Sat, November 24, 2007 19:00:00

過去日記第六弾・北朝鮮の核実験の余波。

テーマ:政治

この記事は北朝鮮が核実験をした時の日記ですね。


今もまだ安部さんが総理を継続していたら、どのように北朝鮮を処理しようとしたんでしょうね。



【2006/10/09 19:30】




ついにしちゃいましたね核実験(^^;)

するだろうなとは思っていたものの、


この日中首脳会談や日韓首脳会談の日程の間にするのは少々驚きでした。

安部内閣に変わり日中が痺れを切らす形で友好を世界にアピールした矢先のこの事件。


唯一、味方になりえる韓国と中国の面子をつぶしてしまった以上
国際的な孤立を深めるのは間違いないでしょうね。


この実験によって多くのというよりほとんどの日本人は恐怖感を覚えたでしょうが、一部の人間はこのニュースを聞いてほくそえんだことでしょう。


傍から見れば安部総理は就任早々の試練でかわいそうなどと見えるかもしれませんが、

僕からすれば、この事件は安部総理や一部のある思想を持つ人たちにとっては自分たちのやりたいことを成し遂げるためのとてもいい口実になると思ったのではないかと推論しました。

・自衛隊の軍隊化

・核兵器の保有

・憲法改正(9条以外の部分も)


緊急時というのは人はパニックになるものです。

そして団結していこうと思いやすくなります。

特にこういった緊急時に集団の意志にそぐわない人間というのは

世間に受け入れられないものです。


さて、9・11テロの時のアメリカ人と同じように

日本人は後(後世)になって自分たちは誤っていたと言うのでしょうか?


僕は正直、北朝鮮が現在の政治体制が変わらない限り北朝鮮という国に慈悲の必要はないと思っているので、

戦争はしても・起こってもなんの問題もないと思います。

戦争自体は問題なく北朝鮮の敗北で終わるでしょう。



ただ僕が危惧するのは、そこまでのプロセスと事後処理です。

これらを間違うと、そのプロセスや事後処理が生み出す軋轢などによりまた北東アジアの平和を乱す起爆剤となりえると僕は考えるからです。



さて安部総理にピンチをチャンスに変えるほどの手腕があるのかどうか、

総理の本当の腕の見せどころです!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Fri, November 16, 2007 17:00:00

過去日記第一弾・刮目せよ日本人!

テーマ:政治
先日の日記で明日も午後5時にアップすると書いたのですが、アップして時間を合わせるのを忘れていました(笑)

今日はこのブログを休止していた一年の間に他のブログで書いていた日記をアップします。



【2006/09/28 15:57】



僕が現在ホームページ作成に勤しんでいる間に日本はかなり変わってしまっているようで5年間続いた小泉内閣が終わり新しい内閣が誕生しました。

世論調査の結果、安部内閣の支持率は71%という脅威的な国民の支持を獲得したようですね。


僕がホームページ作成という現在の主題義務を少し脇においてでも今回の記事で日本の皆さんに言いたいことは、


相も変わらず日本人は盲目的で鈍感で愚かでまた責任を他人になすりつける準備をしているということです。


このブログの読者の方はわかっているかもしれませんが僕は小泉総理を支持していました(すべての政策ではありません)。

それは生まれて初めて政治に関して僕が自分の父と意見を違えることにもなりましたが、老いた人間には理解ができない内閣に映りやすかったのでいたしかたがないのかなとも思っていました。

小泉総理大臣の業績は後世の人間がどうであれ評価してくれることでしょう。


話がそれましたが、
まず第一に安部総理大臣と小泉元総理は根本的に違う人間です。

僕には日本人が日々のニュースやメディアを通してみる安部晋三という人の姿を見て盲目的にあの人は小泉内閣の政治を継続してくれて日本を良い方向に導いてくれるに違いないと思いこんでいるように思えます。

その考えは半分あたっていますが、半分は自身の無責任ぶりに気づいていない意見です。



これから安部晋三という人がやろうとしていることはナチスヒトラーなどと似たようなことをする可能性を持っています。

気づいている人も多いと思いますが、

あの方は極右派です。
俗に言うこのタカ派の人間というのは基本的に保守的で閉鎖的思考また、民族主義者です。
小泉総理もこのタカ派だったわけですが、あの方は自分の思想と自分の置かれたポジションをよく理解し、また自分の思想を外交戦略の一環として上手に使っていました。

