自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

華やかな理想的街で、庶民的な現実生活を Enjoy する方法! 好奇心と向上心だけで生きる。合言葉は、「やったモン勝ち!」 仕事、恋愛、アメリカンドリーム、日々のつれづれ語ってます。



凍死しました・・・


今週の金曜日、NYC、気温11度で、ぶったまげた!

だって、気温華氏11度って、摂氏マイナス11.6 だよ・・・


暖冬だと油断していたNYCを、不意に襲った極寒は・・・
こりんごちゃんをも、凍死させまして・・・



じつは、この日、NRのライブだった・・・

NR@NF 11-6-06 (これ、前回のライブ)



フライデーナイトに、ライブブッキングされるなんて、でかしたぞ!

だけど、こうも寒いと、みんな出不精になって、観客の入りが心配される・・・


あれれ? こりんごちゃん? ちょっとうつろな面持ち?

どうしちゃったの?

ただでさえ、寒いのに、ココロも冷え込んでる・・・?


ライブ前に、フィンガーズとの些細な言い争いにイライラしていた・・・
ライブ前に食べた、ジャイロの、フレッシュオニオンに、胸焼けしていた・・・
ライブ前に、友達を誘ったが、寒くてこれないといわれた・・・
ライブ前に、ナチュラルズのメンバーも誘ってみたが、コールバックすらなかった・・・
ライブ前に、お月の物も、来ていた・・・


些細なことなんだけどさ・・・


そんなときは、駄目押しで・・・


「あっ、寒すぎて、カメラのバッテリー死んでる・・・。」


ちーん・・・(涙)


サウンドチェックを終えて、

やっぱり、人の入りが少ない・・・



こりんごちゃん、ライブステージで、一度も緊張したことのない、図太い女ですけど・・・

いつだって、ガンガン行きますけど・・・



常にポジティブの塊ですけど・・・


もしかして、ネガティブ?



なんか、このライブは、ちょっと、些細なことが重なって、ノッテないのわかった・・・




9時にはじまるステージで・・・



なんとなく、ボケ~っとしてたら、



「Ready?」 ってロバート君が言うから・・・


「えっ、もうはじめるの?」 


「何言ってんだよ、こりんご! もう9時だろ!」


その、ロバート君の look me at down な、ちょっと冷たい目が、

暖かいライブハウスとはウラハラに、冷え込むNYCとこりんごちゃんを、凍死させる・・・



そんなんで、出だしから、ポシャった・・・(汗)



ロバート君が、おい、どうしちゃったんだよ、こりんご!

何やってるんだ!って目で、結局、曲やり直し・・・



こりんごちゃん、ヤバイ・・・って、思いながらも、その寒々しい情けないステージで・・・



逆切れ! (えっ、逆切れかよっ!何で?)



大体さ、Ready じゃないメンバーがいるのに、強引に、はじめて、

なんなんだよ、あの冷たいアイコンタクトは!



ムカツクっ!



そんな時は、不運が重なって・・・、


あっ! クラッシュシンバルのスタンドが、揺るんできてる・・・



何とか一曲持ちきったので、あわって閉めなおしてると・・・



「One, Two, Three・・・」



ゲッ! 次の曲のカウントはじめてるロバート!



「Wait, wait!」 (ちょっと待ってよ!)


「Oh, I'm sorry!」



ふざけんなっ! 気配りなしかよ!


全然、ドラマーとか見てないってこと?



こんなんで、こりんごちゃん、ブチギレ!



3曲めの、ちょっとメタル入った激しい曲で、ガンガンやったら、

ベースのJJ が、アイコンタクトで何か言ってる。


だけど、無視。 アンタらだって、ドラマーそっちのけだろ!



もう、この時点で、最悪な空気、空回りライブなわけよ。



「こりんご、ちょっと、早すぎ! ペースダウンして!」


「うん・・・」


とは言うものの・・・



あっ・・・、


さっきの曲で、はらいせに ガンガン叩きまくったら、耳がデフってる・・・(痛い)



もう、どうしちゃったの、NR?


前回は、最高のライブやってのけたのに・・・



はっ・・・、


こりんごちゃんが、ちょっと意固地だったのかもしれない・・・


いつもは、スマイルの耐えないハッピードラマーなのに、笑顔すら作れない・・・



ライブ中盤戦で、このままじゃイカン、って自分をさとす。



だけど、暖かいライブハウスなのに、その冷えきったステージの空気を、このドラマーが盛り上げる事できなくて・・・



そんな時・・・



「ヘイ! ラッシャ~イ!!!」



えっ!?  その居酒屋で覚えた日本語は・・・


カート君(ナチュラルズ)?


「ギョーザッ!!!」


まちがいない・・・(汗)



うれしかった、スマイルが自然にこぼれちゃったもん・・・


わざわざ、NRのライブ、見に来てくれたんだ・・・



「ギョウザっ!!!」って声援かけられるのって、こりんごちゃんしかいないと思う・・・(汗)


本当の意味で、味のある黄色い声援ではあるよね・・・。




見に来てくれたみんなは、「Good job!」って言ってくれたけど・・・


プレイヤーは、わかってる、このライブが、ワースト1だったってこと。



こりんごちゃんは、翌日も、土曜出勤が控えていると言うのを口実に・・・

みんなに、先に帰るねって、Say bye する。



ロバート君が・・・


「こりんご・・・


We can't play perfect all the time.

(毎回、パーフェクトに行くモンじゃないよね。)


今度は、ガンバロウね。」



「うん!」



よかった。 なんか、よかった。




「こりんごちゃんっ! Good!!!」


「カート君! 来てくれたのね、ありがと~~~!!!」


「もちろんだよ! おれ、こりんごちゃんのプレイ見るの好きだもん!」


「ギョウザ、ありがとね! いらっしゃ~い!も!」


「俺、さっき、ギョウザ食ってきた!」



エッ・・・(臭っ?) 

あんた、ハンサム君なんだから、ギョウザ、ギョウザ言わないっ!



「こりんごちゃん、、もう帰るの?」


「うん、明日、仕事なんだ。」


「俺も、帰えろっと、寒いから。


じゃあ、来週の土曜日は、オレラのリハだからね。

で、その次の火曜日は、ライブ頑張ろうね。」

 

「うん、(また、ライブ前に、リハ一回コッキリか・・・(汗)」



「Give me a hug!」 (こりんごちゃん、ハグちょうだい!)


「sure!」 (もちろん、望むところよ!)



これまた、よかった、よかった。



あんまりね、グレートな、ライブじゃなかったんだけど、明日へ繋げるライブってことで・・・


終わりよければ、全てヨシってことで・・・




女神度は?

人生は、山あり谷ありだけど、もうちょっと精神的な成長を願う!

星、☆☆(ふたつ)







AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

突発性プロジェクト、ナチュラルズとのライブ報告。


 The Naturals featuring Koringo!



こりんご、  カート君、  クリス君  (*ニックネーム)

(Drums) (Guitar/Vo) (Bass/Vo)



彼らとの出会いから、ライブまで、

まさに突拍子もなく、突発的な出来事で・・・



ノースカロライナのバンド、「ナチュラルズ」は、ドラマーもいないのに、NYCでのライブを既にブッキングしていて・・・(汗)


そのドラマーとして、こりんごちゃんが抜擢された・・・、


と言うよりも・・・



No choice?



