2011年12月31日(土)

本当に大切なこと、またはソローのこと―2011年を振り返る

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第72号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2011(平成23)年12月31日号(No.72)-111231-本当に大切なこと―2011年を振り返る
http://archive.mag2.com/0000257388/20111031120000000.html


今年もご愛読ありがとうございました。


本誌では、今年を回顧しながら、この機会にこれだけは読んでいただきたいと思う本をいくつか取り上げています。


中でもヘンリー・デイヴィッド・ソローはここ数年、私の最も注目し、読み継いできた作家・思想家です。


代表作『ウォールデン 森の生活』は、今まで何度も書いていますように、彼がエコライフ・シンプルライフを実践した魂の記録です。


この森での暮らしの最中にあの有名な事件が起こります。
そう、人頭税支払拒否により牢屋に入れられるのです。


たった一日のことではありましたが、これを契機に彼は講演で、政府による奴隷制やメキシコ戦争といった事柄に対し反対する「市民的不服従」「非暴力抵抗主義」を訴えます。


これらの著作により、彼は“世界を変えた”とたたえられています。


彼が本当に言いたかったことは、単に「自分らしく生きよう」ということでしょう。
あるいは「人間らしく」、もしくは「“HIGH LIFE(高貴な生活)”を」「物ではなく心の充足を」と言い換えても良いかもしれません。


東日本大震災・原発事故を経た今こそ、エコライフ・シンプルライフ、そして多様性を容認する生き方が必要です。


その先駆者としてのソローをぜひ知っていただきたい、と思います。


まずは、

『平和をつくった世界の20人』岩波ジュニア新書
―ソローに始まり、ガンディー、キングといった非暴力、平和の教育・実践、多様性、あらゆる生命、地球環境を大切にする人たち20人を挙げ、それぞれの小伝と言葉を紹介。


平和をつくった世界の20人 (岩波ジュニア新書)/ケン・ベラー&ヘザー・チェイス
¥882
Amazon.co.jp



『ソロー語録』岩政伸治/編訳 文遊社
―自然愛好家、奴隷制反対論者等の顔を持つソローの著作『ウォールデン』他から名言集。ソローへの入門としても良し。


ソロー語録/ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
¥1,680
Amazon.co.jp


そして、代表作『ウォールデン 森の生活』をお読みいただきたいものです。


『ウォールデン 森の生活』今泉吉晴/訳 小学館 2004.5.1
―山梨県の森に小屋を建て「森の生活を始めた」学者による訳書。原書を模した装丁にビニールカバー装。高価なのが難点? 著者のイラストや訳注を欄外に収めてあり、眺めて楽しい本。本書は19世紀半ばに出版された、エコライフ、シンプルライフの先駆者であるソローが自ら実践した森での暮らしの魂の記録。


ウォールデン 森の生活/ヘンリー・D. ソロー
¥3,045
Amazon.co.jp


『森の生活 ウォールデン』上下 飯田実/訳 岩波文庫

―《湖とその周辺の写真多数を収め》た二分冊。巻末に詳細訳注。


森の生活〈上〉ウォールデン (岩波文庫)/H.D. ソロー
¥798
Amazon.co.jp


『ウォールデン』佐渡谷重信/訳 講談社学術文庫961
―各章末に訳注を配す。


森の生活 (講談社学術文庫)/D・ヘンリー・ソロー
¥1,523
Amazon.co.jp


次いで、「市民的不服従(市民の反抗)」もお読みいただければ、良しと言えるでしょう。



『ソローの市民的不服従―悪しき「市民政府」に抵抗せよ』佐藤雅彦/訳 論創社 2011.3.20
―講演録らしい訳文で再現した。パラグラフごとに分けて読みやすくし、背景の解説を入れわかりやすくした。


