REDSTONEすぐ死にます。

無料オンラインゲーム「REDSTONE」のプレイ日記です。
毎回の死にッぷりの記録です。


テーマ:

幸運

一気に捲し立てられた!
とりあえずモリネルタワーに向かう。
アリアンから行くと楽かな~と思い、走る。

幸運2

はうー、この抵抗力の下がり具合(泣)
この砂漠地帯。
MAPの端を走れば突破できるようになっている。
慎重に、慎重に走れば目的地にいける。
少しずれちゃうとワープに引っかかり大変な目に!

ところでー。
私のマウスがこのMAPでいっつもおかしくなる。
希望通りの方向に進まないことがあって、かならず強制ワープになるんだけど!
これがここのMAPにくるたびそうならマウスの不調?とか思うのだけど3回に1回は上手く進めるのだ。
イライラ度MAX。

こんな位置にモリネルタワー。
「お!」という建物が見えるのだ。
幸運4

モリネルタワーにたたずむ紳士。
幸運3
幸運5

ゲデワンさんはここの建物に入って手に入れて、といった本をここで貸し出してくれるの?
ホホホ。支払いましょう。

幸運6

まぁ貸与期間は3日。楽勝です。

幸運7
幸運8

・・・ん?
ぱぱりーすえう゛ぁーす?
そんな名前だったっけ~あれ~?
?マークを浮かべつつスマグに戻る。

幸運9

ゲデワンさんに本を差し出したらとたんに笑われる。
しかも豪快に。

幸運10

え。

幸運11


えええ。
ゲデワンさんはあっさり本を取り上げる。
・・・・うー、ダマサレタ?

このクエストナンバーはあそこで本を借り出さなければ発生しません。
まぁ楽しむためなら受けてもいいかも。なんの特典もないので自己責任でね(笑)



人気ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ゼインさんがくれた古文書はコチラ。
変わり者魔術師ゲテワン
変わり者魔術師ゲテワン2

なにやら詩文のような・・・。
その背景に見えるのは重い世界。
内容について深く思考に入りたいところだけれどもそれよりも次のてがかりの方が気にかかる(笑)
ということで久しぶりのスマグ、ウィザード研究所へ。
ゲデワンさんこんにちは。 

変わり者魔術師ゲテワン3
変わり者魔術師ゲテワン4

ええ、ゼインさんに言われていたけれど手ぶらで行ったさ。

キャンディーをご所望だけどどうしたもんかと思ったけれどもスマグの雑貨店に飛び込んだら売っておりました。
ここの売り場のキャンダィーって美味しそうに陳列している!と思うのは私だけ?

変わり者魔術師ゲテワン5

世界一かどうかは知らんが言葉のマジックに引っかかることを祈りつつー。

変わり者魔術師ゲテワン6

あっさり引っかかってくれるし。
ああ、それにしてもゲテワンさんの「~?」が全部語尾が→↑で上がってのばしているように聞こえるのはなぜ?
それと聞いたら教えてくれんですか。いろんなことを。
うずうず。
でも今聞きたいのはそれじゃないんだよね、と本来の質問する。

変わり者魔術師ゲテワン7

(昔の漫画でよくあるズッコケシーン)

変わり者魔術師ゲテワン8

きたぞ。
きたきた。
「REDSTONE」にまつわる調査をしていたら読める展開。
今度は何を頼まれるんだろ(笑)


人気ブログランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

田舎の人は無駄に早起きだ。
そんな田舎に住む身内の都合で朝7:00までに車で1時間半かかるところに行かないといけなくなった。
かなりいやだったけど、報酬が出るということと逆算すると起床時間が事務局にいくのにいいと気がついたのとで引き受けた。
こんな機会でもないと起きれない。
私はこよなく睡眠を愛しているのです。

さすがに戦場リストは空いてます。
これなら久しぶりに都合のいい時間に入れれるかな~と思ってたら私の目の中に飛び込んできたギルド名。
あ。ここは。ニヤリ。
後入れポチッとな。

今回のお相手は ♪やどかり♪円卓の騎士 さんです。

現マスターの兜甲児さんとは面識がないのだけどSNSつながりで知っているのだ。
私と兜さんを両方知っているギルドメンバーもいることだし楽しくできそうだ~とワクワク。

