1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
Thu, June 30, 2005 21:24:50

電車(変態)男

テーマ:日記

え~まずはCATさん痛烈なコメントありがとうございました(´▽`)


(´▽`)英語勉強したら?・・・分かってるよ( ノД`)シクシク




今日は新宿の学校に入学許可証を取りに行ってきました(´▽`)


これといって皆さんに書くようなことはないんですが・・・・・・あっ、質問です!

自分の肩に寄りかかって寝ている女の人の頭に自分の頭を折り重ねたいと思ったことありませんか(笑)?


いや実は、行きの電車の中で(軽く好みの)女の人に寄りかかられた時そんな衝動に駆られたもので(´∀`)


学校に通っている頃は新宿まで距離が長いのでよく帰りに女の人に寄りかかられて困りました(*´σー`)エヘヘ


大抵、普通ぐらいの背の女の人が、寝ていて僕に寄りかかってくると


僕の肩が良い感じに女性の側頭部に当たるのか、


肩をいつも枕代わりにされているような感じでした(^^;)


僕としてはもちろん願ったり叶ったりの状況を自ら壊すわけないので


こんなときは常に慎重に行動しました(笑)


例えば、本を読んでいて右肩に寄りかかられたりすると左手のみで本を読むように心がけていました(´▽`)


それで今日も↑の例と全く同じ状況になった僕(´▽`) 本のページを一枚めくるごとに全神経を右肩に研ぎ澄まし、女の人の反応を肩に感じながら石橋を叩いて渡ったり渡らなかったりという感覚で本を読んでました(笑)


たまに香水のにおいがきつい人とかタバコのにおいが染み付いている女性がいたりして、そうゆうのは僕もお断りなんですが、今日の女の人はほのかに香る香水なのか女性自身のにおいなのかわかりませんがよかったです(*´σー`)エヘヘ ・・・・・・・・・あぁそうさ!!俺は変態だよщ(゜Д゜щ)


・・・それでなぜ今日僕が頭を重ねてやろうかと思ったかと言うと、こんな感じだったからです↓


寄りかかられる(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)

        ↓

良い匂い(*´σー`)エヘヘ

        ↓

駅に着いたときに現在の駅を確認するフリして相手を確認する僕(゚Д゚)クワッ

        ↓

横顔ちょっとタイプヽ(゚∀゚*)ノ ヒャホゥ♪

        ↓

慎重に本を読みだす僕(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

        ↓

列車のゆれで女の人が起きるヽ(;´Д`)ノ

        ↓

隣りの僕の顔を寝ぼけまなこで確認 うっ。。。( ̄x ̄;)

        ↓

再び僕の肩に寄りかかって寝始める(´△`) えっ?

        ↓

その後も2、3回繰り返し(・∀・;)・・・・・



この状況の僕を皆さんに分かってもらった上で質問です。

自分の肩に寄りかかって寝ている女の人の頭に自分の頭を折り重ねたいと思ったことありませんか(笑)?


ロマンスカー


今日の写真は僕の乗ってみたい電車TOP3に確実に入る小田急電鉄のロマンスカーですヽ(゚∀゚*)ノ ヒャホゥ♪

なんていい名前なんでしょう(´▽`)ロマンスカーですよ!?

きっとロマンス満載なんでしょうねヽ(´∀`)ノ


今日の写真とは全然関係ないんですけど、これからはコメントしてくれたら

そのコメント欄にもお返事を書くことにしました(´▽`)

僕のブログを見ている人は携帯からとかが多いみたいなので

コメントを書いてくれたらお返事をコメント欄に書くことで

アメブロ以外の読者さんとも意思の疎通を交わしたいと思っています(=´ー`)ノ

というわけでコメントよろしく(m。_。)m オネガイシマス

・・・ちなみにペンネームはKeiです(´ ▽`)


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
Wed, June 29, 2005 20:37:11

入学決定。

テーマ:日記

I-20(入学許可証)キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


というわけで明日、新宿にある僕の学校にI‐20取りに行ってきます(=´ー`)ノ


これで世間的にはニートじゃなく米国留学生(予定)として


総務省も僕を認めてくれるコトでしょう( ´,_ゝ`)プッ


今日見たあの不思議な夢は何かコレに関係あったのか?・・・・・・・まぁ因果関係ゼロだろうな(笑)


