REDSTONEすぐ死にます。

無料オンラインゲーム「REDSTONE」のプレイ日記です。
毎回の死にッぷりの記録です。


テーマ:
今日は名も無い崩れた塔B4。
まだファミリアの群れとはまともに戦えません。
なので骸骨剣士と戯れることに。
TUビショさんすまぬ、とは思うがカンベンしてください。
ファミリアが怖いのでたいていは入り口近くで狩りをする。

無限矢ニ連発

無限矢ニ連発2

昔は高額取引アイテムだった無限矢。
確かにこんな風にぼろぼろ落ちてしまうと価格は暴落するのかもしれない。
ホロリ。

狩りをしていたらテマナさんがネクロさんビショさんとともにCPを回復していた。
「準備できた」
「じゃ行こう」
という掛け声で移動する3人。
ギルドPTかなと思ったけど全員紋章が違う。
はて?と思いつつ見ていたら1匹のファミリアを誘導してなにやらすみっこでやっている。
・・・あ、ペッツかー。ということはココがあの塔ファミと言われる捕獲場所?
ところがどうやらネクロさんもビショさんも優秀な方だったようで思ったよりもファミリアのレベルが下がってしまったらしい。
「タワー狙うか」
「そうだね」
と去っていった。
タワーファミ?
字面だけだとかなり強そうだななんて思いつつ。

奥から移動してきた剣士さんがたくさんのファミリアを引き連れてそのままテレポーターでいなくなった。
その場には私と残されたたくさんのファミリア達。
ぎゃー。


ファミリアに 1回やられる
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ずいぶん前から月忌さんが名も無い崩れた塔B5で狩りをしているので情報だけは入ってきていたその場所に私も向かうことにする。

はっどうしてレイスが待ち受けているの?
はっどうしてこんなとこにワイトがいるの?
はっどうして地階にいくテレポーターの前にネクロマンサーが3体もいるの?

辿り着けない。

そうか火抵抗!と気が付いたのはデスペナ解除を待つついでにぼんやりとステータスを見てたとき。
銀行で装備を総取替え。
ははは、これで万全だ!

無事にB5に降り立つことが出来た。
さぁ!
とか言いつつ体育すわりでHP回復中。
途中もなかなか手強かったぜ。
そこによし777さん登場。
「ここはすごく下がりますからねー」と一言アドバイスをいただいた。
本当だ。て火抵抗がものすごく減っているぅぅ。
これは初の狩場というのもあるが慎重に事を進めねば。
なんたって火攻撃がばんばん飛んでくるからな!

はっどうしてそこに4体も集まっているの?

・・・・とらさんに伝言。復活の巻物、今度は買わせていただきます。
ウッウー。

レイスに 2回
ワイトに 1回
ネクロマンサーに 2回
ファントムに 1回やられる

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜日のギルド戦前で転送ぐるぐるに向かおうとしたら
「グル族の人が並んでいる!w」
というご連絡が。
どれどれと目を凝らすと・・・・横一列に並んでおった。
我が体育会系はギルド「グル族」の隠れファンが多いのかもしれない。
ってお相手はグル族さんじゃなくて。

今回のお相手は SKY_Clan さんです。

ポール スチュワート, Paul Stewart, Chris Riddell, 唐沢 則幸, クリス リデル
崖の国物語〈5〉最後の空賊



湿地の戦場という狭ーいMAPはお久しぶりでございます。
そしてそんな狭い中、敵も味方もなかなかな人数でございました。
あちらこちらで、

ε=( ゚ω゚)ノ∝━∈     (゚д゚ノ)ノ
( ・д・)/--=≡(((卍  (゚д゚ノ)ノ
(ノ ̄ω ̄)ノゴニョゴニョ (((゜д゜;)))↓↓↓
゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o

という感じな戦いが。
「少し様子を見ましょうか」とチャットで発するために止まるものならばズパーン!とやられたり。
そこで死んだらやばいっというシーソーゲーム状態。
とりあえず中央付近に陣取って耐えろ耐えろー!
「青きれました」
「赤きれました」
「POTない」
いつもなら受け渡しする暇もあるのだけどそんなことしてたら、また。
ひー!

結果 勝ちました

久々に頭から湯気が出る戦いにぐったり。
皆が揃ってPOT切れましたの声を上げた時にはもうどうなることかと。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
20時を狙ってぽちっ!失敗!
19時を狙ってぽちっ!失敗!
18時を狙ってぽちっ!成功!
頑張った私!(と言わないと挫けそう)

今回のお相手は жCrossfireж さんです。


宮部 みゆき
クロスファイア〈上〉

宮部 みゆき
クロスファイア (下)


