2015年07月31日(金)

新潮社・角川書店・集英社―3社<夏の文庫>フェア2015から

テーマ:メルマガ「楽しい読書」



 ―第156号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2015(平成27)年7月31日号(No.156)-150731-
「新潮社・角川書店・集英社―3社<夏の文庫>フェア2015から」


本誌では、毎年恒例の新潮社・角川書店・集英社―3社<夏の文庫>フェア2015から、いくつかの本を選んで紹介しています。


また、私の好きな飛行機乗りの作家の作品について少し触れています。
なぜそういう話になったかと言いますと、私の大好きな作家サン=テグジュぺリ『人間の土地』について書いているからです。


ご存知のように、彼サン=テグジュペリは、飛行機がまだ危険な乗り物であった、航空機揺籃期からのパイロットで、かつ作家であった人物で、第二次大戦中、偵察飛行に出て帰還しなかったというエピソードの持ち主だったからです。


今回やっと、この新潮文庫版を買いました。
えっ、と疑問に思われるかもしれませんが。


まあ、そういうものなのです。


読んだのはもうずいぶん昔のことになります。


ホントは、アメリカ版の《フランスでの初版刊行時には収録されていなかった「飛行士と自然の力」の一章を付す》(みすず書房〈サン=テグジュペリ・コレクション3〉『人間の大地』紹介文より)方を手にしたいと思っていたので、今まで買わずにいました。
今回、いつまでも待っていてもと思い、新装版の堀口大学訳、宮崎駿イラスト・解説のこの本を購入しました。


実は、光文社古典新訳文庫から『人間の大地』の書名で、新訳版が出るそうです。
こちらの内容がどうなるのかは、不明ですが、これも手に入れたいものです。
付録としてアメリカ版の追加の一章も付けてもらえると、嬉しいのですけれど、どうでしょう。


 ・・・


詳細は本誌で!


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html

--


*本誌で取り上げた本:

 ● 角川文庫から
『白鯨(上)』メルヴィル/著 富田 彬/訳 2015/6/20 改版
―船乗りのイシュメールは、宿屋で意気投合した銛手クィークェグと共に捕鯨船ピークォド号に乗り組む。その捕鯨船ピークォド号のエイハブ船長は白いマッコウクジラ“モービィ・ディック”に片足を食われ、その復讐に燃える男だった。

白鯨 (上) (角川文庫)/KADOKAWA/角川書店
¥778
Amazon.co.jp


『白鯨(下)』メルヴィル/著 富田 彬/訳 2015/6/20 改版

白鯨 (下) (角川文庫)/KADOKAWA/角川書店
¥778
Amazon.co.jp



【参考】
『白鯨 モービィ・ディック 上』ハーマン・メルヴィル/著 千石英世/訳 講談社文芸文庫 2000/5/10

白鯨 モービィ・ディック 上 (講談社文芸文庫)/講談社
¥1,995
Amazon.co.jp



『白鯨 モービィ・ディック 下』ハーマン・メルヴィル/著 千石英世/訳 講談社文芸文庫 2000/6/9


 ● 集英社文庫から
『靴の話 大岡昇平戦争小説集』大岡昇平/著 1996/6
―自らの戦争体験を基にした戦争小説6篇収録。「出征」「暗号手」「襲撃」「歩哨の眼について」「捉まるまで」「靴の話」。

靴の話―大岡昇平戦争小説集 (集英社文庫)/集英社
¥551
Amazon.co.jp



【参考】
『野火』大岡昇平/著 (新潮文庫 1954/5/12)

野火 (新潮文庫)/新潮社
¥432
Amazon.co.jp



 ● 新潮文庫から
『人間の土地』サン=テグジュペリ/著 堀口大学/訳

人間の土地 (新潮文庫)/新潮社
¥596
Amazon.co.jp


『春琴抄』谷崎潤一郎/著 1951/2/2

春琴抄 (新潮文庫)/新潮社
¥400
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年07月15日(水)

持ち時間別に読む本~私の読書論69-2015年岩波文庫フェア-名著名作再発見

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

 ―第155号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2015(平成27)年7月15日号(No.155)-150715-
「私の読書論-69- 2015年岩波文庫フェア-名著名作再発見」


本誌では、岩波文庫の2015年のフェアの61点64冊から、私の読んだ作品を選び(およそ半分)、それぞれ持ち時間別に読むのにふさわしい本を紹介しています。


【隙間時間に読む本】8点8冊
二、三分から五、六分といったホンのちょっとした電車の待ち時間などに取り出して一ページでも二ページでも読んでみる本


【短かい時間に読む本】10点10冊
10分から20分、30分以内の短時間に読むのに都合のよい本


【まとまった時間に読む本】9点12冊
最低30分から一時間、二時間といった比較的まとまった時間を作って読むのがいいかなあ、という本


また、“飽きない”(で続けられる)読書の秘訣についても書いています。


末尾のおまけ欄には、私のおススメの【他社文庫にはない(であろう)<岩波文庫でしか読めない>作品】を3点上げています。


 ・・・


詳細は本誌で!


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html



*本誌で取り上げた本:
【他社文庫にはない(であろう)<岩波文庫でしか読めない>作品を読む】


■ブッダ最後の旅―― 大パリニッバーナ経 中村 元 訳
―80歳に入滅した仏教の祖・ブッダの故郷を目指す晩年の旅の途上での布教活動とその死後の弟子たちの姿を描く感動の原始仏典。

ブッダ最後の旅―大パリニッバーナ経 (岩波文庫)/岩波書店
¥1,015
Amazon.co.jp



*関連本誌:

2015(平成27)年3月31日号(No.148)-150331-
「原始仏教(6)原始仏典(3)『大パリニッバーナ経』(前編)」
http://archive.mag2.com/0000257388/20150331120000000.html
2015(平成27)年4月30日号(No.150)-150430-
「原始仏教(7)原始仏典(3)『大パリニッバーナ経』(後編)」
http://archive.mag2.com/0000257388/20150430120000000.html

■五重塔 幸田 露伴
―後世に残る仕事をしたいと願う大工職人の野望と実践を描く。

五重塔 (岩波文庫)/岩波書店
¥432
Amazon.co.jp



2010(平成22)年10月31日号(No.45)-101031-
 幸田露伴『五重塔』―職人魂
http://archive.mag2.com/0000257388/20101031120000000.html

■ホメロス イリアス(上) 松平 千秋 訳
―十年にわたるトロイア戦争のさなか、総大将の理不尽な行動に抗議する英雄アキレウスは戦列を離脱するが…。

イリアス〈上〉 (岩波文庫)/岩波書店
¥1,037
Amazon.co.jp


■ホメロス イリアス(下) 松平 千秋 訳
―自分の身代りに立ち、戦死した親友の仇を討つアキレウスは、敵将を打ち倒すが、子を想う老父に免じて一時休戦に入る…。

イリアス〈下〉 (岩波文庫)/岩波書店
¥1,166
Amazon.co.jp



2011(平成23)年9月30日号(No.66)-110930-《死すべき者》人間~
 <アキレウスの怒り>『イリアス』ホメロス
http://archive.mag2.com/0000257388/20110930120000000.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。