成田空港



今日の写真は成田空港です(´▽`)

友達がニューヨークに旅立つ日も彼らの前途を祝福する意味で、

写真のように太陽には頑張って輝いていてもらいたいですねヽ(´∀`)ノ

・・・僕は当日、晴れるようにラー天照大御神にでも祈ってます(笑)




そういえば、高校の修学旅行でマレーシアに行くとき、出発までヒマがあったのでうちのサッカー部の

バカキャプテンと成田空港を探索してたらビビったコトがありました。




アホキャプテンと軽い探検気分で空港内を歩いていると一方通行があったので通り抜けてみる(´▽`)

・・・行き止まりになってて帰れないし進めない(;´Д`)

                 ↓(5分後)

言い争う二人→ 人のせいにする僕→( ゚д゚)、ペッ (゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)?←真剣にテンパるキャプテン(笑)

言い争う中、搭乗時間が迫っているのにどこにも動けない僕達(・∀・;)・・・・・

しかたなく先生に電話する

30分後、引率の先生が助けにきてくれました(笑)

・・・その後担任(通称・ターミネーターor筋肉)にヘッドロックを食らった僕達( ノД`)シクシク…

今となっては良い思い出です(´▽`)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Wed, June 29, 2005 15:02:17

ガチャポンの欠片。

テーマ:

