2012年03月31日(土)

オイディプス王~エディプス・コンプレックスの語源

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

ギリシア悲劇:
 "ギリシャ悲劇の代表作"ソポクレス「オイディプス王」
―第78号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2012(平成24)年3月31日号(No.78)-120331-ギリシア悲劇:
 "ギリシャ悲劇の代表作"ソポクレス「オイディプス王」
http://archive.mag2.com/0000257388/20120331120000000.html


心理学の用語として、「エディプス‐コンプレックス Oedipus complex」という言葉があります。

広辞苑第六版には以下のように説明されています。



〔心〕男の幼児が無意識のうちに母親に愛着を持ち、自分と同性である父に敵意を抱くことで発生する複雑な感情。父と知らずに父を殺害し、生母と結婚したギリシア神話のオイディプスにちなんでフロイトが提唱した用語。

女性の場合は、「エレクトラ‐コンプレックス」と呼ばれることもあります。


これも、ギリシア神話の「アトレウス家」の一族の悲劇の中の一人、トロイア戦争におけるギリシア方の総大将を務めたアガメムノンの娘であるエレクトラにちなんだものです。
彼女は、父アガメムノンが妻であるクリュタイメストラに愛人と共に殺された、その仇を弟のオレステスと共に討つのです。
要するに、父殺しの息子オイディプスに対して、母殺しの娘エレクトラということになります。


もちろん、オイディプスの悲劇性は単に父殺しだけではありません。
しかし、実母との母子相姦という悲劇も、当然のことですが、彼自身(そして、妻であり母でもあるイオカステ自身も)のおよそ知らない出来事です。


それゆえの悲劇と言えるのですが、必ずしも父殺し母子相姦だからゆえの悲劇というわけでもありません。


父もそしてオイディプスも、ともに神託を受けた人物がその信託の運命を逃れようとあがいたにもかかわらず陥ったというところに悲劇性があるのです。


本誌・本文でも書いていますように、
こういう極端なまでの現実を、人生の悲劇性を乗り越える力が人間にあるのでしょうか。
そこをこの一連のギリシア悲劇は取り扱っています。


神の支配と運命に逆らおうとする人間の知恵と意思の闘争劇


ここにギリシア悲劇の面白さがあると言ってもよいかもしれません。


*本誌で取り上げた本:
『ギリシア悲劇全集 3』岩波書店 1990.6

ソポクレース I ギリシア悲劇全集(3)/ソポクレース
¥4,620
Amazon.co.jp

『ギリシア悲劇ノート』丹下和彦/著 白水社 2009.10

ギリシア悲劇ノート/丹下 和彦
¥2,520
Amazon.co.jp

『ソフォクレース『オイディプース王』とエウリーピデース『バッカイ』―ギリシャ悲劇とギリシャ神話』逸身喜一郎/著 岩波書店 書物誕生―あたらしい古典入門 2008.11.18

ソフォクレース『オイディプース王』とエウリーピデース『バッカイ』―ギリシャ悲劇とギリシャ神話 .../逸身 喜一郎
¥2,205
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年03月18日(日)

宮部みゆき『ステップファザー・ステップ』―C・ライス『スイート・ホーム殺人事件』にも匹敵する大傑

テーマ:【レフティやすおの読書室】

今、TBSテレビでドラマ化されて放映中(パナソニック ドラマシアター ステップファザー・ステップ )の宮部みゆきの原作『ステップファザー・ステップ』の文庫版の裏表紙の紹介文に、


C・ライス『スイート・ホーム殺人事件』にも匹敵する大傑作

とあります。


宮部みゆき『ステップファザー・ステップ』(講談社文庫)

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)/宮部 みゆき
¥650
Amazon.co.jp




でも、正直なところ、C・ライス『スイート・ホーム殺人事件』を知っている人、ましてや読んでいる人がどれだけいるのか大いに疑問です。


だいたい「C・ライス」が「クレイグ・ライス」というアメリカの都会派ユーモアの女流ミステリ作家だ、ということさえ知らない人のほうが多いはず!

