理解の不平等

テーマ:
理解の不平等

理解されてなくて当然と想えず
響く真逆の叫びが跳ね返ってる
精神障害の理解ばかりを求めて
不平等なのに平等を訴える矛盾
他も差別なく理解が高くはない
解らない楯を貫くのは同じ立場
自分と葛藤してる希望を宿す中
闇は人を狂わせ自ら助けを拒む
偏った思考に囚われて惑い迷い
自分で自分を苦しめて悲観する
甘えや怠けが不能な身体はなく
自業自得も認めず横行する我侭
折角の理解の心さえ殺がれる中
自分ばかりの思い遣り知らずで
心的な闘病の在り方に失望する
恩を仇で返す太々しい生き方に
力より態度の改善が問われてる
哀が欠けて乏しいと傷付き難く
何にも感動しない訳でもないが
傷が入っても痛まない鉛の心は
痛みがなくても受けてる傷は傷
却って感じない方が制御し難い
限界までに高められた集中力は
刺激も変化も感じなくさせる中
バーチャルを錯覚で体感させる
過集中に秘められし恐るべき力
神経過敏は洞察力が秀でる力で
どんな物も使い方次第で役立つ
障害を才能に変える力が活きて
生まれ持った特殊は天賦の才だ
力が強いほど代償も高くなる中
いつでも神経衰弱と隣り合わせ
最低限の安定がないと無責任で
途中で潰れたら意味がなくなる
神経を擦り減らして努力しよう
AD