いつもの家の景色に違和感を感じながら二階の自分の部屋にいた。


隣りの部屋では僕と同じ年ぐらいの暗い印象の男二人が兄弟のように寝ている。


誰かは分からないけど、多分彼らは僕の兄弟なんだろう。


下では僕より少し年下な女の人と同い年ぐらいの女の人、少し年上な感じの女の人、それに中年の男が寝ている。


彼女たちは僕の姉妹で中年の男は僕の父だ。






一人で床に就く僕は、寂しさを覚えながらも慣れた感じだった。


朝、夢うつつの僕の耳に階段から騒がしげな足音が聞こえてくる。


騒がしげに次女がどたばたと1階2階を行き来しながら長女に喋りかけていた。


台所では、長女と三女が朝ご飯の用意をしていた。


長女が野菜をまな板の上で切りながら次女に僕を起こすようにお願いした。


すると、僕の部屋のドアが開いて次女が僕の名前を叫ぶ。


まだ少し眠い僕は次女を無視して狸寝入りを決め込んだ。


彼女は布団越しに僕を手の平一杯に叩いて無理やり起こそうとする。


それでも起きない僕に彼女は布団をとって脇をくすぐってきた。


僕がたまらず起きると次女が「早く起きろバカ」と男勝りな笑顔で言ってきた。


僕にとっては毎朝起こしに来る次女を少し疎ましく感じながらも


彼女という喧騒に安堵させられている気がしていた。






朝ご飯を妹、僕、次女、姉、父で食べていた。


僕の兄弟らしき男たちは降りてこない。


これもいつものことだ。


ご飯を食べ終わって父が仕事に出かける。


みんなの母親代わりの姉が父に弁当を渡す。


弁当を受け取った父が出かけていくと、二階から次女が上着をだらしなく着ながらすごい勢いで階段を降りてきた。


次女は姉に叱られながらも父のとは違うランチボックスを受け取り、駆け足で仕事に出て行った。






妹も学校に行ったので、家には部屋に閉じこもりきりの僕の兄弟らしき男たちと、僕と、姉だけが残された。


僕は何をするわけでもなく自分の部屋で本を読んだりしていた。


隣りでも僕の兄弟らしき男たちが何かをしているみたいだったが、何をしているか分からないし特に興味もなかった。


下では姉が僕と同じく本を読んでいたりお菓子を作ったりしていた。


お昼を姉と食べ、午後も僕は下で同じようなコトをしていた。





夕方になり妹が帰ってきて、二階に上がっていった。


すると姉も二階に上がって行く。


僕は下で一人になりテレビを見ていると、父が帰ってきた。


着替えた後、僕と一緒にテレビをみていた。


いつも陽気でやかましい父が今日は珍しく無言でブラウン管を眺めていた。






しばらくすると父が不意にテレビを消した。


僕が不思議そうな顔で見ていると


少し大きめの果物ナイフを取り出して、僕に刃を向けてきた。


困惑する僕、しかし父はためらう事なく僕の胸の辺りを刺そうとしてきた。


僕は事態が把握できなかったが、ナイフをよけナイフを持つ父の手を押さえた。


父は激しく息切れしながら自分の手を押さえている僕の手を振り払おうとしている。


力比べの末、父を吹き飛ばして僕はナイフを奪うことができた。


僕はガクガクと震える手で自分の身を守ろうと父にナイフを向けた。


父は仰向けになってはいるが、隙あらば今にもナイフを奪ってまた僕を刺そうという形相だった。


僕はどうしたらいいのか分からずただただ父にナイフを向けていた。


すると玄関が開き次女が帰ってきた。





次女は部屋に入ってきて僕と父の姿をみて、少し止まった後、意を決したかのようにバッグから刃がぼろぼろの果物ナイフを取り出し僕に向かってきた。


僕は咄嗟に持っていたナイフを父からは遠くの場所に投げ、次女の手をつかんだ。


次女もまた激しく息切れしながら僕の手を振り払おうとしてきた。


僕は涙があふれそうになりながらも彼女からナイフを奪い、彼女を父と同じ方向に突き飛ばした。


二人にナイフを向ける僕に二人は何かに落胆したような感じだったが、僕の隙を狙っている感じだった。


僕はなぜこんなコトをしようとしたのか理由を聞こうとしたが口がまわらずうまく喋れない。


こんな状態が小1時間程たった。


僕は当惑の中、「自分の身を守らなきゃ」という思いでまだ二人にナイフを向けていた。


二人もまた、僕をずっと見ている。


不意に僕の緊張の糸が一瞬切れてしまった。


その瞬間、父がナイフを取ろうと僕に躍り懸かってきた。


僕はナイフを取られそうになったが、なんとか父をはじき返せた。


このままでは殺されると思った僕は携帯を右のポケットから取り出し警察を呼ぼうとした。


手が震えていて上手く番号が押せなかったがなんとか押すことができ警察を呼ぶ。





警察を待っている間、二人からは自分たちに対する失望と何かに対して憎悪するかのような感じが見て取れた。


10分ほど待っていると警察が家に着いた。


警察官二人が来て父と次女を連れて行く。


二人はおとなしく警察官に従っていた。


パトカーに連れて行かれる時、遠目で見ていた僕には父と次女が僕に謝っているような顔に見えた気がした。


騒ぎに気づいたのか姉と妹が二階から降りてきた。


警察官が事情を話すと、彼女たちはひどく驚いていた。


父と次女が連れて行かれて10分ほど経った。


姉と妹は台所でお皿を洗っていた。


父と次女にナイフを向けられた部屋に僕はいた。


僕の目線の先では、僕が父を壁際に追い詰めているときに父が足の裏で踏んだガチャポンの入れ物が割れてその欠片が散乱していた。


僕がその欠片を集めて台所に向かう。


無言で皿を洗っている姉と妹の間を抜けゴミ箱にその欠片を捨てた瞬間、僕の目じりから涙が止めどなく流れ出した。


姉たちは悲しそうな顔をしているが、終始無言で皿を洗っていた。


声が抑えきれなった僕は二階の僕の部屋に向かう。


階段で僕の兄弟らしき男たちが無表情で僕の横を通り過ぎた。









                  








・・・・・・・・という夢を見ました(;´Д`)ウウッ


いやぁなんとも言えない夢だった・・・


起きたら僕は泣いてました(;´Д`A ```


・・・病んでるなぁ(ノ_-;)ハア…

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Tue, June 28, 2005 23:17:16

依存症+お別れ。

テーマ:日記

今日テレビでアルコール依存症の女性たちをニュースで特集していました。


最近は女性でもアルコール依存症の方が増えているそうですね(^^;)


善し悪しは別にして、人間何かに必ず依存しているもの


ちなみに僕は牛乳(低脂肪や無脂肪以外)、冷奴(イオンのグリーンアイという豆腐)、

ご飯(少しやわらかめ希望)依存症です(笑)

特に牛乳ジャンキーなので暑い時期などは1日に1ℓはいきます(^^;)


皆さんは食べ物だったらどんな食べ物に依存していますか?


