金色の砦

テーマ:
金色の砦

親との摩擦に愛情を感じられず
必要とされてない感覚に憑かれ
存在価値に囚われている暗闇で
存在意義も見い出せはしない中
孤独を抱え愛される事に飢える
恋愛観を否定すれば何になる?
魅せたい愛で勝敗を付けたがる
下に見てるから尊重出来ない中
自分の方が可愛いから自分優先
執拗い愛が重いわけではない中
執着だから相手を思い遣れない
そう想いたいだけの幻影に縋り
いくら騙っても真実は覆らない
命で贖うと託けたいだけだろ?
非現実的な誓いは取り除かれて
現実味に満ちた約束を強いられ
交わさせられた約束に縛られる
心は悪夢の介入車両に轢かれて
強行で夢物語を撥ね飛ばされる
問答無用で何もかも蹴散らされ
重たい現実の山積を手渡される
永遠と終わりのない人比べの中
存在価値は自分の意志に欠ける
存在の自由が理屈を破壊する中
自由だけがあっても出口はない
自分の存在理由を持って生きろ
必要とされる必要性こそがない
闇に沈みし敗北者の坩堝が眠り
彷徨える人々を追って飛び込む
人の甘さと優しさに勝ち続けて
最後に辿り着く終わりし世界に
金色の砦で見るのは広がる自由
孤独は欠かせない力へと変わり
闇に恐れ続けた心は解放される