2011年を振り返って

テーマ:
11年もそろそろ終わる。

会社の中での課題は多岐にわたるものですが、自分が優先順位をあげて取り組んできたのは採用業務でした。おそらく全仕事時間の8割は採用、1割は評価制度構築と人事業務が9割を占めていたように思います。

しかし今年はよく働きました。平日も深夜まで面接に入っていますし、月に2日くらいしか休日がなくて、何週間先までも予定がびっしり埋まっていて、12月に至っては1分の隙もなく朝から深夜まで予定が埋まっていました。本来社長がするべきではない業務も多々あったので、来年の6月くらいから、新しいやり方に変更していこうと考えています。

人事に時間を使い始めたのは一昨年の4月くらいからですが、来年は5月の末くらいから、もう少し落ち着いて別の業務をしていくことができるかなと考えています。

企業の業績に関しては1年というスパンでみて、社員数で約2倍、粗利益で約3倍になりました。一人当たりの生産性が劇的に向上しましたし、会社全体としても大きく規模拡大しました。未上場企業で創業社長が若い会社だとおそらく弊社が一番大きな規模になっているのではないかと思います。といってもたいした規模ではないですが。

来年は新規事業開発、会社のメンバーの質をもっとあげ高い付加価値をだせるようにすること、お客様に対するサービスの質をもっとあげること、中核メンバーの採用、育成。このあたりが課題になってくると思います。その為に必要なことは経営者として躊躇せず推進していこうと思います。それが、メンバーであれ、お客様であれ、会社であれ、関わる人たちに対して長期的にみればプラスになる考えています。


最後ですが、色々貢献してくれた会社メンバーのみんな、弊社のサービスを使って頂いている方、そしてお客様に感謝したいと思います。

今年もありがとうございました!