女友達の死

テーマ:
女友達が死んでしまいました。
自殺です。
フェイスブックで友達になり、電話で話したりラインをやり取りしたりしていました。
自殺の二三日前にも、電話で話したのですが、そんなそぶりはありませんでした。
いいえ、私が気づかなかっただけでしょう。
気づいたからといって、どうにも出来なかったでしょうけど。

彼女は諫早の人です。
中学高校は長崎です。
面白いことに、高校時代に、長崎の中央橋や鍛冶屋町で、私のことを何度も目撃したそうです。
そして、声をかけようかと思っていたとのこと。
あの時声をかければよかったなんて言っていました。
当時私は、長崎に就職したてのことで、当時の私の行動パターンを考えると、つじつまが合います。
不思議な縁を感じました。

もう一つ面白いことに、彼女はブルックナーに感心を持っていました。
シューリヒト指揮の交響曲第7番を繰り返し聴いていたようです。
もちろん、私もブルックナーのマニアです。
ベートーヴェンやブラームスと違って(と言うか、女性はショパンやモーツァルトが好きな人が多いですね)、なぜかブルックナーに関心を持つ女性がいません。
私の知っている限り、世界に二人だけ、指揮者のシモーネ・ヤング(ブルックナーの交響曲を0番とヘ短調も含めて11曲全部録音しました)、そして彼女です。
彼女がいなくなって、私の知っているブルックナーに関心を持つ女性は、世界でただ一人になっていしまいました。
せっかく話が合う女性と知り合ったのに。

彼女は諫早、私は広島。
彼女は私と直に会って音楽の話をしたいなんて言っていました。
でも、彼女は子供に手がかかる(だんなは叩き出して独身)、私は仕事が不規則で、今極端に人手が足りないので休めない。
そんなこんなで、会うことが出来ない。
せめて福岡で落ち合おうかなんてことも、言っていました。

私の方としては、今のところは恋愛感情までは行きませんでしたが、先ではどうなっていたかはわかりませんし、考えることは無意味です。
正直言って、悲しいという気持ちよりも、ぽっかり穴が開いた宙ぶらりんの状態です。

フェイスブック友達ですので、彼女の家族とは面識がありませんし、彼女の住所もわかりません。
わかったとしても、何もすることはありません。
せめて出来ることといえば。
明日は給料日です。
どこかの居酒屋で、生ビールでも飲んで、冥福を祈ることにしましょうか。
もちろん、影膳を用意して。
AD
最近、朝比奈隆のブルックナー交響曲全集にはまって、そればかり聴いています。
弟に根こそぎ持っていかれたCDから、戻してもらいました。
朝比奈隆最初の録音、ジアンジアンの全集です。
当時朝比奈は60歳でした。
朝比奈は若かっただけに、覇気に満ちた演奏です。

オーケストラは大阪フィル、聴く前は日本のオーケストラだということで、音色などにはあまり期待していませんでした。
ところが、良い意味で期待を裏切られました。
確かに、ドイツのオーケストラみたいに、芳醇な響きはしていません。
宇野功芳式に言えば「まるで楽器の出している音とは思えない」とは言えず、生の楽器の音です。
しかし、誤解をされそうな表現ですが、血走ったぎらぎらとした覇気に満ちています。
こんな音色はブルックナーには向かなさそうにも思えるのですが、不思議と違和感を感じません。
それどころか、朝比奈の表現主義的ともいえそうな解釈に合致しています。

その朝比奈の指揮は、すべてのパートを目いっぱい鳴らして、ここぞというときの金管の強奏とティンパニの鋭い打ち込み、ブルックナーには不似合いな言い方かもしれないけれど、表現主義的とも感じられました。
しかし、表現主義的とは言っても、造形はずっしりとして揺らぎもしていません。
神経質なところが少しもなく、息苦しさを感じさせません。
かといって大雑把というわけでもありません。
すべてのパートが生きています。

朝比奈は、ヴァントについて、ヴァントの神経質的ともいえる細部へのこだわりを、そのことが彼のスケールを小さくしているという意味のことをどこかで言っていたことを思い出しました。
両者とも、金管、ティンパニの強奏という特徴が共通しているのですけど、両者の演奏様式の違いは大きいです。
どうやら、朝比奈は、クレンペラーに私淑しながら、ヴァントにライヴァル意識を燃やしていたのではないかと想像します。
ないものねだりですけど、ぜひとも朝比奈にハンブルク北ドイツ放送交響楽団(朝比奈が客演したときの録音が残っています)、ベルリンフィル(指揮台に上がったことはあるらしい)でブルックナーを指揮して、ヴァントと勝負して欲しかったです。

