第三期KUMONママサポーターレポート第三弾☆ ブログネタ:第三期KUMONママサポーターレポート第三弾☆ 参加中

第二期に引き続き、KUMONママサポーターの第三期としても活動をしていますが、今回はKUMONの「英語」について書きたいと思います

現在我が家のグー君(小4)がKUMON英語に通っています。通い始めて約半年になります。

KUMON英語は「英語を学習」する、という裏の目的はあるかもしれませんが、子供にとってはどちらかというと「英語に慣れ親しむ」という風に感じているのではないかという印象です

e-pencilというペン型の機械を使って、ゲーム感覚で英語を聞くことが出来るのも、グーにはポイント高いみたいです。私に似て?ギャジェット大好きなので

(画像元URL:http://www.kumon.ne.jp/eigo/gakunen/shou34.html)

そして何よりも、総合的に読み書きの力が付きました。なので今までグーは、読めなかった単語も読めるようになり、書けなかった単語もスペリングも出来るようになりました。また、分からないスペリングでも、なんとなく感覚でかなり近い答えを出せるようになりました。

例えば試しに「How do you think you spell dinosaur?」って聞いてみたら、「D?i?。。。」と音や感覚で何回か間違えてもたどり着きます。

また、話させようとすると、以前より話せるようになった感じもします。これはなかなか話してくれないので(最近)、ちゃんとは検証できていませんが

元々家庭で英語育児をしている、という特殊な環境もありますが、やはりKUMONの効果は大きいと思います。

今ではレベルがHに入りました(中学校2年生レベルなのかな?)。

be動詞の説明とかも日本語で書いてあったりするので、それはそれで後から「へーだからあーやって言うんだ英語で」とグーの場合は後付けな「へーへー」につながっています

また、通うタイプの英会話レッスンや英語スクールと違い、公文は毎日宿題が課せられます。

毎日、公文の宿題をやると、必「聞く→リピートする→書く」という流れに触れるので、毎日英語に触れる機会があって、きっかけもあって、定着率に貢献するシステムだと思います

うん。いろんな意味でおすすめです!


AD