2015年10月31日(土)

中国の古代思想を読んでみよう(2)四書五経を読む

テーマ:メルマガ「楽しい読書」
 ―第162号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2015(平成27)年10月31日号(No.162)-151031-
「古代中国編―中国の古代思想を読んでみよう(2)四書五経を読む」


本誌では、「四書五経」のごく簡単な概略の説明読むことの意義について書いています。


--
◆ 伝統文化を再認識し、原理を現代に生かす ◆
 古代中国編―中国の古代思想を読んでみよう(2)
  四書五経を読むということ
--


わが国においては、「四書五経」には中国の儒教の経典という面だけではなく、中国の文化そのものの代名詞となっている、というのです。
現実に私たちが日常使用する言語生活において、これらの書を出典とする言葉や故事来歴、ことわざが多数あり、それらを抜きにしては語れないと言っても過言ではない状況です。


また、道徳的にも処世的にもこれらの書から学ぶべきものが多数あり、現代においても十分通用する原理が語られている、と思われます。


ちなみに、
「四書」とは―宋代に朱子によって編成された経書『論語』『孟子』『大学』『中庸』
『大学』と『中庸』は、『礼記』の中の31篇と42篇を独立させたもの。


「五経」とは―前漢の武帝(前141-前87在位)の時代、建元5年(前136)董仲舒(とうちゅじょ)の献策を受けて、五つの経書を認定し、太学(国立大学)に五経博士を置き、高い地位を与えられた経書『易(経)』『書(経)』『詩(経)』『礼(経)』『春秋(経)』


 ・・・


詳細は本誌で!


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html

*本誌のお申し込み等は、下↓から

*本誌で参照した本:
『四書五経入門 中国思想の形成と展開』竹内照夫 平凡社ライブラリー320 2000.1.24
―「四書五経」の概説書としては唯一のもの。1981.2刊平凡社・東洋文庫・第二版の文庫化。初版1965。

四書五経入門―中国思想の形成と展開 (平凡社ライブラリー)/平凡社
¥1,512
Amazon.co.jp


『五経入門 中国古典の世界』野間文史 研文出版・研文選書119 2014.3.20
―中国の古典文化を学ぶ人のための経書の概説書。易(周易・易経)書(尚書・書経) 詩(毛詩・詩経) 礼(儀禮・禮記・周禮) 春秋(公羊伝・穀梁伝・左氏伝)。

五経入門―中国古典の世界 (研文選書)/研文出版
¥3,024
Amazon.co.jp


--

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年10月15日(木)

長い(分厚い)本を読む~わが読書人生から~私の読書論72

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

 ―第161号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2015(平成27)年10月15日号(No.161)-151015-
「私の読書論72-長い(分厚い)本を読む ~わが読書人生から~」


本誌では、「長い(分厚い)本を読む」ことについて書いています。


「物としての本」の持つ“重さ”「質量」が、そのままその本の著作としての「重さ/質(量)」なのだと思っています。


私自身、電子書籍というのが好きになれないのは、単に慣れの問題だけではないと思っています。
電子書籍の場合、端末そのものの重さしかないわけで、大長編であれ短編であれ皆同じなわけです。


ドストエフスキーの大長編の本を手に持って読むときは、本の重さがあり分厚さがあり、そのページを一枚ずつめくって何百ページ目かに到達した時の充実感、読み終えたときの達成感というのは、実際に“手応え”として体感できるのです。
それが読書の別の面での喜び、楽しみにつながっているものなのです。


ということで、今回はおしまい。


 ・・・


詳細は本誌で!


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html

--


*本誌で取り上げた本:
F.M.コーンフォード『ソクラテス以前以後』(岩波文庫)

ソクラテス以前以後 (岩波文庫)/岩波書店
¥583
Amazon.co.jp




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。