小泉総理の業績で一番の大きいもののひとつは郵政民営化や規制緩和などではなく日本国の政治的立場を国際的に大きく押し上げたことだと思っています。

今までアジアでは中国は経済発展国で政治大国、それに対し日本は経済大国だが政治は鎖国的(第二次大戦の敗北の影響)といった感じでした。

この略図によってある程度アジアの平和が保たれていましたが、
近年それが崩れる事態がおきました。

中国経済の台頭です。

近い将来、日本を抜きアメリカに並ぶと言われている成長を見せ、またその経済力をもとにアジアでの影響力拡大を目指す中国。

もしこのまま日本を決してよく思っていない中国がこの成長を維持しアジアでの影響力の増加を望めば日本は将来どうなるでしょう?


日本の将来はとても楽観視ができるものではありません。


そこで小泉総理が取った行動は日本の外交戦略と国際的立場を押し上げるためのてこ入れです。

歴代の首相が行かなかった国々に飛び、支援などを約束し、
発展途上国に恩を与えまたその恩を後ろ盾に国連での常連理事国入りなどを支持してもらおうと考えました。

この戦略は政治大国化している日本を恐れた中国による働きかけにより白紙になりましたが、世界での日本の重要性は十二分に諸国に認識させることができたと思えます。


では安部晋三という人がしようとしていることはなんでしょう?

僕はあの方の言う再チャレンジ支援政策など経済に関する政策に関してはなんともいえません。
具体的に提示されたわけでもありませんし、何より小さな政府を目指すべき現代社会において政府が経済に対してすることは規制緩和など限られた姿であるべきだからです。

しかし日本が日本であるためには消費税の引き上げはやむを得ませんよ皆さん(^^;)


さて僕があの方に関して危惧しはじめたのは
あの方が言う「美しい日本を目指す」という言葉をニュースで聞いた時でした。


この言葉を聴いた時、僕は背筋が寒くなり、次の総理に違う人がなることを真に望みました。

前に記事でも書きましたが、自国を美しいとか自国民は優れているとか公然と言う人間が政治を主導して上手くいったためしはありません。

代表的な例としてナチスヒトラーは第一次大戦敗戦後の破綻寸前のドイツ経済を建て直しましたが、こういった思想の元に組織されていたのは有名な話です。

もちろんタカ派である小泉総理も公然とではありませんが、そういった態度はありありと出ていました。
しかし、あの方がしたことはそういったことを自分の支援集めや政治戦略に利用しただけでした。


首相就任前からこのようなことを公然と言う人間に対して皆さんはどう思いますか?

もし安部政権が長期政権になった時どのようなことが起きる可能性があるか皆さんわかりますか?


僕には数秒の思索だけでもこれだけ列挙できます。

1・自衛隊の軍隊化(このステップは残念ながらどなたが首相になっても変わらないかもしれません)

2・核兵器の保有

3・教育における思想のナショナリズム化

4・3の影響による閉鎖的思想化+国内でのグローバリズムの衰退(これは経済のことではなく思想のことです)

5・北朝鮮への先制攻撃

6・中国との戦争または冷戦化

7・ロシアとの関係悪化(これもいたし方がないかもしれませんが…)



さて、これらはすべて可能性の話であり、
もしかしたらこれから安部政権は歴史に残るような業績を残すかもしれません。



しかし、僕が日本に住んでいるすべて選挙権を持つ人間に言いたいことは、

「政治に対して盲目的であるな、刮目せよ!」

ということです。


僕は今回の世論調査のアンケート結果などをみていると本当にがっかりせられてしまいます。

「清潔感がある」「人柄が信頼できる」


日本人はバカですか?

人柄が信頼できると政治手腕に優れているのですか?清潔感があると国の経済を立て直せますか?

こういった印象で選んでしまうのは深層心理の面などもあるのであまり強くは言いたくありませんが、少し支持する理由がお粗末すぎはしませんか?

見るべきポイントはその人の容姿や雰囲気ではなくその人の政策とそれに対する姿勢や実績などです。



皆さんは本当に世間的にイメージの良い人間が良い仕事をしてくれると思っていますか?

