2013年04月30日(火)

ヨーロッパ精神の始原~『アエネーイス』ウェルギリウス

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第103号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
http://archive.mag2.com/0000257388/index.html
2013(平成25)年4月30日号(No.103)-130430-  
ヨーロッパ精神の始原~『アエネーイス』ウェルギリウス


先月は春の訪れということで、古代ギリシアの恋愛小説の古典『ダフニスとクロエー』を紹介しましたが、今月はまたローマにもどります。


本誌では、ウェルギリウス『アエネーイス』をなぜ読むのかという点を中心に書いています。
ここでもう一度、ウェルギリウス『アエネーイス』について書いておきましょう。


2010年に日本で邦訳が出たスペインの作家のフェリクス・J・パルマのベストセラー『時の地図』(ハヤカワ文庫NV1227-1228)の上巻p.253に、ウエルズ『タイムマシン』を紹介する文章があり、こんな一文が見られます。


未来で座礁したままもとの時代にもどれなくなっては大事なので、しかたなくタイムトラベラーはアイネイアスやオルフェウスやヘラクレスの範に倣って、いまやモーロックの天下となった地下世界におり、タイム・マシンを探した。...


ここで訳者は、<アイネイアス>にのみ、()付きで訳注をつけています。

それは、《ギリシャ=ローマ神話に登場するトロイアの英雄。冥界に導かれてローマ帝国建設のお告げを受ける》というものです。


これでおわかりかと思いますが、『アエネーイス』の主人公<アイネイアス>は、大部分の日本人にとって訳注が必要な未知の存在だ、ということです。


ところが、西洋では上の例を見てもわかるように―上の作家もスペインの人です―、<アイネイアス>の存在はごく常識の範囲だ、ということです。


現在、世界では西洋文明の影響を無視できません。
そして、その西洋文明の源流古代ギリシアにあるのです。
さらに古代ギリシアから現代に至るには、古代ローマを経ているという事実があるのです。


今の日本ではこの古代ローマがあまり注目されていないように感じます。
古代ギリシアの哲学も古代ローマを経て、ヨーロッパ全域に広がったといえるのではないでしょうか。
それにも関わらず、カエサルを除けば、まずほとんど無視されていると言っていいでしょう。


世界文学史年表には、ウェルギリウス『アエネーイス』の名が掲載されています。
しかるに、日本の一般の人にはまず読まれていません。


ホメロス『イリアス』『オデュッセイア』は有名ですし、文庫本でも出版され、読んでいる人も多いでしょう。
ところがそれを本歌取りしたとも言われる、古代ローマ建国の叙事詩、ウェルギリウス『アエネーイス』は、昔は岩波文庫から出ていたようですが、今は出ていません。

古代ローマを代表する大詩人といわれるウェルギリウスですが、ダンテの『神曲』の地獄・煉獄の案内人として名のみ知られているだけ、と言っていいでしょう。


こういう状況で本当に西洋文明を理解できるのでしょうか。
現代の西洋文明と敵対する世界状況を理解できるのでしょうか。
私は疑問だと思っています。


まあ、そういう大きな世界的な危機的状況との関連は横に置いておいたとしても、文学的に見ても、面白いものがあります。


それは、文学の、芸術の流れといったものについて考えるときに、です。


その辺のお話は、またいずれ「私の読書論」の方で考えてみましょう。


・フェリクス・J・パルマ『時の地図』上巻 ハヤカワ文庫NV1227,1228(2010)

時の地図 上 (ハヤカワ文庫 NV ハ 30-1)/早川書房
¥840
Amazon.co.jp



・ウェルギリウス『アエネーイス』京都大学学術出版会 西洋古典叢書(2001/04)

アエネーイス (西洋古典叢書)/京都大学学術出版会
¥5,145
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年04月15日(月)

齋藤孝『古典力』を読む(2)私の読書論-44-

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第102号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

<font color="#0000ff"></font>★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2013(平成24)年4月15日号(No.102)-130415-  
私の読書論-44- 齋藤孝『古典力』を読む(2)
http://archive.mag2.com/0000257388/20130415120000000.html


本誌では前回に引き続き、齋藤孝『古典力』(岩波新書2012.10.19)を紹介しています。


齋藤流古典読書への助言の一つ、「古典を読むための十カ条」について、今回は少し詳しく引用なども入れてみました。


さほど目新しいことを書いているわけではありません。
というよりも、読書の本質においては、目新しいことなどあり得ないのです。
なにしろ、文字が発明された有史以来何千年の年月がたち、活版印刷が始まってからでも550年以上経過しています。
読書という行為について、書物の形態は変わっても、その行為そのものはほとんど変わっていません。


今頃何ほどの目新しい方法が見つかることでしょう。


とにかく新しかろうが古かろうが、古典には古典にふさわしい読み方というものはあると思います。
それさえ身に付けることができれば良いのです。


とはいえ、自分なりに自分の方法というものがあります。


もともと足の速い人もいれば、鈍くさい人もいます。
それでも正しいフォームや自分に適した走法といったものを身に付ければ、ある程度のところまでは戦えるようになるでしょう。


それをすべて自分ひとりで見い出すには時間が掛かり過ぎます。
誰かコーチしてくれる人がいれば、時間を短縮できます。


そのためには、よいコーチを見つけなければなりません。
あなたにあったやり方を見つけて教えてくれるコーチばかりではありません。
自分勝手なコーチもいるでしょう。


その辺の見極めは、自分の力です。


自分にふさわしいコーチを、そしてトレーニング法を見つけてください。


*本誌で取り上げた本:
・齋藤孝『古典力』(岩波新書 2012.10.19)

古典力 (岩波新書)/岩波書店
¥840
Amazon.co.jp

・『ペナック先生の愉快な読書法―読者の権利10ヶ条』
ダニエル・ペナック/著 浜名優美 木村宣子 浜名エレーヌ/訳 藤原書店 第2版(2006/10)

ペナック先生の愉快な読書法―読者の権利10ヶ条/藤原書店
¥1,680
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。