2012年08月31日(金)

2012年岩波文庫フェアからの古典のおススメ

テーマ:メルマガ「楽しい読書」


レフティやすおの作文工房-古典のすすめ第1集
★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★

2012(平成24)年8月31日号(No.88)-120831- 2012年岩波文庫フェアから
<名著・名作再発見! 小さな一冊をたのしもう> 
http://archive.mag2.com/0000257388/20120831120000000.html

―第88号別冊 編集後記


5月22日より、岩波文庫の2012年のフェア<名著・名作再発見! 小さな一冊をたのしもう>が実施されています。
http://iwanami.co.jp/moreinfo/bunfair2012s/index.html

75点80冊。


本紙本文でも書いていますように、そのうち本誌でも取り上げたものが10点ほど。
またNHKのEテレ『100分de名著』で取り上げられたものが8点ほど含まれています。


『古典のすすめ』第1集(非売品)という小冊子も出ています。


従来の『読書のすすめ』に変わるものです。
今後はズバリ古典を薦めよう、という趣旨を明確に、全面に打ち出したもののようです。


今は、単に読書というだけではなく、読む内容が問われる時代になっている、ということでしょう。


若者の活字離れ、読書離れといわれます。
しかし実態は決してそればかりではありません。


読むという行為そのものはかなりの部分残っているものです。
ただ、読むものが確実に変わっているという点が問題なのです。


自分の生活に必要なもののみ、あるいは娯楽オンリーに偏っている。


もっと広く深く色んなものを系統的に読んでもらいたい、という気がします。


古典を薦めるのは、それがより確実性が高いと思われるからです。


たとえてみれば、野球で言えば、日本代表にイチローを選ぶようなものです。
(確かに今年のイチローはもう昔の人になりつつありますが。)
サッカーで言えば、本田圭佑選手を選ぶようなものです。


実績があって誰もが認める存在である、ということですね。

新鮮味はないかもしれませんが、その分安定感は期待できるということです。


さて、もう一つの古典の魅力は昔のものでありながら、読み方によっては現代も生きているという点です。

偉大な文人、大詩人による傑作と言われる作品にはやはりそれに値するだけのもの、あるいは、それ以上の汲み尽せないものがある、ということである。... これには二つの面がある。その第一は「いまのわれわれ」との関わり、とくに「直面する危機」と共通する関心であり、その第二は、それらの作品には数え切れない学者が精魂を傾けた論考を積み重ねてきたにもかかわらず、なおまだ気づかれずにいる考究の視点がいくつも残されていることである。》高橋宏幸「自由に話す(1)」(京都大学学術出版会『西洋古典叢書』「月報37」掲載<リレーエッセー22>)より

今のイチロー選手にはかつてのような勢いはないかもしれませんが、しかし、ここぞという時に何かしら期待できるのも事実です。
そして、ヤンキースに移籍した今、新たな状況のなかで、新たな魅力を、もしくは変わらぬ魅力を発揮しています。


それはまさに古典のような存在といえるでしょう。


*本誌で取り上げた本:
・古事記 (岩波文庫)

古事記 (岩波文庫)/岩波書店
¥987
Amazon.co.jp


【内村 鑑三】
・後世への最大遺物・デンマルク国の話 (岩波文庫)

後世への最大遺物・デンマルク国の話 (岩波文庫)/岩波書店
¥567
Amazon.co.jp



・代表的日本人 (岩波文庫)

代表的日本人 (岩波文庫)/岩波書店
¥630
Amazon.co.jp


--

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年08月15日(水)

<私の読書論>をリニューアルしました

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第87号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2012(平成24)年8月15日号(No.87)-120815-  
私の読書論-36- 本は買わずに借りて読め!
http://archive.mag2.com/0000257388/20120815120000000.html


<私の読書論>をリニューアルしました。
まずは書きたいことを先に書いてしまえ、というわけです。


「私の読書論-36- 本は買わずに借りて読め!(1)」


そこで第一弾は、<本は買わずに借りて読め!>です。

本当は本誌本文にも書いているように、<必要な本のみ買え!>ということなんですね。
一般人はそれでいいのです。


本を読むことが仕事になっているような人は別ですが、普通の暮らしをしている人の場合、本を読んだからといって、即お金になるということはありません。
本が金を生んでくれないのですから、むやみに本を持つ欲望を満たすことはできません。


本当にその人にとって大事な本しか持てないのです。


では、その大事な本を見つけるには、どうすればいいのか?
本誌本文にも書いていますが、もう一度書いておきます。


自分の目利きで本を選ぶ、というのが一つの方法です。
言ってみれば勘ですね。

しかし、必ずこれというものを見つけられる、という確かな保証はありません。


そうすると、一番無難なのが、一度読んでから買うかどうかを決める、という方法です。


もちろん一回読んだだけではわからない場合もありますが、ね。
それなら、二度目を試みればいいのです。
二度でダメなら三度チャレンジすればいいのです。
それほど判断の難しい本なら、まあ、買っといてもいいのかもしれませんが、ね。


大事なことは、必要なものだけは落とさずに、ということです。


―まあ、そういうことで、リニューアルしました。
これからもよろしくお願い致します。


本誌の登録は、サイドバーから。


*本誌で取り上げた本:
ショウペンハウエル/著『読書について 他二篇』 斎藤忍随/訳 岩波文庫(1960)

読書について 他二篇 (岩波文庫)/岩波書店
¥567
Amazon.co.jp


[新訳]読書について 知力と精神力を高める読み方 [新書]
ショウペンハウエル/著 渡部昇一/編訳 PHP研究所(2012/8/11)

[新訳]読書について 知力と精神力を高める読み方/PHP研究所
¥998
Amazon.co.jp


*図書館の使い方を書いた本:
・『図書館を使い倒す!―ネットではできない資料探しの「技」と
「コツ」』千野信浩/著 新潮新書(2005/10)

図書館を使い倒す!―ネットではできない資料探しの「技」と「コツ」 (新潮新書)/新潮社
¥714
Amazon.co.jp




・『図書館に訊け!』井上真琴/著 ちくま新書(2004/8/6)

図書館に訊け! (ちくま新書)/筑摩書房
¥840
Amazon.co.jp


・『図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレ
ンス・サービス事例集』浅野高史、かながわレファレンス探検隊/著)
柏書房(2006/09)

図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレンス・サービス事例集/柏書房
¥1,890
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。