NYCは、ドラマー不足だから、見つけるのが大変だからね・・・ 

(だからドラマーになった賢い こりんごちゃん・・・)



11月末にやったフィンガーズのライブを 見に来てくれた カート君が、

こりんごちゃんのドラムを気に入ってくれて、いちおうオーディション、パスしたのよ。


だけど、まさかその2ヵ月後に、ライブ一緒にやるなんて、思いもしませんで・・・



人生は、予想もしないハプニングにみまわれるから、楽ありゃ苦ありなんだけど・・・


そのふって沸いたハプニングを、プラスにするのも、マイナスにするのも、楽にするのも、苦にするのも、自分次第なんだよね。



たった2年生ドラマーが、突然現れたバンドに入って・・・

十分でないバンドリハーサルで、ライブこなすって、大変な事よ。


カート君とは、出会いも含め、5回会っただけ・・・

クリス君とは、ライブ2日前に、初対面・・・



プロフェッショナルドラマーなわけでもないし・・・

既に、3バンド掛け持ってるし・・・


too much! 自滅する恐れ大なわけで・・・



だけど、こりんごちゃんの、挑戦的 好奇心がウヅイて仕方なかった・・・



オモロそうじゃん、このプロジェクト。

やってみたいジャン、このプロジェクト。



こりんごちゃんは、天才でもなければ、ジーザスでもなくて・・・

まして、才能もないから・・・



努力しかないのよ・・・(涙)



毎日、ナチュラルズのデモCD聞きまくり、曲を覚え・・・

他のバンドリハ、と平行に、ナチュラルズの曲練も、ひとりでしてた・・・



間に合うハスがない・・・! と思いながらも、毎日練習していた・・・

無理だ・・・! と思いながらも、諦めなかった・・・



そして、ついに・・・




その座を、手にした!!!!



ちょっと、自分を美化しすぎたケド・・・

ようは、自分のエゴを通しただけで・・・



でも、スゲェ~楽しいライブだった!!!


よかった、このプロジェクト、TRYして!



ライブは、いつでも楽しいけど・・・


これほどまでに、楽しんだライブはなかったよ!



まさに、ドリカムの あの曲ね。


うれし!楽し!大好き!



♪初めて会った時から、違うもの感じてた~


(初めて会った時から、英語のプレッシャー感じなかった~)


♪自分の中の誰かが、ココロを突いていた~


(自分の中のエゴイスとが、ココロを突いていた~)


♪証拠だってちゃんとあるよ、初めて手をつないでから、その後 直ぐに、私の右手、Super で、Special になったもの!


(事実だってちゃんとあるよ、初めてリハしてから、その後 直ぐにライブで、こりんごの両手、Super で、Supecial になったもの!)



とにかく、マジ、うれしくって、楽しくって、大好きで・・・



3人とも、すごく楽しんでるでしょ?


信じられないんだけど、ホントに まだ、会って間もない この子達なのに・・・

すいぶん昔からの友達みたいに、心置きなく楽しめたの。



演奏中も、3人が3人、お互いにアイコンタクトで、会話して・・・


スマイルのオンパレードよ!


3人が楽しんでプレイしてるから、そのステージのパワーが観客にも伝わって、みんなノリノリだったね。



特に、ベースのクリス君は、常に こりんごちゃんにアテンションくれて・・・

安心出来たわ~



ベースとドラムは、バンドの要のリズム隊で、夫婦なわけよ!


この子と、2日前に会ったとは 思えないほど、いい夫婦になれたよ。



カート君!



フロントマンとしてのパフォーマンス、最高だったよ!


こりんごちゃんのこと、見つけてくれて、チャンスをくれてありがとう!



クリス君!



あんたには、全てをゆだねられるよ! 

ホントにウチら、2日前に会ったばかりだなんて、信じられない!


君に出会えて、よかった!



あんまり楽しくて、セットリストの終盤に入ると・・・


「もうすぐ、終っちゃう! さみしいよぉ~!」


と、 終わりが来ないこと、願ったほどで・・・



最後の曲も、ついに、終ってしまい・・・



そしたら・・・



「One more! No, Two more!」


って、観客から、アンコールのお声がかかた!



うれしかった!



最後まで、3人で、存分にライブを楽しんだ!!!




     おつかれっ!!



すごく、いいライブだったよ!



ありがとね、ナチュラルズ!




女神度は?

自我自賛で、こりんごちゃん、キラキラしてた! 星、☆☆☆(みっつ)



P.S.

ナチュラルズ With こりんごちゃん、2月6日もライブ決定!

その後は、メンバーおのおの、別の活動へ・・・(涙)







AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

怒涛の2日間が過ぎて・・・


日曜日、Lightning Bolt ライブ

月曜日、The Naturals ライブ



ブロク更新が、追いつかないよ・・・(汗)



まずは、日曜日のライトニングボルトのライブから報告。


また、稲妻に打たれちゃったけど・・・



彼らは、ベース&ドラムの二人組み。


lightning bolt


ライブスタイルは、ステージではなく、観客フロアで・・・


lightning bolt


こりんごちゃんは、常に・・・



汗まみれの野郎どもに、もみくちゃにされようとも・・・


?????


ベーシスト、ブライアンの前を確保する。(愛の力よ!)



とんでもないミラクルピッキングで、こりんごちゃんのこと濡らしてくれるんだけど・・・


彼、ベーシストって言うより、ギタリストって感じ・・・



もちろん、最高のライブを満喫させてもらったんだけど・・・


なんかね、こりんごちゃん、やっぱベースは、もっとベースっぽくてもいいのかなって思った。

(ベーシストっぽくってどんな?)



それでも、ライトニングボルトは、最高だ!



もうさ、こりんごちゃん、彼らのストーカーだから・・・


彼らから、「Yo, how are you doing?」って声かけてもらえる存在にまでこぎつけたわよ!



ドラマー ブライアンと・・・



We are happy, funny and tough drummers!!!



ベーシスト ブライアンと・・・



我が王子様、毎回 「I love you!」ってマジ告ってるのに・・・

「Thanks!」って・・・、流されて・・・


だから、今回は告白なし。


いつか、貴方から告白されるドラマー目指します!




そして、翌日のナチュラルズでのライブ・・・


この報告は、次回にゆっくりと・・・



とりあえず、予告としては、突発性プロジェクトだった割りに、すごくいいライブだったよ!


ノースカロライナのバンド The Naturals のNYCでのライブに、こりんごちゃんドラマー抜擢される。

(バンド全体練習、一回こっきり! ベースのクリス君とは、2日前に初対面。)


The Naturals fearturing Koringo! 


ちょっとだけ、お披露目!



こりんご、  カート君、  クリス君  (*ニックネームです。)

(Drums) (Guitar/Vo) (Bass/Vo)



人生特攻隊の こりんごちゃん・・・


当たって砕けろ・・・

なすがまま・・・

やったモン勝ち・・・



一生、こんな感じで生きてゆくのだろうか・・・?




女神度は?

リスキーな人生だけど、星、☆☆☆(みっつ)





AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

ちょ、ちょっと、待ってよ・・・(汗)



濃厚、濃密、濃すぎるゾ!



