自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

華やかな理想的街で、庶民的な現実生活を Enjoy する方法! 好奇心と向上心だけで生きる。合言葉は、「やったモン勝ち!」 仕事、恋愛、アメリカンドリーム、日々のつれづれ語ってます。



" I've just been to JFK to see off Paul...

he disappeared behind the door (departure gate)"


(JFK空港に、ポールを見送ってきた、出国ゲートに消えてったよ・・・)



この水曜日、ついに我が女房、ベーシストのボールがNYCを去り、モスクワへ帰国した。




レノンからの携帯メールを、クソ忙しかった Fucking オッフィスで受け取る・・・


泣きそうだった・・・



その直後・・・


「新しいベーシストが今日のリハに来るから。」


追加メッセージが届く。



ポールが帰国した事を嘆いても、現実は動き続ける。



ポールがモスクワ行きの飛行機のなか・・・

Fingers は、通常通りリハーサル・・・



そのベーシスト、キャリアは25年。


ですから、もちろん、初心者ベーシストガールよりは 全然マシですが・・・


そのキャリアは、レノン(23)が生きて来た年数を上回ってるわけで、


ですから、フィンガーちゃんに交ざるには、ちょっとお歳召されてて・・・、フィンガーさんって呼びそうで・・・


でね、プレイも、ちょっとオーバーワークというか、ポールの控えめすぎづ、目立ちすぎない、あの頼れるベースラインに慣れてしまったから、その暴走気味のベースラインについていけない・・・



「こりんごちゃんは、あんまり彼のこと好きじゃない・・・」


「こりんごちゃんは、ポール以外 好きじゃないんでしょ?」


「そうよ!」



なんて言ってたけど・・・


いつまでも、ホールの影にすがってたらダメのなも知ってる。

未練がましいオンナは、いけすかねえぜ! (←己ですよ!)



レノンから、

「彼は年過ぎる、やっぱり友達の彼女(初心者)にやってもらおうと思うんだけど・・・」



「オメェはさ、たった 2チョイスしかねぇのかよ! (極端すぎる)


なんで、他のベーシスト探そうとしないの? オーディション開かないの?」



「I'm fucking tired.」



終ってる・・・、


コイツのなんでもめんどくさいことがあると、疲れてるで片付けるその態度がいけすかねぇ!




「こりんごちゃんが、ベーシスト気に入らないなら、探してよ。」



ははは・・・、アタシャ、Fingers がどうなったって、ただドラム叩くだけですから・・・



「あら、アタシは気に入らないなんて一度も言った事はありませんよ。


初心者ベーシストのこと、賛成はしていませんが、アンタがそれでいいと思うなら、構わないわよ。」


(バンドのリズム隊を、初心者に任せたいなら、そうしなさい、アンタのバンド土台崩れっての体験するべきね。)


って、こりんご姉さん、半分サジ投げ状態。 (姉さんを、ナイガシロにし、怒らせると、たち悪いわよ。)



バンドのことは、こんな感じですが・・・



自分の成長のため、出国ゲートをくぐったポールのように、

こりんごちゃんも、旅立ちの出国ゲートをくぐらなきゃ。




女神度は?

今日の味方は、明日の敵?(反対だっけ?) 

人間関係もドラム道も、バッサリ斬り込んでいくわよ! 星、☆☆☆(みっつ)





AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

昨日は、ポール君の お別れパーティーだった。

こんなにスマイルですが・・・

夕べが、最後の晩餐だったんだ・・・(涙)

だってね、全くいつも通りだから、何か お別れって感じがしなくて・・・

バンド仲間、ポール君の個人的親しい友達が集まって・・・

なぜか、チェコスロバキア料理の店で、ディナー。

その後は、アイリッシュバーで、ポールとの、最後の ひと時を楽しんだ。

えっと、こりんごちゃんは、ポール君、大好きですから、プレゼントとカードも、ちゃんと用意したよ。

これって、NYの定番のお土産? 有名なTシャツよね?

住んでる者は、絶対買わないし、着ないけど・・・

ポール君は、あんまりNYCが好きじゃなくて、それも帰国の原因の ひとつでもあったから・・・

このTシャツの ハートの部分に、「don't」 を付け足して・・・

背中に、ラブリーメッセージも添えてみました。

大爆笑で、たいそう喜んでもらえました!