________________________________

昨日のお見送り会というかなんというか良く分からない会は

終わってみると僕の一人損で終わった感じでした(;´Д`A ``` 

・・・あっ!でもお酒の一杯も奢らないで二人には本当に申し訳ないですヽ(;´Д`)ノ

一杯ぐらい奢ってあげようと思ってたんですが、

先払いのお店だったせいもあるのかすっかり奢り忘れてました(;´Д`)ウウッ…

・・・むしろ食い物奢られてました(゚∀゚;)


飲み屋で将来について語ったりしたあと、都庁に向かい

僕たちの聖地・新宿中央公園で11時前まで男4人で語り?あってました( ´,_ゝ`)プッ

内容は差し支えがあるのでいえませんが

ある事をしているとき「あ、俺ってscumだなぁ」と思いました(笑)・・・・・・・・・(*´д`*) ハァハァ


HUB

今日の写真は、学校の友達と今まで何回行ったかわからないくらい行ったHUBというBARです(´▽`)

上の写真は昨日行ったところなんですが、

金曜の放課後なんかに歌舞伎町の方のHUBに行って友達とよく

語りながらお酒を飲んでいました(´▽`)


もうすぐ旅立つ二人、成田には行きたいですが

僕はこのブログで7月1日にお別れを言いたいと思います。

・・・記事楽しみにしてて下さい。

   

   PS、もしS君が真剣にD君の妹をおとす気ならシナリオ作成は僕にお任せをヽ(´∀`)ノ



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Mon, June 27, 2005 15:31:16

お別れ。

テーマ:日記

今日は、今から新宿で4日後にニューヨークに留学する友達たちと会って、飲み?か何かは

分からないけど(笑) とりあえずパーティに行ってきますヽ(´∀`)ノ


今生の別れってわけではないと思いますが、

とりあえず不安な気持ちも少なからずあると思うので

精一杯、不安をあおってきます( ´,_ゝ`)プッ


ニューヨークに行くなんてカッコいいですよね(^^;)

・・・でも彼らの場合はニューヨークシティボーイというより

ニューヨークカントリーボーイですが( ´,_ゝ`)プッ


マンハッタン(ワールドトレードセンターあり)

今日の写真はマンハッタンです・・・ワールドトレードセンタービルがあるのはご愛嬌(^^;)

S君がこの景色を見たら「この景色をいつか手に入れてやる」と考えることでしょう(笑)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Sun, June 26, 2005 23:19:23

歴史のⅰf 。

テーマ:日記

世の中の人がなんとも言えば言え

我がなすことは我のみぞ知る



・・・だったかな(^^;)?


坂本龍馬が十代の時に書いた言葉です。

僕も今こんな気持ちです・・・というか昔から(笑)


子供の時になぜか親に坂本龍馬に関する本を読まされた僕は大の坂本龍馬好きです(´ ▽`)

今でも尊敬していますが、子供の頃は崇拝していました(笑)


去年、初めて龍馬のお墓のある京都の護国神社に行ってえらく感動しましたヽ(´∀`)ノ


歴史にⅰf (もしも)はないって言うし僕も歴史は必然という考えなんですが

どうしてもⅰf というものを考えさせられる人物が二人います。


それは織田信長坂本龍馬です!!

・・・学校のクラスメイトや先生が見たら「やっぱり信長が入るのか・・・」という声が聞こえてきそうです(笑)


信長の享年は49歳、龍馬は33歳。

信長は自分の希望どおり?の歳月を生きた感じですが、

・・・龍馬は若すぎますよね( ノД`)シクシク


ⅰf (もし)二人が自分の寿命を真っ当できていたら今日の日本とは違っていたかもしれませんね(´ ▽`)


信長が明智光秀に殺されなければ今の日本に天皇はいなかったかもしれないし

首都は岐阜か愛知になっていて名古屋弁が標準語になっていたかもしれんみゃー!


龍馬が近江屋で軍鶏鍋なんか食べてなければ日本の近代化はもっと早かったかもしれないし

亀山社中(龍馬が作った日本初の会社)という財閥ができていたかもしれんぜよ!


などなど二人についての本などをみていると色々なⅰf を考えさせられます(笑)


物事にⅰf はないってわかってはいるんだけどやっぱり考えちゃいますよね(´▽`)

皆さんもⅰf を考えさせられる人や出来事はありますか(^^;)?



