2013年06月30日(日)

近代の匂い~ローマの悲劇詩人~セネカ 悲劇集から

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第107号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★

2013(平成25)年6月30日号(No.107)-130630-  
ローマの悲劇詩人~セネカ 悲劇集から
http://archive.mag2.com/0000257388/20130630120000000.html


本誌では、ギリシア悲劇よりも近代の演劇に影響を与えたと言われるセネカの悲劇を取り上げました。


劇としての出来では、ギリシア悲劇の方が優れているように感じます。
少なくとも読んだ感じでは。


なぜかと言いますと、ストーリーの展開はもちろんですが、台詞の割り振りがギリシア悲劇の方がすっきりとして、掛け合いがスムーズに展開するように思うからです。


セネカの場合、一人のセリフが延々と続く場面があり、ストーリーによどみができるように感じます。
もちろん、内面の描写という点では、独白のようなセネカのセリフはなかなか力があります。


しかし、ストーリーの展開という点では、舞台上の演者が互いに掛け合いながら、進めていく方がスマートです。


ギリシア悲劇が人間関係の生みだす悲劇というよりは、運命の悲劇である点にもよるのかもしれません。


人間の自由意志を持て遊ぶ神々の悪戯とも言うべき悲劇、それがギリシア悲劇ではないでしょうか。
一方、セネカの悲劇では、個人の感情や意思、思惑というものが大きく関わって来る、ように感じます。


それの分だけ、より人間的な、個人的な近代的ともいうべき匂い―近代の匂いがすると言えるのかもしれません。



『セネカ 悲劇集 1 西洋古典叢書』小川正廣・高橋宏幸・大西英文・小林標/訳 京都大学学術出版会 1997.7

セネカ悲劇集〈1〉 (西洋古典叢書)/京都大学学術出版会
¥3,990
Amazon.co.jp


『セネカ 悲劇集 2 西洋古典叢書』岩崎務・大西英文・宮城徳也・竹中康雄・木村健治/訳 京都大学学術出版会 1997.9

セネカ悲劇集〈2〉 (西洋古典叢書)/京都大学学術出版会
¥4,200
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年06月15日(土)

<私のおススメ古典50選>齋藤孝『古典力』を読む(4)私の読書論-46-

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第106号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2013(平成25)年6月15日号(No.106)-130615-  
私の読書論-46- 齋藤孝『古典力』を読む(4)
http://archive.mag2.com/0000257388/20130615120000000.html


当初一回で簡単にすますはずだったのですが、結構手をとられてしましました。
もうちょっと書いておいた方がいいかなあという感じで、ズルズルと来てしまいました。


次回からようやく「第三章 マイ古典にしたい名著五〇選」に触れることができます。


私のマイ古典50選もお楽しみに!


ただ今潜航中―いえいえ、選考中です。
(最近は某国の潜水艦が日本領海近辺に出没する、潜航通過すると聞いていますが。)



前回は、「私のおススメ古典50選」として、敢えて近代以降の作品は除外して、<古代から近代以前まで>の作品から一つのリストを私なりに選んでみよう、ということでは始めてみました。


本誌のバックナンバーから19本―


1 『論語』
2 『老子』
3 空海『三教指帰』
4 『歎異抄』
5,6 ホメロス『イリアス』『オデュッセイア』
7,8 プラトン『ソクラテスの弁明』(*『クリトン』とセットでおススメ)『饗宴』
9 『イソップ寓話』
10 "ギリシャ三大悲劇詩人"アイスキュロス『縛られたプロメテウス』(*他に<オレステイア三部作>『アガメムノン』『供養する女たち』『慈みの女神たち』等)
11 "ギリシャ三大悲劇詩人"ソポクレス『オイディプス王』(*他に『アイアス』『アンティゴネ』『コロノスのオイディプス』等)
12 "ギリシャ三大悲劇詩人"エウリピデス『バッコスの信女(バッカイ)』(*他に『メディア』『ヒッポリュトス』等)
13 "ギリシャ喜劇詩人"アリストパネス『女の平和』
14 アリストテレス『哲学のすすめ』
15,6 キケロ『老年について』『友情について』
17 ユリウス・カエサル『ガリア戦記』
18 ウェルギリウス『アエネーイス』
19 ロンゴス『ダフニスとクロエー』


これに先月のセネカ『生の短さについて』を付け加えて、まずは最初の20本を挙げておきましょう。


2013(平成25)年5月31日号(No.105)-130531-  
ローマの哲人~セネカ『生の短さについて』
http://archive.mag2.com/0000257388/20130531120000000.html


※注=(*):確定していないものを含む


次に、
本誌バックナンバーから<近代以降>の作品を挙げてみます。


2008(平成20)年2月号(No.2)-080229-大人も楽しい『トム・ソーヤーの冒険』
http://archive.mag2.com/0000257388/20080229074500001.html

