●小平市花小金井*ピアノ講師のレッスン&育児日記

東京都小平市花小金井のピアノ教室「えとうピアノレッスン」です。
自宅・インターネット・出張にて、東京と出身地である滋賀県を拠点にレッスンを行っています。
指導のかたわら、演奏活動も現役で頑張っております☆


テーマ:

今日は関東も日中ポカポカ陽気で、道中梅のつぼみが咲いているのを見かけましたコスモス早くあたたかい春が来るといいですネ星


さて、今日は久々に練習のコツを書いてみたいと思いますひらめき電球


独学者の方が悩まれていることに「脱力」ということがあると思いますが、今回は「脱力しすぎたために弾きにくくなることもある」ということを、和音の跳躍の弾き方を例にお伝えしたいと思いますガーン脱力練習(脱力レッスンについてはコチラ )も併せて意識していただけるとわかりやすいと思います。



まず、和音(とくにオクターヴ程度の開きのあるもの)を弾いた後、さらに跳躍して和音を弾かなければならない例を楽譜で見てみましょうひらめき電球


和音跳躍1


これはショパンの「ワルツ2番」のとある場所ですが、右手に和音が跳躍する箇所が出てきます叫びそれ以前の和音の連続は場所的に近いところで弾くため、手をそんなに動かさずにそのまま弾けば問題なかったと思うのですが、こういう跳躍箇所が苦手な人、また跳躍した音をミスする人は続きを読んでみてくださいネひらめき電球「私は問題ないよ~」という方は今日のブログレッスンは必要ないかもしれません合格ご興味あったら軽く読む程度にしてみてくださいネ音譜


****************************


「脱力」を意識している人によく見られるのが、「手の力を抜きすぎている」現象ですショック!ゆっくりした曲や、今まで力を入れすぎていて弾きにくい箇所何かは、手の力を存分に抜くことで、今までより楽に弾けるようになったりするかもしれません。そこで「おぉ~脱力できた~キラキラ」という感動を味わってしまうと、今度は必要な力まで抜いてしまって、音が上手く取れなくなってしまうのです。


上の例ではなぜミスタッチが起こってしまうのでしょうかおやしらず


「ファレファ ソレソ」の跳躍の部分、メロディーだけを歌うと「ファ  ソラ~」と聴こえますよね。(わかりますか?)この「」の部分、16分休符なわけですが、ここの間、手はどうなっているでしょうか?譜面を見て手を動かせる方は、パソコンの前でぜひやってみてください星


一番のポイントは手の開き。お休みの間、手がゆるんでいませんか?多少ゆるむのは弾いていないので当然なのですが、開きが"何も弾いていない状態"のように、リラックスしすぎていませんか?もしくは力を抜こうとしすぎていませんか?手がしぼんだような形になっている方は要注意ですドンッ



ん?よくわからない・・・・・

という方も多いかもしれませんが、ちょっとお話先に進めますネぶーぶー


もしピアノを触れる状態にあるならば、弾いてみてください。跳躍部分を弾いてみた時、「ソレソ」の方の和音の音、きっちり取れていますか?取れない方はもしかしたら「手がゆるみすぎている」のかもしれません。手がゆるんでいると、次の和音を弾く準備をするためにまた手間が一瞬かかります。そうすると、「ソレソ」の箇所で間に合わなくなりミスタッチが起こってしまうのですしょぼん(※跳躍の速さの問題もあると思いますが、今はそれはないとしてお話を進めますネ)


つまり、ミスタッチの原因は


     和音を弾く:手が固定されている

       ↓

     16分休符:手の固定がはずれてゆるむ爆弾

       ↓

     和音を弾く:手が固定されている


爆弾のマークの箇所になるわけです。

「手の固定がはずれてゆるむ」この部分、「手を固定する」状態に持っていけばミスタッチが減ります。前述したことがらを踏まえて、次の和音を弾くのに手の開きがとても近い形になるからです。



和音跳躍2

近くにあった楽譜がショパンだったのでショパン続きで申し訳ないのですが・・・・エチュード「革命」のとある箇所。○で囲っているところが先ほどと同じような跳躍にあたりますひらめき電球ここも手をゆるめるとミスタッチが起こるところです。



それでは手をゆるめないで固定する・・・・というのはどういう状態にしておけばいいのでしょうか?



例えばこの「革命」の1つ目の○のところ。「ドード」のオクターヴを弾いたらそのままの形で次の和音に手を持っていってください。手は開いたまま、開いた状態で固定して・・・・ただし、おかしな力は入れずに手の開きだけを保持する感じです合格さぁ、やってみましょう!わかりますか????


もしわからない方は「固定しない方法」、つまり一度お休みの箇所で手を緩めて開いていない状態で、いったん次の和音を弾いてみましょう。どうですか?弾きにくくないですか?


それが実感できたら、もう一度手を開いた状態で弾いてみましょう。

繰り返していると、何か違いがわかってきませんか??



今回はとっても細かいシチュエーションなので、使える部分は限られてくるコツですが、和音の跳躍でミスタッチが減らない方、一度手を開いたまま、つまり手の形を固定したまま跳躍して弾くこの方法を試してみてください音譜


この方法は私が生徒さんたちにレッスンして改善されたこと、また私自身弾きやすくなった方法をもとに、独断と偏見で書いているものです。合う、合わないがあると思いますので、無理にこの練習を続けるのではなく、1つのご参考にしていただけると嬉しいですラブラブ






いいね!した人  |  コメント(6)
PR

[PR]気になるキーワード