2015年08月31日(月)

大乗仏教:利他を目的とする(古代インド編)

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

 ―第158号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2015(平成27)年8月31日号(No.158)-150831-
「古代インド編―大乗仏教:利他を目的とする」


本誌では、<古代インド編>の最終回として「大乗仏教」について書いています。


ごく簡単に大乗仏教の出現とその思想について書いています。
難しいことは理解できていませんので、本当に形だけですけれど。

 ・・・


詳細は本誌で!


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html


*本誌で取り上げた本:
『インド仏教の歴史 「覚り」と「空」』竹村牧男/著 講談社学術文庫 2004/2/11
―インドで誕生した仏教をその原点から大乗仏教、密教までを解説する。*大乗仏教以降の目次:第3章 大乗仏教の出現――仏教の宗教改革/第4章 空の論理――中観派の哲学/第5章 唯識の体系――瑜伽行派の哲学/第6章 その後の仏教――「空」の思想の行方

インド仏教の歴史 (講談社学術文庫)/講談社
¥1,080
Amazon.co.jp



--

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年08月15日(土)

私の読書論70-古典:現代に生きている典籍

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

 ―第157号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2015(平成27)年8月15日号(No.157)-150815-
「私の読書論70- 古典:現代に生きている典籍」


本誌では、古典とは何かについて、土田健次郎/著『儒教入門』(東京大学出版会)からの引用を基に書いています。


簡単にいえば、古典とは、時代を超えた多数決の結果であり、現代においても問題解決の書となり得る「生きた典籍である」ということですね。

逆にいえば、現代に古典を活かせる人が、教養ある人――教養人だということです。


私たちも古典を勉強して教養人を目指しましょう。


 ・・・


詳細は本誌で!


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html


--

*本誌で取り上げた本:
『儒教入門』土田健次郎/著 東京大学出版会 2011.12.19

儒教入門/東京大学出版会
¥2,808
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。