悲しみのセレナーデ

テーマ:
悲しみのセレナーデ

どうして大切にしようとしないの
それはもう冷めかけているから
なにがいけなかったの
最初だけの尽くすだったこと
埋まらない心に隙間風が吹いて
儚い煌めきは憎しみへと変わり
いつまでも変わらないで欲しかった
鳴り止まないセレナーデ
知らなかったんじゃなく
知りたくなかったのです
別れを迎えるぐらいなら
それでもいいからとすがったのが
いけなかったのでしょう
その優しさが傷つけると
切なく語りかけるように
虚しく通り過ぎた日々
それももう終わりになりますね
枯れ果てた心を涙で潤すような日々に
グッバイ告げたら
また独りに戻って冷たい風の中
夢見た明日は訪れないまま
独りで想えば止まらない雫
届かないのは真剣な眼差し
足りなかったのは変わらない心
また嘘だったのとうなだれ
滲んで見えない明日へ
悲しい想い出は作らないと誓ってから
もう何回目になるのでしょうか
順番は残酷にかすかな希望さえも奪い
信じたかったいつかは
あの日の選択で失くした夢
別れ道しかないのと
たずねたくなる恋愛に
いつも風に振られて
行く宛てなく彷徨う
AD