今日もお休みもらって、東京観劇遠征(^-^)
え~(^^ゞ 当初11月の観劇予定はこの日だけ。
サイゴン以降の2つしかないハズだった年内予定の1つです。

1本目 『昭和島ウォーカー』
劇団ヨーロッパ企画(以下、ヨ企画)にV6のイノッチが共演を持ちかけ実現した作品。

2035年、昭和島にある小さなロボット工場が舞台。
工場主が亡くなって約1年後のある日、2代目のコテツ(イノッチ)が放浪の旅から突然帰ってくるところから物語は始まる。
かつては一緒に働いていたもののブランクは否めなず、次々に事件は起きる。さて、この工場の運命はいかに・・・

ヨ企画のメルマガでこの作品を知った時、1年に2度もヨ企画を観れる嬉しさと同時に、ジャニーズじゃチケ取り厳しい~じゃん!と落胆。
また独特なヨ企画の笑いにイノッチはどこまで溶け込める?

しかしそんな心配はよそに、イノッチのほわ~んとした空気とヨ企画メンバーの容赦ないツッコミは絶妙。
さらに阿佐ヶ谷スパイダースの中山祐一郎、劇団☆新感線の粟根まこと、転球劇場の福田転球の3人がしっかりツボを押さえてました!

京野ことみちゃんや松本まりかちゃんもキッチリポイント押さえてて、楽しい作品でした。




両A面のような作りのパンフ表紙



2本目 『表現・さわやか/美少年オンザラン』
最近ドラマやCMで活躍中の池田鉄洋さん(劇場・猫のホテル)率いるユニット 「表現・さわやか」

今年のテーマは『美少年オンザラン』


まっ、パンフ表紙をみておわかりの通り、”さわやか”というコトバとはちょっと縁遠い雰囲気ですよね?

そんなショートコントがつまった作品です。


去年、初めて大阪で観た時、“死ぬかと思った”ほど、笑いました。

(翌日、腹筋と顔の筋肉が痛かったほどで・・・)


セリフともアドリブともつかない、体当たり的な舞台は今年も大爆笑で、あっという間の2時間でした!!

AD