他の代表作としては、弁護士J・J・マローンのシリーズの『大あたり殺人事件』『大はずれ殺人事件』があります(ただし、絶版状況!)。
短編集『マローン殺し―マローン弁護士の事件簿〈1〉』山田順子/訳 創元推理文庫。



レフティやすおの作文工房-C・ライス『スイート・ホーム殺人事件』


ではこの『スイート・ホーム殺人事件』がどういうものか紹介しましょう。

大まかな内容は、新訳版の紹介文で分かるでしょう。


カーステアズ家の子どもたち、14歳のダイナ、12歳のエイプリル、10歳のアーチーは、勇んで探偵に乗り出した。お隣りのサンフォード家の奥さんが射殺されたのだ。でもおかしい。銃声は二発聞こえたのに、被害者が撃たれたのは一発だけ。そしてサンフォードさんの旦那さんも姿を消して…ミステリ作家のお母さんを有名にするために、子どもたちの大活躍が始まった!ほのぼのユーモアたっぷりの本格ミステリ、新訳で登場。


私が持っている/読んだのは、旧・長谷川修二訳版。



スイート・ホーム殺人事件〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)クレイグ・ライス

スイート・ホーム殺人事件〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)/クレイグ・ライス
¥945
Amazon.co.jp


スイート・ホーム殺人事件 (ハヤカワ・ミステリ文庫 28-1) クレイグ・ライス/著 長谷川 修二/訳

スイート・ホーム殺人事件 (ハヤカワ・ミステリ文庫 28-1)/クレイグ・ライス
¥756
Amazon.co.jp



私が昔(22歳の時/掲載時は23歳)書いた文章(『ミステリマガジン』1977年5月号読者のお便り欄“響きと怒り”に掲載されたもの)を紹介しましょう。


スク・ゴコ・イキ! 新年年頭からすごいミステリを読むことができました。クレイグ・ライスの「スイート・ホーム殺人事件」です。タイトルどおりのスイートな登場人物たちのステキな楽しいミステリでした。巻末の小泉喜美子さんおおっしゃるとおりでした。ボクもバカの一つ覚えじゃないけど、女流作家はクリスティーとポーター(ドーヴァー物のみ)ぐらいしか読まないのですが、これを機会にライスの本がもっと出ますようにお願いします。(以下略)


冒頭の「スク・ゴコ・イキ!」は本を読んだことのある人なら、おわかりのはず!


とにかく子供たちの活躍が楽しいミステリです。


宮部さんも『ステップファザー・ステップ』では、そういうところを狙ったのでしょう。


宮部さんの本同様、ぜひ『スイート・ホーム殺人事件』も、外国のものは食わず嫌いなんて言わず、ぜひご賞味あれ!


これだけ世界が狭まってきているのに、それに反比例するように、今の人は海外のものが苦手だそうで、文化的に内向きになっていると聞きます。
それはやはり非常にもったいないことで、いいものは海外にもたくさんあります。


この本をきっかけにして、あなたの読書の世界を広げて欲しいものです。


※本稿は、ココログ版『レフティやすおのお茶でっせ』より
「宮部みゆき『ステップファザー・ステップ』―C・ライス『スイート・ホーム殺人事件』にも匹敵する大傑作というけれど…」 を転載したものです。
(この記事へのコメント・トラックバックは、転載元『お茶でっせ』のほうにお願い致します。ただし承認制になっていますので、ただちに反映されません。ご了承ください。)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年03月15日(木)

ふさわしいタイトル(書名・題名・件名)を付ける

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

私の読書論-28-初心者のための読書の仕方を考える(13)
最初の一冊の選び方(10) 本選び(選書)の方法 IV 直接法(2)書名
―第77号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2012(平成24)年3月15日号(No.77)-120315-
私の読書論-28-初心者のための読書の仕方を考える(13)
最初の一冊の選び方(10) 本選び(選書)の方法 IV 直接法(2)書名
http://archive.mag2.com/0000257388/20120315120000000.html


本誌では、最近の本では、書名の付け方が昔と変わっているというお話、および書名で何がわかるか、という文章を書いています。
ここでは、内容にふさわしい題名をつけることがいかに大事かについて書いてみます。