支持するべき理由を自分の中で明確に持ち、その人の言う政策と共にあなたの将来のビジョンは広がっていますか?

メディア戦略や周りに流されていてはダメなんです!


政策というのはその人を正確に表しています。
果たして「美しい日本」とはなんでしょう?
あなたは「美しい日本」と共に将来を想像できますか?
またそれはどのようですか?


皆さん、僕の信念のひとつに
「無知であることは罪だ」という思いがあります。

外見で選んだ人間が失敗した時、
皆さんはどうしますか?
自分の盲目ぶりを棚にあげその人を野次り
今度は手のひらを返したように不支持にまわりますか?

皆さん、知恵と知識をもちましょう。
またそれに基づいて経験を作りましょう。
そして自分の思想に基づいて明確に意見をもちましょう。
そして最後に、その意見に責任をもちましょう。


このまま日本人のこのようなお粗末な考えの下、
選挙が行われ、その考えなしに選ばれた人間により政治が行われれば日本は将来どうなるでしょう?

政治が汚職や不正にあふれることは明白です。
皆さんはその都度、自分が選んだ(また自分がその道に導いた)政治家を罵りますか?

政治家も人間です皆さん。
そこにお金が落ちていてネコババしてもバレないと思えばネコババを大半の政治家がするでしょう。

「罪を憎んで人を憎まず」です皆さん。
犯罪者が罪を作るケースは稀です。
罪を作るのは犯罪者の環境なのです。
(だからと言って僕は、昨今の罪の軽減化や死刑廃止などの風潮は支持しません)

もしかして自分は政治家をダメにしているかもしれないと思いませんか?

考えましょう。
そして自分の意見をもちましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日はとても長い記事になってしまい申し訳ありませんでした。

しかし、この問題はとても大事であり日本人が真剣に考えるべきことだと思い、このようなブログという小さな発信所からも警告をしたほうがいいと思い書かせていただきました。

最後まで読んで読んでいただいて読者の方に私・Kayから敬愛の念と感謝の念を示させていただきます。

ありがとうございました。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, April 16, 2006 22:42:05

税制(消費税)。

テーマ:政治
僕のような世代の若い人たちにとって日本という国は本当に豊かで、進んだ国で、それでいて平和、というのが幼い頃の印象だと思われます。

どんなものも揃っていて、何でも食べることが許され、他者の銃に怯えることもなく、穏やかに過ごすことのできる国・日本。

そんなにも素晴らしい国に生まれ育つことができたのはひとえに先人達の汗と苦労のおかげです。




しかしながら、僕達の世代はそんな先人たちの栄光ある日本という現在とともに破綻寸前の国家経済という負の遺産も背負わなければいけません。


800兆という前代未聞の借金を、働く前から背負わされる僕ら。

国の財政はもはや増税無しではどうにもなりません。



近年中に消費税が上がるであろう日本。

次にあがるときには8%ほどになるとか。


しかし、日本の消費税というのは「弱きを挫き、強きを助ける」という愚かなものです。

日本の関係大臣などがよく言う言葉が「欧米の消費税はもっと高いんだ」という言い訳です。


しかしそんなことは留学生など海外に居住している人には周知の事実の通り、食料品などの日常生活に欠かせないものには消費税をかけないまたは減税するというもとで成り立っている税制です。

今の日本のようにすべての製品、サービスに消費税にかけるなどと言うのは正に愚の骨頂であり。

アメリカよりも酷い金持ちのための税制です。

また欧米の高い消費税というのは本来の日本の消費税の所以である福祉などに生かされるべく存在しています。

にもかかわらず日本政府の案というのは消費税を上げさらに福祉費の自己負担率を上げるという、弱者を虐げるものです。この税制では戦後の日本を支え今はリタイヤされたお年寄りたちをじわじわと殺すようなもの。

僕は小泉総理の政治にはあまり異を唱える者ではありませんが、任期中には消費税率を上げないというのはタダの偽善でしかないと思います。僕としてはこの偽善が長く続くよりも一刻も早く、役人などの無駄遣いを減らし、早い時期での増税をすべきだと思っています。・・・でなければ国家は破綻し僕達のお金は紙くずと化してしまうと思われます。


書いていた文がいきなり消えた!?というアクシデントに見舞われたので今日の記事はこのへんで・・・( ノД`)シクシク

                                                  4/15/2006 20:56
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Tue, February 28, 2006 12:37:25

沖縄の心。

テーマ:政治
今日の記事はテーマは政治となっていますがほぼ独り言なので見て下さるのでしたら聞き流す程度で見て頂いて結構です(;^^)



どうして戦時中あれだけの目にあいながら彼らは日本という国家を許せるのだろうか?