昨日の土曜日。


突発性プロジェクト、「ナチュラルズ」の、最初で最終のライブ前リハーサル。


ノースカロライナのバンド、ナチュラルズの、NYCライブで、ドラム叩く事になった こりんごちゃんですが・・・


昨日、やっとベーシストがやって来て、初対面で、最後のリハーサル。

そして、明日月曜日には、ライブって・・・(強引な)



ギターボーカルの、カート君

ベース、バックボーカルのクリス君

ドラムのこりんごちゃん



初対面のクリス君は、これまた穏やかハンサム君で。

(カート君は、キレメ ハンサム君。)


彼ら、22歳。  


こりんごちゃん、ドラムやっててよかったわぁ・・・


ドラムやってなかったら、絶対、こんな子らとつるむチャンスなんて、英語もおぼつかない33歳には、なかったと思う。(鼻の下、伸びてるぞ!)



不思議なんだけど・・・


このこらの雰囲気には、すんなりプッシャーなく入りこめる。



では、最初で最後のライブリハ、はじめましょうか!



ジャジャジャジャ~ンッ!


ボッボッボボ~ン


タッタッタッタタ~ン



Not bad! 最初にしては悪くないよ。


これさ、もう少し練習時間があったら、スゴイいいもの出来そうよ!



ベースとドラムの息もわるくないけど・・・


なんせ、一回コッキリのリハだもん、出来れば、もう一回リハできたら、もっとリズム隊がタイトになるんだけどな。



でも、このカート君とクリス君2人、さすが息ピッタリ!

コーラスのハーモニーなんかも、魅せてくれるね~。



えっと、3Pで、出合ったカート君が、青い目で金髪、西海岸のバンドだと思ってたので、ナチュラルズは、ニルバーナからあだ名とってるけど・・・


ナチュラルズは、ノースカロライナで東海岸出身。

サウンドは、初期のビートルズ、60年代のロッケンロール。

  (myspace のデモサウンドは、パワーポップ)


全然、シアトル西海岸、グランジのニルバーナと カブッてません・・・



まぁ、それはご愛嬌で・・・

ドラムもすごく楽しいし。

彼らの演奏、コーラス見てるのも楽しい。


初のバンド全体リハなのに、前からメンバーだった見たいな感じでイイ感じ!


1年半もつるんでるフィンガーズにはない、アイコンタクトや、プレイのパフォーマンスがナチュラルズだけに、自然と出て来る。



音楽や、バンド活動は、ライブだけじゃなくて、演奏を楽しめるってところにも、充実感を感じる!


その後の、バンド交流のための、ハングアウトも大切だなって思った。



リハ後、居酒屋で ご飯食べましたけど・・・


ただでさえ、カート君とは、4回、クリス君とは昨日が初対面だから、全然面識ないんだけど、

ハングアウトする事で、メンバー同士のキャラクター、性格、些細なたわいもない会話が、バンドの交流をより深め、イイバンドになってゆく。



「こりんごちゃん、この後、カラオケいくけど、こりんごちゃんはどうする?」


げっ! 


アメリカ人とのカラオケは、タダでさえ発音に悩まされるのに・・・

この二人、リードボーカルとバックボーカルで、セミプロだぜ・・・(汗)


だけど、出合ったばかりのこのバンドには、交流が必要!


「う、うん、日本語歌ってもいい?」


「Sure!」



ということで、カラオケ大会と言うことになった・・・



こりんごちゃんは、マイク離さないタイプよ!


でも、それは、日本にいた時に話で・・・



あの~・・・

カラオケって歌唱力よりも、パフォーマンスとか、自己満足で楽しむものでしょ?



「!!!!!(汗)」



や、奴等・・・、う、上手すぎる・・・、歌、上手すぎるよ・・・(知ってたけど・・・)


英語の発音は、もちろんだけど、コーラスとか、ハモり具合が、プロ級なんですけど・・・(汗)


あ、あの~、リハーサルは終わってるんですけど・・・



「ハイ、次は、こりんごちゃんの番ね。」


って・・・


歌えね~、お前らのその後に、歌えるわけがねぇ~!



「シャイだな、こりんごちゃんは!」


そう言う問題以上のことなんですけど・・・(汗)



深夜1時過ぎまで、22歳のナチュラルズとハングアウトして夜遊びの、ちょっとアンナチュラルな33歳・・・(汗)




翌日、今日の日曜日は、フィンガーズのリハ・・・


フィンガーズには、楽曲は悪くないのに、何かが欠けてる・・・



本当は、明日ライブを控えてるナチュラルズと、最後のリハをやりたかったけど、

そのために、フィンガーズのリハをスキップしたりはしない こりんごちゃん。



そして、今夜は、絶対スキップ出来ない予定があるから・・・



ブライア~ン! LOVE!


lightning bolt


    Lightning Bolt ライブ



これから、リップスティックスのスーちゃんと行って来るわ!


それじゃ、ライトニングボルトと、ナチュラルズの ライブ報告、たて続きだから、遅れるかも・・・


お見知りおき、してちょうよ!




女神度は?

アンナチュラルでも、頑張る33歳に、星、☆☆☆(みっつ)




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)


嫉妬してる?


前に、バンド活動は、恋愛のようだって言ったよね。


出会いがあって、愛という名の音楽を共に作り上げ、
喧嘩もしたり、喜びも一緒に分かち合える。

残念ながらBrake up (別れ・解散)することだってあるし・・・



こりんごちゃんも、我がバンドのこと愛してる。

だけど・・・

現在、3バンドと、もう一バンドにはヘルパーとして・・・
4バンド掛け持ってるわけで・・・

つまり、二股ならぬ、四股かけてるってこと?

こりんごならぬ、小悪魔だね。


やっぱりさ、中には、掛け持ち御法度ってバンドもあるよね。


こりんごちゃんは、その掛け持ちの張本人だから・・・

いろんな人と、いろんなジャンルで、いろんな曲を演奏できるのは、すごく楽しいし、レベルアップにも確実につながってる。

だけど、掛け持たれてるバンド側は、どうなんだろうか?



昨日は、NRとのリハだったんだけど・・・


NRとは、こりんごちゃんの英語がネックってのもあって、

うまくコニュニケーションがはかれない・・・

それ以外は、年齢も近いし、オモロイ Guys なので、居心地はいいんだけど・・・


Naming Rights


ちょっと、バンドが趣味で進んでいるような・・・、

もっと上を目指そうぜ!って勢いが感じられない。


だけど、ロバート君は、人間ジュークボックスで、いろんな曲を持ってる。

ロバート君の曲から学ぶこと、いっぱいあった。

シャッフルビート
ドラムロール
シンコペーション
拍子変化

テンポ転換

などなど・・・

しかも、こりんごちゃん、彼の曲との相性が、すごくいい!

すごくキャッチーだから、すぐに覚えられるし、自然にフィルが出てくることすらある。


しかも、楽曲の種類が豊富!