 ・・・


ブログの場合でも、アクセスを増やす方法として、
「人の気を惹くタイトルをつけるとよい」
と助言している場合があります。


内容を示さず、ぼかしたタイトルを付けるようなやり方です。

「えっ、なになに?!」と思わずクリック! 
で、その実大した内容でない、という一種詐欺(?)のようなやりくちです。

あるいは「釣り」という言葉があるようで、人が引っ掛かりそうな好餌―おいしそうな餌を垂らすやり方です。
人気のあるキーワードを含む題名をつけるようなやり口です。



しかし、これは間違いです。
私はこういうやり方は好みません。
やるべきではないと思っています。


私自身何度も嫌な思いをしてきたので、あえて書くのです。


私はこれを「狼少年」と呼びたい。
「狼が来た、狼が来た」とホラを吹いて人が驚くのを見て楽しんでいたら、そのうち誰も相手にしてくれなくなって、本当に狼が来ても信用してもらえなかった、というあのうそつきの少年のことです。


こういう「釣り」の手口で一時的に人を呼び集めることができたとしても、内容がなければ、内容とかけ離れていれば、そのうち誰も相手にしてくれなくなります。


もちろん、ネットの世界は広いので、狭い村のようにたちまち正体が知れるということはありません。
かなりの間アクセス数を伸ばせるでしょう。

しかし、身近な人が誰も本気で読んでくれなくなれば、さびしいものです。


 ・・・


ブログでもそうですし、題名はあくまでも内容を示すものとすべきです。


具体的な内容を示していれば、たとえ釣りと思われるような言葉が題名に含まれていても、問題ありません。
中身と外見が違うから問題になるわけで、内容に含まれている言葉であれば、問題にならないわけです。


また、芸能人やタレントの日報的な日記ブログなら、タイトルが似たようなものばかりでも問題はありません。
「今日の衣装」とか「CM撮影」とか…。


しかし、そうでない情報発信としてのブログ記事などでは、同一タイトルは避けるべきでしょう。
他の記事との区別が付かず、どの記事が何の記事か分からなくなります。


SNSの掲示板のトピックの題名などでも同じです。
メールの件名でも同じです。


「名は体を表す」という言葉があります。


広辞苑第六版によりますと、
「名はその実体がどのような物かを示している。名と実体とはうまく合っている。」
という意味です。


題名も名前です。
どのようなものをかを示さない題名には、名前としての価値がありません。


題名は内容(実体)とかけ離れたものであってはいけないのです。


実体にふさわしい名前を与えるように心がけましょう。


何かしら自分の心の内に湧き上がる思いを言葉にして文章を綴っているとき、自分が本当に書こうとしていることが何なのか、自分でも分からないときがあります。
そんなとき、付けるべきふさわしい題名を考えているうちに、自分が本当に書きたかったことが何であったのか、が実感されるときがあります。
そうか俺はこのことを書きたかったんだ、というふうに。


そういう意味でも、ふさわしい題名をつけるという行為は、非常に大切です。


人間の場合でもそうですが、名前をつけるというのは、難しいものです。
名前によって、他人がどうのように受け取るかが変わってくるのですから。


よーく考えて、名前はつけましょう!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年03月13日(火)

雑談のネタ本、それ以上でも以下でもなく~『「右」と「左」の面白ネタ事典』北嶋廣敏

テーマ:【レフティやすおの読書室】

二月の初めに出た本です。


まだ全部読み終えたわけではないのですが、
本は読んでる途中が一番面白い…というわけで、書いておきます。


北嶋廣敏/著『「右」と「左」の面白ネタ事典 必ず誰かに話したくなる!』 (PHP文庫 2012.2.3)

「右」と「左」の面白ネタ事典 (PHP文庫)/北嶋 廣敏
¥620
Amazon.co.jp

目次
第1章 なぜ時計の針は右回りなのか?『暮らし』の中の「右」と「左」
第2章 男性と女性、どちらに左利きが多いのか?『利き手』をめぐる「右」と「左」
第3章 心臓は思っているほど左寄りではない?『脳と体』にかかわる「右」と「左」
第4章 なぜ洋服は男物が「右前」で、女物が「左前」なのか?『しきたり・マナー』にちなむ「右」と「左」
第5章 飛行機はなぜ左側から乗るのか?『陸海空の交通』についての「右」と「左」
第6章 相撲の「東西」は昔「左右」だった?『スポーツ・芸能』に見られる「右」と「左」
第7章 なぜ「右遷」ではなく「左遷」なのか?『言葉』にまつわる「右」と「左」
第8章 仏像のパンチ・パーマは左右どちら巻きか?『神道・仏教』についての「右」と「左」
第9章 フクロウの耳は左右で位置が異なる?『動植物』にかかわる「右」と「左」
第10章 坂本龍馬はなぜ右手を懐に入れているのか?「右」と「左」の『人物エピソード』


