自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

華やかな理想的街で、庶民的な現実生活を Enjoy する方法! 好奇心と向上心だけで生きる。合言葉は、「やったモン勝ち!」 仕事、恋愛、アメリカンドリーム、日々のつれづれ語ってます。


テーマ:

人に対する、姿勢・態度って・・・


生きていく上で大切な事よね。


自分の 思い通りに生きていても、やっぱりいつでも Nice でいるべき。


それが、上手に人生歩んでいく ひとつの方法でもある・・・。



また、出だしから、仰々しいですが・・・(汗)



アメリカの接客対応って、日本と比べモノにならないくらい、最悪である。


あの~、私がカスタマーなんですがけど?って突っ込みたくなる。


ぶっきらぼう、横柄、客より上に立ち見下す・・・

 


そんなのに慣れてしまったとは言え・・・


人間ですから、感情ってものがあります。



ふと、今日は、そんな 人としての態度を あらためて感じながら・・・

 

トボトボ と、郵便局から帰ってきました。



ウチのバンド、もう一人メンバー探していましたね。


キーボード、もしくは、リード&リズムギターこなせる

第四の男、ジョージ・ハリスン君を。

 

(メンバーは、ビートルズから命名されたニックネームです。)


 

昨日、レノン君、ジョージ君候補と会ったらしいんです。


なんと、そのホスト・ジョージは・・・


偶然にもレノン君と一緒のベラルース出身!(また、ロシア語に牛耳られる・・・)

ギター上手い、キーボードもちょこっとこなせるらしい!


これは、言う事なしではないか!



ウチラは、ライブを あと3回控えているが、その後のブッキングは入れてない。

 

と言うのも、その後、レコーディングに入る予定らしい・・・

(えっ! このドラマーで、本当にレコーディングやっちゃうの?(汗))

 

だから、なんとしても、その前に第四の男を入れたいわけだ!



ところがさ・・・


この前、リハーサル見に来た アメリカ人でベーシストのアーロン君のことばかり口にするレノン君。(ココ 参照)


アーロンは、とっても ナイスな男であるが・・・。


「でも、アーロンは、基本的にはベーシストで、ギターはそれほどでもないんでしょ?

 

新しい子は、ランゲージも、条件もピッタリじゃない! なんで?」


「You know what? he is perfect for our band. but・・・

(何でか分かる? 彼、パーフェクトなんだけど・・・)


引っかかる事が、ひとつあるんだよ・・・。」


「What?」  (なに?)


「あの態度・・・。 

 

当たり前のことだけど、彼、こう言ったんだよ。


興味あるけど、気に入ったらやるよ・・・

リハの時、自分のギタースタジオに持ってくの? え~っ重いじゃん!

その言い方がさ、なんかスゴク軽くって・・・。」


ふと、自分がレノン君、ポール君と はじめて会った、ドラマーとして採用されるかされないかの日の事を思い出した。 (ココ 参照)


~巡る過去の走馬灯~


「ごめんなさいね。 ドラマー、女で・・・(汗)

 

使えなかったら、気を使わず、はっきり言ってくれて構わないですから。」


腰低かったよね、こりんごちゃん。(恐縮です)


でも、レノン君は、初心者でも、その やる気と態度を気に入って こりんごちゃん採用に至ったわけで・・・(けして技量採用じゃなかったわけよ・・・トホホ。)



NYには、星の数ほどバンドがあって・・・、


バンドがメジャーになっていく条件には、

バンドメンバーが少なくとも数年一緒に活動できる事。

 

一年も もたずに、解散するバンドは多い。 

 

解散したら それまでだし、ドカンと売れたバンドは、やっぱり3年はつるんでるね。


もちろん、技量はあったほうがいいけど、人間関係の方が重要。

 

機械じゃないからね。



そう、機械じゃないのである!



喜怒哀楽を持った、ヒューマンなのである!


 

第四の男、ジョージ君のことを考えさせられながら・・・

トボトボと、郵便局から家に帰宅・・・



あの~、さっきから、郵便局をチラチラほのめかしてますが・・・

 

 

実は、一週間前に、母上が愛情小包を日本から送ってくれたわけよ、

 

英語では、こんな小包を、Care package (ケアーパケッジ)という。


エクスプレス便だから、通常3日で届くはずなのに・・・


 

またかよっ! 


 

以前も、母からの荷物が こりんごちゃんの元に到達することなく、メールマンの無責任さにより、日本に送り返された事があった。 

 

そりゃ、マジ大泣きしたよ。 (ココ 参照)


で・・・


喜怒哀楽 「怒」 丸出しで、郵便局に乗り込んだわけよ!


「I'm trying to track my package.」

(荷物が、届いてるはずなんですけどね~、ちょっと調べてよ!)


ちょっと、冷たく強気で言ってみた。


たぶん、彼は、前回も面倒見てくれた、

気さくなチャイニーズアメリカン guy.


「Sure!of course!of cource! (もちろんですとも!)


Could you give me your name?」 (お名前、いただけますか?)



こ り ん ご っ!!!


 

「Koringo, I'll check it right now. (こりんご様、直ちに調べますね!)


Koringo, May I have your ID? (こりんご様、ID頂けますか?)


Koringo, Here it it.  (こりんご様、お荷物ありました。)


Koringo, Thank you for your ID. (こりんご様、身元確認させた頂きました。)


Koringo, have a wonderful day!こりんご様、どうぞ、よい一日を!)


Koringo, please take care! (こりんご様、お気おつけて!)