そう言えば、ロシア、日本じゃ、Hug の習慣がないから、ウチらは いつも、堅い握手で 終ってたんだけど・・・

「ポール、最後に、特上の BIG HUG をしておくれ!」 と頼んで、


88センチの 我が女房と、熱~い Hug を交わして、最後のお別れをした。

その時はさ、あんまり まだ、ポール君がいなくなること実感出来てなくて・・・

実はさ、今、ブロク書きながら、スゲ~、I really miss him. なのよ~~~!

平常を装って、ブロク綴ってますけど・・・

何か、泣けてくる。

ヤバイ・・・、ぐすん・・・

今週の水曜日に、彼はNYCを去ります。

その水曜日には、ポールなしのリハーサルがあって、その時間帯は、ポール君、モスクワ行きの飛行機の中だ・・・(涙)

ポールが抜けた後の Holy Fingers なんて・・・Sucks!

いまだに、初心者のベーシストガール、キープしてるらしいし、

(ポール、こりんご は、反対したのに・・・)

つまり、当分、ライブなんて出来る状態じゃないわけね。

しかも、次回のレコーディングからは、ドラムマシーン使うとか?

こりんごちゃん、何のためにいるのよ。 

(ポールのためにいたと言っても過言でない。)

ポールと一緒にFingers を卒業してもいいんだけど・・・

一年も一緒につるんできたからね。 

ベースが抜けて、ドラマーもぬけたら・・・

(べース、ドラマーを見つけるのは 一苦労のNYCですから。)

Fingers には、以前のような情熱はないけれど・・・

このバンドに、精神的に落とされたりもしたけれど・・・

半年の ひよっこドラマーを、迅速的に成長させてくれたのも、このバンドのおかげだから・・・

本当に、ドラマーとしてステップアップするには、いいバンドに入れたよ。

そんなにアップテンポな曲調でもないし、楽曲も嫌いじゃなかったからね。

ライブや、レコーディングの経験まで出来たし・・・

あらら、まるでドラマー道のステップ台みたいな言い方ですが・・・


そして、ブルックリンバンドと出合って、ちょっとアップテンポな曲調と、本場の英語。

これまた、Next Step には、タイミングいいバンドと出会えた!

自分を向上させたかったら、やっぱり上のレベルでやっていかないとね。

フィンガーちゃん、あえて初心者ベーシストを招いている君らの意向がわからないよ、姉さんには。

お前ら、上目指す気あるの?

こりんごちゃん、上がる事しか考えてないので、あしからず。

I miss Paul. ですが、これもまた、Move on するための、別れだったのかな?

次回、ポールに会うときまでに、立派なドラマーになっているよう、頑張るよ。



ポール! アンタは、永遠の こりんごちゃんの女房だよ!


Good luck!

女神度は?

別れがあれば、出会いもあって・・・

新たな旅立ち、新たなドラム道、歩み始めた こりんごちゃんに、星、☆☆ (ふたつ)

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

ブルックリンバンドも、やっと起動に乗り始めたか?



毎週木曜日は、彼らとのリハですが、今週のみ、pillows のライブにかち合ったので、金曜日に変更してもらった。 (Thanks!)


前にも言ったけど・・・


The Holy Fingers は、ビートルズから、あだ名、頂いてるんだよね。




で、ブルックリンバンドは、ちょっとHoly Fingers にはない不良っぽさも交えて・・・



Led zeppelin から あだ名いただいてます。



リハーサルを重ねるに連れて、better になっていきますが・・・


彼らは、生粋のブルックリン育ち・・・、

英語、めっちゃ早いし、多分イディオムとか枠超えてるワードとか飛び交ってんだよね。



まださ、その ぎこちなさが新鮮。



リードギターのジミー君と、ヴォーカル・リズムギターのロバート君は、ヘビースモーカーで、2時間のリハに5分ほど、スモーキングタイムで、スタジオを後にします。


(*NYCでは、屋内では喫煙禁止!)


その、スモーキングタイムに ノンスモーカーのリズム部隊、

ベースのJJ と ドラムの こりんごちゃんは置き去りですが、その間に、ちょこっと2人のトークタイム。


この2人には、共通点があって、仲間意識から、いちばん Sucks な こりんごちゃんの英語との会話率が高いのは、JJ。


リズム部隊である

ノンスモーカーである。

別のバンド掛け持ちである。


これらの共通点が、話題提供をしてくれるからね。




さて、リハ再開。


何気に、ロバート君が、Weezer の 「Say it ain't so.」 を弾き始めて・・・


みんなで カバーしたのよ。


この曲、こりんごちゃん、好きよ! 

