Let's Go Steady――Jポップス黄金時代 !

Jポップスの黄金時代は80年代から始まった。

そんな時代を活写した幻の音楽雑誌『MUSIC STEADY』をネットで再現します。


テーマ:

週末、埼玉の里山で過ごす。菖蒲を愛で、滋味豊かな黒い蕎麦を食し、清冽な天然氷のかき氷に涼を感じる。その間に口当たりまろやかな豆腐にねぎとみそのたれの焼き鳥、ブルーベリーの大福を頬張る。食べ過ぎだ。

 

そんな素敵な週末の旅程や献立は、私が立てたものではない。FBフレンドの日記に書かれていたルートやメニューをそのまま引用させていただいた。その足跡を追ったに過ぎない。もっとも信頼すべき方だからこそ、その選択に間違いはない。この上もない、優雅な週末となった。同行のものも蕎麦屋で待たされた以外は、満足していた。

 

その日記を書かれたのが、山下久美子のスタッフとして、かの“胸キュン”や“ポナペ”、“SOPHIA”などを仕掛けた方である。私もステディ時代、たくさん取材などでお世話になった。生粋の江戸っ子で、口舌鋭くというか、口は悪いがいい人で、山下久美子の成功もその方を始め、彼女を支えるスタッフの実験や冒険、決断が大きく貢献している。

 

80年前後は、アーティストだけでなく、スタッフの成長と成熟がそのアーティストの世界を押し広げ、面白いものにしていたといっていいだろう。

 

実は、そのことを検証するために、10年ほど前、日本のポップスの隆盛の始まりである80年前後の時代を“30周年”ということで、「ミュージック・ステディ」の過去のインタビューを再録、そして当時のスタッフなどの関係者に新たに取材したものを付記して、単行本として出そうと考えていた。仮だが、「Let's Go Steady ~フラッシュバック Early 80’s J Pops 黄金の80年代――Jポップ誕生秘話」(長い!)という題もあり、実際に出版社とも交渉している。刊行の許諾を受けたので、取材なども始めていた。

 

ところが、間に入っていた編集者の疾走(!?)、勿論、原因はそれだけではないが、結局は頓挫してしまったのだ。

 

辛うじて、そのタイトルは私のブログ「Let's Go Steady――Jポップス黄金時代 !」に残る。ちなみに同題は「大滝詠一徹底研究」の大滝の巻頭の言葉から取らせていただいた。

 

また、過去のインタビューの再録は佐野元春の『ノー・ダメージ:デラックス・エディション』に佐野元春の「ポップス宣言」、大貫妙子の『デビュー40周年アニバーサリーブック』に大貫妙子+伊藤銀次+杉真理の座談会、大滝詠一の『大瀧詠一 WritingTalking』に「大滝詠一徹底研究」、大滝詠一+細野晴臣対談……と、部分的だが、実現はしている。

 

その幻の単行本だが、新規に取材をしたのが、冒頭の山下久美子のスタッフだった方だ。取材をするものの、刊行が不可能になり、そのことをちゃんと伝えることができず、そのまま、数年が経ってしまった。その方が音楽業界を離れていたこともあって、日常、会う機会がなくなり、失礼極まりなことに刊行できないと伝えるのもばつが悪く、音信不通のままにしていた。だが、数年前からFBでその方のお名前をお見かけするようになった。共通の友人が多いので、彼らが「いいね」や「シェア」をすると、自然と。私のタイムラインに上がってくる。もっともそれでもFBフレンド申請などは安易には出せなかった。“かくも長い不在”ゆえ、メールや電話などで、あの時は失礼しました、これからもよろしくみたいな感じで、やりとりするのは、失礼の重ね塗りのような気もしていた。ところが、1年ほど前、FBのタイムラインで、その方があるトーク・イベントに参加することを知る。この機会しかないと、私も参加することにした。

 

 

取材したきり、掲載も連絡をせずという不義理をしている。刊行できないは、私だけの責任ではないが、やはり、人としてどうかと思う(当たり前だ!)。当然、お叱りを受けるのは覚悟の上、流石、『半沢直樹』や『小さな巨人』のように土下座などはしなかったが、気分は平身低頭、土下座である。ところが、その方は会うなり、柔和な笑顔を作って、叱るより、久しぶりと、抱きしめてくれる(実際、してくれたかは忘れたが、気分としてはそんな感じだ)。大きく安堵する。ずっと、胸の奥につっかえていたものが取れたようだった。

 