この全集で、一番よかったと思ったのは、第5番と第8番。
どちらも金管の強奏とティンパニの鋭い打ち込みが大迫力です。
また、朝比奈は、他の指揮者と比べて、いわゆる「ブルックナー休止」の休符の部分で、他の誰よりもしっかりと休みを取ります。
沈黙の何よりも雄弁なこと。
ブルックナー休止がこれほど意味深く感じられたのは初めてです。

何はともあれ、この朝比奈の全集、非常にお勧めなんですが、残念なことに値段が高い。
リハーサルや第8の別録音も含めて、4万円のところをタワーレコードで1万円。
ヴァントの全集が3千円、ヨッフムの全集が新録音も旧録音もそれぞれベートーヴェンとブラームスの全集とセットで5千円。
まあ、入手して後悔はしないとは思うのですが。
AD

今年もまた、アンの家出。

テーマ:
今年もまた、アンが家出をしてしまいました。
先月のはじめごろ、アンが一回に付きに三日ぐらいのプチ家でを繰り返しているかと思っていたら、やっぱり家出をしてしまいました。
どうやら、夏になったら避暑に出かけるようです。
家から少し離れた団地の二三段上の方で、目撃情報があります。
まあ、秋になって涼しくなったら戻ってくるでしょう。
そんなわけで、あんまり心配していません。
本当にアンと着たら、不良娘で困ります。
AD
誕生日に、女友達に買ってもらったベートーヴェンの弦楽四重奏全集を、一通り聴き終わりました。

ざっと聴いただけなので、突っ込んだことには言及できないのですが、今の時点での感想を少し。

前期の弦楽四重奏曲、第1番から第6番まで。
音楽解説的には、ベートーヴェンがハイドンやモーツァルトの影響下にあり、その独自性を発揮するまでには、後の作品まで待たねばならないという。
しかし、それだけではない何かがあります。
ハイドンともモーツァルトとも違う、そして中期、後期のベートーヴェンの作風とはまた違った趣が。
なんといったらいいでしょうか?
後のベートーヴェンとはまた違った質のユーモアというものでしょうか。
同じような印象を、交響曲第1番からも感じます。

中期。
やはり、充実しています
特に、第7番、ラズモフスキー第1番の伸びやかな主題が印象に残ります。
このような旋律は、他には交響曲第3番、チェロソナタ第3番などとも通じると感じました。

後期。
私は、作曲家については、晩年好みなので、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲については、もっぱらこの時期の作品群を聴いてきました。
特に第14番をよく聴きます。
この曲は、弦楽合奏に編曲されていて、私はバーンスタインとウィーンフィルの演奏をよく聴いていました。
弦楽合奏ということで、親しみやすかったので、私もこの曲になじんできました。
今回オリジナルの弦楽四重奏版を改めてじっくりと聴いてみて、やはりオリジナルの方が、響きも表現も凝縮していると感じました。
弦楽合奏版は、たとえて言えば、濃くて苦い飲み物も薄めれば口当たりがよくなるといったことでしょうか。
やはり、オリジナルの方が数等良いのは当然でしょう。
でも、弦楽合奏版の冒頭、雲の間から陽光がさして、といった雰囲気は、オリジナルとはまた違った良さがあります。

なんにせよ、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲は奥が深いと感じました。
今の心境では、たとえば無人島に一組のCDを持って行くならば、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集だなと思いました。

これから、じっくりとこの曲集と付き合って行きたいと思います。
今日は、司法書士試験を受験してきました。

択一式問題の午前の部、憲法、民法、刑法、商法の実体法はそれなりにできたと思います。
これまで身につけた法感覚で何とか行けたと思います。
だてに何年も勉強したわけではありません。

午後の部、不動産登記法、商業登記法などの手続法が、微妙なところです。
知識の量が不十分でした。
それを、択一式試験の解答のテクニックで補ったのですが、正解に到達したのか今ひとつわかりません。
解答速報を待つことにします。

問題は、記述式。
実のところ、記述式についてはほとんど勉強していませんでした。
そこまで手が回らなかったので、受ける前から、半分棄権したような気分になっていました。