いちおう、オルタニティブロックが主ですけれど・・・

メタル、パンク、ゴス、ポップ、なんでもOKらしい。



やっぱ、このバンド、辞められない。

週一のリハ、結構楽しみにしてるもん。



さて、NRのみんなにも、報告しなきゃいけないことがある。


リップスティックスの初ライブ決定

ナチュラルズに、助っ人として、来週の月曜日にライブやること



「Too many!」


「Who is The naturals?」


「Oh, my God! 」



メンバー、みんな驚いてたみたい・・・、たぶん・・・


いっぺんに、みんなが喋るから、

全然英語聞き取れなかったんですけど・・・(汗)



「じゃ、こりんご、また来週!」


ってお別れしたけど・・・



彼ら、4つもバンド掛け持ってる、彼らのドラマーでもある、この こりんごちゃんのこと、どう思っているのだろうか・・・


嫌われてないかなぁ・・・



トゥルル・・・ 


そのタイミングで、ナチュラルズのカート君から携帯テキストメッセージが来る。


「I cant wait practice again!!!」
(こりんごちゃんと、また練習するの、待ちきれないよ!)

それはそれで、ニヤケて喜んでる、このドラマー・・・


これ、恋愛沙汰だったら、かなりイヤな女よね。

だけどさ、全員に、4人と付き合ってること、暴露してあるからさ、いさぎよいって言えば、そうだよね。


プロのミュージシャンとかだったら、いろんな人とプレイするのは当たり前だったり擦るけど・・・

このレベルのローカルバンドは、団結力が肝心だからさ。


だからって、こりんごちゃん、掛け持ちしてるけど、どのバンドの活動も、手を抜く気は全くない!



ちょっと心配で、NRのみんなに、メールしてみました。



You guys know I'm in 3 bands now.
(こりんごちゃんが、3バンド掛け持ちのことは知ってるよね。)

and I play drums as a temporary drummer for some other band who is based in North Carolina next Monday.
(それから、来週の月曜日に、ノースカロライナのバンドのライブで、助っ人としてプレイします。)

But I really like Naming Rights. please don't kick me out from the band.
(だけど、NRのこと、すごく好きだから、バンド追い出さないでね!)


そしたら、変身をなかなかくれないロバート君からすぐに返信が来た!


We would not want to kick you out of the band.
(こりんごを、バンドから追い出したくなんかないよ!)

We like you and your drumming.
(俺らは、こりんごのこと好きだし、こりんごのドラムも好きだ!)

Robert (and Jimmy and JJ. I'm sure.)


ちょっと、ウレシイじゃないのさ!

日本人だから、英文は、易訳せづに、直訳しちゃうから、

We like you and your drumming.

この、俺らは、こりんごのドラミングだけじゃなくて、お前のことも好きだ!

ってところが、大きなポイントなのだ!


あっ! だけど・・・


kick you out of the band.
(バンドから追い出す・・・)

これが正しい英語でだった・・・

こりんごちゃん、みんなにメールで・・・

Please don't kick me out from the band.

From なんか使ってしまった・・・。

日本人のアナタだったら、その間違えのニュアンス、分かってもらえますよね!


追い討ちおかけて・・・

メールの件名 「too much bands.」

と、書いてしまった・・・

バンドは、数えられるから、too many bands. じゃなきゃ、ダメよね・・・(涙)



Anyway, anyway!


勝手に愛されていることを確信して、ご満悦な単純ドラマーなのでありました!



さあさあ、今週末は、こりんごちゃん、愛に溺れまくりよ!



明日の土曜日は、カート君率いる、ナチュラルズとの、初対面!

(月曜日、ライブなのに・・・(汗))



翌日の日曜日は!!!


また、稲妻に打たれちゃうわよ!!!


   Lightning Bolt ライブ!!!


lightning bolt

 

 ブライアーン!!! LOVE!!!


こりんごちゃんが、どれだけ、このバンドを愛しているか、興味あったら、過去記事読んでみてね。


lightning bolt 最新記事  ←ここから順に古い記事までさかのぼれます。)



ブライアンに、何度もマジ告白すれど、返事は来ず(あたりまえだけど・・・)



愛と、嫉妬は、いつでも背中合わせなのね・・・




女神度は?

ジェラシーを あおるくらい魅力的なドラマーになりたいわぁ・・・

星、☆☆(ふたつ)





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

やっぱ、NYは、そうだよね。



ブルックリンのスタジオから、帰宅途中。


乗換駅から、マンハッタンの夜景が、一段ときれいで・・・



その冬空に、空気が澄んでるから、そんなにも鮮やかなのか?


いや・・・、その空気、澄んでるというよりも・・・



痛いんですけど・・・



その切れる寒さ・・・、華氏24度ですから、摂氏マイナス4.4度です・・・(ブルルッ・・・)



こりんごちゃんが使ってるバンドのスタジオは、

ブルックリンのオシャレなウイリアムスバーグにありまして・・・


ですから、そのエリアには、そのエリアにふさわしい、オシャレでナイスな人々が多い・・・



そのせいか? いや、それにしたって、寒くねぇのかよっ!!!



オシャレなコートって、オシャレだけれど、保温性にかけるでしょ?

あんなカワイくて、クールなコートを着たいけど・・・



そんなんじゃ、寒すぎて外、出歩けない・・・



こりんごちゃん、冷え性だし・・・

無理して、風邪でも引いたら、バンドのリハや、ライブが立て続けにつまってるのに・・・


 

だから、今日なんて、そのオシャレエリアに・・・


まるで強盗のような装いで・・・


ダウンジャケット

ニットキャップ(深くかぶる)

マフラーは、鼻まで隠れるほどグルグルまき

厚手の手袋


いいさ、アタシャ、ステージの上で華やぐから! (come on, スポットライト!)



 

火曜日は、リップスティックスのリハなんだけど・・・


「Sick in bed, cant practice 2day.」 (2day = Today)

(寝込んでるから、今日は練習できない)


こんな携帯メールがランちゃんから届きました・・・



なんだよ・・・、

ランちゃんもルックスを気にして、薄着だったんじゃなでしょうね?



いや、こりんごちゃんが、異常に厚着なのか?


アメリカ人の体感温度は、かなり自分らより高いのは、承知してたけど・・・


 

あれ? リハ中止なのに、スタジオ行ったの、こりんごさん?


「Yes, I did!」 ええ、行きましたとも!



こりんごちゃん、3バンドと、1テンポラリーバンド掛け持ってるから、やる事いっぱいだし・・・


出来れば、毎日、ドラムセットで叩きたい!



ほ~ら、こうと決めると、トコトン突っ走るタイプですから・・・


その強盗は、オシャレエリアに、ひとり出没して、スポコン自主練に精を出す。



この前・・・

「What do you do when you are off?」

(こりんごちゃん、仕事休みの時、何してるの?)


って、カート君に聞かれた・・・



みなさんは、どんな休日、過ごしてる?



実は、昨日の月曜日は、「Martin Luther King Jr. Day」 で・・・


中途半端にナショナルホリーじゃないんだけど、学校や、会社なんかはお休みな所が多かったアメリカ。



こりんごちゃんも、お休みだったんだけど・・・


何してた?



ドラムレッスン受けて・・・

そのあと、スタジオにこもりっきりの、引きこもり・・・(ネクラ族)


なんか、地味な生活? 完全引きこもり生活?



だってね・・・


NRの新曲が、ちょっとトリッキーで、だけど それがこりんごちゃんを挑発させる。

ナチュラルズのライブだって、一週間切ってますから、暗譜せにゃアカンがなっ!



そんなんで、昨日は夕方4時にスタジオ入りしたけれど・・・


気付いたら、8時半回ってた・・・(汗)



このくらい、英語も集中没頭して勉強したら、今頃はペラペラだったかしら?