日本にいる、皆様にしたら、こんな対応、当たり前でしょうが・・・


ここじゃ、こんな丁重な対応、ありえない!


 

なもんだから、すっかり・・・


「いえいえ、とんでもございません、こちらこそ・・・」


みたいに、また腰の低い こりんごちゃん。


人の対応ひとつで、「怒」は すぅ~っとかき消され。



で、トボトボ 人の態度について考えながら、

郵便局を後にしたわけね。



やっぱり、いつでも ナイスな人間で いよう!

 

と、思ったのも つかの間・・・



また・・・「怒」 こみ上げてきてるよ・・・

 


5kg程の重さの 小包 From Japan. が ずっしりと・・・

 

メールマンの野郎~、お前が運ぶべきだろがっ!



女神度は?

下手に 媚びる必要はないが、出来る限りナイスな方がいい。

星、☆☆(ふたつ)




AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

底抜けに明るいアメリカ人・・・、ってイメージよね?



だけど・・・



あたしゃ、底抜けに薄暗い彼らの照明使いがキライ。



前から気になってたんだけど、(全ての人がそうなのかは知らんが)

 

アメリカ人の照明使いは、薄暗くて・・・


頭も性格も、電気も、パァ~っと明るい 蛍光灯命のこりんごちゃんにしたら、 


「目が、悪くなるじゃねぇかっ!」 と、不満。


 

その、薄暗い感じが、おしゃれなんだか 知らんが・・・

 

ムードより実用性

華より団子


ですから・・・、

 

蛍光灯を、増やしてくれよ!って思う。

 

 

誰かが言っていた。


アメリカ人は、特に青い瞳の人は、網膜の細胞の関係で、

蛍光灯は強すぎるんだとか・・・


確かに、リハーサルスタジオのオヤジは


「You guys need a big light?」 (お前ら、デカイ電気ほしい?)


って、いつも聞いてくる。


という事は、他のアメリカ人バンドは、使ってないってこと?



マークも、電気最強でつけている こりんごちゃんに、


「Too bright!」 (まぶしいよ~) と目を覆う。



マークは眼鏡を使用する。


「あんた、目いくつ?」


「Two.」 (ふたつ)


そんなシャレは、ヤメテクレ・・・


 

視力どのくらい?って聞きたいわけなんどけど・・・、

なんだか・・・英語がイマイチ・・・の模様・・・(汗)


How much your eyesight?

What is your eyesight?


マーク、その英語に、ちょっと ふかしげな表情・・・

 

この英文、分からなくもないが、ちょっと変らしい。

 

 

「視力はどのくらいですか?って英語で何ていうの?」 って聞いても


「・・・・・」


お、おいっマーク、お前、アメリカ人だろうに!


 

「I know what you mean. but・・・

そんな質問した事ないし、何て言ったらいいか分からない・・・」


 

はぁ?


 

別に、あんたがその質問を したことない事はどうでもいいけど、

その英文が ないわけないだろうに!


「そんな質問、普通しないし・・・」


「でも、学校や、病院、身体検査とかで、聞かれるでしょ!?」


「検査した人が、結果 言うだけだよ。」

 

 

こうなると、とことん知りたいよ、

「貴方の視力は いくつですか?」 in English.


 

そんな討論から、アメリカの視力は、


0 5 10 15 20 25 30 35 40


と、数値が大きくなるほど視力が低下していくこと判明。


視力20が、平均らしく、日本で言う所の、1.0 に値する。



あんまりしつこい こりんごちゃんに、


「うるせぇ ネコ」 と言うマーク・・・、

noisy cat・・・ってつもりだろうが、日本語では 様にならないから・・・。



「しいて言えば・・・

What is your vision? かな?」



貴方の視力は どれくらい?


What is your vision?



しかも、散々考えたあげく出た英語です・・・(汗)



直訳したがる日本人こりんごちゃん、


「貴方のビジョンは 何ですか?」


なんて言ったら、視力にとどまらず、もっと大きな意味合いを想像してしまう。


人生のビジョンとか・・・。



ちなみに、Answer (答え方)は、


「I have 20 vision.」 (視力20です。)


「Marc has 20/40 vision.」 (マークは視力、20と40です。) 

ちなみに本人、どっちの目が悪い 40なのか 分からないって信じられない男です。



ちなみ続きで、学生時代、お勉強や読書に力を注がなかった こりんごちゃんは、 日本で言う、左右2.0 でした・・・


現在、たぶん、1.0 と 0.8 くらいと思われます。


老化じゃないのよ! アメリカの、その薄暗い照明のせいに させて!


 

女神度は?

マーク日本人説が急浮上ですが・・・

ちょっと お勉強になりましたね。 星、☆☆(ふたつ)




AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

「♪ デエステニ~ イン マ~イ ア~イズ~ ルルル・・・」


 

はっ!?  トロちゃん!?



こりんごちゃん、 驚きで、涙 ちょちょギレました!


 

この前、我が友 トロちゃんと遊んでたら、

ふと、トロちゃんが、口づさんだのです。


そう、その曲は、ウチのバンドの、one of the songs.

 

「Destiny in my eyes」



たった3回のライブで、トロちゃんのご来場は、2回。

 

その2回のライブで、トロちゃんの脳裏に、じんわり と、

浸透していたウチの曲。



これが、はじめの一歩だ!って 思いました。

 

 

観客が、たくさん呼べなくても、少しづつ、少しづつ、little by little

来てくださった皆様の 耳に こびりついて 離れなくする。


 

あれ? この曲、誰の何て曲だっけ? でもいいから・・・



ドラムの先生も言ってました。

バンドが売れるには、「キャッチ-な曲」 覚えやすい曲)が必要・・・と。



売れる、売れないは、まだどうでもいいけれど・・・


こうやって、自分らの曲が、日常のどこかで、誰かが、

口づさんでいる・・・

 

この現状に、すごく感激で感動!


