自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

華やかな理想的街で、庶民的な現実生活を Enjoy する方法! 好奇心と向上心だけで生きる。合言葉は、「やったモン勝ち!」 仕事、恋愛、アメリカンドリーム、日々のつれづれ語ってます。


テーマ:

今朝のニュースで・・・



えぇぇぇっ~~~!!!



NYでは、コーヒー片手に、地下鉄で出勤する姿なんて、よく見かける。


私だって、ときどき・・・



でも、その姿は、10月からなくなるであろう・・・



新しい法律案が、通ったらしい・・・・( ニュース詳細 ココ


*注意・アメリカ各州で、法律は異なります。)


 

ban on sipping coffee on trains. (電車内での、すすりコーヒーを禁ずる。)

 

なんじゃ、そりゃ!?

 

Fines for breaking them range from $25 to $100, depending on the offense.
The new rules would take effect on October 1st.

(罰金は、25ドル~100ドルで、10月1日より決行。)

英語の危ない こりんごちゃん、たまたま、「Coffee」 と言うテロップが目にとまり、偶然に このニュース気が付いたのであるが・・・、

通常だったら見逃してたであろう。


で、知らずに、法に触れて・・・罰金・・・


よかった・・・。  危機一髪・・・(大げさじゃのう。)



旅行などで、10月以降にNYに来られる皆さんも、気お付けてください。

 

ちなにに、NYでは、室内での喫煙も、公共の屋外での飲酒も禁止されてます。

 

日本のように、喫茶店、バーで、タバコも吸えなければ、

歩きながら、また、公園等で、酒も飲めないってことです。



女神度は?

郷に入れば、郷に従ってください。 つまり、そのクソ英語 何とかしろよってことです。

それでも今回、ニュースを気に止められたので、星、☆☆(ふたつ)


AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

水曜日は、バンドの練習。



仕事終えて・・・8時より スタジオ入りであるが、


スタジオが開くまで、レノン君と 時間つぶしに、コーヒースタンドに。


ポール君は、やや遅刻常習犯です。



たわいもない話をしていたのに・・・


また、ジーニアスは、その世界に突然いかれなさって・・・


ギターケースから紙とペンを取り出し、サラサラっと・・・


ものの一分もしないで、曲の歌詞、書き上げた。



日常のふとした瞬間に、そうやって才能がうずくんだね・・・

その瞬間を目の当たりにした、こりんごちゃんです。



「ちょっと、他の歌詞も見せてよ。」


「でも、いつも練習で聞いてるじゃん。」



ヤバイ・・・英語がわからなくて、英語の歌詞が聞き取れてません なんて・・・

言えやしないよ・・・。



「ド、ドラムに夢中で聞き取れなかったりするからさ・・・」


(↑) ウソウソ、英語力の問題のクセに・・・



あらぁ~~~ん・・・


こんなステキな歌詞だったのね・・・うっとり。



「あんた、ちょっとロマンチストすぎやしないかい?」


「love song か、death の歌 の どっちかだよね・・・」


か・・・(汗)  両極端だな、オイ。



ウチのバンドは、鈍いコミニュケーションであると前にも言ったが・・・

コミュニケーションは 深く鈍く  参照)


160センチのゲスト市民 は、メンバーになったのか?

ココ  参照)



「今日は、彼、来るの?」


「I don't know.」 (さあね?)



さ、さあねって・・・


こんなに いいかげんでいいのかよ!?



「多分こないんじゃない?」


と言うように、今日も姿をあらわさない彼、それはそれで、いいのであるが・・・



ところが・・・


30分遅れで、誰かがスタジオに入ってきた・・・



来ました、彼・・・(涙)



彼が来る日は、彼の知らない曲は、練習できません。


しかも、ウチのバンドは、間接的にスパルタなので、

曲の流れこそ あっても、決められた譜面があるわけでもなく、アレンジはおのおのが、それに合うように演奏させられるので、自分の思い通りに出来る反面、

センスを問われます。 (←これ、こりんごちゃんの最大の悩み。)


相変わらず、彼の派手なアクションは、健在で・・・(涙)

センスのかけらも、感じられません・・・


人のこと、言えた義理では ありませんが・・・

ど素人の こりんごちゃんですら、こう思うんです・・・


コレは、サウンドではなく・・・まぎれもなく ノイズ でしょ?って・・・


 

帰り際に、彼がいなくなって、3人になったとき、


「ちょっと彼は、ただのノイズになっちゃってるな・・・」


「レノンが、ちゃんと彼に、どうプレイして欲しいか、きちんと説明しなきゃ、ダメぞ!で、思いのままじゃなくて、パートを決めて・・・」


レノン君、ポール君にしかられてました。



ですが・・・もしもし・・・

 

貴方達、初心者ドラマーの存在、忘れてませんか?