このくらい、ドラム集中没頭して練習しても、いまだにヨイヨイなレベルですけれど・・・



オシャレに気を配らず、健康管理に気を配ってるけど・・・


只今深夜3時・・・(外は華氏20度で、摂氏マイナス6.6度よ!!!)



あぁ、寝不足で、体調崩れたら、シャレにならないから、もう寝るわ!




女神度は?

美しさは、外見よりも、内面を磨け!

高価なコートよりも、Tシャツ一枚の方が華やぐこともある!

それは、着る人次第ってことで・・・、星、☆☆(ふたつ)





いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)



I'm so excited!!!

but must be exhausted...


こりんごちゃん、超エキサイトしてるぜ!

だけど・・・スゲー疲れてる・・・?


こりんごちゃん、あんた、生ものなんだから、そりゃそのスケジュールじゃ・・・

月曜日  ドラムレッスン
火曜日  リップスティックス、リハ
水曜日  フィンガーズ、リハ
木曜日  NR、リハ
金曜日  リップスティックス、リハ
土曜日  ナチュラルズ、リハ
日曜日  フィンガーズ、リハ



やっぱ、こりんごちゃん、マゾだわ・・・


追いつめて追いつめて、どこまでも、自分の限界も気付かぬままに・・・


まぁ・・・

何もしないでいるより、なんかしてる方が落ち着くし、

なんか形にもなってくれたりするからさ・・・



で、その形ってのが!!!


遂に、リップスティックス 、お披露目デビューライブ決定です!!!



2月17日(Sat) @ Lit Lounge (NYC) 11pm!


実は、バンドの曲に、「バレンタインズディ」って曲があって、それにかけて、バレンタインディに初ライブ検討してたんだけど、その日は水曜日になるので、やっぱライブやるなら週末でしょ?


で、バレンタインウイークエンドの17日に、ブッキング!


(スゲーよね、まだ、新バンドの分際で、サタデーナイトのしかも11時なんて、おししい時間帯にブッキングされるなんて!!!)



で、今週は、いつものブルックリンのスタジオはちょっと狭いので、

マンハッタンの広いスタジオでリハやったんだけど・・・


 

そりゃ、初ライブ控えてるから、みんなエキサイティングなわけよ!


夜の9時から12時までの3時間・・・


だけど、ウチラは、生ものだっていったでしょ?


最後の曲は、披露しすぎで、もつれまくり・・・



とはいえ、こんな事、ドラムの先生に言ったら・・・


「正しいフォームで叩ければ、何時間叩いても疲れないハズなんですけど・・・」


って言われるかな・・・(汗)


 

帰りの地下鉄でウトウトしながら・・・

ふと見上げた窓の外のマンハッタンの夜景・・・



ナイトビュー



なんかさ、自分が銀河鉄道スリーナインの哲郎みたいで・・・

これから、人造人間になるのかな・・・
メーテルはどこ?

ってふと思ってさ・・・


 

なんか、無限の旅をしてる気分だったよ・・・


(センチメンタルジャーニー? こりんごはもう、33なぁのよぉー!)




翌日の土曜日は、ナチュラルズのカート君とリハーサル。


「こりんごちゃん、来週の土曜日には、ベーシストのクリスも来るから、3人でリハ出来るよ!」



実は、このプロジェクトは、非常にギャンブラーなニュージシャンたちが出会ってしまったバクチのようなもので・・・


ノースカロライナのバンド、ナチュラルズは、ドラマーがいないままに、NYCでのライブをブッキング。

そのドラマーに抜擢されたのが、このBSクイーンの こりんごちゃん。


BSクイーン = Bullshit Queen (出来なくとも、あたかもパーフェクトのように振舞う。)



リードボーカル、ギターのカート君と、まだ2回しか練習した事が無い・・・

と言うか、ベース、もう一人のギタリストとのバンド全体練習すらしてなくて・・・(汗)


その、残りのメンバーは、ライブ2日前に、NYC入りする・・・(滝汗)



「あのー、出来れば、少なくとも、ベーシストの子がいてバンド全体練習、ライブ前に2回はしたいんですけど・・・


あのー、もし、ベーシストが、こりんごドラマーのこと気に入らなかったら、どうするんですか?」


「こりんごちゃんの気持ちは分かるよ、ベースとドラムは、リズムセクションで、相性が大切だモンね。

でも大丈夫! クリスとこりんごちゃんは、絶対上手く行く!」


 

その確信は、どこから来るのだろうか・・・(汗)



昨日は、彼と、3回目のリハだったんだけど・・・


こりんごちゃん、もう追加の3曲、練習してきてくれたの!


Incredible!!! すごいよ!!!」



(because I might be an android... だって、人造人間かもしれないからさ・・・)



「あのね、デモにあるような、16部音符のドラムフィルは、ちょっとまだいれられないんだけど・・・

こんなんで、本当に、ライブやっちゃっていいのかなぁ・・・。」


「こりんごちゃん! ドラムフィルなんか気にしなくていいんだよ!

 

なんで、俺が、こりんごちゃんがいいかって言うと、タイミングが、スゴク合うんだ!

プレイしてて、スゴク心地いいの。


とくに、ベースのクリスが作ったあの曲は、いつもみんなタイミングが取れなくて、演奏するのもイマイチつまらなくて、いままで一度もライブでやった事無いんだ!


「えっ!あの曲、こりんごちゃんのお気に入りの曲よ!

ドラム、叩きやすいし・・・。(お蔵入りなんかにさせたくないよ!)」


「信じられないけど、俺、この曲ヤルのイマイチだったけど、今は、プレイ楽しいよ!

クリスは、いつも、俺の作る曲は、bullshit ダメだって、嘆いてたから、喜ぶだろうな。」



 

そんなんで、この二人、またリハの後、居酒屋へ・・・



「ねぇ、あの人形は何?」


信楽焼き狸 大きな18号 タヌキ 陶器 たぬき【送料無料】


「あぁ、タヌキ。」


「Ta Nu Ki?」


「居酒屋にはよくいるよ、酒瓶もっていつも drunk なのよ。」


「じゃ、俺の事だ! 

I am Ta Nu Ki! ってなんて日本語で言うの?」


「ワタシは、タヌキです。」


「ワタシハ、タヌキ デス?」



あぁ・・・、また、くだらぬ日本語を教えてしまった・・・。



じゃあ、英語も教えてもらわないと・・・


「あのさ、よくドラマーは、Kick ass!って使うけど・・・

Ass (しりの穴)と、 Us(私達)の発音の違いが区別できない!」


「じゃあ、こりんごちゃんは、何人?」


「へっ? ジャパニーズ(日本人)ですけど、それが何か?」


「それだよ! 

ジャパニーズの、ジャは、Ass の ア、

ジャパニーズの、パは、Us のア と同じ発音だよ!」


「スゲー! アンタ天才だ!」



「じゃあ、こりんごちゃん、焼酎って、酒と、どう違うの?

俺、焼酎って奴、飲んだこと無いからさ・・・。」


「えっ! こりんごちゃんも酒飲みじゃ無いから、よくわからんなぁ・・・」



慌てて、辞書で調べると・・・


 

「焼酎とは、蒸留酒の一種。」


 

それを今度は英語で説明かよ・・・


 

蒸留(作用) distillation・・・ んっ?何て読むんだ・・・?


