2013年08月31日(土)

ローマの哲人皇帝~マルクス・アウレリウス『自省録』

テーマ:メルマガ「楽しい読書」
自省録 (岩波文庫)/岩波書店
¥840
Amazon.co.jp


―第111号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★

2013(平成25)年8月31日号(No.111)-130831-  
ローマの哲人皇帝~マルクス・アウレリウス『自省録』
http://archive.mag2.com/0000257388/20130831120000000.html


本誌では、マルクス・アウレリウス『自省録』を取り上げています。


過去に何度か読んでいます。
神谷美恵子訳の岩波文庫版に始まり、鈴木照雄訳・学術文庫版、そして今回水地宗明訳・京都大学学術出版会<西洋古典叢書>版。


私自身は、最初に読んだ神谷訳が落ち着いて読める感じです。
独特の格調がある訳文で、学術的な正確さという点では問題があるのかもしれませんが。

読んでためになる、あるいは読んで何かを感じる書としての訳としてなら、これでいいのではないかと思っています。


私の読み方は、何かの時にパラパラとめくってみて、勇気づけられたり励まされたり慰められたり反省したり…、という人生訓・処世訓的な読み方に過ぎないかもしれません。
本誌にも引用しましたように、このような読み方は、本書が書かれた本来の意味とは違うかもしれない、誤読と言われるかもしれないけれど。


とにかく騙されたと思って手に取っていただけたら、と思います。
パラパラと読んでみれば、何かしら心を打つ言葉に必ず出会えると思います。


 ・・・


さてこれで、ここ二年ほどに渡って取り上げて来ました、古代ギリシア・ローマ編を一区切りとします。


プラトンの中期以降の作品や、アリストテレスの全著作といった哲学書を始め、神話や歴史書等々。
読み残した古典の名著名作はまだまだありますが、一応の区切りとします。


できれば、キリスト教の始めあたりまでを取り上げたかったのですけれど、そうなると中世にも入ってしまいそうで。


 ・・・


来月以降、古代インドを勉強してみたいと思っています。


取り上げるべきものとしては、私の興味からどうしても原始仏教、原始仏典ということになりそうです。

その前に、仏教の底辺とも重なる古代インドの宗教・思想なども少しかじってみようと思います。


どうなります事やら…。
乞う、ご期待!


マルクス・アウレリウス「自省録」 (講談社学術文庫)/講談社
¥924
Amazon.co.jp

自省録 (西洋古典叢書)/京都大学学術出版会
¥3,360
Amazon.co.jp

マルクス・アウレリウス『自省録』―精神の城塞 (書物誕生―あたらしい古典入門)/岩波書店
¥2,205
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年08月15日(木)

読書でのベストテンごっこ~おまけの50選から

テーマ:メルマガ「楽しい読書」
古典力 (岩波新書)/岩波書店
¥840
Amazon.co.jp


―第110号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2013(平成25)年8月15日号(No.110)-130815-  
私の読書論-48- 齋藤孝『古典力』を読む(6)
http://archive.mag2.com/0000257388/20130815120000000.html


本誌では、齋藤孝『古典力』(岩波新書 2012.10.19)「おまけの50選」の一覧を紹介し、齋藤先生と私との違いにも触れ、<読書でのベストテンごっこ>の面白さということについて書いています。


この本を読んだ当時の感想は? といいますと―。


そもそもこの本を手に取った理由は、齋藤先生がどんな作品を選んでいるのか、という興味でした。


さらに、どのような読み方を提案されているのか、ということ。


実際に読んでみますと、出版社の紹介にあるほどの目新しいことは何もありませんでした。
ごく普通のスタンダードな古典の読み方であり、解釈と言えるでしょう。


そして実際に選ばれている作品も、それほど注目すべきところもありません。


まずはよく知られた(古典ですから当然ですが)作品ばかりです。


中でも目に付くのは、やはり初心者向けの選択という印象でした。


もちろん、そういう人向けならこれでいいわけで、全く矛盾はありません。


でも時に「これだけは!」という作品が含まれているのではないか、という期待があります。


間違っているかもしれませんが、
私が感じたものの一つが、これです。


『生物から見た世界』ユクスキュル、クリサート/著 日高 敏隆、羽田 節子/訳 (岩波文庫 2005)

生物から見た世界 (岩波文庫)/岩波書店
¥693
Amazon.co.jp


1934年出版のもの。そちらの方では古典中の古典だそうです。
で、その後哲学者の間にも大きな影響を与えた著作だと言います。


これを一つ取りましても、一口に古典と言いましても、範囲がかなり広いものです。
ジャンルという意味だけでなく、時代という区分においてもそうです。


私の思うところの古典の一つの定義は、「何世代にも渡って読み継がれてきたもの」というのがあります。


一世代を何年とするかは、人により解釈が異なるかもしれませんが、辞書によると30年とあります。


(広辞苑第六版より (1)(ア)親・子・孫と続いてゆくおのおのの代。親の跡を継いで子に譲るまでのほぼ30年を1世代とする。よ。)


そうしますと、百年ではまだ三世代ほど。
「何世代も」と言えば、百年ではまだ「ちと短い」とも言えます。


できれば、150年以上。
すると、1850年より以前でないと不十分な気がしてきます。


日本で言えば、ちょうど幕末に当たります。
ぴったりな感じですね。


近代前夜。
激動の時代に今こそ入らんとする時期。


で、私は、できれば19世紀以前といった判断を下したいと思うのです。


西洋においても、19世紀はまだ近代真っ盛りです。


単純な年数による西洋の区分としては―


紀元前500年~紀元500年頃までの千年を、古代。
500年~1500年までの千年を、中世。
1500年~、16世紀以降の500年ほどを、近代。


―とするようです。


近代のなかでも、19世紀以降の100年を、現代とする考えもあります。


実際には色々な政治的・文化的な意味を含めた区分法があるようですが。


私としましては、19世紀以降を現代扱いして、これ以降のものは、まだ古典に至らずという準古典といった扱いにしたいと思っています。


そうすることで、古典の数を減らして読みやすくしたい、という気持ちがあります。


それでも、まだまだたくさんの古典がありますけどね。
あーあ!


で、これらの中から自分の古典を選ぶというベストテンごっこがあります。


これからも機会を見て、これを色々と考えていきたいものです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。