ちょっとした雑談の時に役立つネタとなりそうな、左利きの話題も含めて、「右」と「左」に関する話題を、既存のあれこれの本から集めて紹介したものです。


私は左利きライフ研究家として、「左右学」や「右と左」に関する本も一応目を通すようにしています。


もちろん本書にも「左利き」に関するネタも色々登場します。
特に「第2章 男性と女性、どちらに左利きが多いのか?『利き手』をめぐる「右」と「左」」という章題になっており、ここを中心に左利きの話題があちこちに散らばっています。


ただ、あくまでも寄せ集めのネタ本です。
巻末の参考文献にある本からの情報の二次使用による、「二次加工本」です。


本書自体は、学術書ではないので、それでどうだということはありません。
気軽に「話のネタ」にしてもらえばいいわけです。

気軽に読んで楽しんでもらえることを願っている。/また知人との雑談や、酒の席などで、「話のネタ」としてでも利用してもらえればたいへん嬉しい。
「はじめに」p.5より

とはいえ、やはり「怪しい」―信憑性に疑問のある―話は避けるに越したことはないと思います。


特に私のように、「左利き」問題の啓蒙や認知に気を遣っているものとしましては、あまりに「怪しい」情報が独り歩きすることは避けたいもの、と考えています。



 ●二次加工本としては…


「二次加工本」の場合に問題となりますのは、どのような元ネタから作られているか、です。


本書の場合、巻末の文献リストを見ますと、比較的新しい本も多くそれなりの努力は見えますが、古い本もかなり散見できます。


例えば、どっか国で事故を起こした原発並みに40年近くの歳月が過ぎているような本もあります。


以下は、ざっと調べた結果です。(全32点中19点)


1972年刊 『右きき世界と左きき人間』マイケル・バーズリー 西山浅次郎訳 TBS出版会(発売・産学社)
1976年 『反対称―右と左の弁証法』ロジェ・カイヨワ 塚崎幹夫訳 思索社
1980年 『右と左―対称と非対称の世界』坪井忠二 サイエンス社 サイエンス叢書
同年刊 『右手の優越』R・エルツ 吉田禎吾、内藤莞爾訳 垣内出版(その後、ちくま文庫に―リストは文庫版)
同年刊 『左利きの本―右利き社会への挑戦状』ジェームス・ブリス/ジョセフ・モレラ 草壁焔太訳 講談社
1987年刊 『右利き・左利きの科学』前原勝矢 講談社/ブルーバックス


(20年以内)
1992年刊 『新版・自然界における左と右』M・ガードナー 坪井忠二、児島弘訳 紀伊国屋書店
1994年刊 『左利きは危険がいっぱい』スタンレー・コレン/著 石山鈴子訳 文藝春秋
1995年刊 『左手のシンボリズム』松永和人 九州大学出版会(リストは「新版」)
同年刊 『「左と右」で自然界をきる』根平邦人 三共出版
1997年刊 『左右を決める遺伝子―からだの非対称性はなぜ生じるのか』柳澤桂子 講談社ブルーバックス
1998年刊 『生物界の左と右』根平邦人 共立出版


(10年以内)
2004年刊 『左右の民俗学 (歴史民俗学資料叢書 第2期第5巻)』礫川 全次編 批評社
2005年刊 『右と左のはなし - 自然界の基本構造』塚崎幹夫 青土社
2006年刊 『左右/みぎひだり あらゆるものは「左右」に通ず!』國文学編集部編 學燈社
同年刊 『「左利き」は天才?―利き手をめぐる脳と進化の謎―』デイヴィッド・ウォルマン 梶山あゆみ訳 日本経済新聞社
同年刊 『非対称の起源 偶然か、必然か』クリス・マクマナス 大貫昌子訳 講談社ブルーバックス
2008年刊 『左対右 きき手大研究』 八田武志 化学同人 DOJIN選書
2009年刊 『暮らしのなかの左右学』小沢康甫 東京堂出版