ロバート君のボーカル、いいじゃないの~~!


あら、でもギターソロ、ミスったね。



ほらさ、Fingers は、Brit rock とか言っちゃって、確かに UKロックは いいけどさ、あからさまにアメリカンロックを否定するレノンの態度が、いかにも、ヨーロピアンの Snobbish で、鼻についてたぜ!



今回のリハは、ほとんど言葉、発しなかったな・・・(汗)

全部、ボディーランゲージだった・・・、うなずきとかでね・・・(汗)



「いいよ、そのドラム!」って、無口な こりんごちゃんを、褒めてくれる彼ら。



なんとか、リハ終りまして・・・



「飲みに行くけど、一緒に行く?」


って、そりゃ、親睦のためにも、行かなきゃでしょ!


早く、この ぎこちない空気から、もうちょっと進展したいじゃないの!

明日、仕事だって、飲みに出かけるわよ!


なんと、その前日は、ロバート君の誕生日でもあったので、セレブレイとも含まれてますから。



スタジオから、オシャレなベッドフォードのバーまで 歩いて出かける。



雨がパラつく中、3人の guys と、こりんごちゃん、

ブルックリンのストリートで、カッコエエ!



「こりんご、JJ は、ゲイなんだぜ! 

で、リトルボーイが好きなんだよ!」


がはははは!!!

ぎゃはははは!!


「日本語では、なんていうの?」


そんな、冗談話で、ちょっとづつ、彼らの輪の中に 招き入れてもらう。



バーについて、みんなでビールオーダー。


「こりんご、お前もショットやる?」



酒の弱いこりんごちゃんですが、こりんごちゃんの、ちょっといいとこ見てみたい~!



4人で、ショット、あおりました!



ただでさえ、彼らの英語、早いのに、バーはにぎわっててうるさいわけよ。

それでも、不思議、会話なんだか弾んでるのよね。


こりんごちゃん、きっと100%聞き取れてないけど、雰囲気で理解してるみたい。



この4人の会話、どんなのか、気になるでしょ?


もちろん、バンドですから、BGM の曲から、音楽の話したり・・・


「こりんご、Sleater Kinney 好きなんでしょ! いいよね、彼女等!」



すげ~、ウレシイ! Fingers じゃ、Sleater Kinney のことすら知らないし、

CD貸してやっても、「ここから こりんごちゃんが学ぶものは ないね。」ってレノンに言われました。



他には・・・

           タバコ    草

ロバート君     ○      ○

ジミー君       ○ ×  (痛み止めは使用)

JJ         ×      ○

こりんごちゃん   ×      ×



           Tattoo

ロバート君     ○

ジミー君       × 

JJ   ○

こりんごちゃん   ×



バランス、いいでしょ?  (Huh?)



「こりんご、say "Gay" to JJ!」  (JJ に、ゲイだろって言ってやれ!)


「こりんご、say "Red neck" to Robert!」 (ロバートに、アホって言ってやれ!)



こんな、ジョークとんでるのよ。



で・・・



年令の話になって・・・


ロバート君が・・・「こりんご、何歳?」



あ”~~~~~!!!

ぎゃ~~~~~!!!

Noooooooooooo!!!


ジミー君、JJは、こりんごちゃんが、年歳 隠したがってたの知ってた。


こりんごちゃん、思わず、中指立てました。(もちろんジョークで。)



「21よ!」


「そうだよ、こりんごは、21だよ!」


「で、オレは17だし。」 (ジミー君)


「Hey, get out of here!」 (オイオイ、未成年はバーから出てってくれよ!)




ジミー、ロバート、スモーキングタイムの時、JJと話してて・・・



俺らは、ハイスクールの時からバンド組んでて・・・

NYCのライブハウスでショーもバンバンこなし・・・


何と、レコードレーベル契約一歩手前までこぎつけたらしい!!!