坂本龍馬


今日の写真は幕末の異端児・坂本龍馬です(´▽`)

幼少期は寝小便たれで泣き虫、学問に疎くて

剣術も駄目、そのうえ天パーだったのでかなり苛められたそうです(^^;)

(天パーは江戸時代大変そう( ノД`)シクシク…)


しかし、成人したら剣術の達人で日本一の剣士と言われ

商売も上手く、船中八策などを作り様々な先進的、民主的な考えを持ち

一介の浪人なのに将軍に謁見できるほどの魅力を持ち

暗殺されそうになっても決して相手を殺そうとはしなかったという寛容すぎた優しさなど

とにかく人をひきつける逸話・魅力を数多く持っています(´▽`)

・・・ちなみに龍馬は明智光秀の末裔です(^^;)


最後に龍馬の言葉です。


実にお国のような所にて、何の志も無き所に、ぐづぐづして日を送るは実に大馬鹿者なり。


多少解釈は違うけどまさに現代日本のニートとかに言ってるような言葉ですね(^^;)

・・・世間的には僕もニートかも( ´,_ゝ`)プッ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, June 25, 2005 23:14:00

テレビの特番。

テーマ:日記

今、テレビ朝日の特番を見終わりました・・・ながっ。


人類の進化の歴史を爬虫類脳(脳幹)に基づいて話が作られていました。


内容のほとんどはもう知ってるようなコトばかりだったので大したことはなかったんですが


番組の内容の中で気に入らなかったことがありましたヾ(*`Д´*)ノ"


それは番組がなぜか中世・アジアの素晴らしい歴史を無視して白人文化を中心に語られていたこと、

中世が最も欲望が抑えられていた時代だと嘯いた(うそぶいた)コト

なぜか戦争という言葉の前に愚かな(戦争)という形容詞を付けていたこと。

科学技術が兵器に濫用されている歴史・・・みたいなVTRの時に火薬の登場した時代が明らか

に違うこと・・・しかもあたかも欧州人が火薬を発明したかのような作り

などなど・・・テレビ番組の視聴者を馬鹿にしたつくりに怒りと不安を覚えました(ノ_-;)ハア…

まぁココらへんは視聴者の自己責任とでも言いたいのでしょうか(^^;)


それと番組の中にレオナルド・ダ・ヴィンチについての話があったんですが、

見ていて思ったことは、やっぱりレオナルド・ダ・ヴィンチは人類史上最高レベルの天才だなと思いました。

今まで人類の歴史の中で数限りない天才たちがいましたが、

それらの天才たちは僕が好きなアインシュタイン、織田信長含めて時代に基づいた天才だったと

僕は思います。でもレオナルド・ダ・ヴィンチだけは異質な気がします。

それは自分の分野が特に決まっておらず、万物に対して超先進的な考えを持っていたことです。

普通天才というのは自分の分野において凄まじい能力を発揮するものだと僕は思うんですが、

レオナルド・ダ・ヴィンチはすべての知識に対して万能の天才であったような気がしてなりません。

そして彼について調べていると森羅万象すべての物事はつながっているんだなと思わされます(゚-゚;)ウーン

・・・もしも神というものが存在するならダ・ヴィンチのような人を神童というんだろうなと思いました(^^;)


平賀源内


今日の写真は、日本のレオナルド・ダ・ヴィンチと言われる平賀源内ですヽ(´∀`)ノ
出る杭は打つという日本の風土の中でもその有り余る才能を発揮した、日本人の中で

数少ない万物の天才です。


基本的に中世・日本には科学において突出した天才がとても少ないのですが、

彼は出まくりでした( ´,_ゝ`)プッ

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Fri, June 24, 2005 23:17:11

ヒトラー

テーマ:日記

今日は、いつもどおりログインしてブログ書こって

思ってたらなんともビックリしました(^^;)

オフィシャルブログ というやつでヒトラーについて

の映画を取り上げていました(゚o゚*)ォォ-


ドイツ人監督というコトに強い印象を受けて

そのブログをみてました。

映画はヒトラーが死ぬ24日前というところから

スタートするみたい・・・僕としてはヒトラーの人生を

ドイツ人の目から見たかったんですが、

それでも24日間というある特定の期間に焦点を当てた映画というのも

また興味をそそられます(´▽`)