と、辞書をそのまま見せる。



「えっ!焼酎って、ガソリンなの!?」



はぁっ!?



ガソリンの蒸留抽出法 The didtillation of gasoline.


違うとこ、読んでる・・・(汗)



「you should try to drink Shochu!」 (説明よりも飲んだほうが早いよ・・・)



こうやって、日米の曖昧な文化交流がなされる・・・



いちおう、ミュージシャン同士の会話もなされてて・・・


 

「あのさ、ガッカリさせちゃうかもしれないけど・・・

あんた、アンナに素敵に歌ってくれてるけど・・・


こりんごちゃん、歌詞、全然理解して無いのよ・・・(汗)

英語だからさ・・・


と言うか、他3バンドにも所属してますけど、

メンバーなのに、どの歌詞把握してません・・・(汗


「いいんだよ、歌詞なんか!

中にはさ、歌詞重視の人もいるけど、俺はメロディー重視だから!


メロデー、音楽は、univers なんだから!

万国共通で、誰もが一緒に共感できる、ものだよ!


昔は、白人、黒人と、音楽にも隔たりがあったりしたけど・・・


俺は、人種も、性別も、年齢も、外見も、気にしない。

ただ、自分と同じメロデーを分かち合える人と、音楽やりたいだけだよ。」



22歳のカート君・・・、まだ、純粋だね・・・


君が、あんたの選んだドラマーが、33歳だってこと知ったら、本当にその思いは、揺るがないのだろうか・・・?




「じゃ、そろそろ帰ろっか。」


「そうだね。」


「あっ・・・。」

「こりんごちゃん、アイスクリーム食べる?

俺、おごっちゃうよ!」


「イエーイ! 食べる、食べる!」



33歳・・・、全然22歳とツルめる。(汗)




さあ、今日、日曜日は、これからフィンガーズのリハだよ。




マゾヒズムこりんごちゃんの、アンドロイドへの道は続く・・・




女神度は?

このドラマーは、死なない。 星、☆☆☆(みっつ)






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

お天気屋な ニューヨークと こりんごちゃん・・・



3日前は、70度(摂氏21度)

今日は、37度(摂氏3度弱)


たった数日で、この気温差、尋常じゃない・・・



昨日は、「ドラマー人生、終わりだぁ~!(号泣)」

今日は、「ドラムにゾッコンLove! (歓喜)」


たった1日で、この気性の変化、Crazy・・・



こりんごちゃんって、思い込んだら、トコトン突っ走るタイプでしょ、

その様は、自分を、どこまでも追い込んでいるようにも思えるけど・・・


 

ドラムと決めたら、もう、周りが見えない・・・


 

仕事行く前に、スタジオの寄って、1時間ほど叩いて出勤。

仕事を終えて、7時に帰宅。



さすがにクタクタ・・・


 

あっ、今日は、リップスティックスのリハーサル8時からだ・・・


疲れきってて、ちょっとリハーサルに向かう足が重かった・・・



死なないよね、こりんごちゃん・・・ドクロ


叩きすぎで、体が疲労して、過労死? これって殉職?


こんな体にムチ打って、今日のリハーサル乗りきれるのか?



それが、乗り切れるんだよね・・・(汗)


スタジオのついたとたん、身も心も元気になって、いつも以上に叩ききった・・・(汗)



昨日、ドラムレッスンで、あんなに落ち込んでたのに・・・(単純)



あっ、実は、リップスティックスに、新しいメンバーが加入したのよ!


パートは・・・バックヴォーカルと・・・



タンバリン・・・ (へっ!?)  That's it?



いや、彼女はナイスな子なので、反対はしないけど・・・

本当に、このバンドに必要なのかといわれれば・・・


打楽器のドラマーの嫉妬心から言ってるんじゃないのよ!


嫉妬なんかしないよ、だって彼女ナシでも、リハ&ライブは出来るけど、

こりんごちゃんナシじゃ、ありえないでしょ?


見栄えがいい (ダンスも踊るらしい)

音楽、ファッション関係に顔が利くらしい



華やかにリップスティックスを盛り上げるには、彼女の加入もヨシかもしれない。



もちろん彼女、アメリカ人だから、メンバーともすぐに打ち解けるしね・・・

こりんごちゃんが、彼女だったら、タンバリンだけじゃ、絶対加入不可だったろうな・・・


 

もし、ドラムやってなかったら、この英語力だもん・・・
このアメリカで、誰が相手にしてくれるよ・・・
 (マークだけか?)


 

ドラムだってさ、言うほどスゴクないんだけど・・・

カート君から、ライブのフライヤー(チラシ)送ったとメールが来てて・・・
 

「ライブは、100%、こりんごちゃんでいくから!」って・・・

こんな若い かわいいアメリカ人からも必要とされてるのかと思うと、人として、ドラマーとしてウレシイよね。

 

今は、こんなに盛り上がってるけど、お天気屋なニューヨークと こりんごちゃんに、いつまた冷たい風が吹き荒れるか・・・

 

リップスティックスのミッキーが、2ヶ月前に、スタジオでレコーディングしたデモCDもって来てくれたので、こりんごちゃんのmyspace に張ったから、時間あったら聞いてみて。

 

こりんごちゃん myspace  (←ここクリックよ!)

 

まだまだ、こりんごちゃんのドラムは、ラフで荒く、 sloppy だけど・・・
chipper (元気で)、エネルギッシュな勢いだけは感じてもらえるはず!

 

あぁ。もっともっと、みんなのために、自分のためにドラム頑張りたい!!!


 

本日の こりんごちゃん、晴れ、ところにより、ギラギラ灼熱の嵐。


そういえば、日本は、結構、大雪に見回れれるらしいね。

その雪、溶かしに訪れたいわぁ~。




女神度は?

こりんごちゃんに、お天気予報図はナイ・・・。 星、☆☆(ふたつ)




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)



33歳こりんごちゃん、カンシャク起こして泣いています。


まるで3歳児・・・(汗)


What happened? (どうしたんだよ?)


ドラムが、思うように叩けなくて、泣いてるんだって・・・。やっぱ3歳児)



今日、久しぶりにドラムのレッスン受けてきたんだ。

最近は、バンドのリハーサルばっかりで、レッスン受ける暇すらなかった。


こりんごちゃん、毎日ドラム叩いてるし、バンドでもそこそこ形になってるもんだから、ちょっといい気になってたのかもしれない・・・


今日のレッスンで、思わぬ落とし穴に落ちた・・・

 

基本中の基本である、ハイハットの八分音符が、うまく刻めない・・・

いや、刻めるけれど、理にかなった正しいフォームでキレイに刻めない。


これが出来ないと・・・、

速いテンポの曲、こなせないし・・・
腕に負担がかかる・・・

必須で習得しなければいけないんだけど・・・


1時間のレッスンの半分は、右手の動きで終わってしまった・・・

出来ない! 出来ない!


マジ、泣き入ったよ・・・

先生にも、失礼なほど、重い空気を放ってしまった・・・(すみません・・・)


スゲー焦る・・・

家に帰って、先生のアドバイスで、ずっと Jeff Porcaro のビデオを食い入ってみる。



ハイハットシンバルだけ組み立てて、練習してみる・・・


出来ない!出来ない!出来ない!