そこから、英語が理解出来ず、何故、契約はせづ、それぞれ おのおのの生活に入ったのかは、わからないけど・・・


JJだけは、常に どこかのバンドに入って活動は続けていたが、

ジミー、ロバート組は、これが再結成、再スタートになる。



「えっ、彼らって、バンドシリアスなの?」


「Yes,」


「あのね、もちろん こりんごちゃんも、まじシリアスよ!

でもさ、彼らが本当にシリアスにバンド考えてるのなら、こんなドラマーでいいの?」


「I know you are serious. don't worry! (知ってるよ、こりんごがマジなのは。)

ロバートも、こりんご、日に日に良くなってるって言ってたじゃない。


それよりも、彼らは、こりんごが このバンド好きなのか気になってると思うよ。

バンドが成功するためには、メンバーが dedecate (バンドに尽くす)じゃなきゃダメなんだ。


「あのね、私の別のバンド、すごく好きなんだけど、ベーシストはいなくなるし、だれも、こりんごちゃんの話、聞いてくれないのよ!」


「you know?

オレのバンドもね、誰もオレの話、聞いてないよ。 

他のメンバーは、21、22だから、若くてね・・・。」


「いや~ん!JJ、一緒、一緒!


だってね、ウチのバンド、こんな情況の中、ドラマーだって Just OK ドラマーなのに、新しいベーシスト、初心者の女の子連れてきたのよ! 

そんなの、バンド、趣味としか思えないし、なめられるジャン!」


こりんご、いいかい、人の目を気にしてたら、自分のやりたいことはできないよ。とにかく、自分自信が、音楽を楽しむ事が大切!」



そこに、ちょうどスモーキング組が帰ってきて・・・



話に加わり・・・


「I like your songs!」 (ロバート君の作る曲、好きだよ!)


「Oh, you like it!? good!」 (おう、好きか!グッド!)



そこから、彼らの過去のドラマーの話にもなって・・・


「奴等は、みんなクレイジーだった! こりんごは、ちがうよ!」



いや、アタシ的には、クレイジードラマーになりたいんだけどさ・・・



それから、なんだかんだと、盛り上がって・・・


「JJ、こりんご、あのステージで 踊ってきたら、$5 やるから、いってこい!」 とか、


ついには、バーテンダーに確認済みで、バーでタバコ吸い始めた。



あれよあれよと、深夜2時・・・



3人は ブルックリン、こりんごちゃんは クイーンズ在住。


「こりんご、地下鉄で帰るの大丈夫? 


もし、心配だったら オレラと一緒に帰って、俺んちのカウチで寝て帰っていいよ、オレのガールフレンドもいるから、心配ないし、で朝に帰れば?」


「大丈夫だよ。」


「じゃあ、何かあったら、直ぐにジミーの携帯に電話するように、そしたら、オレラ迎えに行くから。」


ロバート君は、結構 気の利く子です。



無地に帰宅。   

いい夜だったな。 バンドの親睦 深まった?

なんか、悪くないでしょ?

ドラムの練習もだけど、英語も ちょっと勉強しようかな?(ちょっとかよっ!)

女神度は?

バンドも順調、つきあいもいい こりんごちゃんに、星、☆☆☆(みっつ)






AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

随分、ブロク更新が 滞ってしまいましたが・・・。



便りのないのはよい便り。 こりんごちゃん元気でした。



日曜日のポールラストライブから、更新ストップしてましたね。




翌日の月曜日は、友達のバンド "Bloody Panda" のライブポールと見に行ったの。


ココのドラマーすげ~のよ。


ウチのバンドとは、ジャンルがちがう Doom Metal ですが、かなりAwesom!なので、ポールが帰国する前に、一度見せてやりたかったのよ。


ポールも、「That's cool!!!」って喜んでた。




水曜日は、そのポールとのHoly Fingers ラストリハーサル。


これで、本当にポールとのプレイは最後。(涙)



いつかまた、一緒にプレイしようね。 

アンタは、アタイの永遠のベーシストだもの!



木曜日は、マークと "The Pillows"ってバンドのライブ見に行ったの?


知ってた、このバンドのこと? (こりんごちゃんは、知らなかったよ。)



日本人バンドなんだけど、こっちじゃ、スゴイ人気なのよ!


