2013年03月31日(日)

牧歌的恋愛小説の祖~『ダフニスとクロエー』ロンゴス

テーマ:メルマガ「楽しい読書」


レフティやすおの作文工房-ダフニスとクロエー他


―第101号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
http://archive.mag2.com/0000257388/index.html
2013(平成25)年3月31日号(No.101)-130331-  
牧歌的恋愛小説の祖~『ダフニスとクロエー』ロンゴス


本誌でも書いていますように、私はこの作品に触発されて書かれたという、北杜夫『神々の消えた土地』を愛好しています。


私も、岩波文庫版『ダフニスとクロエー』の「解説」に訳者の松平千秋氏(1915年9月13日-2006年6月21日/「松平千秋 - Wikipedia」による)が書いておられるように、『ダフニスとクロエー』といえばすぐに思い出すのが、サン=ピエール『ポールとヴィルジニー』であり、三島由紀夫『潮騒』です。


どこで覚えたのかは記憶にありません。
でも、私も三島の『潮騒』以外は、実際には読んでいませんでした。


(本誌でも書きましたように)北さんが作品の中で触れておられるように、この『ダフニスとクロエー』は現代では読まれていないらしい、とは思っていました。


しかし、今回改めて調べてみて、本家の『ダフニスとクロエー』はもちろん、(三島を除いて)これらの本がほとんど読まれていないという現状を知り、唖然としたものです。
(まあ、自分のことを棚に上げて言うのも変ですが。)


特に、サン=ピエールの『ポールとヴィルジニー』の本がまったくと言っていいほど見つかりません。


結局図書館で古い本を見つけ、読んでみました。


内容そのものは、(結末は悲しいものですが、それだけに余計に)非常に美しい物語で、『セカチュー』や『野菊の墓』が読まれるなら、これも読まれて不思議ではありません。
(新訳本が出れば、ある程度売れるのでは、という気がします。)


何が問題なのか?


結局、翻訳ものが売れない/若者が内向きになっている/若者が恋愛に―それだけではなく、根本的に人付き合いそのものに消極的になっている、といわれる現象と関係があるのかもしれません。


私としては、北さんの作品ともども、これらの作品がもっともっと読まれることを期待しています。


若者よ、もっと牧歌的恋愛小説を読め!


(年寄りも同じく、もっと純な物語を読め! と言いたい。)



ダフニスとクロエー (岩波文庫 赤 112-1)/岩波書店
¥630
Amazon.co.jp


ダフニスとクロエー―牧人の恋がたり (1951年) (角川文庫〈第68〉)/角川書店
¥価格不明
Amazon.co.jp


シャガール ダフニスとクロエー 普及版/岩波書店
¥2,940
Amazon.co.jp



神々の消えた土地 (新潮文庫)/新潮社
¥420
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年03月15日(金)

齋藤孝『古典力』を読む(1)私の読書論-43-

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第100号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2013(平成25)年3月15日号(No.100)-130315-
「私の読書論-43- 齋藤孝『古典力』を読む(1)」
http://archive.mag2.com/0000257388/20130315120000000.html


齋藤孝『古典力』(岩波新書 2012.10.19)を読み、古典読書について考えてみようという試みです。


「古典を読むための十カ条」で、齋藤流古典読書法を紹介しています。

出版社の紹介文では、《これまでにない、古典への近道》と新しい古典アプローチ法のように書いていますが、私の思うに、さほど目新しいものには思えません。

ちょっとした読書家ならだれでも実行しているような方法です。


ただ、<ちょっとした読書家>の域にも達していないような人―即ち、古典の読書初心者には有効だと思います。


主だった古典なら一通りは読んでいるというちょっとした読書家なら、どうしても読む必要はないけれど、読んでみるのも面白いだろうと思います。

特に後半の50選に何を選んでいるのか、選んだ理由なども―言ってみえば<ベストテンごっこ>ですから、これは読書家でも興味深いでしょう。


そのような読書家の域に達しない人は、ガイド本の一つとして、ぜひ読んでほしいものです。

古典力 (岩波新書)/岩波書店
¥840
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月07日(木)

渡瀬謙『元リクルートNo.1の 日本で一番"効率"のよい営業法 このムダをなくすだけで、グングン

テーマ:【レフティやすおの読書室】

レフティやすおの作文工房

左利き仲間で友人の渡瀬謙の17冊目の新刊
『元リクルートNo.1の 日本で一番“効率”のよい営業法 このムダをなくすだけで、グングン売上が伸びる』大和出版 (2013/2/26)

元リクルートNo.1の 日本で一番”効率”のよい営業法 このムダをなくすだけで、グングン売上が.../大和出版
¥1,470
Amazon.co.jp



が届きました。


いつも新刊を出すたびに贈っていただき、うれしい限りです。


私自身は、営業関係の仕事をしているわけではないので、ある意味不要とも言えます。


ですが、人生というものには色々な局面があり、それぞれの場面で結構様々な知恵が必要となります。
彼の著書にも色々と教えられる部分があり、読んでおけば何かと役に立つのです。


自分で言うのは恥ずべきものですが、学ぶ人は何からでも学ぶものです。(エヘン!)