私だって、曲について、どう叩くかは、教えてもらえなくとも、せめて、曲の流れ、変更箇所くらいは 教えて下さい!



さて、この160センチのゲスト市民は、バンドメンバーの一員として、

「ピート」 と、命名されるのでしょうか?


本人は、もう、メンバーの一員と 思っているように見受けられますケド・・・



本日もまた、Shy Shy こりんごドラマーは、彼と、


「Bye!」


としか、声 掛け合ってないのです・・・



女神度は?

心のどこかで、まだ、彼を受け入れられていないようです・・・

自分の思いを、ハッきり伝えられないのは、性格上の問題か?日本人の遠慮か? はたまた、ドラムの力量のなさからの遠慮か? そんなモヤモヤで、星、見えず・・・


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、ビジュアルスタディー」 について、ブロクしましたが。 (ココ 参照)



公共の場で、とんでもないミス発覚です! 申しわけございません。



miami7 さん から、それについて、コメントいただきました。


こりんごさんが「お手本を実際にまのあたりにできたので、勉強になった」と言っているのだと思って、「見て学ぶ」という表現を教えてくれたのではないでしょうか?

「自分があの舞台に立っていると想像して……」という日本語の「イメージトレーニング」と visual study は違うと思います……たぶん。



実はですね。 記事を書いてるとき、


Visual (視覚) + Study (勉強) = 日本で言うとこの イメトレ

 

と、イコールで、結びましたが、視覚勉強が、イメージトレーニングと、イコールで結んでOKかなぁ?

なんて、確かに ちょっと思ったりもしましたが・・・


英語も出来ないくせに、日本語も、危うい今日この頃

ブロクで情報発信!と言う、重大な任務も忘れ、イコールで、結んでしまいました。



確かに、miami7 さんが おっしゃる通り、 マークは、「Visual Study」 と言っていたのと同時に、「observation」 とも言っていたのです。


Observation (観察、知見、所見) 


しかも、マークは、何かを見て、「I see!」 って学ぶって事さ、

ってジェスチャー付きで説明してくれていたのに・・・。


手本を見て学ぶ・・・


ってことを、強引に捻じ曲げて、イメトレと結び付けたのは、まぎれもなく、

この私でございます。



大変、申しわけありませんでした。 (汗汗汗)

 

この記事に、コメントくださった方々には、お礼参り (表現不適切)、お詫びに直接伺います!

たまたま、お立ち寄りくださって、この記事を読んだ方、全員が、訂正記事を、読んでくださる事、心より願います。



AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

アメリカって・・・とっても 露骨・・・



こころ痛むわぁ~。



夕べ、ウチのバンドのレノン君と、ライブに行ってきた。


最近、レノン君と、よく つるんでいる こりんごちゃん。


ポール君は?


彼は、週2の スタジオ練習も、ギリギリいっぱいくらい ライベートが忙しいらしい。


レノン君が、ライブや飲みに誘っても、都合がつかない・・・


 

あれ・・・? 


Anytime OK! の こりんごちゃんって・・・相当・・・暇人?

 

King of ヒマ人 は、お誘い出席率 100%です。


 

さて・・・

 

夕べのライブは、マンハッタンの Webster Hall. での、

Billy Corgan のライブ。


もちろん、洋楽に弱い こりんごちゃんは、彼の事知りません。

元スマッシュパンプキンズのボーカリストだそうで・・・


Nirvana、Mudhoney らと、グランジを ブイブイと築き上げたらしい。


グランジ大好きな こりんごちゃんは、楽しみにしていたわけだ!



アメリカのコンサートって、必ず前座で 幾つかのバンドかが演奏するのよ。

お笑いショーみたいでしょ?



