ソフトバンクが、JVC・ケンウッド・ホールディングスとの間で、JVC傘下の日本ビクター子会社の音楽事業会社2社を買収する方向で大詰めの交渉に入ったことが16日分かった。月内にも基本合意する見通し。

 買収するのは「ビクターエンタテインメント」と「テイチクエンタテインメント」。JVCから過半数の株式を取得する方向で、出資額などを最終調整している。

 ソフトバンクはインターネット事業大手のヤフーで映像配信サービスを手がけており、「音楽コンテンツを取り込むことでネット事業とのシナジー効果が期待できる」(ソフトバンク関係者)としている。

 ビクターエンタは、サザンオールスターズやSMAPなど有力アーティストが所属しており、音楽ソフト業界4位。テイチクエンタは石原裕次郎、和田アキ子など人気歌手の著作権を管理している。

 JVCはノンコア事業である音楽関連子会社の売却を検討、昨年秋にはゲームソフト大手のコナミと、日本ビクター子会社の「ビクターエンタテインメント」売却で交渉したが、売却額で折り合わず決裂した。

 音楽事業は、消費低迷やネット配信の拡大によるCD売り上げの減少で経営不振が続いており、新たな売却先を探していた。

【関連記事】
JVC・ケンウッド 日本ビクター社長、外部登用 旧日本ポラロイド社長 
旧ビクター、北米向けテレビ生産からも撤退 メキシコ工場閉鎖
過去の決算を訂正 JVC・ケンウッド、未計上の損失発覚
「強制でないなら」 孫社長、SIMロック解除を条件付き容認
ソフトバンクがビクター音楽部門買収へ その思惑とは…
外国人地方参政権問題に一石

<訃報>高井岩男さん77歳=元住友精密工業社長(毎日新聞)
堺事件容疑者「泣かれイライラした」(産経新聞)
水俣病 救済を閣議決定 未認定3万人超対象(毎日新聞)
日本人の米国留学 10年で4割減少の理由(J-CASTニュース)
国の不適正会計、メールで情報提供を…総務省(読売新聞)
AD