19点の結果から推定しますと、
「40年以内20年以上前」6点、「20年以内10年以上前」6点、「10年以内」7点
と、それぞれほぼ同率です。


かなり古い本が占めている、と言えます。
全体的に見ても、半分ぐらいは古い本だろう、と推定できます。


古くても、しっかりした内容のものから適切に拾っていれば、問題はないわけです。


しかし、私が知っている情報から推察したことを言いますと―


例えば、
左利き短命説に関して
「第2章 男性と女性、どちらに左利きが多いのか?『利き手』をめぐる「右」と「左」」
<左利きの人は短命である!?> とあります。


ここでは、コレンの著作・1994年刊『左利きは危険がいっぱい』石山鈴子訳 文藝春秋
から「第12章 左手利きは早死なのか?」辺りの情報を拾っています。


しかし、2007年刊『変な学術研究1』エドゥアール・ロネ 高野優/監訳 柴田淑子/訳、早川書房 ハヤカワ文庫

変な学術研究〈1〉光るウサギ、火星人のおなら、叫ぶ冷凍庫 (ハヤカワ文庫NF)/エドゥアール ロネ
¥630
Amazon.co.jp


(科学ジャーナリストによるおもしろ科学研究の雑学本といった内容)でも、左利き短命説を取り上げていますが、ここではコレン以降の研究結果を扱っています。


本書では、この内容には当然触れていません。
参考文献として利用していないからです。
この辺は残念です。


そこで、私の思うに、確かに情報の拾い方そのものに問題はないようだが、全体に情報が古く、なかには気を付けた方がいいものも含まれているのではないか、ということです。


要するにどんな本をネタ本に使うかで、こういう「二次加工本」の内容が規定されるわけです。

そこで、「どのような本をネタ本に使えるか」という能力が、こういう「二次加工本」の著者に求められます。


 ●同種の既刊本と比べると…


同種の既刊本に、
1994年刊『【右】の不思議?【左】のナゾ! おもしろショックの隠れた法則』不思議データ調査室編 青春出版社 青春BEST文庫


目次
序章 不思議あふれるワンダーランド〔右〕と〔左〕の世界へようこそ!
第1章 自然界をも支配する〔右〕と〔左〕のマカ不思議法則
第2章 驚異の小宇宙・脳をめぐる〔右〕と〔左〕の知られざる真実
第3章 ヒトの体を自在にあやつる〔右〕と〔左〕の超神秘パワー
第4章 日常生活に秘められた〔右〕と〔左〕の奇妙な暗号
第5章 まさか、こんなところにも!?〔右〕と〔左〕のおもしろ謎学


1998年刊
『[右]と[左]の気になる面白話』びっくりデータ情報部編 KAWADE夢文庫 河出書房新社


目次
第1章 チキンの左脚のほうがうまいってホント?
第2章 なんでエスカレーターでは右側を空けるんだろう?
第3章 そういえば、なぜ腕時計は左腕にするの?
第4章 視線をそらす方向でその人の気質がわかる
第5章 左利きのほうがセックスがうまいといわれるワケ
第6章 電車の運転席が左になった当時の事情とは
第7章 道を右左で教えてくれない街があるらしい
第8章 カタツムリが右巻きになる秘密をご存じか


といった本がありました。


〔右〕の不思議?〔左〕のナゾ!―おもしろショックの隠れた法則 (青春BEST文庫)/著者不明
¥489
Amazon.co.jp
「右」と「左」の気になる面白話 (KAWADE夢文庫)/著者不明
¥500
Amazon.co.jp

これらに比べますと、「○○調査室」や「××情報部」といった怪しげなもの?でなく、著者が「個人」で、その略歴も明記され、「怪しさ」はかなり減っています。

内容を比べましても、かなり「怪しさ」が減殺されている感じがします。


例えば、「ホルン」の項では、
本書では、「第6章 相撲の「東西」は昔「左右」だった?『スポーツ・芸能』に見られる「右」と「左」」<左手で操作するホルンは左利き用の楽器?>
で、「右手の形を変えることで音程を変えていた」p.178 としています。


