2010年10月31日(日)

幸田露伴『五重塔』―職人魂

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第45号「レフティやすおの楽しい読書」別冊編集後記


●レフティやすおの楽しい読書●
2010(平成22)年10月31日号(No.45)-101031-幸田露伴『五重塔』―職人魂
http://archive.mag2.com/0000257388/20101031120000000.html


本誌本文末にも書きましたように、安藤忠雄さんが20歳の頃に読み、影響を受けたという本書。


私ももっと若いうち、たとえば工業高校時代にでも読んでいれば、どうだったろうかと考えてしまいます。



高校時代、学校から夏休みに、志賀直哉『和解』夏目漱石『こころ』などを読まされました。
それぞれ父親と息子の親子関係、友情と恋愛の葛藤など、青年期の普遍的なテーマでもあるのかもしれませんが、少なくとも当時の私にはまだ時期尚早の本でした。


本をいうものは、やはりそれなりに読む時期というものがあるのではないか、と思います。
同じ年齢であっても、成長の度合いが同じとは限りません。


成長の度合いに差があっても、共通の話題性があれば、それなりに反応することが可能です。


私のように工業高校生の場合なら、物作り職人の魂を描いた本書『五重塔』のような本なら、もっと心から興味を持って読めたかもしれません
そして、それなりの影響を受けたかもしれません。


こういう本を選ぶ方が生徒たちのためになっていたのではないか、と今の私は考えます。


確かに文章は高校生には難しい面もあるかもしれません。


しかし、細かい意味は分からなくても、ストーリーに引かれて読み切ることは可能だろうと思います。
それだけの力と内容を持った作品です。


実際に読むにも、長さ的に負担になりません。
文庫本で100ページ程度の中編、せいぜい長い短編ぐらいです。

しかも、新聞に連載されていたものですので、章建ても短く、各章を一つ一つ読み切ってゆけばよいのです。


『千夜千冊』の松岡正剛氏も高校生時代に読んだ、といいます。
(第九百八十三夜【0983】04年5月28日 幸田露伴『連環記』


工業高校(今は別の呼び方をするのかな?)の国語の先生、どうでしょうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年10月15日(金)

私の読書論-16-大著の薦め―長編挫折克服法

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第44号「楽しい読書」別冊編集後記


●レフティやすおの楽しい読書●

2010(平成22)年10月15日号(No.44)-101015-私の読書論-16-大著の薦め―長編挫折克服法
http://archive.mag2.com/0000257388/20101015120000000.html


前回が「小著の薦め」でしたので、今回はもっと長いもの、分厚い本について書いてみました。


それが「私の読書論-16-大著の薦め―長編挫折克服法」


詳しい内容は本誌に譲るとして、分厚い本、長いものをどう攻略するかを簡単に書いておきます。



要するに


 「根気よく読め」


に尽きます。


 「コツコツと読み継いで、最後までたどり着け」


です。



えーっとお嘆きの方も多いかもしれませんが、読書とは、勉強とはそんなものです。


「強(し)いて勉(つと)める」のが、勉強です。


読書も勉強のうちなら、結論はそうなります。



娯楽なら、楽しければ、挫折しませんし、克服法など必要ありません。


どうしても攻略できないで、同じところをうろうろすることもありますが…。



というわけで、今回は期待外れという方も多いかもしれませんね。


世の中甘くはありません。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。