戦場に転送されるとまずは挨拶から始まる。
「よろしくお願いします」
「よろしくお願いします」
とお互い声を掛け合う。
ギルドの中には挨拶の必要性を感じないというところもあるそうだけど、やっぱりあるとないとでは気分は違うと思う。
「よろしくお願いします」あ。兜甲児さんだ。
「よろしくお願いします。しかし断るっ!( ゚Д゚)クワッ
それに対しこんな返事を返すうちのギルメンの1人。
前述の共通で知っている人だけどそのことを知らなければなんてことを!って思われたでありましょう。

さて戦闘開始。
MAPは私が個人的に好きな戦いやすいと思っている場所なので精神的に楽。
ただ向こうのギルドさんの方が人数多いだろうから包囲されちゃうとまずいだろうなぁと頭の中でぴきぴき考えつつ。
少し移動したところで激突。相手ギルドさんの方が動きが速く一瞬で乱戦状態に!
乱戦から抜け出たときにはうちが押されている状況。
が、決して不利ではないのか?と思える点がいくつか。
ここは猛攻に耐えつつポイントを稼がせていただくといいかもしれないと思いつつ足を止める。
とりあえず態勢を立て直しつつ相手の出方を待ってみると、やはり先に動くのは相手ギルドさんの方。
この時ほどビショーズの回復に感謝したことはないかもしれない。
みんな安心して迎撃できたと思う。
その証に気がつけばポイントは僅差ではあるけれど逆転。
各自の状況を報告しあい、その結果掃討作戦に移行することに(笑)
追い詰めますよ~(勝っていると強気)

結果 勝ち点いただきました

POT切れた~という人が何人もいたのでおそらくみんながっつんがっつん戦ったと思う。
持てる力を出し切った!という感じの戦いは気持ちいい。


人気ブログランキング



ウィザード
Wizさん。
ウルフマンになってしまうという体質を人知れず悩んでいるんだけどみんなの前ではそういうことを微塵も見せないとイイ。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

マスターの仕事をこなすため事務局にいく私。
毎度のことだけどすでに戦場は埋まっとるのです。
お、対戦相手待ちしてるなってとこもよくよく見れば(起きたてでコンタクトレンズをはめておらず、モニターに激突するかという距離で見とります。もちろん眉間にはものすごい皺が寄ってます)私でも名前を知っている鬼のような強さを誇っているギルドさんばかりで。
「ここと対戦したら皆びっくりするだろうなーいや、怒るか?」なんて想像してふくみ笑い。
とりあえずリストを眺めて、もう鬼強いとこはいないだろうと余裕かまして先入れしときました。

数時間後に衝撃が走るんだけど(笑)
鬼はまだまだいるんだよ!反省しろLETYさん!

今回のお相手は 菱中・藤田JV さんです。

・・・実は前回のギルド戦で開戦時間を間違えて連絡していたので(22:20なのに20:20と書いていた。よくやる。しかも当日ギルドメンバーに言われるまで気がつかず)「今度は間違いない?」なんて聞かれる始末。
今度は大丈夫。
問題は向こうが強いってことだけさ。ハハハ。
せめてもの救いは一番広いMAPということ。
うまく立ち回ればなんとかなるかな~なんて思いつつとりあえずみんながくれた情報を頼りに装備を整えるワタクシ。

さて戦場。
今回はギルメンの何人かがリアルの都合で参加できないとはいえ体裁の整う人数は集まってくれた。
みんないつもありがとうね。ホロリ。

広いMAPなのでなかなか遭遇はしない。
様子を見てきます~っていった人がいきなり死亡帰還。
とりあえず警戒しつつ前進していたところ見つかる。
あ、向こうの人数が多そうだと思ったところにドラツイの洗礼を浴びる私達。
ぱたぱた倒れる者が出てしまう。
事前情報でドラツイ注意!って言われたのだけど装備を整えてもそれ以上の破壊力。
実はこっそり水属性ダメージ吸収という装備を持っていたのだけど私の中で衝撃が走った。
敵さんに囲まれて受けた物理攻撃ダメージ分をドラツイを吸収したら回復できるくらいカバーできたのだ。
ていうか全回復(笑)
すごいなぁと思いつつでもその場に立ち止まっていてはいずれボコボコにされるので範囲攻撃が切れたところでダッシュで逃げた。
運良くビショさんも生き残っていたので立て直し。
とはいえ圧倒的な差がある。
でもみんな果敢にアタック。
もう1つのPTがやられてしまったけれど羽や灰を持って救出にいったりととにかく走り回っていた。
(すいません。私は生命線になったビショさんを守るため参戦してませんでした。
考えてみればドラツイは私にとって有利に働くのだから突っ込んでもよかったか~)