「洗脳」、って言葉は、悪徳宗教なんかで、

マイナスイメージになってしまったが、

  

洗脳 出来るって、すごいことよ! 


誰もが出来る事じゃないから・・・

 

 

人をコントロールするわけで・・・、

(マインドコントロールってやつ?流行ったよね?麻原さん。) 

 


昨日、レノン君と、「Black label motorcycle club」ってバンドのライブに、

チケットないのに、当日券を当てにしていて行き、見事に見逃した・・・


バーで ヤケ酒・・・


でも姉さんは、バンドの子らの、コントロールも 覚えました。

 


ウチらの バンドの楽曲は、もともと、レノン君が 作詞作曲でありまして・・・


早速、トロちゃんの件を交えて、

 

ウチラの曲は、とってもキャッチ-で、


あんたの作る曲は、イケてるぞ!


スゴイ!スゴイ! と、まくし立てる。


照れくさそうに 笑顔浮かべる ウチのジーニアスの はにかみスマイル、

皆さんにも、見せてあげたいわ!


とにかく、ウチの楽曲源も、見事に「洗脳」 し・・・、安泰か?


いい風に、人様の耳に こびりつきたい・・・

 

そう願って・・・


 

ブロクでも、みんなに こびりつきたい・・・



女神度は?

とりあえず、トロちゃんの耳に こびりつきました! 星、(ひとつ)




AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

「Do you like me?」 (あんた、あたしのこと、好きよね?)


こりんご姉さん、少々強引に・・・


「What? Y、Yes I do・・・.」  (えっ!? は、はい・・・)


純真な22歳、レノン君、トラに睨まれ、そう答える。


「そうよねぇ~、あたしゃ、美人ってことよね~。」



こりんご姉さん・・・?  どうしたんですか?


 

みなさんは、犬派? それとも、猫派?

 

 

相方のマークは、犬派です。 類は友を呼ぶで・・・


        マーク本人、こんな顔してます。

corgi



   (コイツは、コーギーにそっくりな男で・・・、)


「今日の わんこ」 を こよなく愛する男です。



ウチのバンドのレノン君は、猫派です。

 

「I miss my cat.」 と、国においてきた 愛猫の写真、部屋に飾ってありました。


彼は、街で、犬には興味 示さないのに、捨て猫募金なんかに出くわすと、

迷わず 募金してました。



こりんごちゃんは、


フレンドリーな わんこ も・・・

気まぐれな にゃんこ も・・・


両党派です。



先日、トロちゃんが 言いました。


「あたし、猫好きの男、キライ!」


「なんで?」


「アタシの経験からすると、猫好きの男は、ほぼ 女を顔で選ぶ!

 

その点、犬好きの男は、内面重視だから、絶対 犬好き男に限る!」


 

そうなのか・・・?



でも・・・確かに、マークは 犬好きである。


「マーク、あんたは、アタシの何が気に入って付き合ってるの?

顔でしょ? 顔!」


「そんな事ないよ、キャラとかさ・・・」


ちぇっ! 美人否定かよ・・・!



そう言えば、こりんごちゃんのEXは、


「お前の その 猫のような目が 好き!」


と言っていた・・・。



で、前に、レノン君も、「I like you.」 って言ってたから、



こりゃ、美人認定の確認をしなければ!と、


再度、シラフで 確認質問したわけよ。



「こりんごちゃん、どうしたの?」


「いや、猫好きは、美人好きって友達が言ってたから、

レノン君、猫好きでしょ?」


「Ahaha・・・、you are so beautiful!」 (こりんごちゃんは、美人だよ!(笑))


おいっ、その 「Ahaha・・・(笑) は・・・なんだよ。



あはは・・・、が、ちと腑に落ちませんが・・・


たぶん、こりんごちゃん、美人認定です。



思い込みも激しいので、「美人」って勘違いで生きてみます。



女神度は?

思い込んで強く願えば、何でも叶うって信じて生きてきましたが・・・

物理的なものって、どうなんでしょうか? 星、(ひとつ)



いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

アメリカ人は、パーティーが お好き。



本日、マークのBoss (上司)の ホームパーティーに お呼ばれ。


 

アメリカでは、結婚式も、パーティーも、夫婦・恋人同伴出席が一般的。


であるが・・・、


英語のこともあるから、全く知らないアメリカ人のパーティー参加は、

少々 気が重かったりもする。



マーク(33)の上司、とは言え、上司は マークより2歳年下、

こりんごちゃんと同い年の31歳。

 

この年で、豪邸に住み、今日のパーティーも、

「バックヤードに カクテルバーを設置したよ祝い」である。 (格が違うよ・・・(汗))


 

アメリカは、確かに学歴社会であるが、能力次第で、31歳であろうと、

 

豪邸に住み、高級車に乗り、高級犬を買い・・・

バックヤードにプールがあって、ジャグジーがあって・・・

カクテルバーまで作って、パーティー出来る。


マークの部下には、マークより年上の40、50歳の人もいるが・・・

そのマークは、2歳年下の 31歳の部下であるのも事実。



プライベートなパーティーだから、仕事の事は忘れて・・・

 

なんて言っても、やっぱり、マネージャークラスの人々が集うわけだから、

こりんごちゃんも、粗相のないよう、ナイスに振舞わなくては・・・


 

みなさん、続々と Wife (妻) や、ガールフレンドを連れてやってくる。


 

ナイスに振舞わなくては・・・と、言ってるそばから・・・英語撃沈で無口。


しかも! 

