豊臣秀吉に呼ばれているような気がして仕方なかったので、豊國神社を参拝しました。

おみくじを引き、秀吉からのメッセージを二つ受け取りました。


一つ目のメッセージは…

「神のこころはかわらぬものを、かわり易いは人こころ」

何か困難が起こった時には一生懸命に願い事をするが、解決すれば忘れ去り、神をろくに拝みもしなくなる。

人を可愛いと思召す神の心はいつまでも変わらない。

神を有り難く思う人の心も変わってはならない。


もう一つのメッセージは…

目上の人の引き立てで思いがけない幸運がやってくる。

心を引き締め、驕ることのないように。


くだけた表現で言えば、

「いつも気にかけてやっているから、(近所でなくても)ちょくちょく神社に顔を出せ。目上の人のお陰でいい思いができるが、調子に乗るなよ。」

といったところでしょうね。



昨年の願いは、一つは叶ったので早々にお礼参りをするべきでした。

もう一つの願いは継続中ですが、昨日の参拝では、メッセージを受け取るだけにとどめました。



思いがけず社務所の方や近くのお店の方と楽しく会話が弾み、いい気持ちで帰路につきました。
AD