しかし、実際に受験してみて、意外に思いました。
けっこう書けるではないかと。
手も足も出ない達磨さん状態ではなくて、何とか立ち向かえるという判断をしました。
結果として、実体法の問題、どのような事実があったのかということについては、かなり的確な事実認定ができたと思います。
問題は、それを記述するための手続法の知識が大きく不足していることです。
わかってはいても、それをどう書けばいいかがわからないということです。

ということは、手続法の知識を補えば、正解にたどり着くということだという見通しが立ちました。
今回は、無理でしょうが。

それと、もう一つの問題。
試験には、答案を検討するためのメモ用紙のようなものが一枚配布されていたのですが、それを利用していなかった。
具体的には、思いついたことを、答案用紙にそのまま書いて、違うと思ったら二本線で消して訂正してということをしまくったということ。
答案が非常に汚くなって、ほとんど判別不能になったのではないかと。
もしかしたら、答案が汚いということで、採点してもらえないのではないかと反省しています。
やはり、気が動転していたんでしょうね。
平常心が大事。

まあ、今回はともかく、次回こそは期待して言いという感触を受けたということで良しとしましょうか。

誕生日プレゼントのCD その後

テーマ:
昨日、誕生日から一日遅れでCDを買ってもらいました。

まず、バルシャイのショスターコヴィチの交響曲全集。
ショスタコーヴィチの交響曲全集は、いずれ必ず欲しくなるものだから。
何より、HMVのネット通販で5,000円がタワーの店舗で3,000円というのは、ポイント高い。
もう一つしか残っていなかったから。

これで3,000円、残り3,000円をどうするか。
これには迷いました。

ゲヴァントハウス弦楽四重奏団のベートーヴェン弦楽四重奏曲全集、3,000円。
バレンボイムのモーツァルのトピアノ協奏曲全集、3,000円。
ミケランジェリのDGボックス4,000円。
ブリュッヘンのベートーヴェン交響曲全集。
クレンペラーのロマン派交響曲集。
ルービンシュタインのショパン集。

どうしよう?

まず、ベートーヴェンのピアノソナタ全集は、先日弟が私に送ってくれた、イーヴ・ナットの全集があるから、とりあえずはパスかなと。
ブリュッヘンの全集は、とりあえずモノラルが半分とはいえ、ヨッフムの全集があるからパス。
ミケランジェリのボックス物は、値段オーバーのためパス。
ルービンシュタインのショパンは、あまり熱心にショパンを聴いていなかったので、好みに合わない可能性があるからパス。
そんなわけで、必ず一組は持っておかないと話しにならない、ベートーヴェンの弦楽四重奏全集に決まり。
ドイツの伝統的な団体のようです。
私としては、もっと即物的な演奏様式が好みですけど、これはこれで、ポイントが高いかと。

未練があるのが、クレンペラーのロマン派交響曲集。
シューベルト、シューマン、ベルリオーズ、フランク、メンデルスゾーン、四版・シュトラウス、ドヴォルザーク、チャイコフスキー。
ネットで見ると、HMVでは売り切れで注文できなくなっている。
もう、店舗で買うしかない。
何とか、給料日まで売れないで欲しい。

なにはともあれ、いい物を手に入れました。
じっくりと聴きます。

誕生日プレゼントのCD

テーマ:
6月10日は、私の誕生日。
女友達とその姪っ子が、私にCDをプレゼントしてくれることになりました。
女友達が5,000円分、姪っ子が1,000円分、あわせて6000円分です。

さて、何を買ってもらおうか。
最近は、ボックス者が非常に安いです。
新譜が一枚に三千円するのに対して、ボックス物が、10枚3,000円なんてのもざらです。
そんなわけで、一枚ものを買うのは馬鹿らしいので、ボックス物を買ってもらうことにします。
一つ3,000円ぐらいだったら、ちょっと節約すれば、何とか決心が付くのですが、4,000円、5,000円となるとそうもいきません。
その辺を考慮して決めます。

そうすると、当然全集物です。
私の欲しいものは、ベートーヴェンの交響曲全集、ピアノソナタ全集、弦楽四重奏全集。
ブラームスの交響曲全集、ブルックナーの交響曲全集。
マーラーの交響曲全集、ショスタコーヴィチの交響曲全集です。