ソローの市民的不服従―悪しき「市民政府」に抵抗せよ/ヘンリー・デイヴィッド ソロー
¥2,100
Amazon.co.jp



『市民の反抗 他五篇』飯田実/訳 岩波文庫
―「市民の反抗」他、「ジョン・ブラウンを弁護して」等、各ジャンルからソローの代表的エッセイを選んだエッセイ選集。


市民の反抗―他五篇 (岩波文庫)/H.D.ソロー
¥840
Amazon.co.jp


『一市民の反抗 良心の声に従う自由と権利』山口晃/訳 文遊社
―巻末に原文(英語)を掲載。


一市民の反抗―良心の声に従う自由と権利/ヘンリー・デイヴィッド ソロー
¥1,575
Amazon.co.jp


------------------------------------------------------
2011年「楽しい読書」古典の名著・名作編バックナンバー
------------------------------------------------------

2011(平成23)年1月31日号(No.51)-110131-
東洋から西洋へ『茶の本』岡倉天心
http://archive.mag2.com/0000257388/20110131120000000.html

2011(平成23)年2月28日号(No.53)-110228-
人知らぬ恨「舞姫」森[鴎おう]外
http://archive.mag2.com/0000257388/20110228120000000.html

2011年3月31日号(No.54)-110331-特別編
宮沢賢治の詩「永訣の朝」
http://archive.mag2.com/0000257388/20110331120000000.html

2011(平成23)年4月30日号(No.56)-110430-簡素で高貴な生活
『ウォールデン 森の生活』H・D・ソロー
http://archive.mag2.com/0000257388/20110430120000000.html

2011(平成23)年5月31日号(No.58)-110531-非暴力抵抗主義
『市民的不服従(市民の反抗)』H・D・ソロー
http://archive.mag2.com/0000257388/20110531120000000.html

2011(平成23)年6月30日号(No.60)-110630-
二つの愛の形『赤と黒』スタンダール
http://archive.mag2.com/0000257388/20110630120000000.html

2011(平成23)年7月31日号(No.62)-110731-
最初の一冊:各社「夏の文庫」フェアから―
http://archive.mag2.com/0000257388/20110731120000000.html

2011(平成23)年8月31日号(No.64)-110831-《死すべき者》人間
 ~二大英雄叙事詩~ホメロス『イリアス』『オデュッセイア』
http://archive.mag2.com/0000257388/20110831120000000.html

2011(平成23)年9月30日号(No.66)-110930-《死すべき者》人間~
 <アキレウスの怒り>『イリアス』ホメロス
http://archive.mag2.com/0000257388/20110930120000000.html

2011(平成23)年10月31日号(No.68)-111031-《死すべき者》人間~
 夫婦と家族『オデュッセイア』ホメロス
http://archive.mag2.com/0000257388/20111031120000000.html

2011(平成23)年11月30日号(No.70)-111130-善意の季節
『あるクリスマス』カポーティ
http://archive.mag2.com/0000257388/20111130120000000.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年12月15日(木)

本選びは読書の第一歩:最初の一冊の選び方(7)本選び(選書)の方法II共通事項

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

私の読書論-26-初心者のための読書の仕方を考える(10)
―第71号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2011(平成23)年12月15日号(No.71)-111215-
私の読書論-26-初心者のための読書の仕方を考える(10)
最初の一冊の選び方(7) 本選び(選書)の方法 II
http://archive.mag2.com/0000257388/20111215120000000.html


いよいよ本選びについて書きます。


正直、本を選ぶというのは、読書そのものと言っていいのです。
選ぶためには本を“下読み”しなければいけないからです。


書棚の本を見る。
手にとってパラパラッと見る。
―それは、実はもう読書の始まりなのです。


何も中身を一ページ目から最後のページまで残らず読むことだけが読書ではないのです。

まずは本を選ぶ。
その段階から読書は始まっています。


どのような本を選ぶかで、その人が評価されるといっても過言ではないでしょう。


阿刀田高氏のエッセイ「奥さまと本棚」(『日本語を書く作法・読む作法』角川文庫 平成23年4月 収録)にこんな文章で締めくくられています。

《そう言えば私的な本棚も人に見せないもの。これも読んでいる本をつぶさに知られて、/――こんなくだらんもん読んでいるのか。この間の意見、ねた本はこれか――/と見やぶれられる。奥さんと本棚は他人に見せないもの、そんな教訓もあるようだ。》
p.166
日本語を書く作法・読む作法 (角川文庫)/阿刀田 高
¥540
Amazon.co.jp

