆(ふたつ)






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)



I already miss you!

とうとう、終わってしまった、突発性プロジェクト、ナチュラルズでの、ラストライブ!


The Naturals


カート君、 こりんごちゃん、 クリス君


ちょっと、まるで、ドリカムだしょ?



♪想像もつかない毎日が、送れると思わない?
(想像もつかない毎日を、送ったと思わない?)

♪一緒なら、無敵の毎日が、過ごせると思わない?
(一緒だったから、かなり無敵な日々、過ごしちゃったと思わない?)


♪強引な展開、穏やかな口ぶりだけど、

(強引な展開、穏やかなハンサムだけど、)


♪用意周到、小さな反抗も虚しい。

(用意周到、大きな謙虚も虚しい。)



現実にさ、無謀なナースカロライナのバンド、ナチュラルズは、ドラマーのいないまま、ライブブッキングをNYCしてたけど・・・

なんとか、NYCでのライブは、無事終了で、まさにドリカム(Dreams come true.)なわけよ。



♪ポイントは、まるで違う二人、趣味どころの騒ぎじゃない

(ポイントは、まるで違う三人、趣味どころの騒ぎじゃない)


♪何もかも、まるで違う二人、欲しい物は、ひとつなのに、


♪黒は好きじゃない、モンティーパイソンも、貴方の好きなのは好きじゃない。

(メタルは好きじゃない、The Beatles も、貴方の好きなのは好きじゃない。)




じゃあ、今回も、写真多めで、ナチュラルズ faturing こりんご、ラストライブ報告!


(Kさん、写真協力、ありがとうごさいます!)



2007年2月6日(火) @ Kenny's Castaways (マンハッタン、ウエストビレッジ)


KC

ナチュラルズ & こりんごちゃん、ラストライブ!



出合って間もない、この三人・・・

バンド全体リハーサルは一回コッキリで・・・(汗)


フィーストライブ、ラストライブと、2回もライブこなしました!



前回のライブに比べて、観客も少なかったし、ミスもかなり多かった・・・



KC  

   ちょっと空席が目立つ・・・


だけど、これが最後のライブだと思ったのか?


このライブが、こりんごちゃんのドラマー生活の中で、一番楽しいライブだった!



どれほど、こりんごちゃんが、Happy で、楽しんだかと言うと・・・


ほら・・・


Kenny's2  スマイル!



Kenny's3  ニコニコ!


KC  ウキウキ!


スマイルが絶えなかった。



このバンドのいいところは、


アイコンタクトが、非常に Good で、まさに愛コンタクトである!


KC



これで、お互いの間合いや、気持を計れる。



Kenny's


これがあったからこそ、たった一回コッキリのリハでも、ライブこなせたんだと思う。



プレイヤーの雰囲気が伝わったのか?


観客も、踊りだしたよ!


KC


見えづらいけど、右側の おじさんとお姉さん、踊ってるよ!



そして、その3人は・・・


KC


輝き放ったっ!!! キラキラ



ホントに、いいライブだった。



こりんごちゃん、ライブ終ったあと、


充実感

満足感

脱力感

ちょっぴりセンチメンタル?


これで、この子らとのライブは、本当に終わりで・・・(涙)



I miss you guys!!!



彼らのことが、いとおしくて・・・


思わず、ドラムシートから、パチリとカート君、クリス君を我がカメラに収める・・・

(その姿を、カメラに収めていた Kさん。)


KC



Hey Kurt!


J


「What are you doing?」 (こりんごちゃん、何やってるのさ!)

って笑いながらのカート君。



Hey Chris!

D


「エヘヘ・・・」 ってベース片付けるクリス君。




ナチュラルズ! お疲れっ! そして、ありがとうっ!




女神度は?

もちろん、文句なしの 星、☆☆☆(みっつ)










いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)



Chemistry...


Chemistry


「音楽的化学反応」って由来らしいね。



Our chemistry is right? (相性はいい?)



相性って、あるよね・・・


これってさ、時間をかけたからって、深まるものなのか?


突発性プロジェクト、The Naturals と出合って、考えさせられることがある。



この子らとは、まだ会って間もなく、指折り数える程度しか会った事ない・・・



「なんか、ずっと昔からの友達みたいだよね。」


ホント、そう思える。



もちろん、この子達、アメリカ人ですけれど、全然英語のプレッシャー感じない。


だから・・・


ネコネコもかぶらず、口数も増え、素の自分でいられる。



素の自分・・・



これってさ、英語が出来ないからって問題じゃないよね。


たとえ、それが日本語同士だったとしても・・・


合わないものは、合わない・・・



Chemistry・・・



せっかく出会って、こんなに仲良くなったけど・・・


The Naturals featuring Koringo (ナチュラルズ、フューチャリング こりんご)


今週火曜日が、ラストライブ・・・


そしてまた、昨日の土曜日に、ライブ前に一回コッキリのリハーサル・・・(汗)



「こりんごちゃ~んっ! おひさしぶり~! 元気だった?」


「元気だったよぉ~! カート君は?」



あれっ?