出来ない苛立ちと、悔しさと、焦りまで加わり・・・


グスン・・・グッ・・グググ・・・(涙)


マークにも、愚痴ってみる・・・


「今、はじめたばかりだろ!
30分で、すぐに出来るようになるわけがないよ!」

「でも、ドラムの才能あったら、こんなの頭で考えなくても、出来るのに!」

「だから、練習するんだろ!」


もう、はけ口がなくて・・・


うわぁ~~~ん、びぃえぇ~~んっ!!!


ベットの上で、足ジタバタさせて、大泣き! (マジ3歳以下!)


「Stop your poor attitude!」 (子供じみた真似はやめろ!)

ひっく ひっく しながら・・・


「これが出来なかったら、どうやってバンドの練習すればいいのよ!


もう、終わりだ! こんなの出来ない! ドラマー辞めるしかない!」


「だから、お前は、心配ちゃん 過ぎるんだよっ!」


「バンドのみんなに何て言えばいいのよ!

ハイハット叩けないから、ドラマー辞めるのでバンドも脱退しますって言うの?」


「だから、なんで、そんな・・・」


「なんで、ドラマーなのに、ハイハット刻めないの?

2年間、何やってたの自分? ドラマー風吹かせてた自分が恥ずかしい!」


「オイ、話きけよ!」


「まるでジェンガ!今まで積み重ねてきたものが、一瞬でガラガラガラッと崩壊!」 これ日本語)


「ジェンガ? ガラガラガラ?」 (マーク、カタカナだけ聞き取り成功)




今日は、マークと焼肉食べに行く予定だった・・・


(月曜日は半額なんだ!)


だけど、カルビなんか焼いてる場合じゃないっ!



「出来ないのは、何かが間違ってるからだから、次回のレッスンまで、練習はやめたら?」


「You are right!」 (そうだよね!)


「で、焼肉は?」


「焼肉気分じゃないよ!」


「えっ!? じゃ、どうする?」


「スタジオ行って来る!」


「へっ!?」



こりんごちゃん、ブルックリンのスタジオまで出かけ・・・

カート君からもらった ビートルズのカバーソングを聞き・・・


シンプルなビートを おもいっきり叩いて、気分発散!



粗治療だな、お前・・・(汗)



不思議なんだよね、ハイハット叩けないから、

ドラマー辞める騒ぎまで起こしましたけど・・・


ドラム叩いてたら、すっかりそのこと忘れて・・・



ドラムって、難しいよ・・・


叩き方一つで、音の感じがガラッと変わるし・・・


センスの問題だから、同じ曲だって、

叩き方、叩き手のセンスで、これまたガラッと変わる・・・


 

今日、レッスン受けて、先生のデモ、生で久々に見るとさ・・・、


音が生きてるのよ!


 

こりんごちゃんが叩いてたバンドの曲も・・・

 

先生がちょっと叩くと、息を吹き返したようにキラキラしちゃって・・・


なんか、こりんごちゃん、曲を殺す殺人犯みたいな罪悪感すら感じたよ・・・


 

あぁ、こういう人(先生)が、ドラマーであって・・・

こりんごちゃんなんか、ドラマーとしての資格なしだなって、落ち込んだ・・・



レッスンも、ドラマーもやめようかなって思ってたんだけど・・・



スタジオで、ひと叩きした後、気分スッキリ!


ドラムって楽しいのよ! だから、辞められない!



やっぱり、レッスンは、落ち込む事もあるけれど・・・

 

定期的にとらないと、ひとりでモクモク練習したって、悪い所を指摘してくれる人がいないと、ムダに終ったりするモンね。



その後、マークとスタジオで合流。



「Dinner どうする? 何食べたい?」


「ポークチョップ!」


「Huh? だって、焼肉の気分じゃないって言ってたジャン!」


「ブタミンパワーで、栄養つけないと!」


「ブタミン?」


「Nevre mind...」 (気にするな・・・)

 

33歳 (精神年齢3歳)の、わがままドラマーは、

明日からも、図太く けな気に頑張るのです。




女神度は?

3歳ドラマー、成長を願う。 星、(ひとつ)





いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)


異常気象のNYC・・・

昨日、華氏69度まで上がり・・・(汗) 

つまり、摂氏20度行っちゃって、小春日和じゃんよ!


ここNYCですよ! 今、一月ですよ! 


Can't be・・・ (ありえないっ!)


だけど、その以上気象NYよりも、異常な人がいた・・・


こいつ、こいつ・・・(↓) 


Boo


ドラム叩いてるらしいよ・・・



NF


新年から、引き続き爆走している、このドラマー・・・


元旦から、ほぼ毎日、ドラム、どっかで叩きまくってるらしい・・・(汗)


の割には、まだショボいらしいよ。 (確認しに来て、NYまで!)


ショボいけど、勢いだけは負けない、勢いだけのドラマーで・・・

たったの2年生ドラマーなのに、3バンドに所属しちゃってますね。


この神風特攻隊ドラマー、


Samurai drummer


また、とんでもないことやらかそうとしてる・・・



なんだよ、一体・・・(汗)




カートのこと覚えてます?

myspace で、NYCのドラマーを探していた、ギタリスト。


彼のバンドは、ノースカロライナで活動中で、(西海岸かと思ってた)

カレッジを卒業した彼は、この夏、NYCに引っ越してきた。

そこで、NYCのドラマーを探していた彼。

それに引っかかった One of the NYC drummers の こりんごちゃん。


彼に、フィンガーズのライブに見に来てもらい、一時審査通過!
後日、彼とのセッションで、ついに彼のドラマーとして抜擢された!

だけど、それは、単にセッションで楽しむためと思ってたら・・・


先日、カート君からボイスメールが残ってた。


「こりんごちゃん、2月6日も空いてる? 

ブッキング入れようと思ってるんだけど?


Call me back as soon as you can! 
(早急に折り返し電話してくれ!)


えっ!?


そのニュアンス・・・、ちょっと待ってよ・・・、

こりんごちゃん、彼とライブするの? 

しかも、2月6日 って言ってましたよね・・・


英語のこと、もたつくから電話は避けたかったが、

尋常じゃないので かけなおしてみる・・・


「Happy New Year! I got your message.」
(あけましておめでとう! 留守電きいたよ!)

「Oh, Happy New Year to you , too!」
(あけましておめでとう!)

「2月のライブって? こりんごちゃんとライブやるつもり?」

「Why not!(うん)、月曜か、火曜だけど、こりんごちゃんの予定は?」

「予定は空いてますけど、あんた正気かい?
うちら、まだ1回しかセッションしてないじゃん・・・」

「大丈夫!2月までは、まだ余裕あるじゃん。」


「まさか、前に言ってた1月22日のライブも、こりんごちゃんがやるの?」

「Yes, I told you before!そうだよ!前に話したじゃん!)

I know you are busy... but...」

(こりんごちゃんが(バンド掛け持ちで)忙しいのわかってるけど・・・)

「いえ、バンド掛け持ちで忙しいから躊躇してるんじゃなくて、まさかライブなんて思いもしなかったから・・・、


too soon to play out! ライブするには早すぎるよぉ!」

「だから、今週の土曜日、また練習しよう!」


こりんごちゃんも、かなり強引に、突っ走ってきましたけど・・・

カートよ・・・、お前も、かなりギャンブラーよのぉ・・・(汗)


カート君、カレッジ卒業したばかりの22歳だもん・・・
フィンガーズのレノンより若いよぉ・・・


もう、吸血鬼のように、若い鋭気を吸い取って、永遠のドラマーになろうかな?


