心の空、映し鏡。

このブログが心を映す鏡になればいい。
漫画、アニメ、小説など、見たもの読んだものの記録が目的のゴーイングマイウェイなブログです。


テーマ:

Stage38 「アニキとの約束 ~ゴー・マジーロ~」
サイクロプスの銃弾に倒れてしまった蒔人!!次男として後を託された翼は、蒔人の代わりにみんなを守ろうと決意。しかし、芳香と麗まで撃たれ、消し去られてしまい…。蒔人との「みんなを守る」という約束を守れなかった翼は激しく苦悩!この大きな壁を乗り越え、再び立ち上がることはできるのか!?



先週に引き続きサイクロプスに狙い打たれる話でした。


サイクロプスの銃弾に撃たれ消えてしまった蒔人兄ちゃん。翼は兄貴のお前が皆を守るんだという言葉を守ろうとしますが、芳香ちゃん、麗ちゃんと所構わず狙ってくる銃弾の餌食になってしまいました。


やはりこういう展開だよね。魁ちゃんと翼っちが残ったのですが、翼は皆を守れなかったという想いから自分を見失っちゃいます。

そんな翼に魁は鏡で今の自分の情けない顔を見せ、チー兄はチー兄らしくみたいな言葉をぶつけますよ。良い事言うじゃありませんか魁ちゃん大っきくなったねぇ…。手も出るかと思ったけど、流石に愛の鉄拳は無かったね(笑)

そして弟のそんな言葉に立ち直った翼は俺らしく、と頭を指しますよ。おおぅかっこいいじゃありませんか。てか頭脳派だったんだっけ?(失礼)


そしてマジレッドに囮をさせて自分は鏡の中?にいるサイクロプスの元へ。銃で決着を着けます。そっか翼ってガンマン(?)だったっけ…。


んで兄貴&芳香ちゃん&麗ちゃんが戻ってきました。一時の休息モードで魁が翼の情けなかった所を曝露しようとして一悶着。


しかしサイクロプス、しぶとく巨大化。一転、マジレンジャーピンチ!ってとこでヒカル先生もといトラベリオンが弾を吸収してくれ、勝っちゃいましたね。さようなら置鮎さん…。(違)


そして魔法部屋に戻ってからは、スモーキーがヒカル先生のマルデヨーナ世界でのご様子を曝露しようとされました。「旦那がボッコボコに…」「スモーキー、余計なことは言わなくていいんだよ」(会話があやふやなのはご容赦ください)そして出た、前髪パサッとキラーンとな。うわっ、誤魔化したよヒカル先生。そしてなんか久々だね。それ。


今の戦いが終わったら、兄貴は夢を追うみたいです。大兄貴農場…。頑張ってくださーい。


次回は…?また何かありそうですね(にっこり)以上!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
角川エンタテインメント
ザ・リング2 完全版 DTSスペシャル・エディション

前作で生き残ったレイチェルとエイダンの親子は、田舎町へと引っ越すことに。だがそこでも呪いのビデオによる殺人事件が。しかもその呪いの元凶であるサマラは、今度はエイダンに乗り移っていたのだ!



え~と…見たの結構前なんで忘れかけてるんですが(爆)てか毎度ながら見たら直ぐ書けよなぁ自分…。


リングです、サマラです。

でもサマラも怖いと思うけど、やっぱり貞子の方が怖いかなぁ…?…まぁどっちも怖いけど。

しかし、やっぱり水を使った恐怖というのは怖いですね~。

私、普段ホラーとか見ても表面では平静を装い(てかよっぽどじゃなければ平気だけど)こそっとうわ~とか呟いてるんですが、怖って言っちゃいました。腕とか鳥肌立ってたし。


私的に怖かった場面が2つ。

風呂で沈んでる?エイダンを助け出そうとしたときサマラがぶわっと出てくるとこは鳥肌立ちました。水を使った演出ってのは何か身近で恐怖心が煽られます…。

しかしあの男の人(名前忘れた;)哀れだよね…。

後、井戸を這い上がってくレイチェルの後ろからサマラが凄まじい動きで追って来るとこ。あれはね…動きが非常にキショかったです。迫ってくる感じに怖っと何回連呼したことか…。


あぁ後鹿が車に体当たりしてるとことかは凄いなぁ…と。また違った怖さがありますよね。あの囲まれた時の数!鹿ってあんな凶暴な動物だったっけ?


