2010年を振り返って

テーマ:
本日で弊社の年内の営業は一旦終了しました。

今年は不況の中から大きく飛躍した年になりました。
伸び率でいえば、過去に劣りますが、額でいえば、過去最高。
また、事業の多角化に伴い粗利益率も大きく向上、採用に対する予算も桁違いに大きくなり、社内の文化、社風が正常な方向に向けてどんどん進化していきていると感じています。

来年度にかけては、実行次第ではありますが、
過去、かつてない程成長すると見込んでいます。
それに伴い、お客様への提供価値の向上と、社内の価値貢献を続けてくれているメンバーへの還元も大きくできるのではと今からワクワクしています。

職業柄、決算期である3月が一年の切れ目と感じるようになってしまっていますが、年末年始は、周りの人がみんな休んでいますし来期に向けた計画作成(3月にしていれば遅いですし)や、自分自身の人生についてよく考える機会としていつも一人で全く人と連絡をとらずに過ごしています。

いつもいつも人に囲まれているせいか、一人になる機会があまりなくまたスケジュールも何週間も先まで、勝手に決まってますので意外と自由にまとまった時間の確保ができません。会社が成長する限り社長に自由はないでしょう。GREEの田中社長も週6勤務常態化みたいですし・・

さて、リーマンショック以来年末年始の海外は自粛していましたが、今はイスタンブールのホテルに缶詰になって、本を読んだり来年のタスクをまとめたりと有意義に過ごしています。イスラム圏は一切色気がないのである意味集中できます。
(そういえば今回改めて気づいたのですが、何ヶ月も前にチケット予約すると年末であっても普段と対して金額が変わらないし、海外から海外へのチケットはそこそこ遠くても1万とか2万でかなり安いです。なんで日本は国内でもこんな高いんだろう。。)

最後に、今年も数ある他社の中から弊社に発注して頂いた全てのお客様と、会社が拡大し挑戦を続ける中、人生の多くの時間をさいて勤務してくれている全てのメンバーに心より感謝致します。今の会社があるのも、少しでも善意を持ち貢献してくれたメンバーのおかげです。

今年もありがとうございました!