あの Knitting Factory でのライブだったんだけど・・・


はい、The Holy Fingers も いっちょ前に、そこでライブやりましたね。



だけど、そのステージは、ベースメントのいちばん下っ端ステージ(Old office)


もちろん、Pillows は、最上階のメインステージでのライブ。


しかも、満員御礼。


日本語で、歌ってるのに、アメ人のみなさま、ちゃんと日本語歌ってた!

しかもさ、アンコールの時、「Mou ikkai, Mou ikkai」って日本語でコールしてたよ。



すごいよね・・・


なんか、ブルーになっちゃった・・・


こりんごちゃんも、同じ日本人じゃん・・・バンド組んでるじゃん・・・


アメ人からの激励コールといえば・・・


「ガンバッテ、オンナのタイコ!」って・・・マーク・・・アンタだけだよ・・・。



それでも メゲずに、こりんごちゃん、人の波をかき分け、ステージまでなんとかたどり着き、彼らに Fingers のデモCD渡して来たよ!




さて、昨日の金曜日は、ブルックリンバンドとのリハーサル。

これは、かなりオモロかったので、次に更新するわ!



本日土曜日は、スタジオにこもって、個人練習。


明日、日曜日は、Fingers のレコーディング 

(つうか、こりんごちゃん、もうフィニッシュしてるので、やることないんですけど、メンバーの一員ってことで、出勤です。)



何だかんだ言っても、常に音楽の中に携わって生きてるでしょ?


ちょっと、飛ばしすぎで、鼻タレてるんですけど・・・、

熱も出てるみたいなんですけど・・・


馬鹿は、風邪引かないから、天才なんですけど・・・



ってことで、体調は崩れております。


最近、めっきり暑いのに、今日、土砂降りにやられたNYC。

外は、死ぬほど熱いのに、地下鉄は死ぬほど冷え切ってる・・・



そりゃ、風邪も引くだろうよ!



Have a good weekend!



女神度は?

ブロクアップが疎かだったけど・・・

音楽に没頭のこりんごちゃんに、星、☆☆(ふたつ)






いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

遅れましたが、日曜日のライブ報告。

The Holy Fingers オリジナルメンバーでのラストライブ。

こりんご (Drums)、ポール(Bass)、レノン(Frontman)、ジョージ(lead guitar)

なんか、これがポールとの最後のライブだったなんて、信じられない・・・。

で、そのライブは、どうだったのよ?

えっと・・・

Fuck Fingers!ですわぁ。

あまりに情けないライブだったので、写真多めにアップで、ごまかそうと思います。  (写真は、その失態を物語らないからさ。)

偉そうにステージ立ってますけど、このライブを前に、数回、フィンガーちゃんたちの くだらぬ理由でリハ スキップしたんですね。

リハーサル、練習って大切よ。

このライブ、そのリハ不十分さが、モロに出たライブだった。

特に、この人・・・

レノン、コイツのギター、常に練習不足ですけど、

コイツがくだらぬ理由でリハスキップしておいて・・・

新しく購入したワウワウペダルを、リハでためしもしないで、ステージで使いやがった!


いつもと勝手が違うし、本人だって初めてだから、もう、演奏メチャクチャ!

ジョージはさ、リードギタリストなのに、全然目立たなくて、せっかくいいリフとかソロ弾いてるんだから、もっと目立てよ! 音、聞こえねぇ~よっ!

ポール! アンタだけだよ、常に頼れる人は!

いつでもしっかり こりんごちゃんのことフォローしてくれて、Thanks!

つうか、こりんごちゃん! それ、アンタの役目だから!

アンタ、ドラマーなんだから、ギター、ヴォーカル、しょぼくても、バシッと決めて、奴等引っ張ってかないと!

それどころかさ、レノンが 奴自信あれだけポシャっといて、こりんごちゃんがミスったとき、スゴイ目でにらんだんだよね。 

ムカッ!!!  シンバル ガンガン鳴らしてやったよ!

そんなこんなで、ポール最後のライブだったというのに・・・

       最悪だった・・・

こりんご姫、バックルームでご立腹!

だけど、そのあとに みんなでのみに出かけて・・・

酒で 解決か?

もう、ポールとは 今月でお別れなので、いっぱいしゃべった!


   Drum (こりんご) & Bass (ポール)

もう、Fingers の親指、リーダー、中心核、まとめ役のポールがいなくなったあとの Fingers・・・

末恐ろしくて、考えられない・・・。

こりんごちゃんは、Fingers では、中指なので、おっ立て Fuck you!で 行きますけれど・・・

はぁ~・・・

ため息が出ちゃう・・・

女神度は?