ベートーヴェンの交響曲全集は、今手元にヨッフムのものがあります。
ブラームスの交響曲全集とブルックナーの交響曲全集とセットになった、グラモフォンのものです。
演奏はいいのですが、ベートーヴェンの半分がモノラルです。
そんなわけで、ステレオのものが欲しいとも思えます。
そこで思い浮かべたのは、ブリュッヘンの旧全集。
古楽的アプローチの演奏を聴いてみたいからです。
4,000円。
ヴァイオリン協奏曲とプロメテウスの創造物が併録されているのもポイントが高いのですけど、交響曲に絞って、値段を抑えてくれた方がありがたいような気もします。
でも、どうしよう?
半分モノラルとはいえ、ベートーヴェンの交響曲全集はひとつ手元にあるし。

ブラームスの交響曲全集。
前述した、ヨッフムのボックス物に入っているけど、全部モノラル。
ブラームスの交響曲全集は、意外とコストパフォーマンスが悪くて、二枚三枚で四、五千円はすることが多い。
ヨッフムのボックス物として、EMIから、ベートーヴェン、ブラームス、ブルックナーの交響曲全集と、モーツァルトの戴冠ミサとバッハのロ短調ミサとの組み合わせで5,000円。
これは全部ステレオ。
同じヨッフムの新旧を聴き比べをするのも一興だけど、同じ演奏家の同じ曲目をそろえるのもなんかなと。

ブルックナーの交響曲全集。
前述のグラモフォンのヨッフムボックスは、ブルックナーの全集が目当てで、他がモノラルなのを目をつぶって購入。
ヨッフムのロマン派的アプローチ以外のもっといかめしいのを聴きたいので、ヴァントのものに食指が。
3,000円。
これも決心が付けば、節約して買える。
他に朝比奈のも持っているし、あまりブルックナーばかりそろえるのも何かと。

マーラーの交響曲全集。
大地の歌が収録されてなかったり、交響曲第3番のアタッカの途中でCDの面が変わったりしてなかなか納得の行く全集がないのだけど、ブーレーズの全集は、この二つの条件をクリア。
広島で一番品揃えが多いタワーレコードで7,000円。
千円足せば、買えるのだけど、HMVのサイトでは5,000円。
いくら人に買ってもらえるとは言っても、これは問題。
主だった歌曲や嘆きの歌も入っていてポイントは高いのだけど。

ショスタコーヴィチの交響曲全集。
タワーの店頭では、バルシャイのものが3,000円。
HMVでは5,000円。
いいねいいね。
でも、これも決心が付いたときにまわしてもいいかなと。

あまり交響曲ばかりというのも偏っているので、他を考えてみる。

ベートーヴェンのピアノソナタ全集。
意外と安いものは少ない。
どうしても、5,000円6,000円はしてしまう。
タワーの店頭では、ポリーニ、アラウ、グルダ、バックハウス、ケンプを見かけた。
古い録音でも、値段が安くなっていない。
ポリーニ6,000円、アラウ5,000円あたりか。
ポリーニは、以前後期の5曲を聴いたことがあり、悪くはなかった。
アラウは、変奏曲集、特にディアベリ変奏曲が付いていてポイントが高い。
他にもグルダの協奏曲とセットで3,000円、これもそそられる。
でも3,000円だったら他の機会に決心すれば。
ベートーヴェンのピアノソナタ全集は、以前バックハウスのものを持っていたのだけど、弟に持っていかれてしまった。
もしも弟が戻してくれたら、たちまちはベートーヴェンのピアノソナタ全集は購入しなくて住むかと。

ベートーヴェンの弦楽四重奏全集。
ゲヴァントハウス弦楽四重奏団のもの、3,000円。
これはポイントが高い。
でも、以前ブダペスト弦楽四重奏団のものを持っていたのだけど、弟に持っていかれた。
これも戻してくれたら、たちまちは買わなくていい。

全集物だったら、こういったところだけど、演奏家ごとのボックス物もいいなと。

グラモフォンのミケランジェリボックス、4,000円。
目当てはドビュッシーの前奏曲第1巻、第2巻。
でも、ドビュッシーの前奏曲全集は、弟の持っていかれたものなので、これが戻ってきたらパス。

ベームのグラモフォン後期録音集。
お目当ては、チャイコフスキーの後期三大交響曲とドヴォルザークの新世界。
これは7,000円。
うーむ、どうしよう?

デッカのバックハウスの協奏曲録音集。
ベートーヴェンの協奏曲の旧録音なんかが入っていて、ポイント高いけど、なぜシューリヒト戸のブラームスの2番が入っていないのか?
没。

ルービンシュタインのRCAショパン録音集大成、10枚組み。
ショパンの主だった作品はほとんどそろうのでポイント大。
3,000円だし。
でも、どうしようかな?