その再会を契機に、FBフレンド申請し、普通にその方の日記を楽しませていただいていた。中でもその方が山下久美子について書くものが興味深かった。先の“胸キュン”の真相やニューヨーク録音秘話などが綴れていた。当時の貴重な証言である。

 

その証言は山下久美子のコンサート・パンフレット「2017年山下久美子パンフレット(Limitted Edition)『STORIES』」に新たに書き下ろされた。各地のコンサート会場ではサイン入りで販売されたらしいが、私は残念ながら東京公演を見逃し、直接、入手できなかったもものの、メール・オーダーも出来、早速、購入させてもらった。

 

その方の文章は「プロデューサーが語る山下久美子」として、山下久美子のメッセージに続き、掲載されている。その文章からは彼女への深い愛情を感じる、同時にいかに革新的、冒険的にことを成し得たかがわかる。その方の裁量や度量が山下久美子の成功には欠かせなかった。彼女のみならず、当時の日本のポップス、「Jポップ」以前の「Jポップス」の成長と進化を感じることができるだろう。

 

明日、624日(土)には名古屋ブルーノートで山下久美子のライブがある。是非、直接、買い求めていただきたい。そして、見に行けない方は以下でメール・オーダーしてもらいたい。必見である。

 

http://kumikoyamashita.com/stories-mailorder

 

 

実は、そのパンフレット(同パンフレットにはその方だけでなく、歴代の「ディレクターが語るアルバム・ヒストリー」も掲載されている)を見た後、その方を2009年に取材したテープを聞き直している。そこにはたくさんの発見があり、それこそ、いまにも通じるものがあった。単なるノスタルジアではない。

 

 

いかに80年前後に日本のポップスが成長したか。そして、そこで形成されたものは遺伝子となって、螺旋を駆けのぼる。もう35年以上前だが、それはそこかしこに息づいている。生きているのだ。当時の発言をまとめ、検証する作業も無駄ではないだろう。同窓会的なものではなく、それは一級の研究であり、ジャーナリズムの復権のような気もしている。山下久美子を始め、佐野元春、伊藤銀次、杉真理、大滝詠一、山下達郎、大貫妙子、大沢誉志幸、ムーンライダーズ、YMO、モッズ、ルースターズ、PANTA……など、まだ、再録していないインタビューはたくさんあるし、改めて取材をしたいスタッフやプロデューサー、イベンター、ライブハウス、カメラマンなどもたくさんいる。

 

いまさらだが、どうだろうか。いろんな許諾も必要になるだろう。ライターやアーティストによっては掲載不可もあるかもしれない。出版社が出したいと思うかもわからないのだ。もし、興味を抱いていただける方がいたら、お声かけいただきたい。私の尊敬する先達が体調と時間と戦い、記憶と記録を残す作業をされている。私など、ある社会学者をして、極めて柔軟性のある編集者ゆえ、音楽一筋ではなく、一時期に関わっただけだが、私だけしか、語れないものもあるかもしれない。ちょっと、やる気になってきた。改めて“旅”に出る理由を与えてくれた歌と踊りと旅と人生の達人にして、粋人であるブルーベリー男爵に感謝だ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いまから40年前、1977525日、後に博多のロックの“拠点”となるレコード店が福岡の天神に誕生した。松本康が開業した輸入レコード店「ジューク・レコード」である。

 

福岡在住の音楽愛好家は当然として、博多のロックを愛するものならその存在を知らぬものはいないだろう。実際、そこでロックやブルースとは何かを学んだものは数知れず。

 

松本はサンハウスに関わり、「六番目のサンハウス」(「サンハウス」のメンバーではないが、バンドの活動を支えたシンパを「6番目のサンハウス」という)として知られる。現在に至るまで、サンハウス、シーナ&ロケッツを始め、福岡のロック・シーンに深く関わっている。

 

西日本新聞の連載「九州近代歌謡遺聞<博多ロック編>」をまとめ、昨2016年に出た『博多ROCK外伝』(INSIDEOUT)の著者、田代俊一郎は2009年に出した『福岡音楽散歩 ライブハウスの人びと』(書肆侃侃房)の中で、彼を“「めんたいロック」の伴走者”と、表している。

 

私自身、「ジューク・レコード」が開店して2年後、まだ、モッズやロッカーズ、ルースターズが上京する前に訪れているが、その豊富な品揃えを見た時、何故、博多のバンドがザ・フーやローリング・ストーンズ、キンクスなどのナンバーをカバーしたかがわかったような気がした。

 