リング1の内容を忘れてたのですが、充分楽しめました。でも一人では見たくないかも…(^ ^;)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

はやみね かおる, 村田 四郎
笛吹き男とサクセス塾の秘密 ―名探偵夢水清志郎事件ノート


このシリーズももう10年目なんですか。凄いですね~。

でも私がこの物語に出会ったのは確か5年前。それからずっと見てますが、面白いですよね。

ちょっと前に『都会のトム&ソーヤ』の記事を書きましたが、やはりはやみねさんと聞いて、

最初に思いつくのは教授の話ですね。年期が違いますもん。(と言ってもまだまだだけど)


亜衣ちゃん達は中3で、受験を控えています。

しかし、凄いですね。受験生って本当はこういうものなんだなーと…思わざるを得ませんね、ははは…。

合宿でなんて三日間ず~っと勉強してるんですよ。


凄いなぁ…私受験勉強というものをしてた覚えがあまりありませんもの…(爆)

だって本格的に(と言うか真面目に)やり始めたのって確か3学期に入ってから…くらい?

別になめてかかってたわけじゃないんだけど…こんなんでよく受かったよなぁ…ほんと(苦笑)

だから亜衣ちゃんがテストの成績とかの話をしてるとき、レーチと一緒になって大丈夫!と励ましたくなりました。

だってこんな頑張ってなかった人も神様は見捨てなかったんだもん。…自分で言ってて悲しくなってきた…。


そういや最初の亜衣ちゃんによる人物紹介みたいなもので、レーチとの関係について触れてました。

そして“彼氏”という言葉を否定していない!これを読んだあなたが判断してねみたいなことが書かれてましたが、

判断もなにも…ねぇ?(誰に訊いてるんだ)全く言わせないでくださいよ。


そしてまた魅力的なキャラが登場してます。

進路に迷うレーチと神谷先生の会話とかなんだか良いなぁって思えます。

佐々木先生もプロだけど子供心も忘れてないという素敵な先生だし。宮田さんとかも好きだな~

小野田硝子ちゃんや星野英雄くん、小川健太郎くんはこれからも出てきたりするのかな?

真衣ちゃんや美衣ちゃんの恋模様もちょっとした変化あり?みたいだし。特に真衣ちゃんは…ね。

亜衣ちゃんももちろんのこと、これからの展開に期待!!です。


しかしこのシリーズ、どこまで続くのですかね?卒業したら終わりってなことない…よね?

終わってしまうのはかなり寂しいのですが…。


そいえば漫画出てるんですよね…どーしよっかなー。

楽しみにしてた『亡霊は夜歩く』なんですが、訊くところによるとレーチがどうも原作とは違うみたいなんですよね。

金髪だっけ?長髪の野蛮人じゃないレーチなんてレーチじゃないと思うんですけど…。

あー、興味はあるけど見るのが怖い~!


…あっ、教授のことに触れてない!教授は相変わらずで、しかも巨大ゴキブリでした。(意味不明だね…)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第6話 「狙われる猫」

クロノスへの反逆者とされたトレインとクリードに、それぞれ時の番人(クロノ・ナンバーズ)が迫る。セフィリアとトレインが対峙する中、虫の大群と共にクリードの同士を名乗る道士(タオシー)、シキが乱入。混乱に乗じて逃走するトレイン。そんな彼にサヤは「自分や大切な人を護るために必要」と、銃を返す。翌日、“クリードからの手紙”を見つけて衝撃を受けるトレイン。“トレインを惑わす魔女”としてサヤが狙われているのだ…。



えー!?ここでシキが出てきたよ!?なんっかホント話が違くて…楽しませてくれますねー。

シキに連れてかれそうになるけど、どこからかサヤの歌声が聞こえてきて…ってのは良かった~。んで逃げたトレインがサヤと逢って抜きつ抜かれつの走りあいをしてるとことかさ、2人ともむきになってて可愛かったな~トレインも変わったよね…。


でも、だから、サヤの運命も知ってたから余計辛かったです…。

サヤはさ、素敵な子だよね。子供達と無邪気に遊んでたかと思えば、ピンチになると凛々しく銃を構えてたり。原作ってサヤが死んじゃった後の話だから回想とかになっちゃうけど、アニメでは出会いから始まってたからトレインが段々と表情とか出てきて喋るし変わっていくのが分かってね、サヤって子の魅力と言うか、自由気侭な生き方ってのは憧れますよね。そういう意味でトレインが影響されるのも無理ないな~なんて…

分かってたけど、やっぱりクリードの手紙を見て急いで向かうトレインに間に合ってくれないかな…と思っちゃいました。

サヤの最期なんてもう…辛いよ~!トレインが「サヤ」って呼ぶんだよね。私の見てた限りでは初めてな気がするんですが…。

で、怒って(…怒ってっていうのかな?)トレインがクリードに向かっていくわけでしょ?