カート君がブッキングしたライブハウスのスケジュールチェックしてみると・・・

本当にブッキングされてる・・・(汗)


彼のノースカロライナでのバンド名でだけど・・・

ベースとドラムならまだしも、ギターとドラムだけで、十分なリハもないうえ、バンドとしてライブこなせるのか?


で・・・

昨日の土曜日、カート君と2回目のリハーサル。


「I'm so excited!」
(こりんごちゃんとのライブ、エキサイティングで楽しみ!)

「I'm a littile bit worried !あたしゃ、ちょっと心配だよ!)

マジ!? マジで、うちらライブやるの? まだ、信じられない!」

「もちろんだよ! so I'm here!だから、ここにいるんじゃん!)」

「ギター(君)と、ドラム(僕)だけでライブやるの?」

「My band members are going to come!」

(ノースカロライナから、俺のバンドメンバー(Bass & Guitar) 来るから。)


Be going to.... って、未来自制で、これから来るんかぇっ!!!



「ええぇ!!! じゃあ、マジ、ホールバンドじゃん!」

「そうだよ!やっぱライブは、バンドでなくちゃね!」

「なんで、ドラマーは来ないの?


「彼は、まだ、19で、学校もあるし・・・

なんとなく、彼も、オレラも、乗り気じゃないんだ。」



あんたのドラマー、19で未成年かよ・・・(汗)


「それで、バンドメンバーはいつ来るのよ、NYCに!」

「ライブ前だから、全体練習は1月のライブ前に一回は出来るよ!」

 

「えええぇぇぇ! たった一回こっきり!!!」

「でも、こりんごちゃんと、俺はあと3回は一緒に出来るから!」

あぁぁぁ・・・・(汗)



かなり、突拍子もない こりんごちゃんですけど・・・

そのこりんごちゃんが、絶句・・・、


なんかね、こうブロクに書くと、彼、何にも考えてないように思うでしょ?


ところがさ、22歳にしては、穏やかな口調と、しっかりとした考えを持っている。


こりんごちゃんと会う前に、カート君、何人かのドラマーとセッションしたらしい・・・


「こりんごちゃん、君は、ドラムフィルを振りかざし、これ見よがしにテクニックに走るドラマーじゃなけど、そのシンプルさ、タイト感がいい!

俺は、いままで、いろんなドラマーとやってきたから、どのドラマーが自分のプレイと合うか合わないかなんて、一回やってみればわかる。


もし、こりんごちゃんが 俺に Work してなかったら、今また会ってないし、

こりんごちゃんも、また俺とやりたいって思わなかったでしょ?


それから、タレント性も重要! 

こりんごちゃんの雰囲気とか、パフォーマンス、すごくいい!

確かに、俺ら、出会ったばっかりだけど、信じられる?

たった2回で、こんなに息ぴったりだよ!

 

これから、一緒にやってったら、俺ら、とんでもなくすごいことになっちゃうよ!」


ふむ~・・・



また、リハーサルのあとに、ジャパレスで、餃子食べてる二人・・・

 

「あっ、ここの餃子は、イマイチだね・・・
俺の餃子ソングも、しぼんじゃうなぁ・・・」

「こりんごちゃんの餃子食べたら、マジ、ビビるよ! 
歌、出来まくりの、食べまくり!」

「じゃあ、ホールアルバム作れちゃうね!」

「Exactly!」 (まさに、その通り!)


あはははは・・・

餃子は、もういいから・・・


このプロジェクト、この先どうなるかは分からないけど、一番HOTだぜ!


ガールズバンドのリップスティックスも、HOTなんだけど・・・
ライブまで、ちょっともたついてる・・・

NRは、順調にブッキングは入ってるけど・・・
コミュニケーションが うまく取れない・・・

フィンガーズは、楽曲はいいのに・・・
メンバー同士が、すれ違い気味だよね・・・



こりんごちゃん、いろんなバンドに参加するのは、もちろん自分のドラム向上のためだけど・・・

そのバンドに心からささげられる、dedicate なバンドを求め、探し続けてるのかな・・・?


そうやって、二頭追うものは一頭も追えないのかな?4頭目追ってるけど・・・)

でも、たとえそうだとしても、自分のドラムのレベルは、間違えなく、劣らざるとも上がってるはず!



一度きりの人生だもの・・・

何か、ドカンと証を残したいし、はじけたい・・・


33歳だもの、もう、うかうか余裕ぶっこいてる暇はない・・・
(もうはじける歳じゃないわよ!と言われれば、否定しずらいのも事実なお年頃で・・・)



カート君が、その青い瞳をキラキラさせながら言った。

「My dream comes true! (夢がかなう!)

NYで、バンドライブやるのが夢だった!」


こりんごちゃんは、ここに住んでますから、

ここでライブするのは当たり前なことになってたけど・・・


カート君、うれしいよ、君の夢の一部に、こりんごちゃんも参戦出来て。


この子には、大きな夢も希望もある。


こりんごちゃんにも、大きな夢も希望もあるけれど・・・

こりんごちゃんには、この子の持ってる、音楽の才能と、その若さが、正直言ってない。

 

もちろん、自己中な、こりんごちゃんですから、自分のことを一番に考えますけど・・・

彼の持つ、将来の期待は奪いたくないので、今は、言われれば、ありがたく彼とプレイするけど・・・

この先、彼が、彼の将来の期待を飛躍させるドラマーと出会ってくれることも ひそかに願ってる。けなげジャンかよ、こりんごさん!)  


だって、彼、22歳になったばかりだもん・・・(汗)


このバンド、The Naturals って言うんだけど・・・
こりんごちゃん、かなり、Unnatural だけど・・・

友情出演って形で、そのバンドに所属させてもらうのが、いいかな。




バンド活動って、いろいろゴタついたり、問題も勃発するけれど・・・


こりんごちゃんが 奇跡か運命か、

出逢った このバンドたちのこと、いとおしいし・・・



I love my bands、 愛してるぜ!



こりんごちゃんの、ブロクの読者様、


Big City ニューヨークでは、ちっぽけすぎるドラマーだけど、こんなドラマーのたわごとを、いつも読んでくださって、ありがとうございます。


NYCには、星の数ほどバンドが存在する

(生まれては、また消えることも多いけど・・・)


これが、世界レベルになったら・・・(汗)



今、ここNYCで、こんなバンドたちも、小さいながらも熱く活動してますので、今後とも、ご声援、どうぞよろしくお願い致します。


(ちょっと、新年早々だから、かしこまってる?)



2007 in New York City


こりんごバンドたち・・・


The Holy Fingrs  (移民だけど)

Naming Rights  (昔のデモだけど)

The Lipsticks (デモのクオリティー悪いけど)

The Naturals (デモとは別に、最近、60年代のロッケンロール調に転身した模様。)


Thank you for your supporting us!



凱旋帰国したいわぁ・・・



女神度は?

かなり、自由な女神に成長してないかい? 星、☆☆☆(みっつ)












いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。