「クリス君は?」


「クリスは、先回のライブから、またノースカロライナに一度帰ってて、今夜NYCに戻ってくるよ。」



げっ! またライブ前一回コッキリの リハーサルの上、ベーシストなしかよ・・・(滝汗)


いつも、ナチュラルズは、こりんごちゃんを上回る特攻隊。



「No problem! 俺たちは、大丈夫! 上手く行くって!」


あんたの、その自信、怖いくらいに頼れるわぁ・・・(汗)



ライブのセットリストを、通しでやって、ちょこちょこっとパート練習


「ほらね、全然問題ナシだね!


今回の練習も、楽しかったね!」



えっ、まだ1時間しか練習してないですけど、もう終わりですか・・・?

これ、ライブ前の最後のリハなんですけど・・・。



「ほかに、練習したい曲やパートある?」


というか、ベースとあわせてみたかった・・・。



「オレラ、すごいよね、また数回しかリハしたことないのに、息あってるよね!」



確かに、ナチュラルズのリハは、すごく楽しいの。

アイコンタクトで、お互いが演奏しながら、まるで会話してるみたいに・・・



「カート君は、フロントマンとして、パフォーマンスも歌もギターも合格!

見てて楽しめる!」


「Thanks! じゃあ、スペシャルギターも弾いちゃうよ!」



Rocking


「You rock! めっちゃイカシてるぜ! シビレルネ~!」


あんたの、リッケンバッカーのギターもビックリの代物だよ、その雪かきシャベルギター!



「じゃ、こりんごちゃん、もう、リハの後の行事となってるけど、ごはん食べに行くでしょ?」



マンハッタンのイーストビレッジは、ちょっとしたジャパンコミュニティー化してて・・・


日系スーパーや、居酒屋が何軒かある。



カート君の、お得意の日本語


「ラッシャ~イッ! ギョーザ!」 (ライブ声援もコレだった・・・(汗))


全て、ここで学びました。


居酒屋 OH!TAISHO.


St Marks btw 3Ave & 2Ave NYC



カート君、初チャレンジの焼き鳥!



「おいしい! 俺の お気に入りは、チキンミートボール!」


そ、それは つくね だよ・・・(汗)


やっぱ、アメリカ人だね・・・、

つくねがお気に入り何ざぁ~、まだまだ焼き鳥を分っちゃいねぇぜ ベイベー!


やっぱオーソックスに、ネギマは はずせないけど、

やっぱ軟骨、塩でお願いしますってとこだね。



ジャパニーズパンケーキも、好きだってさ・・・



お好み焼きって呼んでほしいけど・・・



夕べも寒かったので・・・



熱燗いってみました!



「ダメ~ッ! 手酌したらアカンっ!」


「What!? Why?」


「えっと・・・、そういうルールと言うか、マナーだから・・・。」


全然説明のつかない、エセ日本人こりんご・・・(汗)




Anyway our chemistry is right, isn't it?



女神度は?

化学反応で、とんでもない化学変化を起こしそう・・・

そんなハプニングも、また楽しめるおももち。 星、☆☆(ふたつ)








いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

何事も、人間関係は大切!



まして、バンド活動は、その人間が音楽をともに作り上げるわけで・・・

まして、こりんごちゃんのバンドは、英語と日本語の壁が阻んでて・・・

まして、こりんごちゃんは、バイリンガルでもプロドラマーでもなくて・・・



イカン! なんとかせねば!


ドラムの練習は、毎日やっている、されど、英語の勉強は毎日やっているのか?(汗)




サラリーマンが、接待ゴルフや、宴会に行くのも、ビジネスを有効カツ、成功に導くためであろう。



現在、4バンドに所属の こりんごちゃん。


フィンガーズは、移民で、英語がセカンドランゲージなんは、お互い様。

リップスティックスは、女の子同士で、何とかもってる・・・(ガールズ英語、超早いけど・・・)

ナチュラルズは、なぜか、コミュニケーションが取れる。(テンポラリーだからかな?)



問題は・・・


NR(Naming Rights) コイツラは、ブルックリン生まれのブルックリン育ち、


NR


生粋のニューヨーカー(ブルックリンっ子)


奴らの英語は、教科書では教えてもらえなかったし・・・

理解度は、40%くらい・・・(涙)


まして、Guys なので、性別のちがいからか、彼らも こりんごちゃんに遠慮気味・・・



であった頃は、互いの偵察のため、何度か一緒に飲みに出かけたが・・・


こりんごちゃんの英語力

互いの住居が、ものすごく遠い

性別の違い?

ヘンな遠慮


そんなこんなで、最近は、リハとライブのみ、彼らとつるむ・・・


彼らと会っても、英語のことがかなりネックなのか、すごくコミュニケーションを図るのに、プレッシャーを感じ、いつでもナーバスで、ネコかぶったまんま・・・


だけど、これじゃ、イカンでしょ?