本土決戦を覚悟していた軍により捨て駒とされ住民は大量に殺され、戦後も日本人として扱われずに苦労ばかりで今に至っているのに、沖縄の人はなんであんなに朗らかというか穏やかなんだろう?

歴史的にもいつも属国扱いされてきた朝鮮と境遇が似ているにもかかわらずなぜ彼らは朝鮮人のような被害者意識の塊を日本人にぶつけてこないのだろうか?マスコミ操作があるのかもしれないけど・・・しかし、ちゃんとしたデモなんかやれば流石に抑えきれないだろうし・・・。同じルーツを持つ民族だから?・・・それにしても心が広すぎる。うーん・・・。




沖縄に関しては、僕は一度も沖縄を訪れたことがなく歴史などもそれとなく勉強した程度なので浅はかな考えしか浮かんできません・・・。

是非一度、沖縄には観光もかねて色々と直に見ておきたいところです。

沖縄の人々の民族性など、とても興味がわきます。

2/27/2006 20:20
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Thu, February 02, 2006 10:32:05

格差社会。

テーマ:政治

現在、日本で格差社会が進んでいるようですね。


それにともなって国会で小泉総理の改革に対し批判が出ているそうです。


総理の改革は大変結構なもので僕は多少の犠牲を伴っても実現すべきものだと思っています。


しかしながら此度の国会での広がる格差社会に対する小泉総理の発言 に関しては賛成できません。


格差社会というのは世界で最も進んだ日本の家庭経済環境システムを根本から崩すものです。


日本という国はほとんどの国民が平民という層によって成り立っています。


今まで平民であった人たちが貧民層に落とされるとどうゆうことになるのかわかっているのでしょうか?


今は唯でさえ加速する人口減少問題、高齢化問題、国の借金問題で日本の未来は手詰まり状態だというのにその上、富裕層は日本国民の半分以上をを見限るつもりなんでしょうか?


日本という国が数、団結力、勤勉、緻密、礼節によって出来た国であるということを忘れてはいけない気がします。


歴史をもう少し振り返って見るゆとりを持ってもいいのではないでしょうか?


           

                                                2/1/2006 17:54

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Wed, July 06, 2005 23:22:49

貧困(飢餓)。

テーマ:政治

いやぁ、こうゆう話題には正直触れたくないんですが(^^;)

今日はさわり程度にこの人類不滅の問題について話します。


ところで皆さん。


貧困って善でしょうか悪でしょうか?















・・・・・・答えはどちらでもないと思います(^^;)


社会学って完璧な正解がない学問なので僕は好きなんですが

・・・答えが観点によっては全然違うところが社会学の社会学たる所以ですよね。


さて、

貧困




大半の人が貧困を悪だと思っているコトだと思います。


確かに貧困とは僕の信条、私人としての意見では悪です。


でも先進国の国民である日本人としては善だと思います。




僕の学校でも授業などで貧困や戦争について議論されたりしたんですが


全員が戦争や貧困はよくないと言っていました。


僕はよく「なぜ戦争や貧困はよくないの?」と発言した人に質問するんですが


返ってくる答えは誰も一緒でした。


「人が死ぬからかわいそう」・・・・・・コレは答えにならないと思います。


確かに人間の純粋な本音であるかもしれません。


でもコレは人の情に訴えているだけで何の解決の糸口にもなりません

・・・・・・しかしこれが解決のなんでしょうが。


最近、アフリカを飢饉から救おうというテーマで

世界的なアーティストが集まってコンサートを開いて多くの人がコンサートに参加しているようですが、

僕はこのイベントに参加した人達が近未来における世界の様子を頭に描けているのか不安になります。


私人としての僕、未来にあるべき経営者としての僕(ここが僕の考えの大きな矛盾(-_-;))、つまりミクロの視点の僕としてはアジア・アフリカの人達に幸せになってもらいたいですが、


