2014年10月31日(金)

心が澄む、清らかになる教え―原始仏教(3)原始仏典(1)スッタニパータ(後編)

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

 ―第138号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2014(平成26)年10月31日号(No.138)-141031-
「原始仏教(3)原始仏典(1)スッタニパータ(後編)」

本誌では、前回に続き、『ブッダのことば―スッタニパータ―』中村元/訳 (岩波文庫)から、私の目にとまった気になる言葉を抜き書きしてコメントしています。


 ●本誌から


本誌で、
「仏教では清らかなこと、心の澄んだことを一つの理想の心の状態とするようです。/心の平穏と言いますか、安らぎを求めるのが、仏の教えなのでしょうか。」
と書いています。


--
第五 彼岸に至る道の章/一四、学生ウダヤの質問
 《一一〇七 平静な心がまえと念(おも)いの清らかさ、――それらは真理に関する思索にもとづいて起るものであるが、――これが、無明を破ること、正しい理解による解脱、であると、わたくしは説く。」》p.234

第五 彼岸に至る道の章/一八、十六学生の質問の結語
 《一一四七 (ピンギヤはいった)、「わたくしは聖者のおことばを聞いて、ますます心が澄む(=信ずる)ようになりました。さとった人は、煩悩の覆いを開き、心の荒(すさ)みなく、明察のあられる方です。
》p.241
--



 ●心清らかに


原始仏典を読んでいますと、仏教というものは、心の穢れを取り除いて、心を清らかにせよ、という教えのように思います。


例えば、悪い言葉、荒い言葉を使うな、美しい言葉、正しい言葉を使え、とか、悪い考えを持つな、よい考えを持て、とか。
倫理的といいますか、道徳的なことばかりという気もします。


しかし常日頃からそういう態度を心掛けていれば、自然と悪い人間にはなれないのではないか、と納得もします。


とはいえ人間は弱いもので、常に誘惑されます。
「もっともっと」と際限なく色々な欲望が湧いて来るものです。


それらを煩悩として一刀両断に切り捨てられる人はまずいないでしょう。
では、どうするのか、といいますと、
煩悩は、欲望は人間の証として一旦認めてしまい、その上で、それを悪い方向に働かせないように制御せよ、というのです。


仏教では、四諦もしくは四聖諦(ししょうたい)という基本的な真理の教説があります。
苦集滅道(くじゅうめつどう)と呼ばれるものです。


人生は苦である、という真理(苦諦)
苦の原因は欲望である、という真理(集諦じったい)
欲望を滅すれば悟りに到る、という真理(滅諦)
悟りに到るための実践として八正道がある、という真理(道諦)


ここで、欲望を滅すれば、という条件が出て来ます。
しかし、先ほども書きましたように、これを完全に滅するということは難しい。


実際の方法としては、この欲望を制御して悪い働きをさせない、ということだ、と奈良康明さんの著作にありました。



『原始仏典の世界―仏典の教えを現代にどう生かしていくか』奈良康明/著 NHKライブラリー 1998.4.1
―原始仏典の教えを噛み砕いて示し、自分の身に置き換え、現代を生きる智慧として活かす道を明らかにする。

原始仏典の世界―仏典の教えを現代にどう生かしていくか (NHKライブラリー)/日本放送出版協会
¥1,015
Amazon.co.jp


『ブッダ最後の旅をたどる』奈良康明/著 大法輪閣 2012.10.1
―原始経典『ブッダ最後の旅――大パリニッバーナ経――』(中村元/訳 岩波文庫)に拠りつつ、最晩年のブッダの死出の旅を偲んだ、この経典を読み解く講義を元にした著作。
 人間ブッダの心の襞に寄り添って理解しようとする。

ブッダ最後の旅をたどる/大法輪閣
¥2,700
Amazon.co.jp



『ブッダのことば―スッタニパータ』中村元/訳 岩波文庫 1958/1/1  
―最古の聖典。第4章、第5章が最も古い部分といわれる。《人間として正しく生きる道が対話の中で具体的に語られる》

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)/岩波書店
¥1,080
Amazon.co.jp



 ・・・


本誌もぜひお読みください。


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年10月15日(水)

古典を考える-岩波文庫フェア小冊子から(4) その他:私の読書論61

テーマ:メルマガ「楽しい読書」



―第137号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2014(平成26)年10月15日号(No.137)-141015-
「私の読書論-61- -古典を考える-
 岩波文庫フェア 小冊子から(4) その他あれこれ」


本誌では、岩波文庫フェア 小冊子から過去三回に取り上げなかった、その他の人々のエッセイから、古典の魅力に関する記述を拾ってコメントしています。


古典とは何か、古典の魅力とは何か、価値とは何かと問いますと難しそうに考える人もあるかと思います。
しかし結局、本は本です。


面白いと感じるかどうかの違いです。


面白いと感じるためには、何事でも同じですが、素養が必要です。
素養とは、基礎となる情報、共通の基盤のことです。


例えば、私が隣のおじさんの話をしても、知らない人には関心は持ちにくいでしょう。
いくら笑い話だといっても、まったく知らない言語で話されては笑えません。
面白おかしくためになる話ですと言われても、高度に専門的な用語を多用して話されては、理解できないでしょう。


面白がるためには、それなりに必要となる要素があるのです。

最低限度の知識や教養が必要なのです。


キャッチボールを楽しむには、きちんと相手に向ってボールを投げ、相手の投げたボールをしっかり捕る技術が大事なのです。
それがなければ、ただくたびれるだけです。


本を読むにも、それなりの練習を経て、読む技術を身に付ける必要があります。
それを手にして初めて、本を読むことも楽しくなるのです。


古典は特にそういうハードルが高いものです。

言語的な距離、時間的な距離、地域性という距離などです。
外国のものも翻訳で読むにしても、そうです。



最初から何でもできる人は、まずいません。
読書も簡単な練習から始めましょう。


今回は、そんなお話でした。


--
詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。