「今日は人数多いですねー」
と言われる。
確かに多いな、とちょっとウキウキ。
ギルド戦じゃないと会えない人もいるので参加人数が多いのは嬉しいね。

その数の多さでごり押しな展開に。
が。
「武道が!」
「武道ヤバイ」
というどこか(コレ↓)で聞いた台詞が飛び交うギルドチャット。

http://jimaku.in/w/O05XkD5CbUM/fCMfg_IX1Zu

「物理攻撃が効かないですね」
「物資切れを待つしか?」
と感慨深げにいわれるその人はすべての攻撃を華麗にかわしていくのであった。
敵ながらカッコイイ。

結果 勝ちました

反省会でその武道家さんの話題になる。
「レベルが○○でしたよ」
「「「「え!」」」」
実は失礼ながらもっと高レベルかと皆が思っていたのだ。
恐るべし、武道家。

うちの倉庫番もあんな風になれるのであろうか。
(そのためにはまずコロ階層を卒業しなくては)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

トラン北部が微妙に、本当にビミョーにオイシクなくなってきた。
とうとう狩場移動か?
しかしまだ透明指輪も地上の権勢もバター(笑)も出ていないし。

少しでもドロップ率を上げようと思ってソロPTに入るのだけど最近はPTリストで申し込められるから楽になったね。
「よろしくです」
って挨拶してそのメンバーを見るのが癖なのだけど、そこでいつもびっくりする。
400レベルとか時には600とかって人が!
うわー私平均下げちゃっているよぉごめんなさいーっていつも思う。

そこで素朴な疑問が。

以前はアリアンで「400↑ソロ募集@2」とか「運1200↑ソロ募集 耳よろ」とかの叫びをよく聞いたけど今は聞かない。
というかPTリストでも見ない。
あれらはどこにいったのだろう。
ギルドソロ?
それともガンガン育成に力を狩場があって皆そこに集合しているのだろうか。
先のレベルの人達の秘密がそこに?

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
深夜のギルドチャットに車線さんの声が響く。
「U出ました!」
「オメデトー!なぁに?」
「アンプリファイアー」
アンプリファイアー。それは私も先日ドロップしたが。
「売れますかね」
「古都で30万で露店しても私では売れませんでした」
「それは悲しいお知らせですね」
そう売れていないのだ。
「スキル+2が付いてていいなって思うのにね」

「なんとか売りたいですね・・・・自分クエか」
「そうだね」

クエスト【アンプリファイアーを売れ!】

「その話のった!」
「ではさっそくブリッジヘッドへ」


クエスト【アンプリファイアーを売れ!】2


わかりやすく並んでみた。
「晒しがこわくないか!」
「こわくない!むしろ自分から晒す!」
「そうだ!それこそがアンプリファイアー!」
「あんぷりふぁいあー!」
ノリはビリー教官である。

Basic Training Bootcamp
Ab Bootcamp
Ultimate Bootcamp
ほら、深夜だからテンションがおかしいのだよ。
聞きつけた☆カルたん☆さんがわざわざ見にきた。
「2人の商品、若干性能が違いますね」
「ナニー!」
「これはお客様に判断してもらおう。いいほうが売れる!」
「そうだね!」

クエスト【アンプリファイアーを売れ!】3

とんでもない宣言であるがその心意気がよし。
そして露店放置、朝になり勝負の行方はというと。

結果 双方売れませんでした。

アンプリ御殿が建つのはいったいいつか。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ギルドマスターのお仕事がまた1つ増えたよ。
それは石像作り。

水元素が200個集まったのでコチラに依頼をする。
バウマンさん
ただのご老体かと思ったらスバラシイ技能の持ち主であった。


元素で作ってみよう
元素で作ってみよう2


元素で作ってみよう3

ああ、なんだか私が好まないタイプの話しぶり。
軽い。
軽すぎる。
ご老体かと思ったがもしかしてただのふくよかな若者だったのだろうか。

元素で作ってみよう4

目が滑りそうになる話だったので見逃すところだった。
石像パーツを作るさいには2つ以上の材料を持っていると失敗するかもしれないと。
はい、肝に銘じておきます。
じゃ、この水元素をお願いします。

元素で作ってみよう5

よっしゃ。
よっしゃ!って私も使うよ。
うわーもしかして同属嫌悪ってやつなのかぁ?

元素で作ってみよう6


こうして我がギルドのネーンの杯にひっそりとお色がついたのであります。
攻撃速度がちびっとアップ。
ほんとにちびっとだけどね(笑)
ちなみにうちではシーフ職さんの狩りスタイルに多大な影響を与えそうなので吸収効果のある石像はしばらく作らない予定。
なので今後作られていく石像はなにか1つ締まりませんな、という感じになっていくようデス。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「そのMAPは苦手なんですよー」
「私だって好きじゃない」
はじかれてしまった結果にがっくり。
こういう時は開戦時間が早まっても気持ち楽なMAPを選んだほうがいいのかな。

今回のお相手は ★Black Moon☆ さんです。

紀伊國屋書店
ブラック・ムーン

開始前から敵側から禁止スキルの要請が入った。
「自分は大丈夫でしょうか」
いわゆる禁止スキルで自粛してくださいという職ではない人から質問が出る。
まだギルド戦に慣れていない新人さんにはワカラナイことが多いのだろうな。
「うちにはそれを使う職はいないからとりあえず気にしないでいいんじゃないの?」
要請が入るたびに思う。
確かにいったものが勝ち。
そしてそういう要請をするギルドにはたいていその職の人がいるのだ。