しかしね、なんでかな、こんっな悲しい場面の次に流れる絵があれなのよ。あのEDの絵は気が抜けるってか馬鹿にされてる感じが…。しましたよ。ええ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第159話 「敵か味方か!? 荒野の賞金稼ぎ」

網手の指令で、茶の国の大名の茶壷、ミソギをぬすんだ男・五寸釘をつかまえることになったナルト、ヒナタ、キバ、赤丸たち。五寸釘がかくれているという石の国で聞きこみをしようと酒場に入るが、間中道蔵に子供あつかいされ、攻撃されてしまう。ピンチのナルトたちをたすけてくれたのは、悪人をつかまえて賞金をかせぐ男・サザナミだった。
食事をおごってくれるというサザナミは、ナルトたちを町はずれまでつれ出した。そして、「五寸釘はオレの獲物だ。おまえたちには死んでもらう!」と、とつぜんおそいかかってきて…。



オリジナルもまた新しい話に。今度はキバとヒナタとですか…。なんかまたって感じがする。で……シノは?もしかして書きづらかったりするのかな、あのキャラ。三人一組で足りる任務らしいから一人外したんだろうけど、なんでシノなんだろうね。いや、別にいいんだけどさ。今ラジオのマンパ、シノなのにね(笑)


しかし五寸釘ってネーミングはどうなんだろうか。…いや、それいっちゃあれですが。

技もなんか痛いし。刺さってるよ痛いよ…。


てかさ、なんか活躍がなかったよね。ナルト達…てかキバとヒナタが。

そんなあっさりと!って感じにサザナミに気絶させられてるし。どうせ出るならもっと活躍してほしいな…。


うーん…なんか書くことないなぁ…オリジナル何時まで続くんだろ。とりあえず第2部始まる前にもう一度10班(もしくはシカマル)の活躍が見たいです…。出してくれないかなー?

あっ、本編と言えば、先週のWJ、8班の面々が出てましたよね!(今更)ヒナタの髪が伸びてて可愛かったな~あと赤丸がおっきくなっててビックリした。アニメ話からはずれてごめんなさいでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第32話 「負け犬はいるか」

みんなでやり遂げると誓ったデス・マーチだったが、拷問のような厳しさについに脱落者が。ハァハァ三兄弟の黒木と戸叶が逃げ出してしまったのだ。ふたりの脱走に揺れるデビルバッツ。そして次の日、セナを認め、自分も変わりたいと想いを語っていた十文字までもが姿を消していた…



デス・マーチはまだまだ続くよ、ということで走ってます。押してます。ぶっ放してます。


今回はハァハァ三兄弟のお話…。十文字がセナと友好的(?)に話してました。語ってますねぇ…。

そして三兄弟内部分裂勃発!逃げた黒木と戸叶が「追って来ねぇかな」って話してるところがね…来てやれよ十文字ぃって思わされました。

んで来てやった十文字と黒木と戸叶が殴り合うところ…せ、青春?(腐ってる奴が此処に居るぞ)虹の話してるとことか面白かった。5色とか8色とか言ってるとこに何処行っても7色に決まってるだろとか…。


モン太達が、ヒル魔さんは全然疲れてないな~とか話してましたが、てかさ、重いの持ってとか、くねくね走ってとかはあっても弾切れとかないんですかとかの突っ込みはなしなんすか?手ぇ痛くなったりしないんすかね?反動とかありそうだけどねー


てかね、やばい。まもり姉ちゃんが気付いたじゃないですか、ヒル魔が膝痛めてる?のに。んで何も言わずに手当てしようとしてるとことか、じっとしててと言われたヒル魔が足動かすとことか…あっ、ちょっと好きかもしれない!この2人…前からちょっと思ってたけど、やばいな~ハマルかも…。


