2014年06月30日(月)

幸福な生のための“性”典『カーマ・スートラ』

テーマ:メルマガ「楽しい読書」


―第130号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★

2014(平成26)年6月30日号(No.130)-140630-
「幸福な生のための“性”典『カーマ・スートラ』」


本誌では、『カーマ・スートラ』について書いています。
世間的に『カーマ・スートラ』といえば、単なる四十八手的な性交体位に関する性愛の教科書といった受け止め方をされているかと思います。


そういう面もあるのは事実ですが、単にそれだけではない、もっと根源的に人の営みとしての性愛というものを考えた著作です。


当時の古代インドは、農作物も豊富で、貿易風によるギリシアやローマ、中東諸地域との東西交易により商工業が盛んとなり、多くの豊かな都市生活者を産んだそうです。
彼ら若き都市生活者がその豊かな生活を享受するために、人生の三大目的の一つである「カーマ」(享楽)を通した生活の充実を目指したのです。

その時に必要としたのが、先人の知恵であり、それをまとめ記したのが『カーマ・スートラ』だったのです。


現代においても、人生における性(愛)の役割というものは、変わっていません。
個人生活においても、家庭生活においても、人間がこの生身の身体を有している限り。


性愛においても、男女が互いを尊重することで初めて、そこには人間の結びつきによる豊かな世界が展開されるのです。


男女共に学ぶべき事柄を、インド式の徹底した分類癖をもって詳述されています。
一度は目を通しておくべき著作ではないかと思っています。


詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html


★『完訳 カーマ・スートラ』ヴァーツヤーヤナ 岩本裕/訳著 東洋文庫628 1998.1.9
―岩本裕による「訳著」となる「解説+翻訳+訳注」を施した学術的定本。

カーマ・スートラ―完訳 (東洋文庫 (628))/平凡社
¥3,024
Amazon.co.jp


★『バートン版 カーマ・スートラ』ヴァーツヤーヤナ 大場正史/訳 角川ソフィア文庫 改版 1997/4
―バートン(の著作ではないらしいが)による解説付き。

バートン版 カーマ・スートラ (角川文庫―角川文庫ソフィア)/角川書店
¥679
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年06月15日(日)

人生の教科書『HMM』+『SFマガジン』も―私の読書論57おススメ古典4

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

 ―第129号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★

2014(平成26)年6月15日号(No.129)-140615-
「私の読書論-57-「私のおススメの古典から」(4)
-人生の教科書-『ミステリ・マガジン』(2)コラム編」


【人生のあれこれはHMMが教えてくれた『ミステリ・マガジン』(2)】


本誌では、私が高校2年の夏休みから愛読している『ミステリ・マガジン』の思い出から、今回はコラム編を綴っています。


思えば『HMM』ほどではないけれど、同時期に『SFマガジン』も時折読んでいました。定期購読はしていなかったのですけれど、姉妹誌という感じで同日に発売される『SFM』ものぞいていました。


この『SFM』も今回『HMM』同様創刊700号に到達しました。
おめでとうございます。
創刊は遅かったのですが、増刊号を多数出し、追いついてしまったようです。


この『SFM』では、二人の作家に出会いました。
私の人生に大きな足跡を残す作家でもあります。



一人目は、ロバート・F・ヤング
最近では、日本人作家の三上延著「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズで、ヤングの代表作とも目される短編「たんぽぽ娘」に興味を持たれた方が増え、注目されているようです。


私が初めて『SFM』で出会ったのは、「魔法の窓」(『SFマガジン』1973年6月号、のちに『ジョナサンと宇宙クジラ』収録)。
もちろんヤング得意のロマンティックSF短編です。


この作品でヤングを好きになり、以来、掲載される作品を探しました。
のちに日本独自の作品集『ジョナサンと宇宙クジラ』ハヤカワ文庫SF(1977/6)と『ピーナツバター作戦』桐山芳男/訳 青心社
(1983)を手に入れました。
集英社文庫コバルトシリーズのアンソロジー<海外ロマンチックSF傑作選>三巻も。


もう一人の作家が、ゼナ・ヘンダースン(ヘンダーソン)です。
「されば荒野に水わきいで…」(SFマガジン 1973年10月号)が最初だったと記憶しています。
これを読んだ直後だったと思うのですが、NHKでアメリカ製だろうと思われるドラマか映画が放送されました。


これは、<ピープル>シリーズと呼ばれる地球に不時着して隠れて生きる異星人たちの物語の連作です。
のちに『果てしなき旅路』『血は異ならず』の二冊にまとめられました。