でさ・・・



たいてい、コレだけメジャーな人の前座って、それなりのバンドがつくのに・・・

(ちなみに、あのNirvana の前座を、日本人女の子2人組み”少年ナイフ”が勤めたのは有名よね。)


 

夕べの前座は・・・


そこそこ弾き込んでぶってる感じだけれど・・・

なんか、つまらんバンドだなって思ってた。


「I don't like them.」   レノン君も好きじゃないようです。


 

気が付けば、その満員御礼のホールの観客も、シラ~っとしてて・・・


 

「It's over, right?」 (終わりだろ?)  いや、始まったばかりです。


「It's all done, isn't it?」 (終了、終了) ですから、演奏中ですよ。


「Please get out of here.」 (引っ込んでください!) Please が皮肉度 増してますけど。


「It's the last song, isn't it?」 (それラストソングだろ?)  そうじゃ ないみたいですよ。


「Billy! Billy! Billy!」  皮肉にも、ビリーコール早すぎるよ、まだ前座演奏中。



(↑) こんな態度、罵声は、ステージの彼らには、一目瞭然で・・・



やっと演奏終了後「Thank you!」 って去ってったケド・・・


「Thank you! never come back!」 (ありがとう(終ってくれて)、二度と戻ってくるな!)


最後の最後まで・・・ののしられます。



こりんごちゃん・・・人事とは言え・・・グサっと来るのです。



ウチのバンドも、何処かのバーで・・・オープンマイク出演もくろんでますから・・・


「ドラム引っ込め!」 とか・・・言われるのか?



 

で、やっと、ビリー様が登場で、会場の皆様の ご機嫌も麗しゅうなるのです。


「I love you!!!」 って、野太い声飛んでました。


 

天国と地獄のような、反応のちがいです。



さて、おまちかねの、Billy Corgen のライブは?


   Billy Corgen


やっぱ、登場だけで、威圧感、感じました!



度肝抜かれましたよ!

 

あれは、音楽と言うよりも、ミュージックアートです。


近未来と言うか・・・全てエレクトロニック・・・電子音楽・・・


舞台装置も、凝ってましたし・・・


ドラムは・・・(↓)こんな電子ドラム 

(写真は、あくまでイメージ。 実物は、もっとクールなもの)

     電子ドラム

こりんごちゃん、初めて、アコースティックじゃない電子ドラムのショー見ました! 興味深々!


ベーシストがいない代わりに、マック(PC)がステージ上に設置され、

キーボートだと思うが、それと接続。


エレキギターは、ビリー様が弾いていなさった。



こんな機械チックなライブは、初めて・・・



音楽って言うより、ホントにアートの世界だった。


 

アートと捉えたので、それはそれで、いいもの見たなって思いますが、

なんちゃってドラマーこりんごちゃんは、やっぱりアコースティックドラムがいいです。


 

あの電子シンバル・・・納得いかない・・・

こっちは なんせ、割れたシンバル上がりだからね。



あれ? でも、全然、グランジじゃなかったよ・・・?


「He changed completely different.」 


5年前に、バンド解散した彼は、ソロで、全くちがうジャンルに転向したんだそうだ・・・



人間の魅力って・・・

 

才能だけじゃなくて、その人が持ってるオーラとか、雰囲気が左右したりするよね・・・

でも、その魅力・オーラも、才能のウチであって・・・


 

人の上に立つ者、メジャーになる者、にとって、絶対的に このオーラは必要だと感じた。



このオーラって・・・努力しても出せるもんじゃないよね・・・(涙)


日々、魅力的な自由の女神になるために、努力している(?)こりんごちゃん・・・

泣けてきます・・・。



女神度は?

自己採点制度導入してますが・・・自分で自分の魅力なんて、ホントは採点出来ますまい!

厳しく自己採点、引き続き行ないますが、 読者の皆様の厳しいご意見・コメント・バッシングも、宜しくお願い致します。



いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

年がら年中、お気楽な こりんごちゃん。


のう天気に、鼻歌うたってる頻度は高い。


 

まただよ・・・ 



♪ 富士は~、ニッポン、いちの~山ぁ~~~


 

無意識のうちに選曲され、口走っているので、何故、その曲が選曲されたのか?不明。  (歌詞まで付いて、鼻歌の域 越えてますが・・・)



「What's the song?」  (なに、その歌?)


「It's Mt. Fuji song!」  (富士山の歌よ!)



さぁ! ご一緒に!


♪ ふ~じぃ~は、ニッポン、いちのぉ~ ヤマぁ~~~


 

「フジは? ニッポン? イチの? ヤマ?」


マークさん、全部 疑問形になってますよ! (汗)



「Whta's the meaning?」  (意味は?)