結果 負けました

あらためて範囲攻撃のすさまじさを知った戦いでした。


人気ブログランキング



ランサー
ランサーさん。
公式での設定の「父と恋人を殺された」前は武器なんか持ったことのなくて普通にでも愛情いっぱいに幸せに暮らしていた娘さんだったらいい。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゼインさんの言っていたポイズンテール。

ゼインの頼み

確かこの辺にいたよな~と思って熊足峡谷へ。
他にもあるかもしれないけれど私が知っているのはここ。
ここは鎧製作クエストでも来るところなので場合によっては狩場が重なっちゃうので要注意。

とりあえずさくりさくり狩っていたところ鎧製作のためにここに来た人とバッティング。
狩場を分け合いつつお互い狩る。
どちらのクエストもドロップがよくないので根気よくがんばらないといけない。

ゼインの頼み2
ゼインの頼み3

これを10個。
一気に片付けていかないと面倒くさくなることうけあい。

鎧製作クエストの人が休憩をとると言って落ちたのでその間にラッシュラッシュ!

ゼインの頼み4

ゼインさんにポイズンテールの毒を渡すとものすごく感謝され、古文書-Ⅰをもらう。
・・・偽物のREDSTONEについては何も言ってこないしこちらも怖くて聞けない。
だましているようで申し訳ない気持ちになるけど、でも喜んでくれてよかった。
(ではブロームさんに対してそうは思わないのかと聞かれると困る)


人気ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブロームさんがいう美人な宝石鑑定士ゼインさんはガディウス大砂漠/グレートフォレスト北部地域にいるという。
遠いな。


砂漠の向こうに彼女は立っていた。
(近くにいた隕石のあとだ!と言い張っていた彼はナゾのままにしておく)

宝石鑑定士-ゼイン
宝石鑑定士-ゼイン2

宝石鑑定士-ゼイン3
宝石鑑定士-ゼイン4

ずいぶんと硬い口調だな、と思う。
今までの人たちがくだけすぎなだけだったかもしれないけど。

宝石鑑定士-ゼイン5

信用を勝ち取るためにゼインさんの依頼を受けることにする。
あの硬い口調は警戒心のあらわれかなと思ったけど、「REDSTONE」にからんで彼女に近づいてきた人達にうんざりしていたんだろう。
「ポイズンテール」から取れる薬剤についてだってその場ではやりますといっても面倒になってそのまま帰る人が多かったんだろうな。
そんなことを考える。


人気ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クーンさんの「うまくだましてこい」という声援を背に(笑)古都へ戻る。
「偽物のREDSTONE」を持ちブロームさんに会う。

クーンのまがい物

う。
うっかりアイノの報告書完全版を渡してしまうところだった。
まだまだ・・・誰に渡すかよく見極めないと。

クーンのまがい物2
クーンのまがい物3

ダマサレテクレルトイイノダケレド。
ドキドキ。

クーンのまがい物4

引っかかった!
思わずニンマリする私。

クーンのまがい物5

ブロームさんの中の「REDSTONE」は願いを叶えてくれるモノらしい。
本音がぽろり。

でも古都で話を聞いてまわった時、議員になって街を良くしようという貴族はブロームさんだけらしい。
その気持ちさえあればずっと議員の席は彼の物のような気がする。
町政がダメだ!という意見は聞かないので彼の功績は評価されているんだと思うけど。

まぁ偽物のおかげで私はブロームさんからさらに信頼を寄せられることになったみたい。

クーンのまがい物6

宝石鑑定士。
ちょっとまずいかなと思ったけど表情には出さず。
美人なんだよ!とうれしそうに語る彼にちょっと冷たい視線を投げてみる(笑)


人気ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アメブロガー仲間である秋茜さん が記事の中で対戦ギルド探しについて語っていたのでコメントを残してみた。
曰く「対戦しませんか」
その後RS内で耳うちで相談し調整。

今回のお相手は XLIM さんです。

とりあえず思い立ったら吉日、なノリで日程を決める。
うちは土日が主なんだけど戦場のとりやすさを考えれば平日がいい。
どれくらい集まるかわからないけれどやってみてもいいかな~ってことで承諾。
「じゃぁ5時に事務局で!」
「!・・・5時半じゃダメですか」
「いいですよ^^」
ああ。
元気なギルドさんたちはやっぱり5時に起きて申し込んでいるのですね・・・。