最後のオマケ。そういや三兄弟がアメフトやってんのって弱みあったからだったね…忘れてた。ヒル魔、ネガ燃やしましたね~何かオチがあるのかと思っちゃいました。…ごめんなさい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第5話 「決意する猫」

生体兵器(バイオ・ウエポン)の破壊が未遂行だと召還したクロノスの長老会に、「オレが正しいと思うように自由に行動する」と宣言するトレイン。クリードは時の番人(クロノ・ナンバーズ)の隊長セフィリアに進言し、トレインの説得に向かう。が、彼の実の目的はトレインと闘う事。戦闘中、トレインの力に歓喜、高揚した彼は監視役のクロノス諜報員を瞬殺。その後、トレインは「今のオレには必要ない」と言い、銃をサヤに預ける…。



気付いたら2話見逃してました…。

うっそーん…。原作とかなり話違うから見逃したらわっかんないっつーのに~!ショックだ…。


いつの間にかトレインがナンバーズ抜ける言うとるし。なんかアニメオリジナル入ってるから見てて面白いな~トレインかっこいいしさー。やっぱり黒猫の時の方が好みなんだけどさ、自由気侭に生きて欲しい…かな。でも私闇を背負ってる人大好きなもので!(聞いてない)


てかセフィリアさん美人さんだよねーかっこいいし~こんな綺麗なお姉さまが隊長なんだもんねー


なんか不意に絵が崩れるよね…ミニマム化するというか、なんというか。主にスヴェンが。シリアス調にはどうかと思うのですが…。

そしてイブは可愛かった…。


しかしホントにクリード壊れてるよね…いかれてるって言うのかな。でもここで虎徹(漢字違うと思う…)が出てますけど、この時点で刀身消えてますねーこのとき既にタオを得ていたということですかね?


なんか懐かしくなって今本棚の奥から引っ張り出して黒猫原作最初から読み直してんすけど、…ホント話全っ然違うよね~これからどうなるのかなー?てかどこまでやるんだろう?星の使徒はやる…よね?

てかもう見忘れないようにしないと…

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

三十九之巻 「始まる君」

スーパー童子とスーパー姫に捕まってしまった明日夢とみどり。頼みのヒビキも魔化魍ヨブコに倒され、「たちばな」で意識を失ったままだ。ザンキに冷たく突き放されたトドロキはお汁粉で酔っ払い、あきらの心がつかめないイブキの悩みも尽きない。それでも現れるヨブコに立ち向かうトドロキとイブキだが…。囚われの身の明日夢とみどり、そしてヒビキは?



今回はもう明日夢くんですね。

京介にばーかばーかといいたくなったことなんか忘れました。


お汁粉で酔っ払うトドロキくん…おいおいおい。

てかトドロキ、ザンキさんになんか言ったけど、このまま離れちゃうのかな…?師匠離れ?なんか寂しいなぁ…。


イブキさんは…ボロボロになりながら、あきらちゃんに鬼になるかは自分で決めるんだと伝えます。この言葉はあきらちゃんに届いた…よね。あきらちゃーん…。


んで、先週攫われた明日夢くん&みどりさん。自力で脱出したはいいけどスーパー童子&姫に見つかり、ピーンチってとこでヒビキさん登場!かっこいーねぇ…。

しかし苦戦をしいられちゃうのですが、明日夢くんの機転で見事倒します!明日夢くんが響鬼のとこに行ったので明日夢くんが血路を見出すんだろうなーとは思いましたが、君は素晴らしいよ。京介なんかめじゃないって!

そして極めつけに初めてヒビキさんが明日夢くんのことを、「明日夢」と呼びました!「少年」じゃなくて「明日夢」って!これは何かが変わったということなのかな?いよいよ弟子へと…?


そしてそして来週はあきらちゃんがとうとう鬼になるの?なるのかな!?ぎゃーすっごい気になるんすけどー早く見たい~!!あきらちゃんいよいよ長かった暗闇から抜け出せるんですかね…?


