2016年05月31日(火)

古代中国思想編(7)詩経を読む(後編)

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

 ―第176号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2016(平成28)年5月31日号(No.176)-160531-「古代中国編―
中国の古代思想を読んでみよう(7)詩経を読む(後編)」


本誌は、中国古代思想<四書五経を読む>の7回目、「『詩経』を読む(後編)」でした。


印象に残った詩篇のいくつかと、『詩経』出典の「維新」等の成語・成句を紹介しています。


あれこれ書いているうちに、長いメルマガになりました。
カットしてもいいのですが、読んでいただくことにします。


長く書くことは簡単です。
グダグダと書き連ねればいいだけ。


短くするのは大変です。
要所をきちんと押さえて必要不可欠な言葉のみを抽出する。


頭を使わなければできません。
集中力が必要です。


どこまで読み取れているのか、怪しいものではありますが、文章を書くとは恥をか(書)くこととも言います。


できる限りガンバって書いてみました。
楽しんでいただければ、幸いです。


 ・・・


中国の古代人の詩篇に、現代人にも通じるものを見ることができます。


いつの時代にも政治というものは、人民の生活に大きな影響を与えるものです。
一部の人たちが握っていた政治とはいえ、その影響は波紋が広がるように末端にまで及ぶのです。
それは古代であっても現代であっても変わりません。


今、私たちは政治に関与する権限を与えられています。
粗末に扱うことのないようにしたいものです。


 ・・・


詳細は本誌で!


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html


*本誌で参照した本(◎:原典邦訳 ○:概説書):
◎白川静/訳注『詩経国風』平凡社・東洋文庫518 1990/5

◎白川静/訳注『詩経雅頌1』平凡社・東洋文庫 1998/6

◎白川静/訳注『詩経雅頌2』平凡社・東洋文庫 1998/7

○白川静『詩経 中国の古代歌謡』中公文庫BIBLIO 2002.11.25

○『白川静 漢字の世界観』松岡正剛/著 平凡社新書440 2008.11.14

---

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月15日(日)

私の読書論80-読書について―我流の読書

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

 ―第175号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2016(平成28)年5月15日号(No.175)-160515-
「私の読書論80-読書について―我流の読書」


本誌では、老後における読書の習慣の身に付け方を、谷沢永一さんの著作『人間通』を参考に書いてみました。

「老後」と書きましたが、老後に限りません。
若くても中年でも、もちろん一緒です。
年齢は関係ありません。


でもそもそもなんで読書にこだわるのか、と疑問を抱かれるかもしれませんね。

読書というのは、学習の一方法です。


学習には、
(イ)人について人から教えてもらう方法 
と、
(ロ)一人で学ぶ方法 
があります。


一人で学ぶ方法の最たるものが本から学ぶ――読書という方法です。


一人で学ぶ方法の良いところは、
(A)場所を選ばずどこでも、時間を気にせずいつでも、自分の好きな時好きなところで学べるということ
(B)自分のペースで、自分のレベルで学べること
です。


「一人でできるもん!」


人に頼らずできる、ということは非常に便利なことです。
独力で切り開けるということは、上限がない、果てがない、ということです。
まわりの条件に左右されない、ということです。


読書のいいところは、
今現在の一流の先生はもちろん、過去の偉大な先生からも学べるということです。


もちろん、なかにはあれっと思わせる先生もいらっしゃいますけれど。
これはリアルであれ、本であれ一緒ですよね。


読書は学習だけではありません。
娯楽にも有効です。


ただ、人間というものは、自然と学ぶものです。
娯楽のつもりが何かを発見することもあります。


また、学習が娯楽になることもあります。
知らないことを知る喜び、等です。


その辺の広がりと深さが読書にはあると思うのです。
結局は、受け取り手の感受性であったり、知識や教養であったり、経験であったりが、差を生みます。


そんな読書をあなたも自分のものにして欲しいですね。

身に付けて損はない技術であり習慣ですから。


 ・・・


詳細は本誌で!


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html


*本誌で参照した本:

能戸清司『知的「生きがい」の発見』産業能率大学出版部 1979/01

谷沢永一『人間通』新潮文庫 2002/5

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。