「Mt. Fuji is the best mountain in Japan. です。」


「Oh, yeah? cool!」  (へー、クール!)



 

日本語勉強中のマーク、 このセンテンスを、別の例文にして、復習。


 

「マークは、ニッポン、いちの・・・」


 

ずいぶんな、置き換えの例文だな・・・(汗)

あんた、どう見ても、アメリカ人だけど・・・(汗汗)


で、マークは、日本一の、何なんだい?  言ってみよ!



「マークは・・・えェ~うぅ~・・・・、マークは・・・


 

ネコっ!



はぁっ?!    あんぐり・・・ ネコって・・・? (激汗)


 

「マークは、ニッポン イチの、ネコ!」




勘弁してやって下さい! 

コイツ、悪い奴じゃ、ないんです。

ただ、日本語のボキャブラリーが まだ少ないだけなんです。



でもさ・・・

 

アメリカ人である人間の アンタが、日本一のネコだったのには、かなりの衝撃受けたね・・・


あたしは、認めてやるよ、アンタと、ハローキティーは、日本一の ネコだってこと。


心配するな・・・



そんなマーク・・・


「誰かがね(アメリカ人)、Mt. Fuji San (マウント富士さん) って言ったんだよ。 山 富士 山、って ダブルになっちゃうのにね!」 

(山本山のパクリでは ありません。)


 

人のこと、笑えた義理かよ・・・

 

富士山の歌を、無意識のうちに口ずさむ こりんごと・・・

実は日本一の ネコ だった マーク・・・


 

どちらに 軍配ですかね・・・(汗)



どっちもどっちですが・・・軍配上がっても嬉しくないしね・・・


いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

こりんごちゃんの週末は・・・



ロシア語講座に、ロシア料理は、いかが?



 

夕べのサタデーナイトは、ウチのバンドのレノン君と、飲みに出かけた。



まず、一軒目・・・

 

まだ、午後9時前なので、人もまばらで・・・


レノン先生のよる、ロシア語講座、はじまりました。(酒飲みながら・・・)


まずは・・・


Budem (ブデム) = 乾杯! 


基礎挨拶偏

Privet (プリビート) = やあ! (カジュアル)

Spasiba (スパシーバ) = ありがとう

Poka (ポカ) = バイバイ (サヨナラのカジュアルバージョン)


ミニ会話実践偏 (ネイティブロシア語スピーカーとともに)

Kak dela? = 元気? (How are you?)

Vsio v poriadke = 元気です。(I'm fine.)



注意

私のPC、ロシア語表記不可のため、上記は英語表記。

ロシア語は、アルファベットに似ではいるが、独自の文字がある。



二件目のバーに移動中の際に・・・


「オデッセイ」 と言うダイナーを見かけ。


ロシアの 一都市の名前なんだそうだ。



「I want to show you Russian food.」  (こりんごちゃんに、ロシア料理 味あわせてやりたい。)



お気持ちは、うれしいですが・・・

 

既に、飲めないビールを2本も飲んでおります。腹が減る余地、ありません。


レノン君も、お腹すいてないのに・・・


 

「いこう!いこう!」



先ほどの、ロシア語講座の際に、日本語講座も平行して行なわれており、

「Let's go.」 を、教えてしまったのである。


それ以来、ことあるごとに、「いこい! いこう!」 を連発するレノン君。



夜中の11時過ぎに、ロシア料理試食会、始まりました。


運ばれて来た料理は・・・


ゲッ!


毒々しいピンク色した、コールドスープ (名前忘れた。)

マヨネーズ味がして・・・こりんごちゃん、ちと泣けてきました。

味噌スープが口に合わないアメリカ人の気持ち 知りました。


Pirogies (ピロギース)  日本では、ピロシキと言われていたな。

これは うまかった! おろしりんご と サワークリーム のソースで頂きます。



ですが・・・ 腹減ってないって言いましたよね。



「食べれなかったら、ムリして食べなくていいからね。」


と言われても、頑張って完食の こりんごちゃん。


「エライ! エライ!」

そのレノン先生の 褒め言葉に、園児こりんご、踊らされるのである。



次のバーにて・・・


こりんごちゃんは、気になっていることがありました。


「160センチのゲスト市民」 (ココ 参照) のこと。


もしメンバーになったら、ふとみん さんから命名の、

ビートルズオリジナルメンバーの「ピート」 を、授かる予定で・・・


で、彼は、ピートになれるのか? 何気に聞いてみる。



「彼、明日の練習に来るの?」


「I'm not sure. I sent some demo songs, though.」 (さあね? 一応

曲メールしていおいたけど。)