マクロな視点を持つ豊かな日本の人間である僕としてはアジア(中国含め)・アフリカに豊かになられては困ります。





皆さんもご存知の日本の食糧自給率の低さ、40%は世界でも最低ランクです。


現在の発展途上国が豊かになって将来、一番困るのは日本人であるのは明白です。


アメリカの遠大な謀略にかかり製品を加工することに産業が頼りすぎたために原料を育てる事を忘れた


ツケがもうすぐ来る日本、壊滅的な危機が地球上を取り巻く昨今その危機の矢面に立っている日本人。


その状況の中、日本人に他人にかまっている時間はないと思うし資格もない。







アジア・アフリカの飢饉を救うのは簡単です。


人類が畜産をやめたらいいのです。


知っていますか?


一人の日本人が1年間食肉をやめれば4人の人間が1年間生きて行く食料を手に入れる事ができるのです。

日本人一人あたり食肉消費量・25キロ × 肉一キロを育てるのに対し必要な穀物・24キロ=600キロ(1年間で人に必要な穀物・150キロ)

世界には多くの日本人と同じように毎日おなか一杯ご飯を食べている人たちが10億人程います。


その人達が食肉をやめれば単純に計算しても40億の人間を救えるのです。


しかし食肉がなくなることはありえないでしょう。


それは・・・・・・・食肉の美味しさを知ってしまったからです。


好き嫌いの多い僕は毎日肉を食べるんですが、

傲慢な気持ちでかつそして人・動物に対して申し訳ないという気持ちを持ちながらご飯を食べます。


僕は年間少なくとも4人以上の餓死者をだしているであろう殺人者なんですが、罪悪感は感じても食肉をやめるつもりはありません。


僕のような考えに賛同できる人は少ないかもしれませんが、

ベジタリアンでもないのに貧困を無知で否定するよりはマシだと思います。


貧困を本当に救いたいなら自分たちの足元から見直し、そして今の生活をすべて捨てる覚悟で望まなければいけません。


果たしてそれが贅沢という禁断の果実を食べてしまった先進国の人間にできるでしょうか?


・・・・・・僕にはできないと思います。




だから私人である僕は貧困を救いたいけど、日本人である僕は貧困を放っておきたいのです。


そして貧困を救いたい自分と貧困を野放しにしたい自分との気持ちが矛盾を生み出してしまうのです・・・。




このような葛藤が将来、先進国の人々の間にも起こるだろうし起こっているかもしれません。


人々がどういった結論を出すかはわかりません。


でも僕はもし人類が、人種を超えて、すべてを捨てて、真に平等の道を歩むと決めたのなら、僕はすべてを捨てるだろうし野菜を食べられるように努力するでしょう。




・・・・・・・案外この葛藤に決着をつけるのが「人が死ぬからかわいそう」という人の純粋な気持ちなのかもしれません。






全体的に掴みづらい文章だったかもしれませんが、最後まで読んでもらってありがとうございました(^^;)



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
Wed, June 15, 2005 22:10:20

ヾ(*`Д´*)ノ"

テーマ:政治

僕がタイトルに初めて顔文字を使うぐらい怒っていると言う事をまず認識して下さい!!

まずは文科省の中山大臣よく言った!! この人↓

中山文科相

この前、中山大臣が従軍慰安婦などと言う言葉は昔はなかったと言ったんですが、

これに対し案の定、韓国などが妄言だと反論しました。

・・・妄言はお前らじゃいヾ(*`Д´*)ノ" このスカムがヾ(*`Д´*)ノ"

 

加えて中山大臣は今の自虐的歴史教育の背景には日教組(にっきょうそ)に原因があるとも言いました。

やっと日本の閣僚もまともな意見が言えるようになってきたなぁと嬉しい限りです。

 

皆さん日教組って知ってますか?