2008(平成20)年4月号(No.4)-080430-星になった少年『星の王子さま』
http://archive.mag2.com/0000257388/20080430074500001.html

2008(平成20)年6月号(No.6)-080630-『宝島』海賊ゴッコの聖典
http://archive.mag2.com/0000257388/20080630074500000.html

2008(平成20)年9月号(No.10)-080930-『黄金虫』海賊ゴッコから探偵ゴッコへ
http://archive.mag2.com/0000257388/20080930074500000.html

2008(平成20)年12月クリスマス号(No.11)-081206-『クリスマス・キャロル』善意の季節
http://archive.mag2.com/0000257388/20081206074500000.html

2009(平成21)年1月号(No.13)-090131-『失われた世界』英雄的行為としての秘境探検
http://archive.mag2.com/0000257388/20090131074500000.html

2009(平成21)年2月号(No.14)-090228-『学問のすゝめ』新時代の国民教科書
http://archive.mag2.com/0000257388/20090228074500000.html

2009(平成21)年3月号(No.15)-090331-『地底旅行』ジュール・ヴェルヌ<驚異の旅>
http://archive.mag2.com/0000257388/20090331074500000.html

2009(平成21)年5月31日号(No.18)-090531-『自助論』=『西国立志編』元祖自己啓発書
http://archive.mag2.com/0000257388/20090531075000000.html

2009(平成21)年6月30日号(No.20)-090630-『怪談』ラフカディオ・ハーン/小泉八雲
http://archive.mag2.com/0000257388/20090630075000000.html

2009(平成21)年7月31日号(No.22)-090731-『十五少年漂流記』夏の文庫100冊から
http://archive.mag2.com/0000257388/20090731074000000.html

2009(平成21)年8月31日号(No.24)-090831-『武士道』新渡戸稲造・太平洋の橋
http://archive.mag2.com/0000257388/20090831074000000.html

2009(平成21)年9月30日号(No.26)-090930-『白い牙』ジャック・ロンドン―犬と狼と人と
http://archive.mag2.com/0000257388/20090930074000000.html

2009(平成21)年12月31号(No.29)-091231-『代表的日本人』内村鑑三―I for Japan
http://archive.mag2.com/0000257388/20091231074000000.html

2010(平成22)年3月31号(No.31)-100331- H・G・ウェルズ『タイムマシン』―暗い未来   
http://archive.mag2.com/0000257388/20100331074000000.html  

2010(平成22)年4月30号(No.33)-100430- ダーウィン『種の起源』―進化理論を確立   
http://archive.mag2.com/0000257388/20100430074000000.html

2010(平成22)年5月31日号(No.35)-100531- コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』―名探偵の代名詞   
http://archive.mag2.com/0000257388/20100531074000000.html

2010(平成22)年6月30号(No.37)-100630-アラン『幸福論』―幸せとは何か
http://archive.mag2.com/0000257388/20100630120000000.html

2010(平成22)年8月15日号(No.40)-100815- 夏特・夏の文庫100冊から『ジーキル博士とハイド氏』
http://archive.mag2.com/0000257388/20100815120000000.html

2010(平成22)年8月31号(No.41)-100831-モーリス・ルブラン『813』―怪盗アルセーヌ・ルパン
http://archive.mag2.com/0000257388/20100831120000000.html

2010(平成22)年9月30号(No.43)-100930-幸田露伴『努力論』―“努力”日本人の好きな言葉
http://archive.mag2.com/0000257388/20100930120000000.html

2010(平成22)年10月31日号(No.45)-101031-幸田露伴『五重塔』―職人魂
http://archive.mag2.com/0000257388/20101031120000000.html

2010(平成22)年12月31日号(No.49)-101231- 大人への階段「たけくらべ」樋口一葉
http://archive.mag2.com/0000257388/20101231120000000.html

2011(平成23)年1月31日号(No.51)-110131-東洋から西洋へ『茶の本』岡倉天心
http://archive.mag2.com/0000257388/20110131120000000.html

2011(平成23)年2月28日号(No.53)-110228-人知らぬ恨「舞姫」森[鴎おう]外
http://archive.mag2.com/0000257388/20110228120000000.html



2011年3月31日号(No.54)-110331-特別編 宮沢賢治の詩「永訣の朝」
http://archive.mag2.com/0000257388/20110331120000000.html

2011(平成23)年4月30日号(No.56)-110430-簡素で高貴な生活『ウォールデン 森の生活』H・D・ソロー
http://archive.mag2.com/0000257388/20110430120000000.html

2011(平成23)年5月31日号(No.58)-110531-非暴力抵抗主義『市民的不服従(市民の反抗)』H・D・ソロー
http://archive.mag2.com/0000257388/20110531120000000.html

2011(平成23)年6月30日号(No.60)-110630-二つの愛の形『赤と黒』スタンダール
http://archive.mag2.com/0000257388/20110630120000000.html


これらのものは、「私のおススメ古典50選」<近代以降>編としておきましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。