実際に、作家や著名人が自分の書斎なり仕事場で、書棚をバックに写真を撮っているのをよく見かけます。
背景に映っている本の一冊一冊を点検することに楽しみを見出している人も少なくありません。
(かく申す私がその一人です。)


蔵書がその人を表すと信じられるからです。


今日のその人を作ってきた歴史がそこに滲みだしている。
人生そのものが垣間見える。
―そんなふうに感じられるものです。


だから、というのもなんですが、蔵書は重要です。
何を読み、何を手元に置くか、それでその人が決まる。


これは本に限りません。
さまざまもの、みなすべてです。


時には人もそのうちに含まれるでしょう。
どのような人が親交があるのか、ということです。


読書も実は親交です。


誰と交友関係を持つか、誰と親しんでいるか。
それはそのまま、どういう本を読み、どういう本と親しんでいるか、です。


私は本が友達です。


しかもある人は本を友とするだけではなく、“友と本をする”
―言い換えれば、友と本について語ることこそ、大切だと言います。


それほど本―読書というものは、重要なもの―大切な行為と考えられています。


とにかく、本を読みましょう!


今読んでいない人はもちろん、読んでいる人も。
ドンドン本を読んで、何かを自分のものにしてください。


これから年末年始のお休みがあります。
帰省の乗り物の中で、待ち時間に、おしゃべりやゲームもいいでしょうけれど、ちょこっと本を読んでみるのも楽しいものですよ。


いつもと違う自分になれるのも、本―読書の効用です。


クリスマス・プレゼントに本を贈るのも粋なものです。


以上、“元本屋の兄ちゃん”からのお願いでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年12月06日(火)

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』悲しみを、乗り越えよ-「100分 de 名著」NHK

テーマ:【レフティやすおの読書室】

ゲスト講師のプレゼンを受けて、古今東西の“名著”を25分の番組4回100分で読み解く番組、 「NHKテレビ100分de名著」 12月の放送は、宮沢賢治『銀河鉄道の夜』 です。


第1回 12月7日放送 「賢治の伝言」


ゲスト講師は、ロジャー・パルバース(作家・東京工業大学世界文明センター長)。


なぜ日本人ではなく、外国人なのか? という疑問があります。

テキストを読みますと、パルバースさんは1969年に賢治の生家を訪れ、弟の宮澤清六さんとも知り合い、『銀河鉄道の夜』の英語翻訳を再三試みておられるという方だそうです。

外国人から見た国際的な作家としての賢治像を紹介して下さるのではないかという期待が持てます。


現在テキストも発売中!

NHKテレビテキスト「100分 de 名著」

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』2011年12月

2012年11月25日発売 定価550円(本体524円)

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』 2011年12月 (NHK100分de名著)/著者不明
¥550
Amazon.co.jp


私の宮沢賢治の出会いは、小学校時代の「雨ニモ負ケズ」の詩を教科書で習ったことが一つ。

もう一つは小学5年の時、担任の先生が朗読して下さった「風の又三郎」があります。

「雨ニモ負ケズ」が先かあとか、その辺の記憶が定かでありません。


どちらにしても小学校時代4年生か5年生の時のことでしょう。

「銀河鉄道の夜」も多分そのころに一度読んでいたかもしれません。

これも記憶がはっきりしません。


明らかなのは、高校生時代に読んだ新潮文庫版の二冊の童話集『銀河鉄道の夜』と『風の又三郎』です。


当時、NHKのラジオドラマで賢治の童話を色々放送していたのではなかったか、記憶しています。

それでまた読んでみようという気になったのでしょう。


その時に改めて賢治を好きになりました。

その当時は「グスコーブドリの伝記」が一番で、「セロ弾きのゴーシュ」「虔十公園林」といったところでしょうか。


今では一番好きなのが、実は「虔十公園林」でしょうか?