この映画に関してのマスコミの評論がブログの中に乗っていたんですが

ココで興味深げなコメントを見かけました。

それはイギリスと他の国の新聞はこういった映画を受け入れるコメントだったのに対し

自国のドイツの新聞が映画に否定的なコメントを書いていることだった(゚-゚;)ウーン


・・・60年たった今なお、ドイツ人もまた戦争の呪縛から抜け出せてはいないんだなぁと

改めて感じました(^^;)


最近、戦争中に日本軍がした悪行について書かれた本を読んだんですが、

読んだおかげで最近右翼的だった自分の意見の誤りを認識でき多角的な視点をもてた気がします

そしてその一方で自分の意見の正しい部分も見出せたのでとても有意義な本でした(´▽`)



・・・昨日は何でも良いから写真を毎日アップするという

自分で決めていたルールを破ってしまいました(;´Д`)ウウッ…

ヒトラー

今日の写真はヒトラーです・・・

目が変・・・( ´,_ゝ`)プッ


ドイツではネオナチスというのがあるらしいですね

母国を愛するというコトはとても素晴らしいことだと思いますし

ドイツ人であることに誇りを持つことは良いことだと思います。

でも、自分たちの考えで決めた人種間の優劣を他民族に押し付けては駄目ですよね(^^;)


・・・民族の優劣を叫ぶと必ず争いが起こるっていつになったら分かるんでしょうね(^^;)


ちなみに僕は日本という国を愛しているし日本の歴史や文化を知りたいと願う意欲は

人並み以上だと思っていますが、日本人である僕の根本の考えにはナショナリズムという

考えはありません(^^;) 


なぜなら僕はアースイズムだからです(笑) 

皆さんはどんなイズム(主義・~流)を持っていますか(笑)?

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Thu, June 23, 2005 23:54:51

ひきわけ~。

テーマ:日記

日本引き分けちゃいましたねぇヽ(´∀`)ノ


3-0ぐらいで負けるかなと思ってたんですが


意外や意外、大健闘じゃないですか(*´∀`)ノ


僕もテレビのタイマーをセットして仮眠したんですが・・・


本寝してしまった(ノ_-;)ハア…


起きたらビックリまたまた大黒やっちゃってるし(´▽`)


テレビでよくワールドカップでは最低ベスト16位にはみたいなコトを言ってて

 

いや無理だろヽ(;´Д`)ノ

 

とか思ってたけどこうゆう結果を見るとちょっと期待しちゃいますね(笑)


ゲーム内容は見ていないのでなんともいえないのですが


まぁブラジルの監督が記者会見とかで日本を舐めていたので


ここまで健闘できたのかな(;´Д`)ウウッ…


前回大会は日本そっちのけでドイツ(・・・というかカーン(笑))を応援していたので


今回はちゃんと日本を応援しようかな(^^;)



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Thu, June 23, 2005 23:01:30

テーマ:独り言

俺のやりたいようにやらせてほしい・・・


  ・・・夢はある 


  でかいでかい夢が・・・

   

   ・・・時間がない


   ・・・金がない


    あまりにもでかい夢に殺されそうになる・・・


     



     夢が俺を駆り立てる・・・


     夢が俺にすがってくる・・・


     夢から逃げる俺がいる・・・

          

     夢から力をもらう俺がいる・・・


       自分の可能性を信じる俺がいる・・・


       自分を呪う俺がいる・・・


           どっちの夢が簡単だろう・・・


     




     昔、先生が言った 夢は叶わないから夢なんだよ・・・


        ・・・残酷な言葉だ


         片方は遠い未来・・・


         もう片方は・・・一瞬かもしれない


                   ・・・子供の頃から夢見ていた


                   

                   ・・・寄り道してる場合じゃない


           



             ・・・でも片方はもうすぐ消えてしまうかもしれない


                    両方手に入れたい・・・


                     でも夢同士がお互いを嫌っている・・・


           両方手に入れたい・・・


           


            ・・・我ままだとはわかってる


              


             あの時になくした宝物・・・


              どこにあるかは知ってた・・・


               でも手にとる勇気がなかった・・・                  


                



              



                もう一度拾っても良いですか・・・


                 

                 我ままなのは知ってるから・・・


                 

                  手遅れでも良いから・・・


                 

                   知ってほしい・・・


                 


                本当は手放したくなかったことを・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。