 

気軽なパーティーってことで、マーク&こりんごペアは、不覚にも・・・


手ぶらで、マジ気軽にノコノコと・・・


全員ではないが、何人かの人々は、ワインの手土産持参していた。


「マーク! あんた、ギフトは?」


「しまった! うかつだったよ!」


こんな些細な事だけど、日本もアメリカも、やっぱ卒なくこなさないと・・・

マーク、豪邸は 遠のいたか?



しかし、ただの「バックヤードにカクテルバー設置しましたよ祝い」なんだけど・・・

 

そのバックヤードじゃ、DJ、バーテンダーまで雇って・・・

ミニシアターですか?って勢いのTVが設置されても全然 広々なリビングで

プールバーですか?って、普通にビリヤード台が置いてあって・・・


酒片手に、皆さんパーティーを楽しまれて・・・


ここに、まさか英語が話せない人が いるなんて皆さん

これっぽっちも思っていませんから・・・


英語が、メチャクチャ早いんですけど・・・


 

まさに、映画みたいな、アメリカのホームパーティーで・・・


ちょっと、驚いたのが・・・


マークさん、ビリヤードやるのよ!


そんな姿、見たの初めてだったので、あんたもアメリカ人なんだぁって感心しました。

 

日本で言うとこの、メンコとか、けん玉のように・・・(古過ぎ?)

 

10代の頃に、同じ玉突きとは言え、そんな遊びをして育ったアメリカ人・・・。 (ビリヤードは、たいていの子が出来るらしい。)


That's Americ! なんて・・・ジャパニーズガール、おもいはせる。



若くして、こんな豪邸に住む・・・、これも ひとつのアメリカンドリーム?

 

マークさんも、家欲しいって言ってました。


このパーティーに同伴でやって来た、Wife (妻)や、ガールフレンド達も、

「あなたも、こんな風に!」って 思ってるのかな?


 

こりんごちゃん、すごく 天邪鬼かしら・・・?



みんなが憧れる、そんなハイステータスの生活。


31歳の上司は、大きな夢を現実に掴んだと思います。


でも・・・こんな広い豪邸に・・・ひとりで暮らして・・・


家も、車も、地位も名誉も・・・全てを手に入れて・・・


その後は、何を目指すのかな?



こりんごちゃんって、夢や目標に向かってゆく過程が好きな人。


もちろん それは、実現させるためのものだけど・・・


欲張りだから、掴んだら次ぎ、掴んだら次ぎって・・・



なんか、すごく 上手く言えないんですが・・・


そりゃ、いい家に住んで、いい生活したいです。


でも、羨ましいと思ったりしませんでした。



こりんごちゃんの目指してるものって、豪邸とか、高級車とかじゃなくて、

(いつかポルシェ買いますけど)

 

ココには、ゴールがないなって思ったんです。


 

一緒に同伴で来た、妻やガールフレンドの皆さんも、ステキな人々でしたが、


こりんごちゃん、なんか、この方たちとも 自分は違うって思いました。

 

 

英語はなせないし、人種が違うマイノリティーですものね・・・

 

でも、すごく自分に自信があるんです。 (おい、自意識過剰かよ!)



このパーティーに来て、すごく、

安定した生活、Settle down を感じました。


そして、ココにいらっしゃった皆さんも、それを望んでらっしゃるのがわかりましたし、 こりんごちゃんも、こんな年ですから、そういう方向で構えるべきなんでしょうが・・・



あたし、まだまだ暴れん坊将軍 なんだ!って思いました。



この年で、安定した生活を考えるどころか、ひと回りも若い子と、バンド組んで、

はかない夢を追う そんな自分がステキ!なんて、イカれた頭です。



しょうがないよね。 自分がそれを望んでるんだから・・・

 

前にも、人それぞれ、価値観は違うって、ココで 結論づけたし・・・



女神度は?

貧しくとも、心が幸せの方がいい。

金がなくとも、夢がある方がいい。

星、☆☆☆(みっつ)




いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

フェティシズム


特定のものに、異常な愛着を示す事。



そんな くすぐったいバトンが、tomatomaさん から回ってきた。



こりんごちゃんの フェティシズム。

 

んじゃ、いってみようか!

 

 

■Q1■あなたは何フェチ?

 

英語フェチ・・・、の わけがない・・・(わけあってくれよ!)


本当のトコは・・・

 

 

脂肪接触フェチ・・・。 


 

はぁ? なんやねん、それ!?


 

油の乗った、腹回りを触るのが好き・・・。 (ヤバイ?)


最近、年とビールで プヨッたマークの腹回りは、見苦しいが、

モミモミつんつんペチペチ・・・やみつき。


マークでなくても、まぐろ とかでもOKだと思われる。


 

変態化が度を越し、ドサクサにまぎれて レノン君の腹回りも タッチ!


皮だけだった・・・。(汗)


 

■Q2■異性を見る時、まず何処を見る?


顔、顔、顔!もちろん、顔よ! 

 

あたしゃ、自分を棚に挙げ、外見で判断するイヤらしい女。


弁解としては、顔にある表情筋の動きがポイント!

 

初対面でも、その表情筋が作り出す雰囲気により、何となくその人のこと、わかりませんか?