日教組とは日本教職員組合の略で日本最大の教員の労働組合で、極めて左翼的な思想を持つ団体で今ある様々な学校問題(ゆとり教育など)はほぼこの団体の活動のせいといっても過言ではありません。

 

まぁこの日教組は置いといて、今日は韓国の妄言について検証したいと思います( ´,_ゝ`)プッ

皆さんよく強制連行という言葉を学校の歴史の時間などで習いませんでしたか?戦時中に朝鮮人が日本に強制連行されたという話しなんですが・・・しかし実際は、ほとんどの人たちは自分の子供に高等な教育を受けさせるためや経済的な成功を手にいれるために来たというのが実情だったらしく実際に在日朝鮮人3世の人が自分のおじいちゃんにその当時本当に強制連行されたのか聞くと、このように返ってきたそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、お正月の席で聞くには微妙な話題ですが、在日韓国人はなぜ日本にやってきたのか、という疑問を父親にぶつけてみました。

するとあっさりと「朝鮮が貧しかったから、(祖父や祖母が)日本に来た」と答えてくれました。 私が小学校や中学校で歴史を学んだとき必ず出てくるのが「強制連行」なる言葉。悪い日本軍が善良な朝鮮市民を無理やり日本に連れてきたということを意味する言葉です。在日団体が日本に罪の意識を感じさせるために使う言葉でもあります。このことも父親に聞いてみますと、「そんなことは無い。自分たちの意思で(日本に)やってきた」とのこと。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは僕がネットでこの記事を掲載しているサイト から引用したんですが、

正に2百万人もの人を強制連行したというのは全くのだったことがうかがい知れる貴重なお話しです。

実際のところは貧困から国を捨てて逃れてきただけなんです!

 

確かに1944年に朝鮮でも内地(現在の日本)ですでに発令されていた国民徴用令が遅れて発令され朝鮮人が徴用されましたが、これのせいで日本に強制連行(徴用)された数は日本に渡ってきた朝鮮人の1、5%つまり約3万人程度なのです。残りは自主的にきた人や嘘の証言をして日本政府からもっとお金を巻き上げようとしている輩なのです(当時の資料から多角的に立証されている事実です)

 

確かに多少の強制連行の事実は否めませんがこの問題は1965年に結んだ日韓基本条約で日本側がこのとき、謝罪し今の時価総額で約10兆円(一説には数十兆円の価値)の賠償金を払って韓国側これで戦後処理は終わった 戦後問題はすべて解決されたので二度とこういった問題を日本側に提起しないということで合意したのです・・・余談ですがこのときもらったお金を韓国政府は自国民には知らせず秘密裏に国のお金としてつかったのですが後になって議事録が公開されて自国民にばれて国民(韓国人)は激怒しました( ´,_ゝ`)プッ

 

次に中山大臣も発言した従軍慰安婦問題ですが・・・これもまた日本人があまりにも知識がないから付け込まれる問題です(^^;) まずそもそも従軍慰安婦ってなんでしょう? この疑問について考えてみましょう。まず慰安所(従軍慰安婦が集まる場所)ができた目的ですが・・・

 

それは当時、天皇の神兵であると自負する軍の上層部が現地で現地人をレイプするなど天皇陛下の名を傷つける行為であると考え強姦・略奪などは厳しく禁じていて、又、軍事的にもレイプして性病などをもらって兵隊がいざ戦闘の時に参加できないという状況に陥らないためにも軍がレイプを禁止していたのです。しかし兵隊さんも男です。当然、性欲もたまります。そこで、軍が慰安所というものをつくり、そこで性的サービスをしてくれる女性を募集したのです・・・ちなみに欧米の軍隊では慰安所というモノはありませんでした。なぜなら性欲がたまってるならその場所その場所でレイプすれば言いという考えだったからです。実際に第二次大戦でドイツが負けた時、占領軍のロシア軍がベルリンの女性を大々的にレイプした事件はあまりにも有名です。

 

さてはじめは日本の遊郭などの女性が応募して慰安所にはいったそうです(当時、キーセン※1も応募していました)が戦線が広がるにつれ慰安婦の数が足りなくなり日本軍は慰安婦が必要だから集めてほしいとそれぞれの戦線の現地(日本以外の国)で民間の業者に頼んだのです。しかしこの業者が現地の女性たちを騙したり拉致したりして日本軍に女性を引き渡したりしたのです。この状態に困った軍はこういった業者を取り締まるようにと憲兵や警察に命令したほどで実際にその命令の内容が書かれた命令書も発見されています。

 