ところが、1998年刊『[右]と[左]の気になる面白話』びっくりデータ情報部編 では、
「第3章 そういえば、なぜ腕時計は左腕にするの?」<なぜホルンはわざわざ左手で演奏するのか?>では、その辺に触れていません。


以上、他にも色々と書きたいことがありますが、この辺にしておきましょう。
(第一まだ読みかけですし、断定的なことは言えません。)


 ●左右学の本、他


本書の参考文献とはなっていませんが、左右学の本として以下のような本があります。


1995年刊『左右学への招待―自然・生命・文化』西山賢一 風濤社
2005年刊『左右学への招待 世界は「左と右」であふれている』西山賢一 光文社文庫(上記からの新版・文庫化)


こちらは、オリジナルの研究や所見によるもので、「一次本」と言えるでしょう。


他に、最近私が読んだ本に
『謎山トキオの謎解き分析―右と左の50の謎』丸山健夫 日科技連出版社 2010.12
という本があります。


副題に「右と左の50の謎」とありますように、大学教授が女子大生を相手に左右の謎を解明するというお話仕立てになっています。
基本的には「問題解決のトレーニング本」なのですが、その素材に「右と左」の謎を活用し、「調べる道具」を紹介しながら謎解きを進めてゆきます。


左利きライフ研究家としましては、多少甘いんじゃないかと思う部分もあるのですが、なかなか勉強になりました。
(またいずれ紹介したいものです。)


謎山トキオの謎解き分析―右と左の50の謎/丸山 健夫
¥1,680
Amazon.co.jp


※本稿は、ココログ版『レフティやすおのお茶でっせ』より

「雑談のネタ本、それ以上でも以下でもなく~『「右」と「左」の面白ネタ事典』北嶋廣敏」 を転載したものです。
(この記事へのコメント・トラックバックは、転載元『お茶でっせ』のほうにお願い致します。ただし承認制になっていますので、ただちに反映されません。ご了承ください。)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年03月06日(火)

仏教は「心の病院」である!NHKテレビ「100分 de 名著」ブッダ『真理のことば』2012年3

テーマ:【レフティやすおの読書室】

ゲスト講師のプレゼンを受けて、古今東西の“名著”を25分の番組4回100分で読み解く番組、

「NHKテレビ100分de名著」 2012年3月の放送は、ブッダ『真理のことば』 です。


これは、2011年9月の再放送です。

しかし、昨年10月のアラン『幸福論』ではじめて、この番組を知った私にとっては、好都合なことです。

しかも今回は、今まで全く読んだことのない名著を扱っているということで、期待も大。


--

100分de名著・名著05「真理のことば」 ゲスト講師 佐々木閑(花園大学国際禅学科教授)


【第1回】生きることは苦である

2012年3月7日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)

【再放送】2012年3月14日(水)午前5:35~6:00/Eテレ(教育)  2012年3月14日(水)午前11:30~11:55/Eテレ(教育)


9月は、仏教の創始者・ブッダが語った言葉をまとめたとされる「ダンマパダ」(邦訳「真理のことば」)を取りあげる。釈迦族の王子だったブッダは、成長するにつれ、人の生、老、病、死について、深く考えるようになった。そして29歳の時に、家族を捨てて出家、修業しながら深い思索に励んだ。悟りを開いた時、ブッダは、自らが考えた真理を人々に語る。それが最初の説法とされる「ダンマパダ」191番である。ブッダは、人生は、老いや病など、苦しみの連続であるが、心のあり方を見直せば、苦しみを克服することが出来ると説いた。第1回では、ブッダが見抜いた「人生」と「苦」の本質に迫る。



【第2回】うらみから離れる

2012年3月14日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)

【再放送】2012年3月21日(水)午前5:35~6:00/Eテレ(教育)  2012年3月21日(水)午前11:30~11:55/Eテレ(教育)


人間は、現実と希望とのギャップに常に苦しむものだとブッダは説いた。人には生存への欲求があり、世の中が自分にとって都合の良い状態であることを願っている。しかしその願いがかなわないと知る時、人は正常な判断力を失い、「あの人は私に意地悪をしている」などと、根拠なく思いこむことがある。ブッダはこうした状態を「無明」と称した。第2回では、「無明」から生まれる「うらみ」について学ぶ。



【第3回】執着を捨てる

2012年3月21日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)