繊細な精神の持ち主が読むのにふさわしい作品だと思っています。


赤木かん子編『こころの傷を読み解くための800冊の本 総解説』自由国民社 2001.6
《「アダルト・チルドレン(AC)――子ども時代に必要な愛情と安らぎを得られずに育ち、傷ついた心を抱え、癒されぬまま大人になっている人たち」をテーマにしたブックガイド。》

こころの傷を読み解くための800冊の本 総解説/自由國民社
¥1,995
Amazon.co.jp



にも登場する一冊で、この説明文を読んだ時、初めて自分がどういう意味合いでこの本を好んでいたのかが理解できました。


この人の短編に「なんでも箱」という有名な作品があり、色々なアンソロジーに収録されています(上記コバルトシリーズのアンソロジーにも収録)。
他の短編もなかなかのもので作品集『悪魔はぼくのペット』『ページをめくれば』の二冊出ています。


この二人の作家は、長編小説が優位の時代にあって、短編を得意とする報いられない作家たちです。
でも、『HMM』で知ったフィニイと並んで、私の<超お気に入り>の作家たちです。


*『レフティやすおのお茶でっせ』記事:
2013.05.27
たんぽぽ娘 (奇想コレクション)ロバート・F・ヤングを買う
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2013/05/f-0b4d.html
2013.03.25
ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』5月28日発売(予定)!
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2013/03/528-0932.html


【河出書房新社 <奇想コレクション>】
『たんぽぽ娘』ロバート・F・ヤング/著 伊藤典夫/訳

たんぽぽ娘 (奇想コレクション)/河出書房新社
¥2,052
Amazon.co.jp


『ページをめくれば』ゼナ・ヘンダースン/著 安野玲、山田順子/訳

ページをめくれば (奇想コレクション)/河出書房新社
¥2,052
Amazon.co.jp



【ハヤカワ文庫SF】
『ジョナサンと宇宙クジラ』ロバート・F・ヤング 

ジョナサンと宇宙クジラ (ハヤカワ文庫SF)/早川書房
¥907
Amazon.co.jp


『果てしなき旅路』ゼナ・ヘンダースン/著 深町真理子/訳

果てしなき旅路 (ハヤカワ文庫 SF ヘ 8-1 ピープル・シリーズ)/早川書房
¥886
Amazon.co.jp



【創刊700号記念特大号】
『S-Fマガジン』2014年 7月号

S-Fマガジン 2014年 07月号 [雑誌]/早川書房
¥2,900
Amazon.co.jp


【ハヤカワ文庫SF 創刊700号記念アンソロジー】
『SFマガジン700【海外篇】』山岸真/編 アーサー・C・クラーク他/著 2014/5/23

SFマガジン700【海外篇】 (ハヤカワ文庫SF)/早川書房
¥1,145
Amazon.co.jp


『SFマガジン700【国内篇】』大森望/編 手塚治虫他/著 2014/5/23

SFマガジン700【国内篇】 (創刊700号記念アンソロジー)/早川書房
¥1,210
Amazon.co.jp


 ・・・


詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html


*『レフティやすおのお茶でっせ』記事:
2014.5.7
『ミステリマガジン』2014年6月号創刊700号と思い出のコラム
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2014/05/20146700-7df5.html
2014.5.26
私の投書が『ミステリ・マガジン』読者欄に掲載されました
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2014/05/post-b6f0.html


◆創刊700号記念特大号
『ミステリマガジン』2014年6月号(700号)

ミステリマガジン 2014年 06月号 [雑誌]/早川書房
¥2,700
Amazon.co.jp


◆投書掲載号
『ミステリマガジン』2014年7月号(701号)

ミステリマガジン 2014年 07月号 [雑誌]/早川書房
¥946
Amazon.co.jp



◆青木雨彦・片岡義男のコラム関連本
『夜間飛行―ミステリについての独断と偏見』青木雨彦/著 講談社文庫 1981/5

『課外授業 日本推理作家協会賞受賞作全集 (35) 』青木雨彦/著 双葉社 1996/11
―ミステリにおける男と女についての独断と偏見による研究

夜間飛行―ミステリについての独断と偏見 (1981年) (講談社文庫)/講談社
¥410
Amazon.co.jp
課外授業 日本推理作家協会賞受賞作全集 (35)/双葉社
¥630
Amazon.co.jp



『マッド傑作選』小野耕世、マッド・アマノ、片岡義男/監修 TBSブリタニカ
・I 1979/12/5 ・II 1980/4/25
―アメリカのパロディ漫画雑誌「MAD」の本

マッド傑作選〈1〉 (1979年)/ティビーエス・ブリタニカ
¥1,944
Amazon.co.jp

マッド傑作選〈2〉 (1980年)/ティビーエス・ブリタニカ
¥1,944
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。