基本的に賢治の思想というは、「人の幸(さいわい)のためになることを為す生き方をする」ではないでしょうか。

手帳に残されていた詩「雨ニモマケズ」でも、最晩年発表の「グスコーブドリの伝記」でも、そしてこの「銀河鉄道の夜」においても。


主人公ジョバンニがカムパネルラと交わした会話の中にこんな言葉があります。

「... 僕はもうあのさそりのようにほんとうにみんなの幸(さいわい)の為ならば僕のからだなんか百ぺん灼(や)いてもかまわない。」

(『もう一度読みたい 宮沢賢治』別冊宝島編集部/編 宝島社文庫 2009.4.18「九、ジョバンニの切符」p.200より)


(ここからは余談ですが)

まあ、難しいことは別にして、今回この「銀河鉄道の夜」を読み返していて、やはり私の心に残るのは冒頭の授業の場面です。


昔の記憶の中にもくっきり残っているのがこの、授業のシーンです。


ジョバンニが天の川を星だと知っていて、そう思いながらも、先生にあてられても答えられない場面です。

実は私もこういう子供だったのです。


もちろん、ジョバンニは私とは異なり、彼なりの事情があります。

早朝から新聞の配達をし、放課後も植字工として働き、病気の母との母子家庭を支えているため、学校では勉強に集中できないのです。


しかし、そういう事情は別にして、このジョバンニの、そしてカムパネルラも同様ですが、分かっていても答えられない、という一事が私には強く印象に残っているのです。


私の原点的なお話でした。


【名作集】

・『もう一度読みたい 宮沢賢治』別冊宝島編集部/編 宝島社文庫 2009.4.18

―『もう一度読みたい宮沢賢治』 (別冊宝島1463 2007.8)から童話10作品、詩8編を割愛し文庫化したもの。 「雨ニモマケズ」手帳の写真入り。

もう一度読みたい宮沢賢治 (宝島社文庫 C へ 1-2)/著者不明
¥480
Amazon.co.jp


・『読んでおきたいベスト集! 宮沢賢治』別冊宝島編集部/編 宝島社文庫

―上記『別冊宝島1463』の文庫化。589ページたっぷり楽しめるゴツイ本。


読んでおきたいベスト集! 宮沢賢治 (宝島社文庫)/宮沢 賢治
¥720
Amazon.co.jp


【新潮文庫版/新編集の作品集】

・『新編 銀河鉄道の夜』 新潮文庫 1989.6

新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)/宮沢 賢治
¥420
Amazon.co.jp


・『新編 風の又三郎』 新潮文庫 1989.3

・『注文の多い料理店』 新潮文庫 1990.5

・『新編宮沢賢治詩集』天沢 退二郎/編 新潮文庫 1991.8

新編宮沢賢治詩集 (新潮文庫)/宮沢 賢治
¥540
Amazon.co.jp

『図説 宮澤賢治』天沢 退二郎, 栗原 敦, 杉浦 静/編 ちくま学芸文庫 2011.5.12

―豊富な写真と資料でたどる賢治の一生。ポケットサイズの写真集。

図説 宮澤賢治 (ちくま学芸文庫)/著者不明
¥1,575
Amazon.co.jp


※ 古典から始める レフティやすおの楽しい読書

2011年3月31日号(No.54)-110331-特別編 宮沢賢治の詩「永訣の朝」


*他の「100分 de 名著」の記事:

2011.10.31 アラン『幸福論』喜びは、行動とともにある!


※本稿は、ココログ版『レフティやすおのお茶でっせ』より 「宮沢賢治『銀河鉄道の夜』悲しみを、乗り越えよ」 を転載したものです。(この記事へのコメント・トラックバックは、転載元『お茶でっせ』のほうにお願い致します。ただし承認制になっていますので、ただちに反映されません。ご了承ください。)

--



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。