ロックのルーツであるブルースやR&B、ロックンロール、それらに影響を受けたストーンズやフー、キンクスなどのブリティッシュ・ビート、そして、当時のパブ・ロック、パンク・ロックのレコードが店内に所狭しと溢れていたのだ。東京のレコード店でもこれだけ充実した品揃えはなかっただろう。

 

田代は「ジューク・レコード」を『博多ROCK外伝』の中で「ロックレコードの図書館」と書いている。松本自身はサンハウスから音楽を学んだというが、博多のロッカーは「ジューク・レコード」で音楽を学んだ。流行に囚われることなく、ロックやブルースなど、ロック史における必聴盤はもれなく在庫され、博多のロッカーたちがカバーした楽曲のオリジナルは「ジューク・レコード」へ行けば入手することができた。また、レコード販売だけでなく、ライブやレコード講座などのイベントも開催している。

 

まさに伝説のレコード店だが、その伝説は伝説に終わることなく、いまも生き続けている。レコード講座などは鮎川誠を講師に「鮎川誠ロック塾」を開催、松本も地元FM局などでDJ活動もしていた。

 

また、新たな拠点として音楽バー「ジューク・ジョイント」を舞鶴にオープン。先の「鮎川誠ロック塾」は同所で開催されているのだ。

 

その「ジューク・レコード」の40周年を記念するパーティーが先月、526日(金)、27日(土)、27日(日)と、3日間に渡り、「ジューク・ジョイント」で、開催された。開催前から博多のロッカーやイベント、メディアなど、関係者のSNSのタイムラインには、「ジューク・レコード」の40周年を祝うメッセージボードを掲げた写真が掲載されていた。鮎川誠を始め、柴山俊之、鬼平、山善、穴井、船越など、錚々たる顔ぶれが並ぶ。

 

私も日程さえ、合えば出席したかった。残念ながらそれは叶わなかったが、「ジューク・レコード」のHPに当日の模様が松本によって、報告され、さらに謝辞が綴られている。

 

「ジューク・レコード40周年のパーティーのお礼」

http://juke-records.net/blog/?p=361

 

様々なアーティストからお祝いメッセージや差し入れが届き、アーティストを始め、たくさんの「ジューク・レコード」を愛する音楽ファンがその場にかけつけたという。いかに同所や彼が愛されているかわかるというものだろう。誰もがその存在に感謝しつつ、40周年を超え、45周年、50周年と月日を重ねることを祈る。

 

東京には「パイドパイパーハウス」があった。そして、福岡には「ジューク・レコード」がある。そこから音楽の流れや人の交流が生まれているのだ。

 

福岡へ行ったら、「ジューク・レコード」を訪ねて欲しい。リチャード・ギアに似た、67歳の青年・松本康に声掛ければ、素敵な笑顔で、応えてくれるだろう。

 

また、最近は音楽・英語塾も始めたらしい。“あくまでも音楽を題材にした英語。ロックやポップスの英語の表現を味わいながら、少しでも英語に親しんだり、話せるようにしようという試み”だという。彼の授業なら楽しいはずだ。英語を覚えながらブルースやR&B、ロックンロールの意味が理解できる。そんな“ Rock’n’Roll High-School”なら、誰でも入りたいだろう。こんな学校こそ、全国に認可されるべき。

 

「ジュークレコ―ド」

http://juke-records.net/

 

ミュージック・バー「ジューク・ジョイント」

http://juke-records.net/jukejoint/

 

「ジューク・ジョイント」FBページ

https://www.facebook.com/Juke-JointジュークジョイントROCKMUSIC-BAR-572442182906697/

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっと、ご無沙汰しているが、昨年はトーク・イベントの司会・進行など、裏方志向、脇役志望のくせにずうずうしくもステージにあがるなど、いい年齢をして、“こんなの、初めて”が多かった。たくさん恥ずかしい思いもしたが、楽しい時間だった。The東南西北の久保田洋司をして、“昔とった杵柄で、なんとかしている”私だが、“杵柄”の縁で、関わることになった、伊藤銀次の少年時代から現在までを語るという大河トーク・イベント「MUSICIAN FILE 伊藤銀次徹底研究」。1年間で、回数も“PART5”になった。毎回、3時間、4時間超えの長丁場ながら、お尻が痛くなっても身じろぎせず、立ち去ることなく、聞いていただき、感謝である。

 

