愛犬コンシェルジュ養成            ペットビジネス&カルチャー・スクール

今やこどもの数よりもペットの数の方が多いといわれる時代、ペット関連のビジネスには、異業種からの参入も増え、ペットに関わる商品やサービスの開発・営業に役立つ人材が求められています。


テーマ:

人と同じように、犬でも歯の健康は大切です。しかし、犬は虫歯になりにくいと考えられているため、これまで犬に歯磨きすることは、一般的ではありませんでした。そのため3歳以上の犬の約80%が歯周病にかかっているといわれます。


歯周病の特徴は、痛みがほとんどないまま進行することで、口臭や歯肉からの出血といった症状に気づくころには、病気が進行していることが多く、歯槽膿漏や歯を失ってしまうことになります。


さらに、犬の歯周病は心臓疾患などさまざまな深刻な病気と関係が深いことがわかり、犬の歯磨きは、犬の健康管理にとって大切なことだと認識されるようになってきています。


「カリカリの硬いドライフードには、歯磨き効果がある」とよく言われますが、歯垢がたまらないわけではありません。


*硬いフードを食べさせていても歯垢は付く

*硬いフードでは、歯の表面の歯垢しかとれない

*歯周病は、歯周ポケットから起こる

*歯垢がなくても、歯周病にかかる老犬は多い


ドライフードは歯垢がたまりにくいということはあっても、歯垢がたまらないわけではありません。どんな食べ物を与えていても、歯磨きは必要です。


歯磨きと言うと人間と同じように歯ブラシでと考えがちですが、犬はそう簡単には歯磨きさせてはくれません。幼犬の頃から口の中を触られることに馴れていなければ、いきなり歯ブラシで犬に歯磨きしようとしてもたいていは嫌がって逃げ出してしまうからです。


そうなると登場するのが、デンタル・トリーツ、歯磨きガムです。犬にかじらせて、歯についた歯垢を落とす効果を狙ったおやつです。デンタル・トリーツには、唾液の分泌を促して歯垢が生じにくくしたり、ストレスを発散させ、脳を活性化する効果も期待されます。


それならとデンタル・トリーツをどんどん与えていると困ったことになるかもしれません。トリーツが肥満や生活習慣病の原因になりかねないからです。


★Dingo ジャーキー・チューズ


愛犬コンシェルジュ~お散歩仲間の立ち話~-ジャーキーチューズ


1.植物性タンパク質を使っている

動物性タンパク質を使っているジャーキーでは、粗タンパク質は40%以上含まれていますが、植物性タンパク質を使っているジャーキー・チューズの粗タンパク質は13%程度です。体に蓄積される量が少なく、肥満になりにくいのです。


2.塩分(ナトリウム)の含有量は、わずか0.06%

動物性タンパク質を使っているジャーキーでは、一般的に保存のため塩分をたくさん使っています。過剰な塩分を摂取することは、高血圧の原因になり、腎臓や心臓にも負担をかけます。


★Dingo デンタ・トリーツ


愛犬コンシェルジュ~お散歩仲間の立ち話~-デンタトリーツ

犬に与える「カミカミ・トリーツ」には、牛や豚の骨、牛のひずめなどもあります。しかし、歯科専門の獣医師からは、硬すぎるものを与えると歯のエナメル質を傷つけたり、歯が折れたりすることがあるので、勧められないという意見も出されています。


とは言っても、柔らかすぎて、すぐに砕けてしまうフードでは、歯垢を十分に落とすことができません。Dingoのデンタ・トリーツは、適度な硬さと弾力で、歯にぴったり密着して、かめばかむほど歯垢をしっかり落とします。平面状なので様々な形の歯にフィットして、取れにくい奥の歯の歯垢までしっかり落とします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

愛犬コンシェルジュさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。