日本軍は当時、世界でもとても厳しかった軍隊であり天皇を崇拝する上でとても世間体を気にしていたので強制的に連れて行くことはあまり考えられません(しかしこれもなかったとは言い切れません)。それとTVなどで元従軍慰安婦だという女の人が泣いたり抗議活動や損害賠償を求める動きをしていますがこういった人たちの大半は元キーセン※1(当時、日本でいう売春婦)だった人たちでかなり証言もあいまいで話すたびに内容が変わっていたりして信憑性はあまりありません(^^;)

 

結局のところ僕の意見も憶測に過ぎない点はあるわけで真実は当事者のみが知ってるわけなんですが・・・やっぱり僕としては嘘が大半な気がします。それは大日本帝國時代の日本の版図をみてもらえば分かると思うんですけど


当時日本はタイ(同盟国)以外の東南アジアの国ほとんどを統治していたわけなんですが・・・

ここで疑問があります なぜ朝鮮と中国以外の東南アジアの人々はあまり日本に文句を言ってこないのでしょう?


理由は簡単です それは日本を恨んでいるのではなくむしろインフラの整備アジアの国々の独立を助けてくれた感じていて日本に恩義を感じ尊敬しているからなんです(´▽`) それは単に統治している期間が短かったからじゃないの?と思う人がいるかもしれませんがそんなことはありません。これはあまりしられていないコトなんですが日本が最も長く統治していた地域は朝鮮ではなく台湾なのです。台湾に行ったことがある人は知ってるかもしれませんが台湾人は(特に老人に)親日家が多いのです。理由はインフラの整備をしてくれたコトも大きかったようですが最大の理由は日本の後に台湾を統治した蒋介石の国民党軍の統治が差別などを行い酷かったのでその当時を知るおじいちゃん・おばあちゃんが日本の古き良き統治時代を懐かしみ、その老人たちの言葉を聞いて育った台湾人は日本に親近感をもっているのです。


ではなぜ朝鮮人、特に中国人はこんなに日本人を非難するのでしょう?

理由は民族性や政治体制、歴史、文化の伝わった経緯なども起因するとおもいますが

僕が思うに彼らは日本人を畏怖しているからじゃないのかと思います。


主要都市を焼け野原にされ、原爆を2発落とされ、物資も資源なく復興に100年以上かかると言われ、最底辺に落ち込んだ国が、たった50年程で復興どころか世界を牽引する大国になってしまった。こんな奇跡は世界中のどんなに偉い学者にも予想できませんでした。しかし日本人はやってしまいました。


そういった日本の過去からの復活の経緯を、彼らはまじかで見てきて憧れる反面、畏怖し恐れ、叩ける材料があるうちに叩いてしまおうという考えが彼らの根底にはあるんじゃないのかと僕は思ってます・・・もしそうなら迷惑な話しですね( ノД`)シクシク…

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Sun, June 05, 2005 21:18:52

靖国問題。

テーマ:政治

今日は日本人のあまりのバカさ加減に最近ムカついている僕が靖国問題について触れたいと思います。

5月31日付の朝日新聞 (ちなみに朝日新聞は中国びいきの気が見られます)の世論調査の結果を見てホント現在の日本人(ほぼ若者)の知能の低さにはほとほと呆れ返ってしまうしだいです( ノД`)シクシク… まずは世論調査の結果がコレです↓

朝日新聞の靖国問題の世論調査

小泉総理が靖国に行くのをやめたほうが良いが49%になってますね。そして見ていただきたいのは一番下。中国側の靖国参拝問題視を理解できないが51%になっているんです( ノД`)シクシク… まぁ同じ人間がこれらの意見を言ったかはわかりませんがほぼ確実に同一人物からのそれぞれの問題に対する意見だと思われます。なざなら中国側の靖国参拝問題視を本当に理解できる人間なら絶対にやめたほうがいいなんていわないはずですし、言った人がいたとしたらその人間もまたなぜ中国が靖国参拝を問題視するのか全く理解できていない人種だからです。


つまりこのおバカな日本人達は中国がなぜ怒っているのかも分からずに、中国人が怒ってるみたいだからとりあえずやめてあげようよと言うなんの実もない意見なのです。しかしこんなバカな人種たちでも一応は選挙権を持っています(゜ロ゜;)エェッ!? 国民の人気で支えられている小泉さんとしてはこういった世論調査は無視できない問題になります。それによっては靖国参拝中止という問題になりかねないのです。ここで皆さんが疑問に思うと思うのはなぜ靖国参拝中止が問題になるかということです。