「ぶっちゃけ、彼の事、どう思う?」


「何回か様子見て、それでも、前回のような演奏されたら、No thank you ね。」



人事には思えない、その発言に、こりんごちゃんも、少々、焦る。

このままの、ドラムで・・・クビになる可能性も無きにしも非ずで・・・。



 

で、本日、日曜日、スタジオ練習。


 

「160センチのゲスト市民」 の姿、見えず(なぜか安堵のこりんごちゃん。)


 

よって、練習も、つつがなく行なわれた。


と、安心してる場合ではありません。


ウチのジーニアス・・・また、新曲持ってきた・・・(汗)



「こりんごちゃんと一緒にいたら、インスピレーションが沸いてさ、

曲 出来たよ。 ありがと!」


ポンポンと、新曲お披露目されたら、初心者ドラマーにとっては、非常にキツイが・・・

自分からインスピレーションを得たなんて、言われたら、なんか嬉しいよね。

でもさ・・・


無理やり、ピロシキをほおばる こりんご。

飲めない酒、ムリして飲んでる こりんご。

おぼつかない英語での 会話 こりんご。


(↑) これらから、どうやって、インスピレーションを得たのか・・・?


 

恐るべし、ウチのジーニアス。

 

 

というか・・・社交辞令?  

 

 

女神度は?

英語もままならず、ロシア語は、非常にキビシイです。ですが、人は切羽詰ると

なかなか頑張れる事、ピロシキと、解雇の恐怖から学びました。 

星、☆☆(ふたつ)




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

   見てぇ~~~! ステキ!


Super car

ご近所に、止まってたから、思わず激写!


 

明日のリハ(スタジオ練習)を前に、才能もキャリアもない、

なんちゃってドラマーこりんごちゃんは、人の倍以上 練習せねばイカンのです。


で、本日も、ひとり 近所のスタジオ入りで、密かに練習した帰り道。


今日は、NY快晴 (というか、ムチャクチャ暑いぜ!)ですから、

オープンカー何台か見かけました。



 

こりんごちゃんって、こう見えても、実は バブリーな女 なのである。



日本にいた時は、見ごとに、バブル崩壊後に 社会人生活送ったんだけど・・・

 

ブランド品や、洋服にも興味なく、いつもTシャツにジーンズ・・・

化粧やネイルに力、入れてたわけでもなく・・・

ステキなカフェでお茶するたまでもなく・・・


(↑) どこが、バブリーな女なのさ・・・冴えてないじゃないよ!



今でもそうだけど、貧乏性のこりんごちゃん、確かに冴えてないが・・・

 

自分の好きな事には、惜しげもなく金を使う!


 

こりんごちゃんの 愛して止まない、My Sweetie!

 

  BEAT


バブル崩壊と 共に、生産中止に追いやられた名車、ホンダ・ビート


現金一括ご購入です。


渡米後も、手放せず、オーナーなき、不敏な My Sweetie.



そう!こりんごちゃん、オープンカー大好き!



じつは・・・


 

こりんごちゃんの EX は、セカンドカー に・・・


コルベット

(↑) コレ乗ってました。


コルベット・・・確か1952年モデルだったと思うが、クラシックカー!



そして、その前に、デートしていた人は、やっぱり セカンドカー に・・・


Porsche


(↑) コレ乗ってました! 


ポルシェ・・・確か1985年モデルだったと思う。 


ポルシェの発音注意! Porsche (ポォーシュ・・・って聞こえる。)

 

ココで皆さん、こりんごって、車で男を選ぶ!と、見下しましたね。


そう思ってくださって 構いませんが、付き合い始めた後、フタを開けたら、

実はセカンドカーにそんな車、所有してる事、発覚したのよ。


だいたい、こりんごちゃんの所有車じゃないから、全然 意味ないことで。

(自分が所有してたら、マジ自慢しまくりで、ひけらかすけど。)



でも、こうも、いい車持ち 男が続いたものだから・・・

 

もしかして、そういう男が寄って来る オーラでも出てるのかと・・・


 

で・・・


 

「マークさん! 貴方の車、なんでしたっけ?」

 

 

 INTEGRA

 

(↑) 「・・・・・・・」


現実は・・・、 現実味を帯びている・・・


インテグラ (Acura社) まぎれもなく、1996年モデル。

クラシックカーではない・・・ 


いい車だよ・・・インテグラだって・・・(really?) 