前回、昨20169月に行った“PART5”が『HYPER/HYPER』(19883月)『DREAM ARABESQUE』(19894月)『山羊座の魂』(19905月)という “ロンドン3部作”から「イカ天」を経由して、キューンソニーへ移籍し、『LOVE PARADE』(19937月)までだから、“PART6 ”はウルフルズやコレクターズのプロデューサーとして、大活躍の時代になるか。いまは40周年、45周年の“イベント”の真っ最中。少し落ち着いて、また、機会があれば続きをしたいところ。

 

それにしても伊藤銀次『デッドリイ・ドライブ』【40周年記念デラックス・エディション(2SHMCD)】は必聴である。まさに音楽秘宝。40年前のマスターテープがそのまま現存していたという奇跡が生んだ、時空を超える名盤だ。

 

 

 

 

伊藤銀次とのトーク・イベントで忘れられないのは、昨2016115日(土)、東京・世田谷「エムズ・カンティーナ」(会場は毎回、同所で開催!)で、「伊藤銀次 VS 吉田建『伝説の “イカ天 ”から 26年…帰ってきた辛口コンビ~あの時、君は辛かった!』」。「MUSICIAN FILE 伊藤銀次徹底研究」から生まれたスピンオフ企画だが、その契機は、伊藤とはバイバイ・セッション・バンド、沢田研二、イカ天と、三度の邂逅がある吉田建にコメントをもらったことからだ。同コメントは、612日(日)に開催した“PART4”で公開されたが、そのコメントの中で、吉田建は“「辛口対談」を再び”を提案、それに伊藤が応え形で、11月に同対談が実現することになった。

 

その時の模様は、本ブログでも紹介しているので、改めて、ご覧いただきたいが、コメントやイベントを通して、強く感銘を受けたのは、吉田自らが影響を受けた音楽を次世代に繋いでいくという姿勢や思想だった。

 

26年目の邂逅から新しい物語が始まる――伊藤銀次VS吉田建、伝説の辛口コンビが帰ってきた!Ⅰ

http://ameblo.jp/letsgosteady/entry-12219378497.html

 

26年目の邂逅から新しい物語が始まる――伊藤銀次VS吉田建、伝説の辛口コンビが帰ってきた!Ⅱ」

http://ameblo.jp/letsgosteady/entry-12219380853.html

 

 

 

そんな思いが形になったイベントが「吉田建 トーク&ライブ『教えて!建さん!』である。先月、522日(月)東京・築地BLUE MOODで「吉田建 トーク&ライブ『教えて!建さん!』第二夜 」が開催された。伊藤銀次との“イカ天”の辛口コンビで、お馴染みというか、りりィや沢田研二、泉谷しげる、KinKi Kids(吉田が最も愛する二人組!)などを支えた偉大な音楽家である。吉田建のポップスに対する考え方、ルーツになった音楽、 ベースのスタイルを自身で語り、 江口信夫、国吉良一、鈴木桃子など、腕利きのミュージシャンと演奏するトーク&ライブである。

 

 

昨年1121日(ちなみに同日は吉田建の誕生日。67歳になった!)に続く、2回目。会場は既にソールド・アウト、超満員。関係者と思しき、業界の重鎮などのお歴々だけでなく、若い方も多く、彼の幅広い人気を伺わせる。“第二夜”に因み、カーペンターズやライチャス・ブラザーズ、サイモン&ガーファンクル、サム&デイブ、ブルース・ブラザーズ、フランク・シナトラ&ナンシー・シナトラ、ウィングス、ABBA…など、デュオやコンビ、兄妹、親子、夫婦の名曲を披露する。吉田の甘酸っぱい青春プレイバックやベースからギターへ持ち替え、アストロノウツの「太陽の彼方に」を弾くなど、乗ってけで、楽しい時間だった。そういえば、前回、試験に出るといったロネッツの「ビー・マイ・ベイビー」は何テイク目でOKになったか(正解は42テイク目!)、吉田建が元々、なりたかった職業は(正解は外交官!)なども、ちゃんと出ていた。しっかり、予習しなければ、だ。

 

ロジャー・ニコルズやジミー・ウェッブ、バート・バカラック、フィル・スペクター、マイルス・ディビス、ハービー・マン、ネルソン・リドルなど、音楽の基礎知識もちゃんとレクチャーされる。足跡や構造を知ることで、音楽を聞く楽しさが広がる。第三夜は未定だが、彼の口ぶりからしたら、年内にもありそうだ。やはり、演奏するのはトリオや3人組の名曲か。個人的にはEL&PUK、クリームもやって欲しいが、どうだろう。いずれにしろ、楽しみである。

 

 

「吉田建 トーク&ライブ『教えて!建さん!』第二夜

https://blue-mood.jp/events/170522kensan

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。