様々な問題が絡まっているんですが、簡単に言うと中国が日本に対して内政干渉を行っているから問題なんです。内政干渉をするというコトは日本を属国扱いしているコトと同義なのです!中国人は第二次世界大戦の被害者なんだからそれぐらい良いじゃんという人はアホ過ぎて相手にする気も起きないので帰って下さい(=´ー`)ノ 日本は主権国家です!!内政に関して誰の指図も受けてはなりません!!大体、今まで何千万の自国民や自治区(チベットなど)の人たちを何十年にも渡って迫害し殺し続けている中国共産党に日本からの莫大な補償金を受け取りながら60年以上前の戦争による被害を自分達の権力が弱まってきたら利用して国民の気をそらそうなんてもってのほかですヾ(*`Д´*)ノ" 


小泉さんは、これからは今までのなんでもすぐに謝る日本外交とは違うということを中国人にわからせるためにも靖国参拝は続けるべきです!!

それと若い人がよく考えなしにTVの影響か知りませんが、小泉はハッキリ説明しないからヤダとか総理大臣を辞めるべきだとか批判していたりしますが、それは自分が無知であることを他人に露呈しているというコトを知るべきだと思います。小泉さんがなぜハッキリと説明しないのか自分なりにその背景を考え・調べ、その後に自分なりに小泉さんに関して発言すべきだと思います。


今日の話はとても深い問題なので興味や疑問がある人は遠慮せずにどんどん質問してください。僕が答えられる範囲のものならどんな質問でも答えたいと思っていますー^)ノ  知ろうとする人間がいるのはとても喜ばしいコトなので質問して来た人にバカだなぁとかは絶対に言いませんので遠慮しないで下さいね(^^;)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Mon, May 30, 2005 20:25:45

決してアジアのリーダーにはなれない中国。

テーマ:政治

小泉総理              vs         胡錦濤 国家主席

      小泉 総理                                   胡錦濤 国家主席

今日は今タイムリーな日中問題についてです。僕は世界中で日本についで中国という国の古い文化と歴史に強く惹かれます。しかしながら僕は今の中国という国が世界一嫌いでもあります(^^;) 理由は皆さんもニュース等で知ってると思いますが最近の中国政府の虚言癖のせいですヾ(*`Д´*)ノ" あれには参りますね(^^;) 今日はみなさんにも中国政府の嘘をすこし紹介しますね(^^;) 最も有名な南京大虐殺、中国共産党は30万以上の中国人が日本兵に殺されたと言っていますが・・・嘘です(ノ_-;) 当時の南京の人口は20万強です(´△`)えっ? これは南京陥落以前の調査なので実際は避難民などを合わせるともう少し増えるとは思いますが・・・・・・やっぱ無理です(笑) 当時日本軍は30万程いましたが弾薬そんなにありません(=´ー`)ノ銃剣もあるけど30万人も刺せません(^^;) それに30万人分の死体出てきてません(゜ロ゜;)エェッ!?後そのときに2万人がレイプされたといわれていますが・・・混血児1人もいません(゚-゚;)ウーン 実際は東京裁判(いじめ裁判!)などから5万人強の人が殺されたんじゃないかと思います。レイプも戦争なんで多少はあったと思いますが嘘はねぇウ・・ ウン(._.;) しかし、それでも実際に日本軍は大規模な掃討作戦をしたわけでそうゆう点は日本人は反省しなきゃいけないと思いますね(^^;) でも戦後60年間、焼け野原の時から今まで3兆円も援助したにもかかわらず嘘の写真を使って自国民を偏った嘘で塗り固めるのはどうかと思いますね(゚-゚;)ウーン 最近TVのニュースなんかでよく一般の若い中国人が街頭インタビューで日本の批判をしている姿を見ますが、天安門事件以来の愛国教育の賜物だなぁと同情すらしてしまいますね(ノ_-;)ハア… 僕としては一刻も早く中国共産党が倒れ中国人が真の民主主義と真実を知ってもらいたいところです(^^;)


・・・今日はまじめな話だったなぁ(=´ー`)ノ

意見・反論、大歓迎ですんでどうぞ(ΦωΦ)ふふふ・・・・

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。