 

面食い と言うわけではない。 (マークがそれを実証しているし。)

表情筋のナイスな男が好き。 (お前のタイプは聞いておらん。)

 

 

■Q3■最近プッシュ出来る部位

 

少々痩せこけた上半身。


もともと、ハンガーと呼ばれた見事なイカリ肩所持

なんちゃってドラマーとしての上腕部あたり

体重減で、下半身はかわらねど、悪化の貧乳は 「洗濯板」


それを、誰がセクシーと呼ぼうか?

 

 

■Q4■異性の好きな部位5つ  

 

アメリカに住んでるからですかねぇ~


ないものねだりの I want you!


 

ブルーの瞳    やっぱ、かっこええじゃん!

   5人兄妹のマーク以外4人は Blue eyes

   なのに・・・、マークだけ 4歳の時ブラウンに変わったんだとか。


 

ブロンドヘアー  

   アメリカ人も、結構 ブロンドに染めてるエセブロンドヘアー多い。

    

   レノン君、ブロンド気味で、軽く入った天然カールが、カッコええ! 

   生まれた時はホワイトシルバーだったそうで。


 

目の上の堀

   凹凸のない、日本人だもの、憧れるわ!

    

   レノン君の目の上の眉毛の部分に位置する骨の凸っぶり

   触らせてもらった変態女の感想は、「スゲー飛び出てる!」 

    

 

器用そうな指

   ポール君の指は、最高に美しい! 惚れ惚れするね。

   すらりと長い指と、形のいい爪!

   小指なんか、こりんごちゃんの人差し指くらいある。   

    

   ベーシストとしては、パ-フェクトな指! (ピアニストにも なれるぞ!)


 

8頭身のバランスのいい体形

   顔デカ 胴長 短足の日本人 こりんごちゃんが最も憧れるもの。

    

   レノン君、ポール君、身長180センチ以上なのに、顔 ちぃせ~

   一緒に並んで写真取りたくない!

   (遠近法で、こりんごちゃんだけ寄ってるみたい。)


 

すみません・・・気がつけば、我がバンドメンバー自慢。



欲張りですが・・・


ちょっと痩せ気味の 「コホン」 と咳をしそうな猫背が 好き。


 

■Q5■フェチを感じる衣装は?


パツパツのジーンズ。  

ピチピチのTシャツ。

 

好みの猫背を引き立たせる、ラフなシャツ。

と言いつつ、ヒッピースタイル好き。

 

ルパン3世と、ミックジャガー なんかも、いい線いってるね

 

■Q6■バトンを渡す5人


やさぐれさん   (マニアックなフェチっぷりを見せておくれ!)

ちぇりさんへ    (おちゃめなマダムは どんなフェチもってるの?)

londonerさん   (ロンドン&音楽フェチかと・・・本当のトコは?)

Mayumitaさん   (NZより、頑張り屋の フェチぶり聞かせて下さい!)

南天さん      (ビールは 程々に、南天節で、フェチ語ってみて!)


時間と興味があったら、やってみて。

既にやってたら、なかったことにして下さい。





いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

相方(夫婦・恋人) のことを、何て呼びますか?



「Kid, be Chinese!」  (キッド、急いで!)


マークが、こりんごちゃんを呼ぶ。


「Dad, wait for me!」  (父ちゃん、待って!)


こりんご、あわてる。



そう、マークは、こりんごちゃんを 「Kid (キッド)つまり、「こども」 と呼ぶ。


こりんごちゃんは、マークのことを 「Dad (ダァドゥ)父ちゃん と呼ぶ。


 

ちなみに、ふとみん父ちゃん は、マークの「Wの喜劇」 友達で・・・



もひとつ、ちなみに・・・、


「Be Chinese!」 とは・・・

いつも、チャイナタウンや、チャイニーズレストランに行くと、セカセカ中国人に せかされる。


よって、マーク&こりんごイディオムとして、 (あくまで、2人の間での英語)

「中国人のように、急げ!」って意味を含む。


生臭いことも、マーク&こりんごイディオムでは、

そんな臭いの漂うチャイナタウンにかけて、「Smells like Chinatown.」 と言っている。



しつこく、ちなみに、


金に うるさいユダヤ人にかけて、

「Don't be Jewish.」 (ジューイッシュになるな。) つまり、「ケチケチするな!」


これは、他の人も使っていたが、宗教 絡むので、使用は要注意



さて、呼び名に戻るが・・・


アメリカでは、愛しい人(子供も含む)の Sweet な呼び名が たくさんある。 ココ 参照)


こりんごちゃんのEXは、典型的アメリカ人だったので、

こんな こりんごちゃんですが、「Honey (ハニー)と呼ばれていた。


これがまた、自然に口をつくから カッコええ!


トンチンカンな英語を話した時、


「What, honey?」 って言われるのが好きだった。



しかし・・・、マークよ! お前は本当に、アメリカ人なのか?


 

boobooさんも、アメリカ人彼氏(まいこー氏)からの呼ばれ方、ココ で語ってたね。



ウチのバンドの子らは・・・


発音のせいもあるのか?


ポール君は、いまだに 「かりんごちゃん!」 と呼びます。


「ポール! かりんご じゃなくて、こりんご だよ!」


と、レノン君が指摘。


 

「Allright!」 (了解!) と言った数分後・・・


 

「かりんごちゃん、新曲のさぁ・・・」


これである。  まあ、いいさ。 Doesn't matter. である。



レノン君は、ちゃんと、「こりんご」 と言えるが、


メールでは、「Hey, Pupsik!」 と呼ぶ。



Pupsik ・・・?