同じルービンシュタインだったら、ブラームス集。
協奏曲、独奏曲もあるけれど、大半は室内楽曲。
渋い。
でも、私の好きな、間奏曲作品117-1が入っていないんですよね。
これも迷うところ。

ブーレーズ、コンダクツシェーンベルク。
同じくブーレーズのヴェーベルン全集。
オーマンディーのチャイコフスキー録音集。
タワーレコードの店頭で、何を買ってもらおうかと悩んで頭がくらくら。
誕生日まで、うれしい悩みは尽きません。

司法書士の憲法、刑法。

テーマ:
先日、司法書士試験の願書を出してきました。
7月5日が試験日です。

一応全部の科目をやりはしたのですが、まだまだ不十分です。
憲法と刑法に手をつけたのはつい先月のことです。
憲法と刑法は、司法試験の時よりも、ずいぶんと易しかったです。
でも、その分面白い論点まで入り込んではいませんでした。
もちろん、試験勉強としては、深入りは禁物ですけど。

先日ためしに憲法の過去問を解いてみました。
全問正解でした。
憲法の学習は、ずいぶんとブランクが空いていたのですが、私の憲法感覚はさび付いてはいませんでした。

次は、刑法の過去問を解いてみたいと思います。
刑法は出題数が少ないので、あまり時間はかけられないので、これ一回だけ過去問をといて、本番に臨みたいと思います。

それにしても、不動産登記法、商業登記法の難しいこと。
こっちを追い込みをかけなければいけないのですが。

マーラーの交響曲全集

テーマ:
マーラーの交響曲全集が欲しい。
でも、なかなか思い通りにはいかない。
なぜか?
それは、どの全集にも欠陥があるから。

まずは、交響曲の1番から10番まで、できれば10番はクック版でもその他の版でもいいから5楽章版がいい。
そうすると、ショルティが失格。
10番がない。

次に、これは大事なことなのだけど、交響曲「大地の歌」があるかどうか。
大地の歌にはいわくつきで番号がついていない。
そんなわけで、形式的に、大地の歌が欠けている全集がいかに多いことか。
失格があまりにも多い。
クーベリック、スヴェトラーノフ、小澤、若杉、アバド、マゼール、アブラヴァネル、シャイー、ギーレンそのた大勢。
バーンスタイン、シノーポリは、別の機会に録音したのを加えているから許す。
一番むかつくのは、ジンマン。
大地の歌の録音があるくせに、なぜか全集では、大地の歌が省かれている。
誰が買うものか。

でも、一番の不満は、交響曲第3番の扱いについて。
交響曲第3番は全6楽章の構成で、第4楽章から終楽章までアタッカ、すなわち切れ目なく演奏されるべき作品。
ところが、今発売されているマーラーの交響曲全集で、第4楽章から終楽章まで切れ目なく収録されているのは皆無。
みな、アタッカのところで切っている。
切るべきでない所で切っている。
たとえ、一枚多くなってでも、そのことは譲りたくない。

そんなわけで、マーラーの交響曲全集に買いたいというものが皆無。
レコード会社よ、そのことをまじめに考えろ!
今はCDは安い。
居酒屋二三回ぐらい我慢すれば、、全集が変えるのに。
費用対効果を考えると、全集を買えば、個別の演奏に飛びつかなくてすむので、結果としては経済的なのに。

ともあれ、この条件、第10番、大地の歌があること、第3番のアタッカが切れ目なく演奏されていること。
この件がクリアされていれば、飛びつきます。

突然の携帯が。。。

テーマ:
今日、嬉しいことがありました。
突然、携帯が鳴りました。
長崎からでした。
前回の一斉地方選挙で市議に落選した人からです。
いったい何事があったのだろうかと、不安な気持ちで電話にでました。

すると、何のことはない、携帯の操作を間違えて、私にかけてきたようです。
嬉しい間違い電話です。

前回の選挙では、私も選対に入って支援をしました。
その結果が、落選でした。
私も非常に落胆しました。

でも、今日の電話では、声に活力がありました。
今回の選挙に賭ける意気込みが感じられました。
短い時間でしたが、お互いに近況報告をしました。

この短いやり取りで、こちらまで力が漲って来るようでした。
後三ヶ月。
もうすぐです。