おつかれ、ポール!

ポールに免じて、星、☆☆(ふたつ)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

   Happy Birthday to Paul!

本日、アメリカまだ 18日の日曜日で、ポールマッカートニーのお誕生日。

彼、真っ赤なジャケットにあってますが、64歳になりましたね。

永遠のロッケンローラーだわね。

こりんごちゃんも、あと30年はイケルって、自信沸いてきました。

アメリカは、今日、父の日でもあるんだけど・・・(日本も一緒だったけ?)

ウチのバンド、Holy Fingers ベーシストのポール。

彼は、バンド内では、父親的存在の頼れるアタイの女房!

今夜、The Holy Fingers は、オリジナルメンバー、ポール最後のライブを敢行です。

こりんごちゃんブロクを愛読してくれてる皆様にも、ぜひ有志見てもらいたかったけど・・・

I'll do my best! 頑張っちゃいます!

っつうわけで・・・

Holy Fingers は、 We miss Paul.  We need a new bassist.

ポールがこいしいが、新たなベーシストが必要なわけよ。

彼、ウチのバンドに参加してくれないかしら?

だって彼も、ポールでしょ?  ベーシストでしょ?

ま、まさか・・・

ええ、マジですよ。

Come on Paul McCartney!  

女神度は?

いろんなポールに励まされるわ~。

とりあえず、今夜 がんばってね。 星、☆☆(ふたつ)

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

夕べは、ブルックリンバンドとのリハーサル。


彼らの曲に、練習のかいもあって、ちょっとづつなれいてく。

ただ、Holy Fingers より ちょっとアップテンポでね、一番早い曲は、入れたかったドラムフィルさえ決まらず、テンポのキープで いっぱいいっぱい・・・(汗)

でも、早いビートも慣れなきゃ! (Holy Fingrs では、一生使わないからね。)

これ出来たら、こりんごちゃん、一皮むけちゃう~! (うっふん。)

でも、まだ、彼らの英語には、混じれない・・・(涙)

何言ってるのかは把握で来ても、一緒に会話に加われるほどの英語力は・・・(涙)

まだ、お互いに意識しあっちゃってね~

でも、なんか新鮮よ~、付き合い始めた恋人達みたい。

ウチのフィンガーちゃんたちとも、こんなウイウイしい頃があったんだけどなぁ・・・

もっと練習して、彼らが気にいってくれるドラマーになって、

リレイションシップも、もうちょっと、進展させたいわ。


前にも言ったけど、バンド活動って、恋愛みたいなのよ。

マジで好きになっちゃったら、お前に 「ぞっこんラブ!」 みたいにバンド活動に没頭!

好きになった分、喧嘩もしたり、楽しい事も分かち合って、音楽作っていくの。

でもさ、馴れ合い過ぎちゃって、情熱が冷めてきたり・・・憎みあったり・・・別れがあったり・・・

他の女(バンド)が気になって、浮気デート(一時的にJamって見たり)

あっ! こりんごちゃん、今、二股かけてるってわけ?

まあ、バンド掛け持ちの人なんてたくさんいるけどね。

恋愛経験が豊富なほど、男見る目や いい女にもなれるじゃない?

バンド経験が豊富なほど、いろんなジャンル、ビートこなせて、出来るドラマーに近づくわけよ。

こりんごちゃん、ココまで来たからには、いいドラマー、いい女に なってみせるわよ!

女神度は?

いい女、いいドラマーに万歳! でも、まだなれてないから、星、☆☆(ふたつ)


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

最近、また落ちてる こりんごちゃんです・・・



バンド、ゴタつき過ぎ・・・



ポールの後任候補、女の子ビギナーベーシスト、呼んだかと思えば・・・


myspace 出知り合った経験豊富のベーシストのライブをチェックしに行こうと誘えど・・・


我がフィンガーは、「疲れてるから・・・」



Fuck you!   



姉さん、ブチぎれ!  もう、知らん! サジ投げさせてもらいます!




そんなんで、姉さんのストレスは絶頂よ!


こんなとき、ミュージシャンは、ドラックとかやるんだろうね。


だから、こりんごちゃんも、スペシャルドラックに、手だしました!



drum\u0027n\u0027 Ic cream


ファミリーパック、抱えてドラムの練習も中断!