どういう意味か、聞いてみたら、

ロシア語で言うとこの、「Dear, Honey, Sweetie,」 あたりの意味だとか。



「日本語では、何ていうの?」


「え~っと・・・。」



んっ? 日本語に、そんな Sweet な呼び方、あったっけ?



「思い当たらん・・・。」


「えぇぇぇ~~~! 日本語には、Sweet な呼び方 ないの?

ロシア語には、いっぱいあるのに!」



すごい驚かれてます。



「We are so shy ・・・・」 (日本人は、恥ずかしがり屋なのさ・・・)


と、返しておいたが・・・



さみしいなぁ~、日本語・・・。



日本語で、Sweet な呼び方って、ありましたっけ?


 

殿!       (献上すぎるなぁ。)

貴方!     (You じゃん・・・。)

おいっ!    (ぶっきらぼう すぎるよなぁ~。)

砂糖!     (Sweet だけど・・・食品だし。)

いとしの君!  (長いっ!)



う~ん・・・。


 



いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

死ぬかもしれない・・・



だから人生、命がけで走らないと・・・


昨日の記事で、こりんごちゃんの体調を気使って下さった 皆さん。

本当に、ありがとうございます。


最近の体調の崩れ、疲れやすい体質・筋肉疲労より、

「ライム病」 もしくは 「ギオンバレー症候群」では? 

と、サラママさん より コメントいただき・・・

 

インターネットに没頭。

 

なんちゃってドラマーの疲労による 腱鞘炎では?って意見も・・・

でも・・・腱鞘炎の症状と違うのよ(涙) ( ココ )


ライム病  = 特殊なダニに刺されて発病だか、そんな覚えはない。


Guillain Barr 症候群  = 筋肉やら感覚が衰えていくらしい。

                 

(↑)ちょっと、日本語訳Web の日本語が分かりづらいが、

症状が似てるかも? 症候群と呼ばれてるので、特定治療がないらしい。



思い込み、勘違いの激しい こりんごちゃん、

勝手に診断、医者に行くべきたわ! 

(オレンジさん、勝手に素人診断してますよ!)


 

でも、待てよ・・・


 

この思い込みは、いつでも トンチンカンであった・・・


渡米直後、顔中に吹き出物の嵐。 

  これ、何かの病気?と皮膚科に行けど・・・

       

  ただの、環境変化による ニキビ だった・・・。


女性のデリケートな陰部が、痛がゆい!  まさか・・・性病?

  産婦人科の予約までしたのに・・・


ただの、アメリカ製おりものシートの香料の強さに カブレただけだった。


 

こんな前科があるから・・・


 症状発生は、昨日からだし・・・、もう少し様子を見てみよう。



ドラムの練習と、ブロク更新に追われ・・・

睡眠不足であることもたしかであった。


 

昼寝してから、昨日、リハーサルに望む。



スタジオに行くと・・・


げっ!?  「Out of order」


エレベーター、使えないよ・・・(涙)


10階の、スタジオまで階段・・・。

 

あたしゃ、筋肉の衰える病気かもしれないのに・・・、余分な体力使わされ・・・


その後、レノン君、ポール君も、ギター・ベース背負って、

ヘトヘトになってやってきた。



エレベーター故障のせいか?  

ミュージックビルディングなのに、今日は、やけにビル全体が静か。



誰かが、「Fire!」 (火事だっ!) って・・・(汗)


 

えっ!?


 

どうやら、エレベーターの地下で火事らしい。 

(だから、エレベーター使えなかったんだ。)


スタジオ オーナーのオヤジ、あわてて・・・


「Fuck!everybody cancels, today. (みんなキャンセルで金にならねぇ)

 

お前等どうする? 今日、リハする?」


 

オヤジ、慌てる・・・、

火事で金に ならない上、スタジオを失うかもしれないから。



「とりあえず、リハのスタンバイして、はじめるんで、

ヤバくなったら、言ってくれ。」


 

ポ、ポール君!?  リハするの、今日?  火事なんですけど?


 

「Are you sure?」  さすがのオヤジだって、驚きさ。


 

とりあえず、地下のエレベーター管理システムの ボヤ らしけど・・・


 

オヤジだけが、焦ってた。 火事で全て失ったら、路頭に迷うからね。


こりんごちゃんは、自分が 筋肉衰え病で、死ぬ瀬戸際だったので・

(死にはしないだろうけど、ドラマー引退は、現在の こりんごちゃん人生の死と同じなので。)


火事でみんなと死ぬなら・・・なんて考えがあったから、案外冷静。


 

でも、なんで、ポール君、レノン君、そんなに冷静なのか?


「ロシアじゃ、こんなこと日常茶飯事だよね。」

 

「月一くらいで、こんな騒ぎ起こるよね。」

 

「しかも、テロなんだよね。」


「火事くらいなら、マシだよ。 ビル破壊じゃないもんね。」


「ビル全壊で、2~300人とか、死者出ちゃうし・・・。」

 

「それに比べたら、ココは 安全だよね。」



「エッ!?・・・・really?」  オヤジ (NY出身)


「ヘッ!?・・・・・マジ?」  こりんご (日本出身)



このニューヨークを、安全都市と 言った人を はじめてみた。

(しかも、その発言は、同じバンドのメンバーからで・・・(汗))



人間って、育った環境の違いは 大きいよね。



結局、火事騒ぎは ボヤ で済み、リハーサルもことなく終了。


しかも、今日は、新曲に没頭したので、ハードにドラムを叩く事もなく・・・



命がけで、人生突っ走るぜ! なんて、カッコいいこと言ってみましたが・・・

 

なんだか、空回りの 気がしてならない・・・。


まあ、無事でなにより・・・。



女神度は?