こんなんじゃ、バンドの交流も、こりんごちゃんの英語も、伸び悩みのままだ!



それで、ヤマトナデシコとしては、女のアタシから、彼らを誘うなんてってヘンな見栄があったんだけど・・・


Forget about that!  そんな見栄は捨てろ!



「Hi guys,

We practice on Friday, right? after rehearsal let's hang out with me!

(今週は、金曜日にリハだから、その後、こりんごちゃんと、飲みに行こうよ!)


I just want to take you guys to some bars, if you like there, let's get a booking!

(連れて行きたいライブバーがあるから、気に入ったら、そこでブッキングしよう!)」



見栄、捨て切れなかったのか? 断られるのが怖かったのか?


ライブハウス偵察と言う口実をつけているこりんご姫・・・



真っ先に、ベースのJJから返信があった。


「We should do that! (オレラ、行くべきだ!)」


JJ!!! That's my bassist!



「俺の友達が、ブルックリンビアーのブルワリーで働いてるから、ただでビールのめるぜ!」


あれ? JJ? こりんごちゃんが誘ったバーに行くんじゃないんだ・・・



その後、ロバート君からも返信・・・


「I can go out after rehearsal for a while.」

(俺も、ちょっとだけなら、OKだよ。)


日本人は、その英語を、一字一句、直訳しますから・・・

その、for a while 少しの間・・・に、ちょっとだけかぁと、ちょっとガッカリ。



ジミー君からは、返信がなかった・・・


たぶん、都合悪いのかな?



こりんごちゃん、己の人生は、Go,Go,で突っ込んで行くのに・・・


こんな時ばかりは、以上に心配症で・・・



みんな、ホントは、ハングアウトしたくないけど、仕方なしに行こうって言ってくれてるのかな?


こんな思いまでして、メンバーにも無理強いするなら、誘っておきながらだけれど、行きたくないなぁ・・・




そして、夕べのリハーサル・・・


音楽に、言葉は要らないから、リハーサルは滞りなく、進むのよ。



だけど、コミュニケーションは上手くはかれなくて・・・


リハ終了後・・・



「こりんご、飲みに行くんだろ?」


「う、うん・・・」



やっぱりジミー君は、翌日朝早くに予定があるらしいので・・・

ビール一杯だねってことで・・・



NR全バンドメンバーで、飲みに出かける・・・



スタジオから、それほど遠くない、ブルックリン(ウイリアムスバーグ)にある、


    ブルックリンビール工場 



ここでは、毎週金曜日、ビールをたった3ドルで、振舞ってくれる!


しかも、フライデーナイトだから、たくさんの人でにぎわってた!



ウチラは、JJのお友達のおかげで、VIP!


タダ酒だいっ!!!


Brklyn brewery


ジミー君も、ご満悦!


ブルックリンビアーにも、いろんな種類があって・・・


ライト

ブラウン

スペシャルスパイシー

ラガー


他にもいろいろあったけど・・・


お薦めは!


Brooklyn weisse beer!


進められて、こりんごちゃんオーダーした このビアー


みんなで、試しススリ飲み、回し飲みしたけど、


「こりんご! weisse is so great!」



酒の力を借りて・・・


バンドミーティング!


って、前回のライブの反省をしながらも、草吸ってる・・・Bad boys・・・



「こりんご、俺らは、お前の英語、理解してるから、Don't be nervous!」


って、言われた・・・



だけど、思ったよ、コイツラと、対等に付き合うためには、英語の習得必須だなって・・・


思ってること、クチにして、意思表示しなかったら、伝わらないもんね・・・



「こりんご、Yes,No,だけでもいいから、言ってくれ。」


とも、言われてしまった・・・


曖昧な反応を理解できないアメリカ人だもんね・・・



「JJ,トランスレート(通訳)しろっ!」


やっぱ、通じてないんジャン・・・(涙)



ドラムやってなかったら、絶対にツルムことのない、この Bad boys Brooklyn guys.


だけど、この考え方が、イケないのかもしれない・・・



コイツラのために、ドラム叩いてやってるんだから、Take care して当たり前!

このドラマーを選んだアンタらにも、責任がある!


ナーバスになる必要ナシ!


このくらいの勢いで行かないとかなぁ・・・



そんなことに、悩んでる暇もなく・・・


本日、土曜日は、ナチュラルズとの、ラストリハーサル!

明日、日曜日は、フィンガーズとの、リハ。


忙しくしてる方が、思い悩まなくて、いいんだけどさ・・・




女神度は?

接待ゴルフをしても、昇進する保障はないんだけど・・・

英語の習得は、アメリカに住む以上、なんかの保障はあるよね・・・

乙女の恥じらいをこらえて、奴等を誘ったのは偉かった、星、☆☆(ふたつ)





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。