 ●仕事を楽しむ


最近読んだ本に、齋藤孝著『生きる喜びは、仕事とともにあるヒルティの幸福論: すぐ実行できて結果が出せる76の言葉』(知的生きかた文庫 2012/8/22)があります。


齋藤先生がヒルティの『幸福論』のエッセンスをまとめた初心者向け入門書です。
(これを読んだからと言って、決してヒルティの『幸福論』読んだ気にはならないでください。あくまでも入り口にしてくださいね。)


この本の冒頭「訳者解説」で、《「人生の中で“一番長く使う時間”を幸せに過ごすこと」》が《「一番簡単に“最高の幸せ”を得る方法」》だと書いています。


では人生で一番長く使う時間とは何か?
それは仕事です。

ヒルティは『幸福論』のページの多くを、「仕事をしている時間を幸福に感じるためにはどうしたらいいか」に割いている》と。



ここで、私なりに要約しておきますと―、


人間にとっては人生で一番長いのは仕事の時間で、その仕事をいかにこなすかで、その人の幸福の感じ方が変わってくる。
仕事を楽しむ、あるいは楽しむところまで行かなくても、少なくとも苦痛と感じないで済む方法を見出せれば、それだけで幸福に近づくことができる、ということでしょう。



 ●つらい「売れない営業」から無理のない「売れる営業」へ


毎度のことながら、前置きが長くなりました。
さて本書についてです。


著者・渡瀬謙は、従来“内向型の営業マン”向けの営業本をいくつか上梓してきました。

『内向型営業マンの売り方にはコツがある―ムリに自分を変えないほうがうまくいく!』
『“内向型”のための雑談術―自分にムリせずラクに話せる51のルール』
『「しゃべらない」営業の技術 (PHPビジネス新書)』
などなど。


しかし、それらの本で紹介してきた方法は考えてみますと、“内向型の営業マン”にのみ有効な方法ではなかったのです。

誰にでも通じる、使える方法でもあったのです。


そして、現代のような「ものが売れない」時代にマッチした、正当な営業方法だったのです!


 ・・・


先に、仕事をしている時間を楽しく、あるいは苦痛と感じないでこなせることが、幸福へ近道だという前振りをしました。
ここで、営業という仕事に限って言えばどうなるでしょうか。


営業という仕事を楽しくする第一のポイントは、やはりコンスタントに売れるということに尽きるでしょう。

で、本書で著者・渡瀬謙が訴えていることは、「売れない営業」を「売れる営業」にしよう、ということです。


「売れない営業」ほどつらいものはない、と元<売れなかった営業マン>で後に<リクルートで全国ナンバーワンの売れる営業マン>になった著者は言います。


では、なぜ売れないのか?


人一倍努力しているのに、なぜか売れない。

でも、実は売れない人には共通した問題点がある。
それは、努力の方向だ。

実は、ムダな努力をしているのだ、と。


(極言すれば、自らわざわざ売れない営業をしているのだ、とも言えるでしょう。)


そんなとき、一つの“気づき”が自分の営業スタイルを変えてくれた。
その視点に立てば、ムダを省き、楽に(少なくとも苦痛を感じることなく)売れる営業に変われるのだ、と。



目次を掲げておきましょう。


第1章 たった1つの“気づき”が、ダメ営業の私の運命を変えた!
第2章 効率がグンとアップ!「新規営業」にはこのスタイルで臨もう
第3章 驚くほど売上が伸びる!すべてのお客さまを活かす「商談」の技術
第4章 ムリせずできる!お客さまの心をギュッとつかむ「アフターフォロー」
第5章 これで万全!さらにムダなく効率的に売るための「日々の習慣」
第6章 あなたが「売れ続ける営業」になるうえで一番大切なこと


第1章で、問題の“気づき”にふれています。
第2章以下、主な四つの営業のシーンごとに、具体的に解説しています。
〆の第6章では、営業マンとして最も大事なことである、<長く売れ続ける営業マンになる>ためのポイントを示しています。