あとは、スタジオでバンバン!



でもって、本日は、ブルックリンバンドとのリハです。


まじ、ブルックリンバンドが本腰入れてくれたら、乗り換えたいよ!




女神度は?

結構めげないね。 星、☆☆(ふたつ)




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)


音楽に没頭の こりんごちゃんですが・・・

世間の話題にも触れてみる?

気付かなかったけど、サッカーワールドカップはじまったのね。

日本も、アメリカも、初戦敗れたみたいね。

興味がないと、こんなブロクしか書けない・・・

別の話題といえば・・・

ウチのオフィッスに、定期的に届くゴシップマガジン 「People」

5月の月末号、プラピ と、アンジェリーナ ジョリーの Baby の写真が公開された。

何とその写真 その雑誌社が購入した価格・・・

4ミリオンダラー!!!

4ミリオンダラーって、日本円にしたらいくらになるのよ!

世間は、そんなんで盛り上がってるみたいだけど・・・

こりんごちゃんは、盛り下がってるよ・・・

世間の話題に興味ないから?

いいや・・・、ドラム、バンドのことも含めて・・・

なんか、なんか・・・

晴れ晴れしない・・・

こりんごちゃんが、ドラマーとして存在している事の意味がわからない・・・

もう、フィンガーちゃんたちが どうなったって構わないんだけど・・・

ドラムマシーン使おうが、ズブの素人興味本位ベーシスト希望加入させようが・・・

バンドプロモートにはもってこいのイベント告知見つけたんだ!

で、レノンにメールしたのよ。 (何だかんだ言ってもバンド思いの姉さん。)

「What do you think? should we do that? 」 (どう思う? オレラやるべき?)

「It's up to you. we need a bassist, though.」 (アンタしたいよ。ベーシスト必要だけど。)

「i don't wanna book any shows until we'll find a bass player.

(ブッキングは、ベーシストが見つかるまで取りたくない。)


we'll see about Sara. if she could do the bass lines it's would be cool.」ちょっと彼女の事、様子見よう。もし彼女がこなせたら、クールだよ。)

どう見ても、友達の興味本位だった感じなんだよね、彼女・・・

ポールが、「どんなベース使ってるの?」って聞いたら・・・

慌てて、「ベースは、ベースよ、他に何があるの?」

「いや、どんなタイプのベースかなって・・・(汗)」

「白いやつ。」

「あはは、色聞いてるんじゃないんだけど・・・」

こんな会話、なされてたから・・・。

こりんごちゃんはね、もう、どうでもいいんだけど、

この彼女の事、とやかく言える義理もないんだけど・・・

これから上を目指そうってバンドが、あえてレベルの低いベースを選ぶ姿勢が気に入らない。

たとえ、彼女がソコソコ弾けたとしても、このドラマーですから、ソコソコレベルじゃ困るわけよ! 

しかも、全体演奏レベルは下のほうのレベルバンドですから、女2人もバンドにいたら、なめられるでしょ?

こりんごちゃん、紅一点だったから、ものめずらしがられたわけでしょ?

この子を、試すのはいいけど、それと平行して、ベーシスト探すべきでしょ? オーティションの告知とかもしてないし、彼女の練習に時間を割いて、彼女がポシャったら、どうすんのか?

で、ベーシストが見つからない限り、ライブも出来ないわけで・・・

レコーディングは、ドラムマシーン使うとか言ってますから・・・

こりんごドラマーの存在価値ってあるの?

そりゃさ、メランコリーな気持にもなるわな~

今の己の心境、歌われてる・・・そんな曲・・・

~The Reason~  by Hoobastank

Hoobastank

I'm not a perfect person
There's many things I wish I didn't do
But I continue learning
I never meant to do those things to you
And so I have to say before I go
That I just want you to know

I've found a reason for me
To change who I used to be
A reason to start over new
and the reason is you

I'm sorry that I hurt you
It's something I must live with everyday
And all the pain I put you through
I wish that I could take it all away
And be the one who catches all your tears
Thats why i need you to hear

I've found a reason for me
To change who I used to be
A reason to start over new
and the reason is You [x4]

I'm not a perfect person
I never meant to do those things to you
And so I have to say before I go
That I just want you to know

I've found a reason for me
To change who I used to be
A reason to start over new
and the reason is you

I've found a reason to show
A side of me you didn't know
A reason for all that I do
And the reason is you

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

ついに動き出したか、ブルックリンバンド?