激突して相手の紋章を見てヤバイと思う。
狩場でよく会う紋章。
今日はいつもよりも参加平均が低めなので人によってはつらい戦いになるかも。
ああ、やはりやられちゃってる。
ガンバレー!
と、その時。

ガシャン。

「!」
びっくりして振り返る。
マウスを握る手が止まる。
部屋の中を吹き抜ける風。
転がるボール。
ヒビが入っている窓。
・・・・なんじゃこりゃ。

手が止まった時ちょうど敵陣に近かったせいもありモニターの中の私は死亡中。
なんてこったい。

とりあえず戦っている仲間にはこの事態は関係ない。
戦線復帰後はとりあえず黙々と槍をふりまわすことにする。
・・・雨が降ってなくてよかった・・・。


障害物を利用した敵のほうが上手でどうしても追う体勢になる私達。
しかしそのせいで今度は範囲さんがまとを絞れなくなり与えるダメージが思ったほど出なくなる。
たびたび「離れすぎ」「追いすぎ」等の声がかかる。

結果 負けました

反省会は深刻に戦い方の方向性や各自の能力についての話し合い。
そのチャットログを眺めながら窓サッシの補修。
ガムテープだらけになった窓を見てはがっくり。
貧乏くささに拍車がかかったよ。
とりあえず皆に自分の死の真相(というか言い訳だなこれは)を話す。
「そのボールはまだありますか?」
「うん」
「ボールに死って書いて玄関に置いておくといいですよb」
なるほど。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回のお相手は §TOUGH§ さんです

猿渡 哲也
TOUGH 1 (1)


今日は黒色槍騎兵さんのオフ会にいく&私用でおでかけという人がいていつもよりもメンバーが少なめ。
私は参加メンバー職の確認を行ってみてビショっこで参加したほうがいいだろうということに。
そして索敵できる人がいないので、本日欠席組をのぞいた中での高レベルさんが代わりに相手陣地まで単独行動。

「アチャさんが多いという話ですー」
とさるところからの情報を伝え、準備。
戦闘開始のアナウンスがなる。
そしてほんのわずかの間に先発した人が死亡。
それはHPの減りを確認する間もない一瞬のことであった。
大急ぎで呼び戻し、不利な位置から離れようとした時には目の前に敵が。
私がもったのは2秒。
倒れる私のそばに幾人かが集まっている。
確かにアチャさんが多い。
インターを撃ちあげる時の動作の速さ。
当たった時の音。
尋常じゃない。
復活の巻物をつかって離脱。
Wizさんにロックを使われたときはヒヤッとしたけどもなんとか逃げ遂せる。
つまり敵は追い詰めにかかっているのか。
PT建て直しを図るともう1つのPTのビショさんもヤラレタというアナウンス。
「ねーさま、出来るだけ早く救出しないと!」
とはいえ。
とって返してきた敵がすでにこちらに向かっている。

結果 負けました

こんな風にあっけなく負けると何が足りないのか何が出来ていないのかを考える。
レベルだけの問題なら簡単なのにね。
うーん、精進しないと。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

REDSTONEの中でもいろんな人との出会いがある。
じゃまた、とか。今度一緒に狩りしましょう、とかの言葉が挨拶で社交辞令で。
でもそれを信じている。


こなさんとの出会いははっきりいって妙だった。
ギルド「Crer」が立ち上がった頃の話までさかのぼるのでそうとう古い。
「狩りに行きせんか?」Lookさんに誘われほいほいついていった。
文若さんもいた。
知らない人が何人かいて皆Crerの仲間だよと紹介され皆とトモロクをした。
そしてその中にこなさんがいた。

なにかの流れで「えっとこなさんはー・・・」と話しかけた瞬間。
その人はログアウトし、そして戻らなかった。
びっくりしておろおろとしたのが伝わったのか、皆が
「人見知りはげしいやつだから^^」
とフォローしてくれた。

そして数ヶ月後。
「納骨堂に行きませんか?」とLookさんが誘ってくれ、その中にやはりこなさんがいた。
以前の出会いの時より話をするようになった。
他愛のない会話のほかは死んだー!なアレな会話ばかりだけど楽しかったし嬉しかった。
その時の狩りでの強さにほれぼれした。

トモロクが仕様の変更で100人から50人に減ることになった時、私の場合漢字・平仮名・片仮名が消失した。
でもこなさんの名前は残っていた。

さらに数ヵ月後。
「LETYさんのギルドにサブキャラいれてもらえませんか?」
と言われた。
ものすごく嬉しかった。
ギルド戦にたまに参加してくれた。
レベルが皆よりも低くて死んじゃうことも度々あって
「(狙われているから)生き返らせなくてもいいです」
と言うこともあった。でも最後まで皆で!が理想なので問答無用に生き返らせた。

うっかり夏の東京で私の姿を見られたりもした(笑)

こなさんがギルドマスターの時期と私がランサーでギルド戦に参加できない時期が重なってCrerに所属させてもらったりもした。

そして。

こなさん

こなさんが引退する。










さびしい。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。