しかし最後のスモーキーの皆雨に打たれて風邪引かないのかってのに妙に納得してしまいました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Stage37 「狙い撃ち ~ゴル・マージ~」

蒔人が、かつて海外留学のため英語の勉強をしていたことを知った翼。しかし今は、長男として弟妹が一人前になるまで見守るのが新たな夢だという。そんな中、地上のマジレンジャーの前にサイクロプスが、マルデヨーナ世界のヒカルの前には、ドレイクが出現し…。今回は、長男・蒔人&次男・翼の男兄弟の絆で、最強の敵に立ち向かう!!



今回は兄ちゃんと翼の話だったみたいですね。

しかし兄貴すげぇー!!蒔人兄ちゃんぺらっぺらと英語喋ってましたよ…。発音良いよね…。

海外留学なんぞ考えてたんですね~理由が兄貴らしいですが…。


なんかシリアスっぽかったですよね。

「狙い撃ち」という通り、どこからでも狙われてます。


しかしさ、兄ちゃんが上半身を岩にしたけどさ、そのとき足元狙ったりはしないんだね。それか顔とか…まぁ戦隊ものでそんなグロいことはなしか。


そして撃たれた蒔人兄ちゃんが消えちゃいました。これは…何なんですかね?まさか本当に死んだわけないだろうし…。てかさ、続くみたいですが、最後のあの絵はなんなんだ…。ちょっと笑ってしまった…。


しかしこれはもしや一人一人消えていくパターンですかね?そしてヒカル先生はどうなったんでしょうか。

以下次週待て次週。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

はやみね かおる
都会のトム&ソーヤ〈1〉


いつもの如く図書館で借りてきました。

はやみねかおる先生の話、とても楽しくて好きです。

と言ってもちゃんと読んでるのは夢水清志郎だけなんですけどね…
後はちょこちょこっと…(今はちょうどサクセス塾読んでます)


『都会のトム&ソーヤ』も前々から知ってたんですけど、
読む機会がなくてですね、やっと読むことが出来ました…。

はやみねさんのって大体貸し出し中なんですよね。
児童書と思って侮ってはなりませんよ。とっても面白いですから。


主人公は中2の男の子。普通の元気っ子の内藤内人くんと竜王グループの御曹司で頭脳明晰な竜王創也くん。


ひょんなことから内人は創也から鍵を渡され砦(竜王グループの廃ビル)へとやってきて
2人の冒険が始まるわけですが、これがまた性格が真逆というか、
内人はおばあちゃんから伝授された知恵でどんな危機的状況でも
周りの物をフルに活用し乗り切ってしまうサバイバル少年(こういう子は断じて平々凡々とは言わないと思う)で、
創也は頭脳明晰少年らしく普段はおよそ今後の生活に不必要ではないかという知識を披露してくれたり、
拾ってきた機械類を修理して使えるようにしたりしてるのですが、
しかし目的の物が目の前にあれば後先考えずに突っ走ってしまったりしてしまうわけで、
まぁ良い意味でお互いを補い合っているというか、なんというか。


「君といっしょならなんとかなるような気がするんだ」

という言葉を普通にニコニコと言ってしまう創也は天然だと思うのですがどうなんでしょうか?

そういやなにげに途中から呼び方が「内藤くん」から「内人くん」になってましたね~
でもよく考えると“う”を取っただけなんだよね…。


創也には夢があって、それは究極のゲームをつくること。
そのために、5番めのゲーム『ルージュ・レーブ』を作っているという
ゲームクリエイターの栗井栄太に会い、それをも越えるようなゲームをつくる。

その目的のため、創也とそして内人は栗井栄太のことを探すのですが、
これがまた栗井栄太という人が謎な人で、姿はもちろん年齢性別も不明。

栗井栄太に少し思ったところがあったりしたのですが、絶対違うのでこれは言わないことにしときます。


そうそう、創也には御曹司らしくボディーガードが付いてたりするのです。
その名は二階堂卓也さん。(愛読書(?)は『転職こそ天職!』/笑)

彼がまぁ色々と(創也によって)酷い目にに遭わされちゃうんですけど、
でも警備員相手に(奪った)ヌンチャクを振り回す卓也さんは素敵ですよ。

内人曰くカンフー映画の予告編を見ている気分だそうです。

でも保父さんに転職希望な卓也さんですが、
結局は創也のボディーガードをやめられはしないみたいですね(^-^)


さて、続きがとっても気になるのですが、次はいつ読めるだろうか…。早く見たいです。

(その前にたまってるのを読んじゃわなきゃなんですが…(^^;))

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。