 

 

将来は、自由の女神になって、オープンカーのポルシェに乗る予定です。

 

国際免許も持たず、もう 3年近く運転していない、ペーパードライバーですが・・・(汗)




女神度は?

貧乏性でバブリーな女神・・・そんな二面性もステキ(?)ってことにしてください。 星、(ひとつ)




いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本人は、日本人の為の英語を作る才能に たけている。

 

でもそれは、ちょっとだけ、「小さな親切 大きなお世話」 である。



夕べ、お気に入りバンド、「Sleter-Kinney」 のライブで ご満悦。


    Sleater Kinney


ツインギター & ドラム の 女の子3人バンド! (かなり人気よ!)

(前回のライブでの、ドタバタ劇 ←参照)


超 楽しかった! やっぱライブはいいねぇ~!



マンハッタンにある、ローズランド と言う 結構大きい会場だったんだけど、


いつかは、あんなステージで! なんて、なんちゃってドラマーは夢みながら・・・

遠巻きにも、ドラマーチェックで、しっかりイメージトレーニングよ!


(あんな技もありね、と、盗んで盗んで! ← 盗んで使いこなせるのかよ!)




さて、この 「イメージトレーニング」って、何となく英語だと思っている人いませんか?


ハイ、ココにいます。

こりんごちゃん、英語だと思ってました!


 

マークに、自慢話しながら・・・


「イメージトレーニング (日本語だったら絶対 "イメトレ" って言ってたね。)

も、ちゃんとやって来たよ!」


 

数秒・・・間が開く・・・


 

ただ、マークは、こりんご英語の末期感染症でありますから、(汚染されゆくアメリカ人 参照)

直ぐに、オイそれ 違うんじゃねえか英語 に感づきます。


 

「Visual studay ね。」  


 

ビジュアル スタディー・・・???



そう、英語では、イメージトレーニングの事を、Visual study (ビジュアル

スタディー)と言うらしい。


Visual (視覚) + Study (勉強) = 日本で言うとこの イメトレ


 

(↑) これ お初ワードです。 こりんごちゃん、身をもって、間違い英語を正されて、少しは、おりこうさん になっているのでしょうか? (なっているさ・・・!)



女神度は?

イメトレで、ドラムも英語も 勉強できて、よかったじゃないの!

星、☆☆ (ふたつ)

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日は、gomennasai さんの コメントより・・・

 

「英語を文章1つでいいから 教えて下さい!」


(↑)このような、リクエストいただきました。

 

 

私のブロクは、「学び教育」 ですが、NYでの人生勉強メインであり、

英語ブロクではないこと、ご了承ください。


とは言え、期待されれば答えたくなっちゃう、単純な こりんごちゃん。


本日、2本目、ブロくっちゃいますよ!

 

 

先週のこと・・・


 

「ねえ、ダイムもってる?」


見ず知らずのオバサンが たずねる?



ダイム・・・???



「Sorry I don't have. 」  マークは 持っていないらしい。


「Do you?」  マーク、こりんごちゃんに振る。


「ダ ・ イ ・ ム・・・??? ですか?」  


「Yes, Dime, do you have?」  (そう、ダイム、持ってる?)


「What's that?」  (なんですか ソレ?)


「・・・・・。」

 
「・・・・・。」 

 

「10セントコインのことだよ・・・(汗)、知らなかったの?」




そう言えば、アメリカの硬貨は、


25セント硬貨 = Quarter (クォーター)

5セント硬貨  = Nickel (ニッケル)

1セント硬貨  = penny (ペニー)


と呼ばれ、私もそう呼んでいたのに・・・


10セント硬貨に関して、今まで一度もニックネーム(←あだ名なの?)で

呼んだことも、聞いた事もなく、関わりをもったことが無かった。


10セント硬貨 = Dime (ダイム)



馴染みがナイぜ!


しかも、5セント、1セントよりも高価なのに、大きさは硬貨で一番ちび。


小銭


25セント ・ 10セント ・ 5セント ・ 1セント



初めて ダイム に出会った私を、微笑ましそうに、でも結局は笑う、

マークと オバちゃん。



「Stop on a dime.」 って聞いたこと無い? と、マークが語る。


例文

The sport car stops on a dime.