【再放送】2012年3月28日(水)午前5:35~6:00/Eテレ(教育)  2012年3月28日(水)午前11:30~11:55/Eテレ(教育)

人は様々なものに執着して生きている。しかし執着が過度に強くなると、家族や財産といった、本来幸せをもたらすはずのものも、自分の思い通りにならないことにいらだち、苦しみを感じてしまう。ブッダは、自分勝手な執着をいましめるとともに、自分の教えについても、過度に執着してはならないと説いた。そして、自分を救えるのはあくまでも自分自身であり、自分の心を正しく鍛えることによって、心の平安を得ることが出来るとした。第3回では、依存ではなく、心の自立を説いたブッダの思想について考える。



【第4回】世界は空なり

2012年3月28日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)

【再放送】2012年4月4日(水)午前5:35~6:00/Eテレ(教育)  2012年4月4日(水)午前11:30~11:55/Eテレ(教育)

【特別ゲスト】 藤田一郎(大阪大学大学院教授)


ブッダは、人の心がどのように変化するかを、因果関係に基づいて論理的に分析した。そして瞑想によって集中して考え、自分の心の状態がどうなっているか、きちんと把握することが悟りへの道であるとした。最終回では、大阪大学大学院の教授で認知脳科学を研究している藤田一郎さんを招く。人間の脳は、物事をどのように認識しているのか、ブッダの教えを脳科学の面から検証する。そして今シリーズの講師役・佐々木閑教授とともに、「真理のことば」が、現代に生きる私たちに発しているメッセージについて語り合う。

--



○NHKテレビテキスト「100分 de 名著」

ブッダ『真理のことば』2012年3月 (昨年9月の分と同じ)

『ブッダ 真理のことば』2012年3月 (NHK100分de名著) 佐々木 閑

『ブッダ 真理のことば』 2012年3月 (NHK100分de名著)/著者不明
¥550
Amazon.co.jp


私自身、仏教およびブッダに対して多少の興味を持っています。

仏教は宗教ではあるものの、東洋の思想であり哲学的なものでもあると思っています。


仏教書についても、わが家は真言宗で、お大師様、弘法大師・空海に関する本や、

その著書『三教指帰』『秘蔵宝鑰』 『般若心経秘鍵』といったもの、

また、弟子唯円の手になると言われる親鸞の教えについて書かれた『歎異抄』、道元の法語を弟子懐奘が筆録した『正法眼蔵随聞記』ぐらいは読んできました。



★メルマガ「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」

2008(平成20)年5月号(No.5)-080531-『三教指帰』空海版青年の主張

2008(平成20)年8月31日号(No.9)-080831-『歎異抄』弱きを救う阿弥陀さま




もちろん、ブッダや原始仏教と言われるものに関しても、新書本等の初歩的な入門書は読んでいます。

あとはせいぜい手塚治虫の『ブッダ』。


しかし、本格的に「ブッダの言葉」とされるものは読んでいません。


これを機会に下↓の二書にチャレンジしてみようと思います。


『ブッダの真理のことば・感興のことば』中村 元訳 (岩波文庫 1978/1/16)

ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)/著者不明
¥945
Amazon.co.jp


『ブッダのことば―スッタニパータ』中村 元訳 (岩波文庫 1958/01)

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)/著者不明
¥987
Amazon.co.jp


 


*他のNHKテレビ「100分 de 名著」の記事:

2011年11月放送:2011.10.31 アラン『幸福論』喜びは、行動とともにある!

2011年12月放送:2011.12.6 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』悲しみを、乗り越えよ-「100分 de 名著」NHK

2012年1月放送:2012.1.5 吉田兼好『徒然草』両面から物事を見よ!-「100分 de 名著」NHK

2012年2月放送:新渡戸稲造『武士道』日本的思考の根源を見る-「100分 de 名著」NHK


--

※本稿は、ココログ版『レフティやすおのお茶でっせ』より

「仏教は「心の病院」である!NHKテレビ「100分 de 名著」ブッダ『真理のことば』2012年3月」 を転載したものです。(この記事へのコメント・トラックバックは、転載元『お茶でっせ』のほうにお願い致します。ただし承認制になっていますので、ただちに反映されません。ご了承ください。)

--


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。