火事騒ぎの中、スタジオ オーナーだけが慌て・・・

思想は違えど、そんな情況で 冷静な我がバンドに・・・

大した たま だぜ、星、☆☆☆(みっつ)


 



いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

三度目の正直・・・ならず・・・(涙)



何だか・・・腑に落ちない・・・スッキリしないライブだった。

 

爽快感がないのよ・・・、結構、ポシャったからね。


慣れもあるのかな? 

達成感みたいなもの なくなってた。



夕べも また、緊張感はなくとも、ワクワクと ライブハウスに乗り込む。


取りを勤める こりんごちゃんバンド 「Behind the Curtain」


その 前に、オーストリアから来たと言う 女の子バンドが演奏。



女の子バンド! つまり、ドラマーも女の子!



こりゃ、見逃せない!



ゲッ! 上手いよ・・・(涙) しかも、ルックスも決め込んでる。

 

この後に、女の子ドラマーこりんごちゃん が続くわけで・・・


 

比較されるよね・・・、(汗)



こりんごちゃんのドラムの先生も来てくれて、

違った意味で、威圧感、プレッシャー与えてくださって・・・・



ともあれ、こりんごちゃん達の出番だよ!



あっ、ドラムのセットアップ、先生がやってくれてる・・・・。(恐縮)

ものすごい贅沢な助っ人なんですけれど・・・。(謝々)



前のバンドの 上手い女の子ドラマー

こりんごちゃんの ドラムの先生


この、精神的圧力は、ステージに上がったら、なくなった。

スポットライトで、観客見えてないから。


 

スタンバイOK!


 

演奏をはじめる前の、その一瞬の ひと時が好き。



レノン君が振り返り、微笑んで合図

ポール君も振り返り、うなずいて合図



なんか、三位一体って言うんですか?

 

I love you guys!  


お前らのこと、いとおしいよ、愛してるぜ! って思う瞬間です。



まさか、その数分後、雲行きが怪しくなろうなんて、思いもせづに・・・



あれ?なんか、音がメチャクチャなんですけれど・・・

ギター、ベース音が、バラバラに、聞こえてきます。


スピーカーのせい? ポール君、レノン君のせい? いつもと違う感じ・・・


その上、レノン君、今日、調子悪いね。

かなりミスってるって言うか・・・音おかしくない?


案の定、チューニング狂ってたらしい・・・(汗)


ライブ中断で、チューニング。


こんな時、気の利いたドラマーだったら、ドコドコドン、チン!

とか、間をもたせるべきなのか?


レノン君、歌詞も、ソロも・・・?おいっ?って感じなところ多かったような・・・


 

なんて、人のこと言ってる場合じゃないよ!


 

ライブでは、8曲ほど演奏するが、これくらいフルで全力で通しても、

普段、問題ないのに・・・


今日に限って、3曲目に入ったあたりから、手に異変が・・・


スティックの持ち方の悪さで、異変が起こっているだけなら、今後、正しく握ればいいわけだから いいんだけれど・・・、


なんか、筋肉が衰える病気ありましたよね? それじゃないよね?


最近、体が疲れてるというか、病気?って思うことがある。

地下鉄ホームで、数分もしないで来る電車を待てずに、しゃがみこんでしまうのだ。


何となく、体形も最近、痩せすぎかな?って・・・


マーク曰く、

「Too much suger! makes your body tired!」

(甘いものばっか食べてるから、疲れちゃうんだよ!)

 

だってアタシは、Sweet girl だもの・・・

 

そんなスイートガールは、ステージ演奏中、妙に冷静なトコもあり・・・


スポットライトに照らされて、シンバルが輝き、やたらと、スティックのチップしていく かけら が目に付く。

 

こうやって 木屑 のように散っていくのかしら・・・

(こりんごちゃん、全然ライブに集中してないんですか?)

 

 

いつもは、ドラム叩いてると、楽しい! 

なのに、夕べは、ちょっと苦しい! だった。


この手、全曲 もつのか? って不安だった・・・


そんな時、タイミングよく、レノン君が こりんごちゃん見て スマイル。

気が スゥ~って楽になる。

 

その はにかみスマイルは、

「あ~あ~、今日のライブ・・・、でも、頑張ろう。」 見たいに取れた。


 

だけど、こりんごちゃん、絶対 外したくない所で間違えちゃったし・・・


個人ミスだけじゃなく、バンド全体が かみ合わない箇所も、結構あった。



口にはしなかったけど、3人とも分かってると思う。


今日が、ワーストワンのライブだったってこと・・・


 

ライブ終って・・・



ドラムの先生が、すぐさま駆けつけてきてくれる。


「いや~、よかったよ。」


「でも、今日のライブ、一番最悪でした!」


「いや、本人が思っているほど、観客からすると、悪くないモンだよ。」

 

へ~、そうなんだ!  (直ぐ、真に受ける。)


「ホント、ホント、よかったよ。」


 

褒め上手な 先生。 こりんごちゃんのキャラ、知ってます。

 
でも、さすがプロ、その場で、ありがたいレクチャーいただいたよ。


 

「このバンドでの ドラマーとしては・・・、シンバルの使い方を、

もう少しグレードアップして・・・

 

バンド全体の感じも分かったし、

 

アレは、ああして、これはこうして・・・

 

バンド全体でも、エンディングをもっと工夫するべきと思うし・・・

 

今後どう、レッスンしていくべきかも把握できた。」


 

すごいでしょ? こりんごちゃんの先生。 

こんなありがたい先生 いるかい?