Long time no see! (おひさしぶりね。)

今日で、彼らと3度目のリハだけど、前回会ったのいつだったけ?

待ち合わせの地下鉄駅まで迎えに来てくれたんだけど・・・

あのね・・・、

Holy Fingers って移民バンドでしょ? 

だから英語ってみんながセカンドランゲージなわけね。

でもさ、ブルックリンバンドは、生粋のアメリカ人、しかもブルックリン出身だから・・・、英語、抑揚ない上に、超早いわけよ! 

電話でも「What's up?」って・・・、

音楽の事より、英語のことプレッシャーだわ~。

もうさ、2時間のリハーサルで、発した言葉って・・・

「Yes, OK, What?」 こんな3単語ほどで、会話にすらなってないよ・・・(汗)

だってさ、まじアメリカ人なんだもん、

英語の先生とか、日本人なれしてるアメリカ人じゃなくて、ホントの本物。

教科書には出てこない英語、パンパン飛び交っちゃってますから・・・

こんなところで、本物のアメリカを感じるよ。

よく こんな彼らに、マイシンバル持参したくない!とか、リハやる気ないなら、他のドラマー探してとか言い放ったなぁ~。 スゲェよ こりんごちゃん。


えっと、バンド構成は、全く Holy Fingers と一緒で、4P バンド

Holy Fingers は、こりんごちゃんがリンゴスターにかぶったのと、フィンガーちゃんたちの Influence bandでもあるので、ビートルズから あだ名命名しましたけど・・・

 

ヴォーカル&リズムギターの レノン(23)

リードギターの ジョージ(26)

ベースの ポール (26)


ふてぶてしいドラムの こりんごちゃん(32)

ブルックリンバンドは、その 清純派 Fingers にはない、ちょっとスレた 感じから、 不良っぽさも含め、Led zepperin から、あだ名 命名する事にしました!

ゼッペリンのJohn Bonham にもあやかってね。

ヴォーカル&リズムギターの ロバート君(27)

リードギターの ジミー君(27)

ベースの John Paul Jones 略して JJ (27)


借りてきたネコ状態だった、ドラムの こりんごちゃん(32)

実は、両バンドのベーシストの あだ名は、偶然に現実ともリンクしてます!

出合ったばかりだから、お互い ちょっとまだヨソヨソしくて・・・

加えて、こりんごちゃんは女の子だし、英語ヨレヨレだし・・・

なんか、フィンガーちゃんたちと 出会ったころの 初々しさ 思い出しちゃった。

リハの出来は・・・

う~ん・・・、

まだ慣れてないからって思いたいけど・・・

スタジオのドラムセット、シンバル、ボロくてイマイチだったんだけど・・・

ベーシックビートで 何とか乗り切ったけれど・・・、

もうちょっとドラムフィルとか使いたかったなぁ~。

こりんごちゃんの一番のネック、ドラムフィルのクリエイト・・・

ちょっと落ち込むね。

早く、彼らに馴染んで、バンバンカッコよく叩けるようになって、彼らに やる気を起させたい!

なんか満足行くドラムじゃなかったから、「We cant play with you anymore!」もう一緒に出来ない!)って言われるかも・・・

スタジオ代も、また払ってもらっちゃったし・・・

バンドに受け入れられてないのかな?

だけど、「See you Next Thursday!」また次回ね!)って言ってくれたから、次回までに、彼らのために練習しておこう。

こりんごさん・・・?

昨日の記事で、Fingers のためには練習せんっ!

己のために練習のみって言ってましたよね?

いいの、いいの、女は このくらい小悪魔で行かないと。

好きな男のために頑張るわ!

女は男で、イイ女にも悪い女にもなるのよぉん~)

「奴等のため」 は、必然的に 「己のため」 にもなってますからね。

ブルックリンの新たな風が、心地いい 今日この頃です。

はい、はい、こりんごちゃんのドラム人生、

どんどん盛り上がっていこや~!

女神度は?

カラカラ空回りしてても、止まらず回り続け動き続けるアンタ、タフだね。

持ってけ泥棒! 星、☆☆☆(みっつ)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。