 ●読むだけでなく、知ったことは実行する


人生においては、<仕事を楽しむ>ことが幸福への近道です。
営業マンにとっては売れること、成果を上げることが幸福への道です。


そして<仕事で成果を挙げる>という、これは、営業マンだけでなく、誰にとっても大事なことです。


色んな本を読み、勉強することはよいことです。
でも、本というのは、読んでいるだけで勉強した気分、何かしらやり遂げた気分になります。


しかし読んだだけでは、実際には何もしていません。


大事なことは実行に移すことです。


著者は、「おわりに」で書いています。


実践してみないことには、あなたの営業は何も変わりません。/行動した人だけが、「売れる営業」になる権利を与えられるのです。》p.213


昔から「イワシの頭も信心から」とか「信じる者は救われる」ということわざがあります。
騙された気になって、実行してみましょう。
何かが変わると思います。



 《19 たとえためになることを数多く語るにしても、それを実行しないならば、その人は怠っているのである。――牛飼いが他人の牛を数えているように。かれは修行者の部類には入らない。
  『真理のことば(ダンマパダ)』(中村元/訳『ブッダの真理のことば 感興のことば』岩波文庫より)

 《子曰く、君子は言に訥(とつ)にして、行ないに敏ならんことを欲す
  『論語』「里仁 第四 24」(加地伸行/全訳注『論語』講談社学術文庫より)


【この本から得た私の教訓】
(1)―努力の方向を変える―
 壁にぶち当たった時は、方向転換してみる。
(2)―視点を変える―
 ものの見方を変えてみる。逆の立場で見る。


 ・・・


渡瀬謙/著
『元リクルートNo.1の
 日本で一番“効率”のよい営業法
  このムダをなくすだけで、グングン売上が伸びる』
大和出版 (2013/2/26)


おしまいに渡瀬さんによる紹介文を載せておきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『元リクルートNo.1の 日本で一番"効率"のよい営業法』(渡瀬 謙/大和出版)
────────────────────────────────

自分では良かれと思ってしたことが、
逆に裏目に出てしまうことってありますよね。

じつは、営業マンが当たり前のようにやっていることのなかには、
セールスにマイナスに作用することがたくさん潜んでいます。
自分でも気づかずに、お客さまに嫌われているケースもあるのです。

頑張っているのに、なぜか売れない?

そんな人は、ぜひ自分の行動や言動を見直してみてください。
やってはいけない「ムダなこと」をやっていたのかもしれませんよ。

本書は、その営業のムダを取り除くことで効率化を実現するものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


※左利き仲間で友人・渡瀬謙の著書についての記事
(◆印は、ビジネス書)
◆2012.5.23 小さな努力で大きな効果:渡瀬謙『あなたの評価をガラッと変える たった3秒の声がけ習慣』
◆2012.2.26 克服ではなく付き合う姿勢で:渡瀬謙『「あがり症営業マン」がラクに売るための6つの習慣』
2011.12.31 雑学文庫フェアで『左利きの人々』が…
◆2011.7.13 渡瀬謙の新刊『相手が思わず本音をしゃべりだす「3つの質問」』届く
◆2011.6.10 流れ星に願い事…渡瀬謙『たった5秒のあいさつでお客様をザクザク集める法』
◆【渡瀬謙/監修『毎日役立つ!もう悩まない!!即効ビジネスマナー』日本文芸社2011.1】
・2011.5.19 週刊ヒッキイhikkii260左利き教本について考える(2)おさらい

◆2011.3.4 新社会人奮闘記ラノベ 渡瀬謙『新入社員ヒロと謎の育成メールの12ヵ月』

◆2010.6.28 実践で学ぶ本、渡瀬謙『営業は口ベタ・あがり症だからうまくいく』
◆2010.6.18 渡瀬謙の新著『“内向型”のための雑談術』届く
◆【『内向型人間の人づきあいにはコツがある』大和出版】
・2009.12.12 今週の週刊ヒッキイ―第201号「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ<特別編>」
 ★左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii
第201号(No.201) 2009/12/12「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ<特別編>」
 <特別編>原点に戻って―最初につまずかないこと または、左利き人間の生き方にはコツがある
◆2009.3.4 お知らせ:友人渡瀬謙の新著「内向型営業マンの売り方にはコツがある」
2008.12.29 左利き本の新刊『左利きの人々』渡瀬けん著


--
※本稿は、ココログ版『レフティやすおのお茶でっせ』より
「渡瀬謙『元リクルートNo.1の 日本で一番"効率"のよい営業法 このムダをなくすだけで、グングン売上が伸びる!』」 を転載したものです。
(この記事へのコメント・トラックバックは、転載元『お茶でっせ』のほうにお願い致します。ただし承認制になっていますので、ただちに反映されません。ご了承ください。)
--


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。