 

ライブに来てくださっただけで、ありがたいのに、

ねぎらいの言葉だけで十分なのに、


今後の指導プランと、ミニレッスンが、ライブ直後に受けられるのよ!


しかも、先生、レクチャーしながら こりんごちゃんの ドラム手際よく片付けてるよ。(恐縮です)


 

そんな先生のレッスン 受けてみたいよ!でも、NYに住んでないし・・・

って方に吉報!

 

たしか、先生は、通信レッスンもしているはず! 

HPには、ビデオギャラリーなんかもあるから、それだけでもためになるよ!

Check it up! ⇒ こりんごちゃんのドラムの先生HP


 

さて・・・

 

先生と一緒に来てくれた、別の生徒の女の子ちゃんドラマーは・・・

彼女も日本人で、こりんごちゃんと だいたい同じ時期にドラムレッスンをスタートしたらしい。


このライブが、彼女の刺激になってくれたか?

 

 

「おもしろかったです。」


 

えっ? あれっ? 


そ、そのコメントは、どのように受け止めたらよいのか・・・(汗)


Interesting (興味深い)って風に、捉えさせていただきます。


 

大の仲良し我が友、とろちゃん も来てくれて、

 

今日は、普段、英語・ロシア語に牛耳られてる分、

日本語が、ブワァ~っと炸裂。


 

メンバー驚いてたよ。


 

マークだけ、「コンバンワァ」って・・・

 

「ソレハ、ドウデスカ?」・・・

差し当たり、How was the show. とでも言いたかったのだろう。



日本語に ウツツを抜かしている こりんごちゃんに、恐縮そうに レノン君が・・・


「こりんごちゃん、この後、どうする? 飲みにいくんだけど?」


 

バンドの子らと、ハングアウトしたい~~~~!!!(←これ本心) 


 

でも、もう夜中の12時半、回ってます。


シンデレラは、カボチャの馬車と、ネズミの騎手を 伺う。 


ネズミの騎手こと、こりんごちゃん専属 お抱え運転手 兼

マネージャーのマークさん、あすの朝も、仕事は早い。


 

「ごめんな。 帰らないと・・・(涙)」

 

「Alright!See you tomorrow!」 (OK、んじゃ、明日ね。)


 

そうなのである・・・、あすは水曜日、バンドのリハーサルの日。

 

ライブの翌日も、リハーサル休まない、頑張り屋の「Behind the Curtain」です。


っていうか、「明日ねぇ~」って、実質、既に、今日なんですけど・・・。

 

ライブは イマイチでも、場数を踏んで、よくも悪くも、全て経験となっていくから・・・、 それは それで、OK。


 

いつでも、大成功のライブじゃ、成長しませんから。


反省あってこそ、飛躍するもの。 


とまた、都合よく思い込む こりんごちゃんです。


 

今まで感じたことのない腕の ダルさに、少々 不安ですが・・・

 

Take a bath で、アメリカの その浅いバスタブに強引につかり、

リラックスして、リハーサルに望みます。



女神度は?

前向きな その考え方に、三ツ星と いきたいところですが、ココは厳しく、実際に 納得いかぬライブだったので、星、☆☆(ふたつ)



いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

宇多田 ヒカル ちゃんは元気ですか?


 

えっ? こりんごちゃん、まだ何やってんの?

あんた、今日、ライブでしょ?


ライブまで、今回は時間があったので・・・



で、宇多田 ヒカル ちゃんが・・・どうしたって?


存知の通り、彼女は、NYに住み、日本とアメリカで活動中よね


だけど、こっちだと、「Who?」 (誰?) なんて言われちゃいます。(涙)


 

とある番組で、雑誌コーナーの紹介をしていて・・・


あっ、ヒカルちゃん出てる! なんて思ったら・・・


「Even though they are so popular in their country,

nobody knows them here.」

 

(たとえ、彼らは 地元の国じゃ大人気アーティスト達でも、

ココじゃ、誰も知らないよね。)


うわっ! そんなのあえて記事にしなくても・・・。


 

と思いつつ・・・、


 

ヒカルちゃんは まだいいよ。

日本じゃ、人気者じゃん。 (まだ人気だよね?)


ウチのバンドは、まだ 始まったばかりとは言え・・・

ココでだって・・・、ましてや日本、ロシアでだって・・・Nobody knows さ。


ウチのバンドは、NYの移民バンド

   「Behind the Curtain」って言います。ヨロシクね。)


これを読んでくれてる人、強引に 知らされちゃってるけどね。



んじゃ、無名バンドだけれど、これからライブに出陣です。


今日も、ワクワクはすれど、緊張してない 大した たま です。


でも、今日は、超スペシャルVIP が、ライブを見に来てくれます。


ドラムの先生!


これは、違った意味で、プレッシャーだね (ごまかし効かないから。)


しかも、先生の生徒のひとりである、別の女の子ドラマーを連れて来るそうで・・・

 

こりゃ、頑張らねば!


 

そして、今回のライブハウスは、若者に人気の イーストビレッジで、

 

場所柄がイイ! 


continental ってライブハウスで、11:15pm より、 (取り飾っちゃうのだ!)

 

時間帯もイイ!

 

そこら辺で遊んでた人が、流れてくる可能性がある。(観客Get のチャンス!)



よっしゃ~!  

 

なんちゃってドラマー、いざ出陣!



女神度は?

単純な女なので、縁起担ぎにトンカツ作ってみました! 

油が 顔に飛び跳ねて、火傷。 これからステージに立つってのに・・・、

何やってんだ? 星、(ひとつ)



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。