秋茜さんのブログコメントにこんな書き込みが。

■はじめましてw

いきなりすみませんw
体育会系で剣士をやっているものです。
当日は参加できませんが><
集団でGMをロックオンしてくださいましw

この事は秘密でwww

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご存知の通り私が持っているユニークアイテムはもらい物&借り物ばっかりです(笑)
一応運は上げていますがドロップではなく攻撃・防御要素狙いなので良品を出しまくっている人が羨ましかったり。

そんな私なので水色も周りの人の方がいいものを出しているので買わせていただいたり。
先日瑠璃色さんから移動靴を買ったので「わーい速~い!」と走りまわっていた(走るときは借り物シャープも装備なのでアーチャーの格好)のです。

U



で、いつものようにソルティケーブB5(最近の狩場はココ)で狩りをしていたら。
U
U

うおーっ!
ドロップしたーっ!
興奮のあまりドロップした時のSSを撮るのを忘れそっこう拾ってしまったし(笑)
で、嬉しくてギルド戦の反省会の時ギルメンに自慢してみたり。
その時言われたのが
「トラップバイトじゃなくて良かったですねー!」

情報にトンと疎いので調べてみたら牙のユニークアイテムなんですな。
確かに拾っても装備できるキャラもいないしねぇ。



さて、走りは移動Lv4靴からトリップライダーに変わった私。
今日も狩場はソルティケーブB5。
誰もつかまらなかったので完ソロ~NPC売りアイテムでてこーい!
さくりさくり。
と調子よくかっていたところ、ころんとアイテムが。
あ、あの色はU!
すごいよ私!と大興奮。
・・・・って。







U

U

うわぁぁぁぁ!


人気ブログランキング

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
手がかりが得られるならどんな情報でもいい。
赤い悪魔について尋ねたら、

呪いの浄化

REDSTONEハンター?
ああ、もしかして私のように真実を知りたく情報を集めている人もいれば、そのものずばり「REDSTONE」を捜し求めている人もいるんだろう。
今のところはハンターという大層な者じゃないですな。

呪いの浄化2

・・・なんとなくすっきりしない回答を得る。
うーん。なんだろこのもやもや感。
REDSTONEは天上界関連っぽいというのは話しぶりでわかるんだけど「未だ全て明かされてない」とは?
より詳しい人がいるということ?
あ、それがゲールさんというビショップ?

呪いの浄化3

あ、そうでした。
イフリィト達の呪いを解いてやらないといけないんだった。
天上界の力を借りてクーンさんの元に、そしてスルタンの元に。

呪いの浄化4

呪いの浄化5
呪いの浄化6

(そういえばこれ・・・今回は天使ハルダエルの涙が原材料なのかしら。
受け取るまでにちょっと待っててって言われたし。
おそらく悪魔の胡椒を食べて涙を流してくれたんだろうなぁ。ううう)

スルタンに会い呪いを解く「天使の涙」が手に入ったことを伝える。

呪いの浄化7

すべてのイフリィトの呪いは解けないかもしれないけどそれでも開放される神獣はいるわけだからスルタンの憂いは晴れるだろう。
感謝の言葉をもらった。

再びクーンさんの元に。
私の為す事はした。さぁ情報を!

呪いの浄化8
呪いの浄化9

「REDSTONE」の真の力を知るものがいればいい。
その人が善き人であればいい。
秘密をさらに調べることに協力することは私にとっても有益だと思う。

呪いの浄化10

紹介された人は・・・ブロームさん。
え?
私が今こうしているのは彼の仕事を手伝ったからだけど・・・「REDSTONE」の真の力を探れとかそんなことはなくて単に噂の風聞の調査だけだった。
あれ?
そういえば筆写家のクリスティラさんと話をしたときにもブロームさんに関してはずれがあったような・・・。
あれれ?

呪いの浄化11

ブロームさんは腹に一物もつ人物ということかな。
なるほど。
私はあの頃と違って何も知らないわけじゃない。
だったらブロームさんからも情報を引き出してみないといけないなぁ。
と不穏なことを考えていたらクーンさんからこんなものを渡された。

呪いの浄化12
呪いの浄化13

偽物のこれで彼をひっかけろと(笑)


人気ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。