2013年07月31日(水)

社会を考える“一冊”―3社<夏の文庫>フェア2013から

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第109号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」


◆ 古典から始める レフティやすおの楽しい読書 ◆
2013(平成25)年7月31日号(No.109)-130731-  
社会を考える“一冊”―3社<夏の文庫>フェア2013から

http://archive.mag2.com/0000257388/20130731120000000.html



本誌では、「社会を考える“一冊”―3社<夏の文庫>フェア2013から」と題して、各社それぞれ一冊ずつ選んで、以下の三点を紹介しています。


『船乗りクプクプの冒険』北杜夫 集英社文庫
『動物農場』ジョージ・オーウェル 高畠文夫/訳 角川文庫
『海底二万里』(上下) ジュール・ヴェルヌ 村松潔/訳 新潮文庫


お詫びです。
いつもは紹介文を書くときは、事前に再読して書くように心掛けていますが、今回は記憶で書いています。


手持ちの本がある『クプクプ』『海底』は、パラパラ読みしてこれはという個所を引用し紹介に努めています。


しかし、本を持っていない『動物農場』は、申し訳ないのですが、立ち読みで済ませています。
本自体の内容には自信を持っていますので、騙されたつもりで読んでいただければ、と思います。


それぞれ社会というもの、文明というもの、人間というものについて考えさせるものがあります。

特に、文化は異なっていても、基層となる人間性は不変であり、普遍だということです。


外国の翻訳ものであれ、人の心を打つのは、その普遍性にあります。


外面の取っつきにくさにひるまずに、この根底にある普遍的なものを読み取る努力を惜しまないで欲しい、と願っています。


--
船乗りクプクプの冒険

船乗りクプクプの冒険 (集英社文庫)/集英社
¥460
Amazon.co.jp



動物農場 (角川文庫)

動物農場 (角川文庫)/角川書店
¥500
Amazon.co.jp



一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)/早川書房
¥903
Amazon.co.jp



海底二万里

海底二万里(上) (新潮文庫)/新潮社
¥662
Amazon.co.jp


海底二万里(下) (新潮文庫)/新潮社
¥746
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年07月15日(月)

<私の選ぶ岩波文庫の一冊>「楽しい読書」第108号別冊編集後記

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第108号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2013(平成25)年7月15日号(No.108)-130715-  
私の読書論-47- 齋藤孝『古典力』を読む(5) 名著五〇選から
http://archive.mag2.com/0000257388/20130715120000000.html


本誌では、「齋藤孝『古典力』を読む(5)」として、いよいよ齋藤先生のおススメ古典「名著五〇選」に触れています。

詳細は本誌で。

古典力 (岩波新書)/岩波書店
¥840
Amazon.co.jp


 ・・・


岩波書店100周年ということで、現在(5月22日から)「創業百年記念フェア 読者が選ぶこの一冊」が開催中です。

ということで今回は、岩波文庫「読者が選ぶこの一冊・ベスト10」を紹介しましょう。


1. こころ 夏目 漱石
2. 君たちはどう生きるか 吉野 源三郎
3. 銀の匙 中 勘助
4. 忘れられた日本人 宮本 常一
5. 古寺巡礼 和辻 哲郎
6. 論語 金谷 治 訳注
7. 寺田寅彦随筆集〔全5冊〕 小宮 豊隆 編
8. 坊っちゃん 夏目 漱石
9. 武士道 新渡戸 稲造/矢内原 忠雄 訳
10. モンテ・クリスト伯〔全七冊〕 アレクサンドル・デュマ/山内 義雄 訳


NHK・Eテレ『100分DE名著』で取り上げられた書目(1,6,9,10)が、結構入っています。
元々優れたものを取り上げているのですから当然かもしれませんが、テレビの影響というものも実証しているとも言えます。


さて、<私の選ぶ岩波文庫の一冊>は?
 
一冊を選ぶのは難しいので、まずは<ベスト3>を選んでみましょう。
基本的に他社文庫等で出ていない、他社では読めないものを挙げてみましょう。


1.読書について 他二篇 ショウペンハウエル/斎藤 忍随 訳
 「読書について」は、最近は他社から超訳版?が出ていたりしますが、やはりこれです。
 20代初めのころ、読書って? という疑問について教えてくれたものです。
 当時、自分で考えても言葉にできないでいたことを書いてくれているのを確認するのが読書だ、と理解したものでした。
 想い出の一冊でもありますね。

読書について 他二篇 (岩波文庫)/岩波書店
¥567
Amazon.co.jp


2.後世への最大遺物・デンマルク国の話 内村 鑑三
 これはここ数年のうちに読んだもので、「後世への最大遺物」が非常にいい。
 笑いを取りながらの講演録で、読みやすく、中身のある内容です。

 まずは「お金を残せ」から始めて、「思想」→「教育」→「人生」へと進めます。

後世への最大遺物・デンマルク国の話 (岩波文庫)/岩波書店
¥567
Amazon.co.jp


3.我と汝・対話 マルティン・ブーバー/植田 重雄 訳
 20代半ばに読んだもの―と言っても途中まで(だったかな?)。
 よく理解できなかったのですが、私ながらに「我と汝」の関係を読みとった(つもりになった)ものでした。
 読んでいる人は少ないと思いますが、それだけに私らしい、と思ってもらえれば、とちょっと自慢の一冊です。

我と汝・対話 (岩波文庫 青 655-1)/岩波書店
¥819
Amazon.co.jp



一つを選ぶのは大変ですが、以前は「読書―」でした。
今ならやっぱり「後世への―」でしょうか。


残りの人生を考える年齢になったということでしょう。


結局私が残せるのも、その「人生」だけでしょうから。
少しでも「いい人生だった」と思えるものにしたいものです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。