つまり、最も小さいダイム (10セント硬貨) の中にでも、止まれる程、俊敏な

スポーツカーということで、俊敏さを意味するようである。



勉強になったよ。



ところで、オバちゃん、人のこと笑ってるけど、ダイムないよ。


地下鉄のチケット買えないね・・・



Have a good night!


 

女神度は?

10セント(ダイム)を、侮るものは、10セント(ダイム) に泣くぜ!

こりんごを 侮るものは、こりんごに 泣くってことよ、オバちゃん!

さらした恥は、タダでは済ませない。 星、☆☆(ふたつ)



いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

波長が合わない・・・しっくり来ない・・・


生理的にあわない・・・



同じ人間同士でも、ありますよね、こんな関係。



覚えておいでか? 先週、ウチのバンドの練習に、ゲストとして見に来た この方を。 ( 160センチのゲスト市民 参照)


彼は、やっぱりウチラのバンドが気に入ったようで・・・

昨日の練習に参加した。



実は!  こりんごちゃんは、超、人見知りするタイプ。 (ウソッ~!)


彼とは、「Hi,」 しか、言葉交わさなかった。



彼にリズムギターを担当してもらうのだが・・・


曲のコードをポール君が とりあえず教えて・・・



さ、やってみましょう!


 

うっ!!!


寒い~~~~~~! ブルッ!!!



バンド内では、アイコンタクトで、間を計ったりしますが・・・


こりんごちゃん・・・・彼の事、凝視出来ません!


しかも、助け舟のポール君のベースサウンド、レノン君のリードギター

不思議な音にかき消されて・・・命綱 失う・・・



死ぬかと思いました。 



しかも、彼は、リズムギターなのに、見た目の派手なアクションに陶酔しており・・・、自分に酔うよりも、しっかりコード押さえろよ!

と、なんちゃってドラマーのこりんごちゃんのクセに思います。


こりんごちゃんだって、形から入るタイプですから、わからなくもないけど・・・

見てる こっちが恥ずかしいよ!


キモイって言葉が ピッタリでしょうか?


バリバリのギタリストが、感情に揺さぶられて、派手なアクションで弾くのは、

わかります。

でも、彼、揺すぶられるほど、弾き込んでるのか?


 

と、自分のことを棚にあげて、人のこと、言えないよ、こりんごちゃん・・・



このスタジオのオーナーは、スゴクいい人 なのだが、

口が悪い! アメリカ人特有の早口で・・・ランニングシャツに葉巻・・・


「オイ、お前! いつも同じビートばっかり叩いて、つまんねーんだよ!」


すごい口、悪いでしょ!


「ちょっと、俺やって見せるから、参考にしろ・・・

お前、ドラマーだったら、ドラムのセットアップくらい、自分で出来るようになんねーで、どうするよ!」


ごもっともです・・・(汗)。


といいながらも、いつも面倒見てくれる、オヤジです。


「ドラムはじめて、どのくらいだ、お前?」

 

「半年です。」

 

「That's it! だからだ!」


この口の悪いオヤジには、口では適わないので、

ドラムの腕で、ギャフン と言わせたいと、誓い・・・


本日、ドラムの先生の駆け込み寺へ、イソイソと・・・

 


センセ!何とか、こりんごちゃんのこと、いっぱしのドラマーにしてやって下さい! と懇願し、次回のスタジオ練習に備えるのである。



さて、昨日は、彼に振り回され、全然 練習にならなかったが・・・



帰りに、ポール君と彼について話してみる・・・


「初回で、彼も勝手がわからなかったから、ちょっと様子見てみよう。

あとは、レノンが、どういうサウンドの方向にもって行きたいか次第だから・・・。」


ああ・・・とりあえず、一緒に また やるんだ、彼と・・・(涙)



レノン君にメールで聞いてみる。


彼は、ジーニアスですから、返信メールの文章が複雑すぎて、意図が読めません・・・(涙)



初めてのセッションだったしね・・・

あのアクションも、きっと慣れて来るよ・・・

アメリカシチズンが、一人くらいいてもいいかも・・・


ポジティブシンキング お得意の こりんごちゃんも・・・

今回は、苦しいです・・・



これも、いい思い出に変わってくれ・・・


 

女神度は?

人の振り見て、我が振りなおせ・・・学びました。

ドラムの練習、怠らず、頑張ります。 新しいメンバーかもしれない彼とも、仲良く勤めます。 

人のこと、けなしたような言い方したので、黒星、★






いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。